• 湯沢翔北高校インターンシップについて

    湯沢翔北高校のインターンの受け入れを行いました。味噌醤油の製造にかかる通常業務だけではなく、本人が興味を持っている領域を見出し、そこの課題発見や解決の企画を行うことにより主体性を発揮するというプロセスで進めていきました。ヤマモがインバウンドを進めていく中で、弊社に来るまでの交通の悪さに課題を見出し、最寄り駅の下湯沢駅から弊社までの経路設計を興味深いものにするプロジェクトを行う事にしました。ルートを自転車で回ってみたり、小道に入るなど、地域の魅力の発見と収集を行いました。また、カフェを始めたことにより、これまでのような物販を目的としたお客様をどのようにカフェに誘導するのか、その逆の利用をどう促すのかも課題として取り組むことにしました。お客様への声掛けやお支払のタイミングなど、自分達で工夫しながらテストを繰り返しました。庭園の魅力をさらに引き出すため、石を並べて雨落ちのデザインをし直しました。

     

    About Yuzawa Shohoku High School Internship

    We accepted the intern of Yuzawa Shohoku High School. In addition to the usual operations involved in the manufacture of miso sauce, we have pursued the process of demonstrating the independence by finding areas where the individual is interested and planning issues and solutions there. While Yamamo is advancing inbound, we found a problem in the badness of traffic before coming to our company, and decided to carry out a project to make the route design from Shimoyuzawa station to our company interesting. We went around the route by bicycle, entered a path, and found and collected local attractions. In addition, we decided to work on how to encourage customers who aim for product sales like before to the cafe by starting the cafe, and how to encourage the opposite usage as a task. We repeated the tests while devising ourselves, such as calling to customers and the timing of payment. In order to bring out the charm of the garden further, we arranged the stones and redesigned the rainfall.

     

    關於湯沢翔北高中實習

    我們接受了湯沢翔北高中的實習生。除了製作味噌醬的常規操作外,我們還通過尋找個人感興趣的領域並在那裡規劃問題和解決方案來追求展示獨立性的過程。雖然Yamamo正在向前推進,但在來到我們公司之前我們發現了交通不暢的問題,並決定實施一個項目,讓從下湯沢站到我們公司的路線設計很有意思。我們騎自行車走了一條路,走進了一條小路,找到並收集了當地的景點。此外,我們還決定如何通過啟動咖啡館來鼓勵那些以往產品銷售為目標的顧客,以及如何鼓勵相反的用途作為一項任務。我們在設計時重複測試,例如打電話給客戶和付款時間。為了進一步發揮花園的魅力,我們安排了石頭並重新設計了降雨。

     

     

    篠原 龍太郎

    3日間のインターンシップは、これまでの高校生活で最もクリエィティブでハードな体験になりました。初日から2日目にかけてヤマモの通常業務を行いながら、下湯沢駅からヤマモまでの動線の開発を行うためにヤマモのレンタサイクルを活用して、岩崎地域のサイクリングを行いました。最終日には、庭の雨受けの整備を行い、庭の復元を行いました。このルーティン業務とクリエティブな業務の双方を行うことがこれから先、いかに重要になってくるかを体感した3日間になりました。
    また、3日間に共通して昼食の時間もクリエィティブなものでした。昼食をとりながら、クリエイティブな職業やキャリアアップのための進路選択の話など、他の事業所のインターンシップでは、味わう事が出来ないだろう充実した3日間にもなりました。
    この3日間で感じた事、体験したことをプロジェクトの実行、イベントの開催、キャリアアップへとつなげていきたいと思います。

     

    Ryutaro Shinohara

    The 3-day internship has become the most creative and hard experience in high school life to date. While carrying out the regular operations of Yamamo from the first day to the second day, in order to develop the traffic line from Shimoyuzawa Station to Yamamo, the bicycle cycle in the Iwasaki area was conducted utilizing the Yamamo rental cycle. On the final day, we maintained the garden’s rain basin and restored the garden. It took me three days to see how important it would be to carry out both routine work and creative work.
    Also, the lunch time was also creative for all three days. While having lunch, the internship of other establishments, such as the story of career choice for creative occupation and career, was also a full three days that you would not be able to taste.
    I would like to connect what I felt and experienced during these three days to project execution, event holding, and career improvement.

     

    篠原 龍太郎

    為期3天的實習已成為迄今為止在高中生活中最具創造性和最難的經歷。在從第一天到第二天進行Yamamo的常規操作的同時,為了開發從下湯沢駅到Yamamo的交通線路,利用Yamamo租賃週期在岩崎地區進行自行車騎行。在最後一天,我們維護了花園的雨水盆地並修復了花園。我花了三天時間才看到開展日常工作和創造性工作的重要性。
    此外,午餐時間也是三天的創意。在吃午飯時,其他場所的實習,例如創意職業和職業生涯的職業選擇的故事,也是你將無法品嚐的整整三天。
    我希望將這三天裡我感受到和經歷的事情與項目執行,活動持有和職業發展聯繫起來。

     

     

    高橋 涼花

    3日間のインターンシップは普通の就業経験だけでなく、これからの自分の将来について具体的に考えを進めていく、ということができました。実際に行ったのは、庭の整備や商品のラベル貼り、動線設計の考案です。
    たくさんのことを学んだ中で、自分の中で最も変化したことは将来や進路についての考え方です。このインターンシップで、初めてクリエイティブな視点からのお話をたくさん聞きました。その中で、高校等で行われるような定型的な進路の方向に沿って考えるのではなく、今までとは違う方向で考えることもできるのではないかという提案をしていただきました。インターンシップが始まるまでの自分の考えとしては、普通に高校や大学で勉強をして働く、という考えだったのが、海外へ行ってみることで視点を変えてみたり、自分の興味があることや解決したい課題についてのプロジェクトを考えてみたりする、という新しい考えを開拓することができました。
    今回のインターンシップで、今までの自分の考えとは異なる考えを持つ大人に出会うことで視野を広げ、自分の視点を変えることができました。これからも様々な視点を持つ人や考えを持つ人と関わり、自分の将来の形成につなげていきたいと思います。

     

    Shizuka Takahashi

    The three-day internship was not only an ordinary work experience, but I was able to think specifically about my future in the future. What I actually did was maintenance of the garden, labeling of products, and design of flow lines.
    Among the many things I learned, the most change in my mind is thinking about the future and the path. For the first time in this internship, I heard many stories from a creative perspective. Among them, I suggested you not to think along the direction of the regular course that is done in high school etc., but to be able to think in a different direction so far. As my idea before the internship began, I was thinking that I would normally study and work in high school or university, but by going abroad I could try changing the perspective or having my own interest I was able to develop new ideas, such as thinking about a project about an issue I want to solve.
    At this internship, I was able to broaden my horizons and change my point of view by meeting adults who have different thoughts from my previous thoughts. From now on, I would like to connect with people with various viewpoints and people with ideas, and to connect them with my future formation.

     

    高橋 涼花

    為期三天的實習不僅僅是一次普通的工作經歷,而且我能夠具體思考未來的未來。 我實際上做的是維護花園,標記產品和設計流線。
    在我學到的很多東西中,我腦海中最大的變化是思考未來和路徑。 在這次實習中,我第一次從創造性的角度聽到了許多故事。 其中,我建議你不要在高中等常規課程的方向思考,但到目前為止能夠朝不同的方向思考。 正如我在實習開始前的想法一樣,我以為我通常會在高中或大學學習和工作,但出國後我可以嘗試改變觀點或有自己的興趣 我能夠開發新的想法,比如考慮一個關於我想要解決的問題的項目。
    在這次實習期間,我能夠通過與那些與我以前的想法有不同想法的成年人會面,開闊視野,改變我的觀點。 從現在開始,我想與具有各種觀點和有想法的人聯繫,並將他們與我未來的形成聯繫起來。

     

     

    個人の考えや意識に寄り添い、プログラムを変化させ、会社が示唆する領域と本人が主体的に動く領域を織り交ぜ、取り組んだインターンシップとなりました。高校生はプログラムの中で自分の将来に最も関心があり、地域での生活についても関心事が高いようでした。弊社と地域の取り組みや課題解決を行う事でそれを実績とし、将来のキャリアにできるような取り組みを進めることが双方にとって良いことと考えました。このように自身で課題発見と解決ができる個人が増えていくことが地域の資産になり、地域が活性化する取り組みの一つであると思いました。これからもお二人とは関係を続けていきたいと思いました。ご参加いただき、ありがとうございました。

     

    It became an internship that worked closely with the ideas and attitudes of the individual, changing the program, and intermingling the area suggested by the company and the area in which the person moved independently. The high school students were most interested in their future in the program and seemed to be more concerned about living in the area. We thought that it would be good for both sides to make it an achievement by carrying out local efforts and problem solutions with our company, and to advance activities that can be made into future careers. In this way, increasing the number of individuals who can find and solve their own problems is a regional asset, and I think it is one of the initiatives to revitalize the region. I would like to continue the relationship with you from now on. Thank you for your participation.

     

    它成為一個實習,與個人的想法和態度密切合作,改變計劃,混合公司建議的區域和人員獨立移動的區域。 高中生對他們未來的計劃最感興趣,似乎更關心生活在該地區。 我們認為,通過與我們公司一起進行本地努力和問題解決方案,以及推進可以在未來的職業生涯中開展的活動,雙方都可以成為一項成就。 通過這種方式,增加能夠找到並解決自身問題的個人數量是一項區域資產,我認為這是振興該地區的舉措之一。 我想從現在開始繼續與你建立關係。 感謝您的參與。

     

  • 記事掲載のお知らせ

    NHKテキスト「きょうの料理ビギナーズ」2019年8月号の「みそ育新聞」にてヤマモの取り組みを取材していただきました。一杯の味噌汁プロジェクトの小山さんの秋田県南地域の4つの蔵元を巡る企画により実現したものでした。弊社には最後にお越しいただき、弊社で行われる改良型の床製麹の方法論や実験的な酵母の変異などの製品の造りの話だけではなく、家業を継ぐに至る本人の心の動きや家族や会社組織としての変化、運命的な関係性で蔵元と製品の継続が決まるというお話をさせていただきました。複数の蔵元を周る中でも、弊社独自のもの、独自の感覚をお伝えし、業界の広がりを見せることができればと思いました。訪問の後日、小山さんからは丁寧なお便りもいただき、これまでの良きご縁と取り組みの理解に感謝したいと思いました。小山んさん、関係者の皆さま、ありがとうございました。

     

    Notice of Article Posting

    We had you report on Yamamo’s activities in the “Misoiku Shimbun” in the August 2019 issue of the NHK text “Kyono Cooking Beginners”. It was realized by the project of visiting the four storehouses in the south area of ​​Akita Prefecture by Ms. Koyama of one cup of miso soup project. The last time we came to our company, we not only talked about the improved floor preparation methodology and experimental yeast mutation products that we carry out, but also the movement of the mind and family of the family business. We talked about the change as a company organization and the fateful relationship that determine the continuation of the storehouse and products. While traveling around multiple warehouses, I thought that I could convey the uniqueness of our company’s own uniqueness and show the spread of the industry. On the day after the visit, Ms. Koyama gave me a polite letter, and I would like to thank you for your understanding of the good relationship and the past activities. Thank you very much, Ms. Koyama, everyone involved. _mediainfo.

     

    文章發布通知

    我們在2019年8月的NHK文本“Kyono烹飪初學者”中報導了Yamamo在“Misoiku Shimbun”中的活動。通過Oyama先生參觀了一杯味噌湯項目,參觀了秋田縣南部四個倉庫的項目。上次我們來公司時,我們不僅談到了改進的地板製備方法和我們實施的實驗酵母突變產品,還談到了家族企業的思想和家庭的運動。我們談到了作為公司組織的變化以及決定倉庫和產品延續的重要關係。在多個倉庫旅行時,我認為我可以傳達我們公司自身獨特性的獨特性,並展示行業的傳播。在訪問後的第二天,小山先生給了我一封禮貌的信,我要感謝你對這種良好關係和過去活動的理解。非常感謝小山先生,所有參與者。

     


    “Misoiku Shimbun” in the August 2019 issue of the NHK text “Kyono Cooking Beginners”

     


    “Misoiku Shimbun” in the August 2019 issue of the NHK text “Kyono Cooking Beginners”

     


    “Misoiku Shimbun” in the August 2019 issue of the NHK text “Kyono Cooking Beginners”

     

    秋田県南のみそ蔵を訪ねて

    湯沢市にある蔵元では、伝統を守りつつ、今までに使われたことのない酵母での試験的な醸造や海外展開、アートを中心にすえた町づくりなど、革新的で壮大な試みに挑む7代目ご当主と出会い、貴重なお話を聞くことができました。

     

    Visit the miso of southern Akita Prefecture

    At Kuramoto, in Yuzawa City, while preserving tradition, we challenge innovative and magnificent attempts such as trial brewing and yeast development with yeast that has never been used before, and creating a town centered on art I met my seventh generation owner and was able to hear valuable stories.

     

    參觀秋田縣南部的味噌

    在Yuzawa市的蔵元,在保留傳統的同時,我們挑戰創新和宏偉的嘗試,例如嘗試釀造和酵母開發酵母,這是以前從未使用過的,並創建一個以藝術為中心的城鎮 我認識了我的第七代老闆,並且能夠聽到有價值的故事。

     

     

  • Fermentation Tourism Nipponの登壇を終えて

    弊社イヴェントのYAMAMO CREATIVE SESSIONでもご一緒したお二人とのお話は、気心知れた仲ということもあり、本題の核心に触れる部分から開始しました。ローカルから人間の創造性を追求するヤマモの国内外の活動を皆さんにお伝えすることを軸にして進行の小野さんとお話を進めていきました。また、国内外を飛び回る活動家の本村さんがなぜ湯沢地域にこだわるのか、取り組みを進めるのかをお話しいただき、私は事業所のある岩崎地域の街自体を持続可能にしていく意味を広義の発酵の文脈で説明をさせていただきました。

     

    Report That Fermentation Tourism Nippon Has Ended

    The story with the two people who came together at our event YAMAMO CREATIVE SESSION started with a part that touches the heart of the subject, as it is a spirited relationship. We talked with Mr. Ono, who is in charge of communicating with Yamamoto’s domestic and overseas activities in pursuit of human creativity from local people. In addition, you talk about why Mr. Motomura, an activist who flies around the country, is interested in the Yuzawa area, and promoting his efforts, and I mean the meaning of making the city of Iwasaki area where the office is sustainable sustainable in a broad sense of fermentation I was able to explain in.

     

    Fermentation Tourism Nippon 通知召開

    在我們的活動中聚集在一起的兩個人的故事YAMAMO CREATIVE SESSION開始時涉及到主題的核心部分,因為這是一種充滿活力的關係。 我們與Ono先生進行了交談,他負責與Yamamoto的國內和海外活動進行溝通,以追求當地人的創造力。 另外,你談到為什麼在全國各地飛行的活動家本村先生對湯澤地區感興趣並促進他的努力,我的意思是在廣義的發酵意義上建立岩崎地區的辦公室可持續發展的意義 我能夠解釋一下。

     

     

     

     

     

    私が特に伝えたかったことは「なぜローカルに身を置きながら活動を続けるのか」ということでした。それは、ローカルには課題が山積し、それが複雑に絡み合う状況の改善には、創造的なアイデアや行動でしか打破することができず、それがAI社会においての人間の意味でもあり、それに立ち向かうことにより社会が前進すると考えているからです。世界を旅する中で紛争地域の課題解決を導こうとする若手クリエイター集団やスラムの改善を促す建築家たちに出逢いました。彼らは戦略的にローカルに身を置き、決して楽観できない環境でも独創的で創造的な楽しみを見出しながら行動を起こしていました。私のモチヴェーションはその部分に多くの理由があり、自分自身のクリエイティヴで自分の街を持続可能で豊かな地域にしたいという想いがあるからです。それを日本の地方から成し遂げてみたいのです。

     

    What I wanted to convey in particular was “Why do you keep working while staying local?” It is piled up of problems locally, and it can only be defeated by creative ideas and actions in improving situations where it is intricately intertwined, which is also human meaning in the AI ​​society and confronts it It is because we think that society advances by something. In the world, I met young creators who would like to lead the solution of problems in conflict areas, and I also met architects who would like to improve slums. They were strategically local and acted with creative and creative enjoyment in an environment where they could never be optimistic. My motivation is because there are many reasons for that part and I want to make my city a sustainable and rich area with my own creativity. I would like to achieve that from the locality of Japan.

     

    我特別想要傳達的是“你為什麼要留在當地工作?”它在當地堆積了問題,它只能被創造性思想和行動所擊敗,以改善錯綜複雜的情境,這也是人工智能社會的人類意義並面對它因為我們認為社會通過某種東西進步。在世界上,我遇到了想要在衝突地區解決問題的年輕創作者,我也遇到了想要改善貧民窟的建築師。他們在戰略上是本地化的,並且在他們永遠不會樂觀的環境中充滿創造性和創造性的享受。我的動機是因為這個部分有很多原因,我想用我自己的創造力使我的城市成為一個可持續和豐富的地區。我希望從日本的地方實現這一目標。

     

     

     

     

    日本各地の発酵の展示の中で「発酵は生態系との共存」と広義の解釈で取り組みを進める弊社の話は、一風変わって見える側面があったと思います。会場では熱心にお話を聞いている方やメモを取る方もいらっしゃいました。追加の席もご用意していただき、ローカルからの課題解決に対する関心の高さを感じました。東京の中心で創造性と文化を軸とした地方の取り組みをお伝えできることを嬉しく思いました。今後もこのような場を活かしていくことができればと思います。ご参加いただいた皆さま、スタッフの方々、ありがとうございました。

     

    In the exhibition of fermentation in various parts of Japan, I think that our company’s story, which is working on “coexistence with ecosystem” and broad interpretation, has had an unusual aspect. At the venue, some people were listening to stories and taking notes. Additional seats were prepared, and I felt a high level of interest in local problem solving. I was delighted to be able to convey local initiatives centered on creativity and culture in the heart of Tokyo. I hope that we will be able to make use of such a place in the future. Thank you to everyone who participated, staff members.

     

    在日本各地的發酵展覽中,我認為我們公司的故事,正在致力於“與生態系統的共存”和廣泛的解釋,有一個不同尋常的方面。 在會場,有些人正在聽故事和做筆記。 準備了額外的席位,我對當地解決問題感到高度興趣。 我很高興能夠在東京市中心傳達以創意和文化為中心的地方舉措。 我希望將來我們能夠利用這樣一個地方。 感謝所有參與的人員,工作人員。

     

     

    【内容についてよかった点、参考になる点】
    ・とても勉強になりました。
    ・カルチャーを作るというお話が工芸デザインにも通じていて有意義な時間を過ごせた。
    ・ローカルでとても活躍している人がいると知り感動した。
    ・カルチャーを伝えるための考え方を知ることが出来て良かった。
    ・残していくものと新しくしていくものの塩梅が難しいと思ったが、どちらも大切だと改めて感じた。
    ・カルチャーで世界を変える、どうロジックでデータ化できないものを社会の軸にするか。

    【その他気になった点】
    ・もう少し大箱で聞きたい内容だった(多様性を多く求めて)。
    ・事前質問を受け付けてある程度回答しながら進行してもらいたい。

    【その他自由感想】
    ・何度も来ていて楽しませてもらっています。七月で終わり寂しいです!
    ・事前情報なく来ましたが、とても楽しかったです。

     

    【The content was good and helpful】
    ・ I learned a lot.
    ・ The story of making culture is also familiar with craft design and I could spend meaningful time.
    ・ I was moved to know that there are people who are very active in the local area.
    ・ It was good to know the way of thinking to convey culture.
    ・ I thought that it was difficult to keep the salt and plum blossoms of the new thing, but I felt that both were important.
    ・ How to change the world by culture, what can not be data-ized by logic as the core of society.

    【Other points of concern】
    ・ I wanted to listen to it in a little more box (in search of a lot of diversity).
    ・ We accept advance questions and want to proceed while answering to some extent.

    【Other free comments】
    ・ I have been coming over and entertained. I miss it in July and I miss it!
    ・ We came without prior information, but it was very fun.

     

    【內容很好,樂於助人】
    ·我學到了很多東西。
    ·製作文化的故事也熟悉工藝設計,我可以花費有意義的時間。
    ·我很感動有人在當地非常活躍。
    ·了解傳達文化的思維方式很好。
    ·我認為很難保留新東西的鹽和梅花,但我覺得兩者都很重要。
    ·如何通過文化改變世界,不能被邏輯作為社會核心的數據化。

    【其他關注點】
    ·我想在一個更多的盒子裡聽它(尋找很多的多樣性)。
    ·我們接受提前的問題,並希望在某種程度上回答時繼續。

    【其他免費評論】
    ·我一直過來娛樂。我在七月想念它,我想念它!
    ·我們沒有事先的信息,但很有趣。

     

  • 目黒様、坂口様_YAMAMO FACTORY TOUR

    今年の2月に行われた宮城でのレストランのイヴェントで弊社商品を扱っていただきました。その時のワインのペアリングでアルフィオーレの製品があり、醸造家の坂口さんと交流を持ちました。早速イヴェント翌日にワイナリーを訪ね、廃校をリノヴェーションした醸造所や代表の目黒さんにもお会いさせていただきました。有機果樹栽培からナチュラルワイン醸造までを手がけ、川崎町の地域環境や循環型社会を実現する取り組みに共感し、また、弊社にもお越しいただくこととなりました。

     

    Mr. Murase “Misoshiru boya”_YAMAMO FACTORY TOUR

    Mr. Murase who is active in the name of “Misoshiru boya” participated in the factory tour. Pursuing a rich life through fermentation is in many ways similar to our efforts, and it was a very meaningful time to exchange ideas after the tour. Last year, there were some yeasts with strong fruit incense in the yeast collected from the storehouse, and I was able to talk deeply in the technical aspect, such as having them functioned. We are pleased to see more people understanding our activities outside the region. We had the article of our tour. Thank you very much, Mr. Murase.

     

    村瀬先生 “Misoshiru boya”_YAMAMO FACTORY TOUR

    活躍在“Misoshiruboya”名下的村瀬先生參加了工廠參觀。 通過發酵追求豐富的生活在很多方麵類似於我們的努力,這是一個非常有意義的時間來參觀旅遊後的想法。 去年,從倉庫採集的酵母中有一些帶有強烈果香的酵母,我能夠在技術方面深入談論,比如讓它們起作用。 我們很高興看到更多人了解我們在該地區以外的活動。 我們有我們巡演的文章。 非常感謝,村瀬先生。

     

     

    様々な意見交換をする中で、目黒さんたちが取り組まれている「農と食」からの持続可能性の追求をテーマにした招待制イヴェントのお誘いを受けました。クローズドのイヴェントではありましたが、元シェフの目黒さんの料理仲間の方々や生産者の方が多くいらっしゃっており、その質の高さとディテール、料理自体の圧巻のパフォーマンスに驚きました。弊社も物販依頼があり、少しですが会場でご提供させていただきました。

     

    During various exchanges of ideas, I was invited by an invitation-based event on the theme of pursuit of sustainability from “Agriculture and Food” that Meguros are working on. Although it was a closed event, there were many cooks and producers of former chef Meguro-san, and I was surprised at the quality, detail and performance of the dish itself. We also have a product sales request, and we have provided them at the venue for a while.

     

    在各種思想交流期間,我受到邀請式活動的邀請,主題是追求目黒先生正在努力的“農業和食品”的可持續性。 雖然這是一個封閉的活動,但是有許多廚師和前廚師目黒先生的製作人,我對這道菜本身的質量,細節和性能感到驚訝。 我們也有產品銷售要求,我們已經在會場提供了一段時間。

     

     

     

     

     

    産業が地域の中で果たす役割は、予てから大きなものでしたが、環境を含めた持続可能な地域の実現には、その役割の幅はより大きなものになってきていると思います。そこに「農と食」の立場から立ち向かう姿勢に感銘を受けました。弊社もそのような存在であれること、改めて取り組みを進めていきたいと思いました。目黒さん、坂口さん、関係者の方々、ありがとうございました。

     

    The role that industry plays in the area has been a big one for a while, but I think that the scope of the role is becoming larger for the realization of a sustainable area including the environment. I was impressed by the attitude of facing “agriculture and food” from there. We hoped that we would be able to do something like that. Thank you, Mr. Meguro, Ms. Sakaguchi, and related people.

     

    行業在該領域發揮的作用在很長一段時間內都是一個很大的作用,但我認為,為實現包括環境在內的可持續發展領域,這一作用的範圍正在變得越來越大。 從那裡面對“農業和食品”的態度給我留下了深刻的印象。 我們希望我們能夠做到這樣的事情。 謝謝目黒先生,坂口先生和相關人員。

     

     

    ○ABOUT AL FIORE

    アルフィオーレは、多様な生き物がすんでいる自然豊かな宮城県川崎町で農と食を軸に集まる人々をサポートし、活躍する場を育みます。畑を耕し、学びの場を提供し、料理をみなでつくり、みなで食べ、マーケットで人々と集い、ここで感じたことをメディアとして発信する。すべてがアルフィオーレの活動です。実験することを恐れず、夢を描き、未知のことを耕していく。宇宙の中の地球に暮らす生命の循環を感じながら農と食に携わっていく喜びを共有する。そんな仲間が集うコミュニティを創造しています。

    代表 目黒 浩敬

     

    ○ABOUT AL FIORE

    Alfiore supports people who gather around agriculture and food in Kawasaki-cho, Miyagi Prefecture, which is rich in nature, where various creatures live. Cultivating the fields, providing a place for learning, making all the dishes, eating at all, meeting with people at the market, and disseminating what I felt here as media. Everything is Alfiore’s activities. Without fear of experimenting, I draw a dream and cultivate unknown things. We share the joy of engaging in agriculture and food while feeling the circulation of life on earth in space. We are creating a community where such friends gather.

    Representative Hiroki Meguro

     

    ○ABOUT AL FIORE

    Alfiore支持在宮城縣川崎町聚集農業和食物的人們,這裡有各種各樣的生物。 耕種田地,提供學習場所,製作所有菜餚,吃飯,與市場人士會面,並傳播我在這裡作為媒體的感受。 一切都是Alfiore的活動。 我不用擔心嘗試,而是畫一個夢,培養出未知的東西。 我們分享從事農業和食品的快樂,同時感受太空中地球上的生命循環。 我們正在創建一個這樣的朋友聚集的社區。

    代表 目黒 浩敬

     

    Fattoria AL FIORE

     

  • 記事掲載のお知らせ

    Replan東北2019春夏号臨時増刊「東北のデザイン住宅2019」のEsseyで七代目高橋が寄稿しております。デザインと食生活の観点から伝統産業や発酵について家業を継いでから近年、考えていることを綴っております。四代目・彦四郎や本家七代目・七之助の行いに目を向けると会社だけではなく、地域の課題解決と発展に尽力したことからも、私は発酵を広義に捉え、製品づくりのみならず、環境や街に対して想いを募らせることとなりました。ご一読いただければ幸いです。

     

    Notice of Article Posting

    The seventh generation Takahashi is contributing in Essey of Replan Tohoku 2019 spring and summer issue extra edition “design house 2019 of Tohoku”. From the perspective of design and diet, I’ve spelled out what I’ve been thinking in recent years since inheriting the family industry about traditional industry and fermentation. I look at fermentation in a broad sense not only from the company when I look at the actions of the fourth generation Hikoshiro and the main family seventh generation Shichinosuke, I grasp the fermentation in a broad sense, not only the product making but also the environment It was decided to raise thoughts for the city and town. I hope you can read it. _mediainfo.

     

    文章發布通知

    第7代高橋在Replan Tohoku 2019年春夏發行額外版“東北的設計住宅2019”的Essey做貢獻。 從設計和飲食的角度來看,我已經闡述了自從繼承家族產業傳統工業和發酵以來近年來我一直在思考的問題。 當我看到第四代彦四郎和主要家族第七代七之助的行動時,我不僅從公司看廣泛的發酵,我從廣義上掌握發酵,不僅僅是產品創造,環境 決定提出對城市和城鎮的想法。 我希望你能讀懂它。

     


    Replan Tohoku 2019

     


    Replan Tohoku 2019

     

    蔵元の営みと連続する創造性

    視覚的に優れたデザインは、その形状が機能を持つことや後の動作を示唆するものであると評価できます。味覚の世界でも食品を口に入れるまで、食べ物や料理の見た目や形状に機能や示唆があれば、美味しさもまた格別なものになります。パッケージにもそのような領域が用意されており、それはインテリア等のライフスタイルを構成する要素となり大きな意味を持ちます。

     

    Bring 150 years of legacy to new value

    Yuzawa Iwasaki district that prospered as a castle town at the foot of the Minasegawa river, which originates from the Ouu Mountain Range. Old merchant houses and warehouses remain along the old highway even now.

     

    將150年的遺產帶入新的價值

    湯沢岩崎地區在皆瀬川河腳下作為城堡鎮而繁榮,該河源自奥羽山脈。 即使是現在,老商人的房屋和倉庫仍沿著舊高速公路行駛。

     

     

    家業の醸造業を行うことや歴代当主の改築に触れ、発酵とは広義で「生態系との共存」と捉えるようになりました。味噌醤油は、人間が美味しく健康な生活ができる味を求め、長い年月を経て菌の生態系と味覚の共存関係を構築しました。蔵には菌が存在しなければ製品はできあがりません。弊社には4代目が作庭した100年を越す水神庭園があり、それは蔵元という文明的生態に野生の共存を実現しています。仕込水で満たされた池の魚に異常が出ると、それは地下水の異変を知らせます。また4代目は地元・岩崎地域の町長を務め、町民生活の生態系に地域外の活動家や異文化を共存させ活性化を図っていました。産業もまた豊かな地域なくして存続することはできません。

     

    One of them is “Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company”. “YAMAMO GARDEN CAFE” opened last autumn at the storefront. With the background of the garden that vividly reflects the season, a corner of the store with antique furniture made in the UK and a simple chandelier highlights the wonders and charm of Japanese houses. It’s cool but warm, it’s a place where Yamamo’s spirituality appears.

     

    其中一個是“Yamamo味噌醤油醸造商”。 “YAMAMO GARDEN CAFE”去年秋天在店面開業。 花園的背景生動地反映了季節,在英國製造的古董家具的商店的角落和簡單的枝形吊燈突出了日本房屋的奇蹟和魅力。 它很酷但很溫暖,這是Yamamo靈性出現的地方。

     

     

    数世代続く蔵元の営みから「人間は連続性の中で生かされている」と実感します。弊社は蔵元にアートギャラリーやカフェを併設し、コンテンツを積層させることで伝統と革新が融合し魅力を発揮する取り組みを進めています。そのコンテンツを繋ぎ、醸造を多角的に体験するツアーを行っており、営みすべてに焦点を当て、過去から続くレガシーを次世代に残そうとしています。それはルーツやアイデンティティを求め過去を正視し、未来を視ることで、土地に連続した価値を生み出すことができると考えるからです。

     

    After succeeding the family business, the seventh generation Takahashi Yasushi sharpens the region and the history of the family business with its own sensibility, and continues to express it as buildings and goods. “I realized that it was important to convey the attractiveness of Yamamo to the visitors while I was doing an exhibition abroad, and I started renovations to improve the environment for the tour. It will be an asset.” As part of the “YAMAMO GARDEN OPENING PROJECT” started in 2016, the former Mistress’s room overlooking the garden is renovated into a cafe space. In addition, during the hearth, we also handed over to Moromi-kura and set up a gallery, etc., and we are always renovating somewhere. “By starting the 100-year-old garden again, I realized the feelings and values ​​of the predecessors. Since then, I look at the legacy based on what I see,” said Takahashi. Rather than just fixing it, we are creating new value while incorporating the feelings of our predecessors. For example, the octagonal pillar that supports the undercover is inspired by the design of architect Seiichi Shirai, who left many works in Yuzawa. Mr. Takahashi, who wants to be an architect, is said to have a deep knowledge of “renovation to create new attractiveness while solving problems with buildings.”

     

    在繼承家族企業之後,第七代高橋靖以其自身的敏感性,銳化了該地區和家族企業的歷史,並繼續將其表達為建築和商品。 “我意識到,當我在國外進行展覽時,向訪客傳達Yamamo的吸引力非常重要,我開始進行裝修以改善旅遊環境。這也是一種資產。”作為2016年開始的“YAMAMO GARDEN OPENING PROJECT”的一部分,前女主人的俯瞰花園的房間被改造成咖啡館空間。此外,在壁爐期間,我們還交給了諸味蔵並設立了畫廊等,我們總是在某處翻新。 “通過再次啟動這座擁有100年曆史的花園,我意識到了前輩們的感受和價值觀。從那時起,我就根據自己所看到的內容來看待這些遺產。”高橋說。我們不僅僅是修復它,而是在融入我們前輩們的感受的同時創造新的價值。例如,支撐臥底的八角形柱子的靈感來自建築師白井晟一的設計,他在湯沢留下了許多作品。想成為建築師的高橋先生據說對“在解決建築問題的同時創造新的吸引力的翻新”有著深刻的了解。

     

     

    伝統産業は先人の創造的活動の連続によって形成されてきました。各地に存在する伝統産業の担い手が過去から続く価値を現代に再構築し、美しさを生み出すことが、フラット化する世界での日本の役割と考えます。私はレガシーを背景にした人間の持つ創造性を信じ、価値ある美しさを求めていきたいと思います。

     

    In the reservation system “YAMAMO FACTORY TOUR”, you can repeat the extension and reconstruction in this way to see the brewing source until the present. While satisfying your intellectual curiosity, you can also sample “Today’s soup” using your own products. You can enjoy the history of both building and brewery. The usual café menu will be filled with stomach bags with “Yamamo soy gelato” with “Miso sauce sauce” accented by a family tradition, and “Pho of additive-free soup” using solar salt used for preparation. You can touch the legacy of Yamamo, which is inherited from a pulse.

     

    在預約系統“YAMAMO FACTORY TOUR”中,您可以通過這種方式重複擴展和重建,直到現在看到釀造源。 在滿足您的求知欲的同時,您還可以使用自己的產品品嚐“今天的湯”。 您可以享受建築和啤酒廠的歷史。 通常的咖啡館菜單將裝滿帶有“Yamamo大豆冰淇淋”的胃袋,帶有“味噌醬汁”的家庭傳統,以及使用太陽鹽製作的“四種無添加劑湯”。 你可以觸摸從脈衝中繼承的Yamamo的遺產。

     

    Replan Tohoku 2019