• コペンハーゲン渡航について

    IKEAが支援するイノヴェーションラボ“SPACE10”にて発酵のプレゼンテーションとワークショップを行います。フードロスなどの社会課題を解決に向かわせる持続可能な未来の食を考えるだけではなく、発酵の力を応用し、美味しく、明るく楽しい食生活のプレゼンテーションを行いたいと考えております。七代目高橋の他にシェフも同行し、体感を伴った内容にしていきます。SPACE10は先進的な数多くのリサーチの元に有効なプロジェクトを実践しており、今回の機会を得られたことは、非常に光栄なことと思います。発酵を広義で「生態系との共存」捉え、これまでに弊社で培われてきた蔵付きの菌の生態系の話や、近年研究を進めている菌の代謝経路を利用した意図を持った発酵の世界をお伝えできればと思います。
    以下にそもそも“SPACE10”とはいかなるところなのか。また、スタディとして昆虫食や藻類を使った“未来のファストフード”についてご紹介します。後日、プレゼンとワークショップの様子はこちらでご報告したいと思います。

     

    About Copenhagen Voyage

    Fermentation presentations and workshops will be held at the innovation lab “SPACE10” supported by IKEA. In addition to thinking about sustainable future food that can help solve social issues such as food loss, we also want to apply the power of fermentation and make a presentation of a delicious, bright and fun diet. In addition to the 7th generation Takahashi, a chef will accompany the contents, and the contents will be accompanied by a sense of experience. SPACE10 has been working on projects that benefit a lot of advanced research, and it’s a great honor to have this opportunity. In a broad sense, fermentation is regarded as “coexistence with the ecosystem”, with the intention of utilizing the metabolic pathways of bacteria with storage, which have been cultivated by our company so far, and which have been researched in recent years. I would like to tell you about the world of fermentation.
    What is “SPACE10” in the following? In addition, we will introduce “future fast food” using insect food and algae as a study. Later, I would like to report on the presentation and the workshop here.

     

    關於哥本哈根旅行

    發酵演講和講習班將在宜家支持的創新實驗室“ SPACE10”上舉行。除了考慮可以幫助解決社會問題(例如食物損失)的未來可持續食品外,我們還希望利用發酵的力量來呈現美味,明亮和有趣的飲食。除了第七代高橋,還將有廚師陪同,並伴有身體感覺。 SPACE10一直在致力於使許多高級研究受益的項目,我很榮幸有這個機會。從廣義上講,發酵被認為是“與生態系統共存”,目的是利用由我公司培育並已在近年來研究的細菌的代謝途徑與儲藏。我想告訴你發酵的世界。
    以下是“ SPACE10”是什麼?此外,我們還將介紹以昆蟲食物和藻類為研究對象的“未來快餐”。稍後,我想在這里報告有關的演示文稿和研討會。

     

     

    [ SCHEDULE ]


    13JAN(MON) TOKYO HANEDA 00:30 EMIRATES AIRLINES INTERNATIONAL TERMINAL

    13JAN(MON) DUBAI 07:20 EMIRATES AIRLINES TERMINAL 3


    13JAN(MON) DUBAI 08:20 EMIRATES AIRLINES TERMINAL 3

    13JAN(MON) COPENHAGEN 12:20 EMIRATES AIRLINES TERMINAL 3


    19JAN(SUN) PARIS CHARLES DE GAULLE 14:25 EMIRATES AIRLINES AEROGARE 2 TERMINAL C

    20JAN(MON) DUBAI 00:15 EMIRATES AIRLINES TERMINAL 3


    20JAN(MON) DUBAI 02:55 EMIRATES AIRLINES TERMINAL 3

    20JAN(MON) TOKYO NARITA 17:20 EMIRATES AIRLINES TERMINAL 2


     

     

    ○About SPACE10

    SPACE10は、人々と地球のより良い日常生活を可能にするミッションに関する研究と設計のラボです。
    私たちは、今後数年で人々と地球に影響を与えると予想される主要な社会的変化のいくつかに対する革新的なソリューションを研究および設計します。
    私たちの核となるのは、コラボレーションアプローチを優先し、私たちよりも賢い人たちで自分自身を取り囲むように努力することです。私たちは世界中の先見的な専門家やクリエイティブの成長を続けるネットワークと連携し、すべての研究とアイデアを公開します。 それに加えて、私たちは定期的に展示会、講演会、夕食会、上映会を開催し、人々と関わり、想像力を刺激し、視点を多様化し、ミッションを推進しています。
    SPACE10は、独立した研究および設計ラボとして、IKEAに誇りを持ってサポートされ、完全に専念しています。多くの人々にとってより良い日常生活を創造するという当初の約束を実現する新しい視点と新しいソリューションをもたらします。

     

    ○About SPACE10

    SPACE10 is a research and design lab on a mission to enable a better everyday life for people and planet.
    We research and design innovative solutions to some of the major societal changes expected to affect people and our planet in the years to come.
    At our core, we prioritise a collaborative approach and strive to surround ourselves with people who are smarter than us. We work with an ever-growing network of forward-thinking specialists and creatives from around the world and share all our research and ideas publicly. Alongside that, we regularly host exhibitions, talks, dinners and screenings to engage with people, provoke imagination, diversify our perspective and advance our mission.
    SPACE10 is proudly supported and entirely dedicated to IKEA – working as an independent research and design lab. We bring new perspectives and design new solutions that enable IKEA to live up to their original promise of creating a better everyday life for the many people.

     

    ○About SPACE10

    SPACE10是一個研究與設計實驗室,其使命是為人類和地球創造更美好的日常生活。
    我們研究和設計一些創新的解決方案,以應對未來幾年將影響人類和地球的一些重大社會變革。
    在我們的核心,我們優先考慮一種協作方法,並努力與比我們更聰明的人在一起。我們與不斷發展的網絡,來自世界各地的前瞻性專家和創造者網絡合作,並公開分享我們的所有研究和想法。 此外,我們定期舉辦展覽,演講,晚宴和放映會,以與人們互動,激發想像力,多樣化我們的觀點並推進我們的使命。
    SPACE10作為一個獨立的研究和設計實驗室而受到宜家的全力支持和全力支持。我們帶來了新的視角和設計新的解決方案,使IKEA能夠履行其為許多人創造更好的日常生活的最初承諾。

     

    [ STUDY ]

    The Fast Food of the Future

    SPACE10では、私たちの研究は重要な原則に基づいています。 料理は単に健康的または持続可能なものであってはなりません。 彼らも美味しいに違いない。食べ物に関する人々の心を変え、新しい食材を試すように促すために、知性に訴えることはできません。-味覚を刺激する必要があります。だから、シェフやフードデザイナーと協力して、見た目も美味しく、人々や地球に良い料理を考案しています。それでは、これらの料理のいくつかをメニューに入れる時間です。—お気に入りのファーストフードの遊び心のあるテイクから始めます。

     

    The Fast Food of the Future

    At SPACE10, our research is rooted in an important principle. Dishes shouldn’t just be healthy or sustainable. They must be delicious, too. To change people’s minds about food, to inspire them to try new ingredients, we can’t just appeal to the intellect — we have to titillate their taste buds. Which is why we’ve been working with our chef and food designer to come up with dishes that look good, taste good, and are good for people and the planet. It’s time, then, to put some of those dishes on the menu — starting with a playful take on our favourite fast-food.

     

    The Fast Food of the Future

    在SPACE10,我們的研究植根於重要原則。 菜餚不僅應該健康或可持續。 他們也必須好吃。為了改變人們對食物的看法,激發他們嘗試新的食材,我們不能僅僅呼籲智力—我們必須細化他們的味蕾。
    這就是為什麼我們一直與廚師和食品設計師一起設計出看起來,味道和對人與地球都有益的菜餚的原因。然後是時候將某些菜餚放在菜單上了-從有趣的快餐開始。

     


    The Fast Food of the Future

     

  • KIDS SPACEについて_YAMAMO GARDEN CAFE

    一昨年前、エストニアに渡航した際にクリエイティヴを実装した上質なキッズスペースを設えたカフェやコワーキングスペースを目の当たりにしました。その時の記憶が鮮明にあり、未来を考える上で空間が子供に与える影響と親との関係性について考えておりました。この度、十分な広さがあるわけではありませんが、小さなお子様のスペースをご用意いたしました。FACTORY TOURにご参加いただいたときの息抜きや、カフェでのゆるやかな時間に役立つことができればと思います。

     

    About Kids Space_YAMAMO GARDEN CAFE

    Two years ago, when I arrived in Estonia, I saw a café and co-working space with a high-quality kids’ space equipped with creativity. The memories at that time were clear, and when thinking about the future, I was thinking about the effects of space on children and the relationship with parents. This time, we don’t have enough space, but we have prepared space for small children. I hope we can help you relax when you participate in the FACTORY TOUR and relax at the cafe.

     

    關於兒童空間_YAMAMO GARDEN CAFE

    兩年前,當我到達愛沙尼亞時,我看到了一個咖啡廳和聯合辦公空間,上面有一個充滿創造力的高品質兒童空間。 當時的記憶很清晰,在思考未來時,我正在思考空間對孩子的影響以及與父母的關係。 這次,我們沒有足夠的空間,但是我們為小孩子準備了空間。 希望我們能幫助您在參加工廠參觀時放鬆身心並在咖啡廳放鬆身心。

     


    YAMAMO GARDEN CAFE

     


    YAMAMO GARDEN CAFE

     


    YAMAMO GARDEN CAFE

     

  • HAPPY NEW YEAR 2020

  • Vincent & Klara “Studio The Future”_YAMAMO FACTORY TOUR

    アムステルダムと日本で活動するStudio The FutureのアーティストVincentとKlaraにお越しいただきました。彼らはアート作品単体での表現に留まらず、地域や街の在り方やそれに付随する表現の追求をしているユニークな方々です。土地に残るレガシーを基礎にした街や産業の在り方について考えを深める弊社ヤマモの取り組みにも多くの共感をしていただき、今後も関係を持っていくことをお話しました。醸造とアート活動、地域やその持続可能性についてこれからもご一緒できればと思います。お越しいただき、ありがとうございました。

     

    Vincent & Klara “Studio The Future”_YAMAMO FACTORY TOUR

    The artists Vincent and Klara from Studio The Future in Amsterdam and Japan visited us. They are unique people who are pursuing not only the expression of art works alone, but also the way in which the area and town are located and the accompanying expressions. He told us that we had a lot of sympathy for Yamayama ’s efforts to deepen the idea of the city and industry based on the legacy that remains on the land, and that we will continue to have relationships. I hope we can continue to work together on brewing and art activities, the region and its sustainability. Thank you for coming.

     

    Vincent & Klara “Studio The Future”_YAMAMO FACTORY TOUR

    來自阿姆斯特丹和日本的Studio The Future的藝術家Vincent和Klara參觀了我們。 他們是獨特的人,他們不僅要追求藝術品的表達方式,而且還要追求地區和城鎮的定位方式以及伴隨的表達方式。 他告訴我們,我們對山山在土地上留下的遺產基礎上加深城鎮和工業構想的努力表示同情,並且將來我們將繼續保持聯繫。 我希望我們可以繼續在釀酒和藝術活動,該地區及其可持續性方面開展合作。 謝謝您的光臨。

     


    YAMAMO GARDEN CAFE

     


    YAMAMO GARDEN CAFE

     


    YAMAMO GARDEN CAFE

     

    〇About “Studio The Future”

    Studio The FutureはVincent SchipperとKlaravan Dijkerenによって2013年に設立され、アムステルダムを拠点とする編集とデザインスタジオ・キュレーター・アーティストユニット・実験的な試みにフォーカスする出版社です。現在の出版のイメージを打ち破り、本来の「アイディアを公にする」という意味に戻すことで、彼らは、これまでとは違う選択肢を生み出し、我々の日常に新たに入り込むことができる空間と可能性を創り出します。積極的にコラボレーションを行うことで、The Futureはインスタレーション、展示会、研究者、アーティスト・イン・レジデンス、講義、ワークショップやフェスティバルについて印刷物、雑誌、パンフレット等を出版しています。

     

    〇About “Studio The Future”

    Studio The Future, founded in 2013 by Vincent Schipper and Klaravan Dijkeren, is a publisher based in Amsterdam that focuses on editorial and design studios, curators, artist units and experimental trials. By breaking the image of current publishing and returning it to the original meaning of “publishing ideas”, they create a different choice and can enter into our daily lives and possibilities. Create. By actively collaborating, The Future publishes prints, magazines, brochures, etc. about installations, exhibitions, researchers, artists in residence, lectures, workshops and festivals.

     

    〇About “Studio The Future”

    Studio The Future由Vincent Schipper和Klaravan Dijkeren於2013年創立,是一家總部位於阿姆斯特丹的發行商,專注於編輯和設計工作室,策展人,藝術家單位和實驗作品。 通過打破當前發布的形象並將其恢復為“發布思想”的初衷,他們創造了不同的選擇,可以融入我們的日常生活和可能性。 創建。 通過積極合作,The Future出版有關裝置,展覽,研究人員,住宅藝術家,講座,講習班和節日的印刷品,雜誌,小冊子等。

     

  • 服部瑠華_社会変革事業部インターン(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern)

    ヤマモの取り組みでは、地域の課題解決など様々なインターンシップの受け入れを行って参りました。その中で、自身の成長のため長期で取り組みを共にしたいという学生が出入りするようになりました。服部さんは1年のインターンの中でローカルと世界、自身の起業という弊社の取り組みの核となる部分を共有するところが多く、通常のインターンではなく「社会変革事業部(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION)に紐づいたインターン」として在籍することになりました。既に七代目の高橋が登壇する場面で一部その手伝いをし、通常業務のみならず様々な場所で自身の挑戦を続けています。

    通常時は事務員をこなしながらカフェスタッフを兼務し、イヴェントや地域内外の取り組みも任せていきたいと思います。国内外の活動家の方々に触れ、成長していく姿を実感しております。ヤマモにお越しの際は、ぜひ彼女にお声掛けいただければと思います。

     

    Ruka Hattori_YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern

    As part of Yamamo’s efforts, we have accepted various internships such as solving local issues. As a result, students who want to work together in the long term for their own growth have come and go. Mr. Hattori often shares the core part of our efforts of local and global, own entrepreneurs in an intern for about a year, and will be enrolled as a “YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern” instead of a regular intern became. I have already helped with part of the scene when Takahashi is in the seventh generation, and I continue to challenge myself not only in normal work but also in various places.

    During normal times, I would like to work as a clerk and also serve as a cafe staff, and I would like to leave the event and local and external efforts. I have come to feel that I have grown up in contact with domestic and foreign activists. When you come to Yamamo, I would like her to speak to you. Thank you.

     

    服部瑠華_社會變革課(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern)

    作為Yamamo努力的一部分,我們接受了各種實習,例如解決當地問題。 結果,想要長期合作以實現自身發展的學生來來往往。 服部先生經常在實習生中分享公司在本地和全球,自己的企業家中工作的核心部分,該實習期大約為一年,而不是作為普通實習生,而是作為“與社會轉型部(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION)有聯繫的實習生” 我將被錄取。 高橋進入第七代時,我已經為部分場景提供了幫助,不僅在正常工作中而且在各個地方,我都繼續挑戰自己。

    正常情況下,我想在擔任文員的同時擔任網吧工作人員,不參加活動以及本地和外部工作。我開始感到自己已經與國內外激進主義者接觸。當您來到Yamamo時,我希望她與您交談。預先謝謝你。

     

     

    服部瑠華からのメッセージ

    太陽照り付ける南国高知から白雪降り積もる北国秋田に来てから、4年の月日が経ちました。大学卒業を目前にし人生の岐路に立っている今、1年間という時間をヤマモで過ごさせていただくことになりました。

    1年間の留学と、ヨーロッパ、東南アジア、南米、北米を旅した時の、その土地で紡がれた歴史と風土とオリジナリティを肌で感じた経験が私の活力となり、「ニッポン」という国に強いアイデンティティを抱くようになりました。伝統産業でありながらその土地の文脈を読みといたアートを融合し、革新へとチャレンジしている7代目当主高橋泰さんに魅かれ、今があります。

    私の中には、矛盾する感情と性質が複雑に絡み合っています。居心地のいい場所に定住せず、常に新しくわくわくするものの中に飛び込みたくなりつつも、自分の故郷や受け継がれてきた伝統などに強くしがみつきたくなる時もあります。そのような好奇心とアイデンティティ、また自己成長への強いモチベーションの中で葛藤することも多くありますが、今はその混沌とした感情を大切にしながら、これからの社会の担い手として挑戦していきたいと思います。

    大学に閉じこもっていては感じられなかった地域の人たちの温もりや、社内外で出会うたくさんの人生の先輩方の励ましを大切に、大切に、変えられるものを変えるため、残していくものを残していくため、主体的に行動していきたいと思います。

     

    Message from Ruka Hattori

    Four years have passed since I came to Akita, the northern country where snow falls from the southern country of Kochi. Now that we are at the crossroads of life just before graduating from university, we have spent a year in Yamamo.

    One year of studying abroad and my experience of experiencing the history, climate and originality of the land when traveling in Europe, Southeast Asia, South America and North America became my vitality, and I am strong in a country called “Japan” I came to have an identity. I am fascinated by Mr. Yasushi Takahashi, the 7th-generation owner, who is trying to innovate by fusing art that reads the context of the land while being a traditional industry.

    I have intricately intertwined conflicting emotions and qualities. Sometimes you don’t settle in a cozy place, you always want to dive into something new and exciting, but you also want to cling to your hometown and inherited traditions. There are many conflicts in such a curiosity and identity, and a strong motivation for self-growth, but now I want to challenge as a leader of society in the future while valuing the chaotic feelings. The

    Respect the warmth of local people who couldn’t feel if they were confined to the university, and the encouragement of many seniors who met inside and outside the company. I want to act proactively in order to continue.

     

    來自服部瑠華的消息

    自從我來到北部國家的秋田市已經過去了四年,那裡的雪是從南部國家高知降雪的。 既然我們正處於大學畢業之前的人生十字路口,我們已經在Yamamo度過了一年。

    出國學習的一年以及我在歐洲,東南亞,南美和北美旅行時經歷的土地的歷史,氣候和獨創性的經歷,成為了我的生命力,在一個名為“日本”的國家中我很堅強 我來有一個身份。 我對第7代所有者高橋泰著迷,他試圖通過融合藝術來創新,這種藝術在成為傳統產業的同時也能讀取土地的背景。

    我錯綜複雜的情感和品質交織在一起。 有時,您不能在一個舒適的地方定居,您總是想潛入一些新穎而令人興奮的事物,但是您也想堅持自己的家鄉和繼承的傳統。 在這種好奇心和身份認同以及自我成長的強烈動機中存在著許多衝突,但是現在我想在未來的社會領袖中挑戰,同時珍視混亂的感覺。

    尊重當地人的溫暖,如果他們僅限於大學,那將不會感到溫暖,並鼓勵在公司內外相識的許多前輩。 我想主動採取行動以繼續。

     

     

    服部 瑠華
    ヤマモ味噌醤油醸造元 社会変革事業部インターン。
    高校生の時に世界の貧困と不平等さに疑問を持つ。世界とのかかわり方を探るために秋田国際教養大学に入学。1年生の時にカンボジアの郊外に滞在したのをきっかけに、幸せの定義を模索し始める。世界に向いたベクトルが一周回って日本に向き、日本という島国でいかに多様な生き方や心あるライフスタイルを提供できるかを研究中。

     

    Ruka Hattori
    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company Social Change Division Intern.
    As a high school student, he has doubts about the world’s poverty and inequality. Entered Akita University of International Liberal Arts to explore how to interact with the world. I started looking for a definition of happiness when I stayed in the suburbs of Cambodia when I was a first grader. The world-oriented vector goes around Japan and is studying how Japan can provide various ways of life and a hearty lifestyle in an island country called Japan.

     

    服部 瑠華
    Yamamo味噌醬油醸造商 社會創新部實習生。
    作為一名高中生,他對世界的貧困和不平等感到懷疑。 進入秋田國際人文科學大學,探索如何與世界互動。 當我一年級時住在柬埔寨郊區後,我開始尋找幸福的定義。 面向世界的媒介遍布日本,並且正在研究日本如何在島國提供各種生活方式和豐盛的生活方式。