• 社会変革事業部(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION)について

    シアトルのリーダーシッププログラムに参加したときから、持続可能な社会実現のため、社会変革(Social Change)について学び、考え続けてきました。そのための一つの方法として、起業家が新しい社会サーヴィスを地域に実装することや、そのような人材を育成することが第一歩と考えられます。しかし、リソースが乏しいローカルではそのような人材の確保や育成が簡単ではありません。弊社では起業家精神を持つ人材を新しい部署「社会変革事業部(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION)」として育成し、社会をより良く変えていくことができるサーヴィスを実現したいと考えております。

    まずは若手蔵人として醸造産業に従事していきながら、外部との交流を持つ意味でカフェ部門も担当し、自身の事業をブラッシュアップさせながら地域と向き合い、より良い社会の実現に向かっていくことができればと思います。このように既存産業が業種の異なるベンチャー企業を包含していくことは、既存産業にとっては事業承継や人材不足を補う利点があり、ベンチャー側からは既にある会社のリソースを活用できるうまみがあり、これは新しい企業存続の在り方であるとも考えます。

    新入社員の澤口駿亮がヤマモの中で起業家として岩崎地域や社会課題と向き合い、成長していくことを期待し、皆様に見守っていただけると幸いです。社会変革事業部が地域や社会に貢献できることを願っております。

     

    About the YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION

    Since joining the Seattle leadership program, I have been learning and thinking about social change in order to realize a sustainable society. One way to do this is for entrepreneurs to implement new social services in the region and to develop such human resources. However, it is not easy to secure and develop such human resources in local areas where resources are scarce. We are nurturing human resources with an entrepreneurial spirit as a new department, “YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION”, and want to realize services that can change society better.

    First of all, while engaging in the brewing industry as a young brewer, we are also in charge of the cafe department in the sense of having exchanges with the outside, facing the area while brushing up our own business, and moving towards the realization of a better society I hope you can. The inclusion of venture companies with different industries in this way has the advantage of existing businesses that make up for business succession and shortage of human resources, and the venture has the advantage of utilizing existing company resources. I think this is a new way to survive.

    I hope that you can watch over the new employee, Keisuke Sawaguchi, as an entrepreneur, facing the Iwasaki area and social issues and growing. I hope that the Social Transformation Division can contribute to the community and society.

     

    關於社會變革課(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION)

    自從加入西雅圖領導力課程以來,我一直在學習和思考社會變革,以實現可持續發展的社會。實現這一目標的一種方法是讓企業家在該地區實施新的社會服務並開發此類人力資源。但是,在資源稀缺的地區確保和開發此類人力資源並不容易。作為一個新的部門,“YAMAMO社會變革部門(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION)”,我們正在培養人力資源,並希望實現能夠更好地改變社會的服務。

    首先,在作為年輕釀酒商從事釀造業的同時,我們還負責與外部交流意義上的咖啡廳部門,面對該地區,同時磨礪自己的事業,並朝著實現更美好的社會邁進我希望你能。以這種方式包含具有不同行業的風險公司具有彌補業務繼承和人力資源短缺的現有業務的優勢,並且該風險具有利用現有公司資源的優勢。我認為這是一種新的生存方式。

    我希望你能看到新員工澤口駿亮,作為企業家,面對岩崎地區和社會問題並不斷發展。我希望社會轉型司能夠為社區和社會做出貢獻。

     

     

    澤口駿亮からのメッセージ

    私の行動と心の源泉は、母校の閉校と港から見える太平洋にあります。自身を最後の卒業生として小学校が無くなったとき、町が消滅していく未来を肌で感じました。地元が消滅していく危機感と土地の恩恵を受け育まれた愛着は折り重なり、いつしか地元の未来を担うのは自分だと、使命感を抱くようなりました。

    その感情とは裏腹に、自分を縛るものを無視してどこまでも飛んでいきたいという気持ちもあります。大学入学を機に慣れ親しんだ土地を離れ秋田にしばらく身を置くことになり、旅や学生団体での活動を経て、今まで知らなかった外の世界の魅力を強く感じました。しかし外に出れば出るほど、「これだけ自由に場所を選ぶことができる時代に、地元は選ばれる地域になるのだろうか」と考えるようになりました。同時に、世の中には似た問いを抱える地域が多数存在することも知りました。

    卒業を間近に控え社会との接続に悩んだ末、これから生きていく上で、一度は地元の消滅に立ち向かった人生でありたいと思うようになりました。そのためには、既にノウハウのある魅力的な海外や資源が豊富にある都市部ではなく、今まさに地方の課題の最前線に立ち、過酷な環境の中でそれでも楽しみを見出しながら生きている人たちからこそ学ぶ必要があると考えました。

    今の湯沢には、自分のアイデンティティと向き合いながら、次世代に向けて何をするべきか本気で考え挑んでいる人たちがいます。課題が山積する混沌とした状況下で、それでも夢を見て生きるその姿は美しく、私にとっては希望でもあります。私自身も誰かにとって希望になれるよう、歴史ある岩崎の地で暮らし伝統産業に身を投じながら、研鑽を積んでいきたいと思います。

     

    Message from Syunsuke Sawaguchi

    My source of action and heart is in the Pacific Ocean as seen from the closing of my home school and the port. When I was the last graduate and the elementary school was gone, I felt the future of the town disappearing. The sense of crisis that the local area disappeared and the attachment that was brought up by the benefits of the land overlapped, and I began to feel that I was responsible for the future of the local community.

    Contrary to that feeling, there is also a feeling that I want to fly as far as I can, ignoring what binds me. After leaving the land I was used to entering university, I left Akita for a while, and after traveling and working with student groups, I felt the charm of the outside world that I had never known before. However, the more I go out, the more I came to think, “Will the local area be the place of choice in an era where you can choose your place as freely?” At the same time, I learned that there are many areas in the world that have similar questions.

    After graduating soon and struggling to connect with society, I decided to live a life that once faced the disappearance of the local community. To that end, people who are already at the forefront of local challenges and are still looking for fun in a harsh environment, not in an attractive overseas city with a wealth of know-how or in an abundance of resources. I thought it was necessary to learn from it.

    At present Yuzawa, there are people who are seriously thinking about what to do for the next generation while confronting their identities. Even in a chaotic situation where there are a lot of challenges, I can still dream and live beautifully and it is a hope for me. I would like to study hard while living in the historical Iwasaki area and investing in traditional industries so that I can hope for others.

     

    來自澤口駿亮的消息

    從我的家庭學校和港口關閉看,我的行動和心臟的來源是在太平洋。當我最後一個畢業生和小學不見了,我覺得這個小鎮的未來正在消失。當地消失的危機感和土地利益帶來的依戀重疊,我開始覺得我對當地社區的未來負責。

    與那種感覺相反,也有一種感覺,我想盡可能地飛,而忽略了什麼束縛了我。離開這片土地後,我習慣進入大學,離開秋田一段時間,在與學生團體一起旅行和工作之後,我感受到了前所未有的外部世界的魅力。然而,我出去的越多,我就會越多地思考,“在一個你可以自由選擇你的地方的時代,當地是否會成為首選之地?”與此同時,我了解到世界上有許多地方都有類似的問題。

    在很快畢業並努力與社會聯繫之後,我決定過一種曾經面臨當地社區消失的生活。為此,那些已經處於當地挑戰前沿並且仍然在惡劣環境中尋找樂趣的人們,而不是在擁有豐富專業知識或豐富資源的有吸引力的海外城市尋找樂趣。我認為有必要從中吸取教訓。

    目前的湯澤,有些人在面對下一代的同時,正在認真考慮下一代該怎麼做。即使在一個充滿挑戰的混亂局面中,我仍然可以夢想和生活得很漂亮,這對我來說是一種希望。我想在歷史悠久的岩崎地區努力學習,投資傳統產業,這樣我就可以為別人帶來希望。

     

     

    澤口 駿亮
    ヤマモ味噌醤油醸造元 社会変革事業部。
    1994年岩手県洋野町生まれ。秋田大学国際言語文化課程卒。自身を最後の卒業生として130年続く小学校が閉校したことを機に地域のコミュニティの衰退を経験、地元の持続可能性に課題意識を持つ。
    ローカルの課題解決の糸口として、新旧の価値観や世代間・地域内外の関係性を接続する存在である伝統産業に着目。地域に根付き公私の境界が曖昧な中で課題解決をすること自体が次世代の働き方であると捉え、2019年4月よりヤマモ味噌醤油醸造元、社会変革事業部に所属。
    現在は人間のクリエイティヴィティが最大限発揮されるようなファシリテーションについて学んでいる。

     

    Syunsuke Sawaguchi
    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company Social Change Division.
    Born in Hirono, Iwate Prefecture in 1994. Graduated from Akita University International Language and Culture Course. With herself as the last graduate, she experienced a decline in the local community when 130-year-old elementary school closed, and has a sense of issues in local sustainability.
    As a clue to solving local problems, we focus on traditional industries that connect old and new values and relationships between generations and regions. Recognizing that solving the problem itself in the area where the public-private boundaries are vaguely rooted in the region is the next-generation work style, he belongs to Yamamoto Miso Soy Sauce Brewery and Social Transformation Division from April 2019.
    I am currently studying facilitation that maximizes human creativity.

     

    澤口 駿亮
    Yamamo味噌醬油醸造商 社會創新部。
    1994年出生於岩手縣的洋野町。 畢業於秋田大學國際語言文化課程。 她自己作為最後一個畢業生,當130歲的小學關閉時,當地社區經歷了衰落,並且在當地可持續發展方面存在問題。
    作為解決當地問題的線索,我們專注於連接新舊價值觀和代際與地區之間關係的傳統行業。 認識到在公共 – 私人邊界模糊地植根於該地區的地區解決問題本身是下一代的工作方式,他從2019年4月起屬於Yamamo味噌醬油啤酒廠和社會轉型部。
    我目前正在研究促進人類創造力的最大化。

     

  • イヴェント登壇のお知らせ_Tohoku Innovation Fes Vol.2

    主催の山崎さんからお声掛けいただき、テクノロジーとカルチャーの祭典”Tohoku Innovation Fes Vol.2″のトークセッション「プラットフォーム化するクリエイティヴィティ」のディスカッションに登壇します。山田さん、安藤さんという素晴らしいゲストの方々とご一緒することができ、非常に嬉しく思います。また、当日は場の仲介者として弊社社員、社会変革事業部の澤口がファシリテーターの手伝いとして参加します。トークセッションの紹介文にありますよう、「クリエイティビティ」「キュレーション」「アート思考」を軸に深い議論に展開することができればと思います。ぜひ、お越しいただければと思います。

     

    Event Announcement_Tohoku Innovation Fes Vol.2

    Mr. Yamazaki, the organizer, will talk to the talk session “Creativity as platform” at the technology and culture festival “Tohoku Innovation Fes Vol.2”. I am very happy to be able to be with wonderful guests such as Mr. Yamada and Ms. Ando. On the day of the event, our employees and Sawaguchi from the Yamamo Social Change Division will participate as facilitators as mediators. As you can see in the introductory text of the talk session, I hope to be able to develop a deep discussion centering on “creativity”, “curation”, and “art thinking”. I hope you will come.

     

    活動公告_Tohoku Innovation Fes Vol.2

    組織者山崎先生將在技術和文化節“Tohoku Innovation Fes Vol.2”上發表關於“創意作為平台”的演講。 我很高興能夠和山田先生和安藤先生這樣的優秀客人在一起。 活動當天,我們的員工和社會轉型部的澤口將作為調解員參與調解員。 正如您在談話會議的介紹性文本中所看到的,我希望能夠圍繞“創造力”,“策展”和“藝術思維”進行深入討論。 我希望你會來。

     

     

    ○About “Tohoku Innovation Fes Vol.2”

    2019年9月21日(土)、仙台市国際センター駅「青葉の風テラス」で『Tohoku Innovation Fes Vol.2』を開催致します。「東北の現在地と未来」をテーマに、東北の起業家やトップランナーをお呼びしたトークセッションや音楽・グルメ・アート・ファッションなど様々な切り口で東北について思考し、挑戦、発信する次世代型フェスです。

     

    ○About “Tohoku Innovation Fes Vol.2”

    On September 21, 2019 (Saturday), Tohoku Innovation Fes Vol.2 will be held at Aoba-no-kaze Terrace, Sendai City International Center Station. With the theme of “Tohoku present location and future”, this is a next-generation festival that thinks about, challenges, and communicates about Tohoku from various perspectives such as talk sessions, music, gourmet, art, and fashion that invite Tohoku entrepreneurs and top runners.

     

    ○About “Tohoku Innovation Fes Vol.2”

    2019年9月21日,Tohoku Innovation Fes Vol.2將在仙台市國際中心站的”青葉沒有風露台”舉行。 以“東北現在的位置和未來”為主題,這是一個下一代的節日,從談話會,音樂,美食,藝術,以及邀請東北企業家和頂級選手的時尚等各種觀點來思考,挑戰和傳播東北。

     

     

    【イノフェストークセッション プラットフォーム化するクリエイティヴィティ】

    高橋 泰氏×山田 能資氏×安藤 歩美氏

    美意識・こだわりはもちろん、継承者として過去から未来へ自身・地域に対して責任・覚悟を持つヤマモ味噌醤油醸造元 七代目高橋泰氏。自然の美しさを引き出し、人々に伝える。そして人々に自然への結びつき、自然への感覚を呼び覚ます大蔵山スタジオ山田 能資氏。東北の多様で独創的な文化や生活様式、美しい風景や人々の生き方を伝えるため、住民一人一人が主役となって創るメディア「TOHOKU360」編集長安藤 歩美氏。三人から、「創造性とは何か?」「引き継いだものと残していくもの」「美学・美意識・在り方」などお話いただきます。「東北だからこそ、生まれるクリエイティヴィティ」「個人の内面から湧き出る創造の可能性」探ることができたらと思います。「自分が何をしたいのか?」「何を残していきたいか?」の問いのヒントになると思います。刺激的なセッションぜひご参加ください!

    高橋 泰様(ヤマモ味噌醤油醸造元 七代目/高茂合名会社・常務取締役)
    1979年秋田県生まれ。150年続く蔵元をリブランディングし海外展開を開始。醸造業の魅力を伝える一連の取り組みがGOOD DESIGEN賞を受賞。蔵元に残るレガシーを捉え、100年を越す庭園やカフェ、ギャラリーを整備し、産業にアートとインバウンドツアーを実装する。発酵を「生態系との共存」と捉え、都市開発と社会変革の文脈を取り入れ、地域改革を進める。伝統を創造性と美意識で再構築し、産業再生の好例として評価される。

    山田 能資(大蔵山スタジオ株式会社 代表取締役)
    世界的に珍しい表情を持った伊達冠石の採掘、その加工・施工を行う会社です。アート・デザイン・建築の分野で活躍するクリエイターの方々と協業しながら、さまざまな形で伊達冠石の力強さと美しさを世に送り出しています。
    同時に山のツアーや石の文化発信を通して、自然と人との結びつきを再認識し、太古の人々が持ち合わせていた自然への感覚を呼び覚ます場と体験を提供しております。

    安藤 歩美(TOHOKU360 代表・編集長​)
    千葉県出身。東京大学公共政策大学院修了後、産経新聞記者として宮城県を中心に震災後の被災地の報道等を担当。独立後、数々のYahoo!トピックス記事を執筆。2016年に東北の今を伝える参加型のニュースサイト「TOHOKU360」を創設、代表・編集長。NHKラジオ第一「ゴジだっちゃ!」木曜パーソナリティー。

    チケットはこちらから(http://ptix.at/LuOQhX)

     

    [Innofest talk session creativity to become a platform]

    Mr. Yasushi Takahashi × Mr. Noshiro Yamada × Ms. Ayumi Ando

    Yasushi Takahashi, the seventh-generation Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company who has responsibility and determination for herself and the community as a successor, not to mention her beauty and commitment. Bring out the beauty of nature and tell people. And Okurayama Studio Norisuke Yamada, who connects people with nature and arouses a sense of nature. Ayumi Ando, ​​Editor-in-Chief of TOHOKU360, a media created by each resident to convey the diverse and original culture and lifestyle of Tohoku, beautiful scenery and the way people live. The three will talk about “What is creativity?” “What is inherited and what is left behind”, “Aesthetics, aesthetics, how to be”. I would like to explore “Creativity that is born in Tohoku” and “Possibility of creation that springs from the inside of individuals”. I think it will be a hint for the question “What do you want to do?” And “What do you want to keep?” Join us for an exciting session!

    Yasushi Takahashi (Yamamo Miso Soy Sauce Brewery, 7th / TAKAMO & Corp. Managing Director)
    Born in Akita Prefecture in 1979. Rebranded Kuramoto, which has been operating for 150 years, and started overseas expansion. A series of efforts to convey the appeal of the brewing industry won the GOOD DESIGEN Award. Capturing the legacy that remains in the brewery, we have established gardens, cafes and galleries that are over 100 years old, and have implemented art and inbound tours in the industry. Considering fermentation as “coexistence with ecosystems”, adopting the context of urban development and social change, and promoting regional reform. The tradition is reconstructed with creativity and aesthetics and is regarded as a good example of industrial revitalization.

    Nosuke Yamada (President of Okurayama Studio Co., Ltd.)
    It is a company that mines, processes and constructs Date crown stones with a rare expression worldwide. While collaborating with creators who are active in the fields of art, design, and architecture, we are bringing out the strength and beauty of Date Crown in various ways.
    At the same time, through mountain tours and dissemination of stone culture, we provide a place and experience that reaffirms the connection between nature and people and awakens the sense of nature that ancient people had.

    Ayumi Ando (TOHOKU360, CEO / Editor)
    Born in Chiba Prefecture. After graduating from the University of Tokyo Graduate School of Public Policy, worked as a reporter for the Sankei Shimbun, mainly in Miyagi Prefecture, in charge of coverage of the affected areas after the earthquake. After independence, he wrote numerous Yahoo! Topics articles. In 2016, he founded TOHOKU360, a participatory news site that conveys the current situation in Tohoku. NHK Radio 1 “Gojicha!” Thursday personality.

    Click here for tickets (Http://ptix.at/LuOQhX)

     

    [Innofest談話會議創意成為一個平台]

    高橋 泰先生×高橋 泰氏×山田 能資氏×安藤 歩美氏先生×安藤 歩美先生

    Yasushi Takahashi,第七代yamamo味噌醬油釀酒師,對自己和社區作為繼任者負有責任和決心,更不用說她的美麗和承諾。帶出大自然的美麗,告訴人們。和Okurayama Studio山田能資將人與自然聯繫起來,喚起人們的自然感。 TOOHOKO360的主編安藤歩美,由每位居民創建的媒體,傳達東北多樣化的原始文化和生活方式,美麗的風景和人們的生活方式。這三個人將談論“什麼是創造力?”“什麼是繼承,什麼是遺留”,“美學,美學,如何成為”。我想探索“在東北出生的創造力”和“從個人內部產生的創造的可能性”。我想這將是一個暗示“你想做什麼?”和“你想保留什麼?”的問題。加入我們的精彩會議!

    高橋泰(Yamamo味噌醬油醸造商,第7代伝人 / 高茂合名会社,常務董事)
    1979年生於秋田縣。品牌重創的蔵元已經運營了150年,並開始海外擴張。一系列努力傳達釀酒行業的吸引力,贏得了GOOD DESIGEN獎。捕捉啤酒廠遺留下來的遺產,我們建立了超過100年的花園,咖啡館和畫廊,並在該行業實施了藝術和入境旅遊。將發酵視為“與生態系統共存”,採用城市發展和社會變革的背景,促進區域改革。傳統以創造力和美學重建,被視為工業振興的一個很好的例子。

    山田能資氏(大倉山工作室有限公司總裁)
    這是一家在全球範圍內以罕見的表達方式挖掘,加工和構建Date冠石的公司。在與藝術,設計和建築領域活躍的創作者合作的同時,我們以各種方式展現了Date Crown的力量和美感。
    同時,通過山地旅遊和石頭的文化傳播,我們提供了一個地方和經驗,重申了自然與人之間的聯繫,喚醒了古代人的自然感。

    安藤歩美(TOHOKU360,首席執行官/編輯)
    生於千葉縣。從東京大學公共政策研究生院畢業後,作為產經新聞的記者,主要在宮城縣,負責地震後受災地區的報導。獨立後,他撰寫了大量雅虎專題文章。 2016年,他創辦了TOHOKU360,這是一個參與式新聞網站,傳達了東北的現狀。 NHK Radio 1“Gojicha!”星期四的個性。

    點擊這裡獲取門票(Http://ptix.at/LuOQhX)

     

  • 記事掲載のお知らせ

    ソトコト10月号の「日本全国!未来をつくる働き方カタログ。」にて七代目・高橋の記事が掲載されております。“伝統×革新が生む未来。”とタイトルにあるように、味噌醤油産業に現当主の持つ感覚をいかにミックスできるかという観点で取材をしていただきました。ヤマモでは雪下ろしが必要な豪雪地帯のため、醸造の現場と生活の場が一体型となっているため、現代ではそもそも特殊な働き方をしており、その中で個人の感性を高めながらチームを組織したり、製品やサーヴィスを実現していくことができるのかを追求しております。趣味性や嗜好が反映された豊かな産業が溢れる地域で仕事ができることを願っております。ぜひ、誌面をご覧いただきたいと思います。

     

    News of Article Publication

    An article about the 7th generation, Takahashi is published in the October issue of SOTOKOTO, “Nationwide! As the title says, “Tradition × Future born of innovation”, we interviewed the miso soy sauce industry from the perspective of how to mix the senses of the current owner. Yamamo is a heavy snowfall area where it is necessary to take down the snow, so the brewing site and the living site are integrated, so today we have a special way of working in the first place. We are pursuing whether we can organize and realize products and services. I hope I can work in an area full of rich industries that reflect my hobbies and preferences. I would like you to look at the magazine. _mediainfo.

     

    文章發布通知

    關於第7代高橋的文章刊登在SOTOKOTO的10月刊“日本全國!工作方式目錄,以創造未來”。 正如標題所說,“傳統×創新的未來”,我們從如何混合當前所有者的感官的角度採訪了味噌醬油行業。 Yamamo是一個大雪地區,需要降雪,因此釀造場地和生活場地是一體化的,所以今天我們有一種特殊的工作方式。 我們正在追求能否組織和實現產品和服務。 我希望我能在一個充滿了反映我的愛好和喜好的豐富行業的地區工作。 我希望你看一下這本雜誌。

     


    SOTOKOTO No.244 October 2019

     


    SOTOKOTO No.244 October 2019

     


    SOTOKOTO No.244 October 2019

     

    ○About “SOTOKOTO”

    「社会や環境がよくなって、そしておもしろい」をテーマとしたソーシャル&エコ・マガジン

    「社会や環境がよくなって、そしておもしろい」をテーマとしたソーシャル&エコ・マガジン。世界の、そして日本各地のソーシャルグッドな話題を毎月編集して、読者の皆さん、ひとりひとりの生活のヒントになる情報をお届けします。『ソトコト』は類似の媒体がありません。いつもオリジナルのスタンス。ひらめく記事から知識が磨かれ、楽しい行動につながるアイディアが生まれます。

    1999年の創刊以来、「スローライフ」「ロハス」「ソーシャル」「ローカル」など、社会をリードするさまざまなキーワードを発信してきました。「SOTOKOTO」とは、アフリカのバンツー族のことばで「木の下」という意味。『ソトコト』という木陰で議論しあい、未来につながるいい知恵を生み出そう。そして、それを愉快に伝えていきたい。そんな想いが込められています。

     

    ○About “SOTOKOTO”

    Social & Eco magazine with the theme of “Improving Society and Environment and Interesting”

    A social and eco magazine based on the theme of “Improving Society and Environment and Interesting”. Every month, social good topics from around the world and around Japan will be compiled to provide readers with information to help them in their lives. SOTOKOTO has no similar medium. Always original stance. Knowledge is refined from inspirational articles and ideas that lead to fun behavior are born.

    Since its first issue in 1999, we have been sending out various keywords that lead society, such as “Slow Life”, “Lohas”, “Social”, and “Local”. “SOTOKOTO” is an African Bantu word meaning “under the tree”. Discuss in the shade of “SOTOKOTO” and create good wisdom that leads to the future. And I want to convey it pleasantly. Such feelings are included.

     

    ○About “SOTOKOTO”

    社會與生態雜誌,主題為“改善社會,環境和有趣”

    以“改善社會,環境和有趣”為主題的社會和生態雜誌。每個月,都會匯集來自世界各地和日本各地的社交好主題,為讀者提供信息,幫助他們改善生活。 SOTOKOTO沒有類似的媒介。始終是原始立場。知識從鼓舞人心的文章和想法中提煉出來,導致有趣的行為誕生。

    自1999年首次發行以來,我們一直在發出引領社會的各種關鍵詞,如“慢生活”,“樂活”,“社交”和“本地”。 “SOTOKOTO”是非洲班圖語,意思是“在樹下”。在“SOTOKOTO”的陰影下討論並創造通向未來的良好智慧。我想愉快地傳達它。這種感覺包括在內。

     

    SOTOKOTO-ONLINE

     

  • 岩崎八幡神社祭典限定”YAMAMO NIGHT GARDEN TOUR”開催のお知らせ

    9月7、8日開催の岩崎八幡神社祭典の夜宮限定で”YAMAMO NIGHT GARDEN TOUR”を開催します。通常はファクトリーツアーに参加いただいたお客様のみご入場いただける弊社の庭園を開放し、スタッフがギャラリーと併せてご案内いたします。2日間限定でワインに合うプレートのご用意も予定しておりますので、夜の庭園を眺めながらお食事もお楽しみください。また、お子様も楽しんでいただけるよう型抜きや金魚すくいの出店もございます。ぜひご家族連れでお立ち寄りいただければと思います。

     

    Announcement of “YAMAMO NIGHT GARDEN TOUR” limited to Iwasaki Hachiman Shrine Festival

    “YAMAMO NIGHT GARDEN TOUR” will be held at Night Palace only at Iwasaki Hachiman Shrine Festival on September 7th and 8th. Usually, only the customers who participated in the factory tour will be able to enter our garden, and the staff will guide you along with the gallery. We plan to prepare a plate that matches wine for a limited period of 2 days, so you can enjoy your meal while watching the garden in the evening. In addition, there are also die-cutting and goldfish scooping stores for children to enjoy. I hope you will drop by with your family.

     

    只有岩崎八幡神社節的“YAMAMO NIGHT GARDEN TOUR”的公告

    “YAMAMO NIGHT GARDEN TOUR”將於9月7日和8日在岩崎八幡神社節在夜宮舉行。 通常,只有參加工廠參觀的客戶才能進入我們的花園,工作人員將引導您與畫廊一起。 我們計劃在2天的有限時間內準備一盤與葡萄酒相匹配的盤子,這樣您就可以在晚上觀看花園的同時享用餐點。 此外,還有兒童享受的模切和金魚舀店。 我希望你能和家人一起過去。

     

     

     

     

     

  • Eva de Klerk “EVA”_YAMAMO FACTORY TOUR

    アムステルダムの都市開発者であるEvaにお越しいただきました。ツアーの参加だけではなく昼食を共にしたり、庭園やギャラリーで岩崎地域の持続可能性やこれからのあり方について多くの意見交換をしました。特に土地に眠る過去からの文脈を引き継ぐことと、アートとの融合、コミュニティの巻き込みについて共感を得ました。彼女の街を復活させる開発はダイナミックでアーティスティックでストリート性に溢れています。直接お会いすりうことができ非常に嬉しかったです。醤油がお好みということで製品もご購入いただき、プロジェクトベースでシナジーが生まれることを期待しています。以下にEvaの行なったダイナミックな都市開発”NDSM造船所”についてご説明をしております。関係者の皆様、ありがとうございました。

     

    Eva de Klerk “EVA”_YAMAMO FACTORY TOUR

    Visited Eva, a city developer in Amsterdam. In addition to participating in the tour, we had lunch together, and we exchanged many opinions on the sustainability of the Iwasaki area and how it should be in the garden and galleries. In particular, I gained sympathy for taking over the context from the past sleeping in the land, fusion with art, and community involvement. The development that revives her city is dynamic, artistic and full of streets. I was very happy to meet you directly. We hope that you will purchase products because you like soy sauce and create synergies on a project basis. The following is an explanation of the dynamic city development “NDSM SHIPYARD” conducted by Eva. Thank you to all the people concerned.

     

    Eva de Klerk “EVA”_YAMAMO FACTORY TOUR

    訪問了阿姆斯特丹的城市開發商Eva。 除了參加旅行,我們一起共進午餐,我們就岩崎地區的可持續性以及它在花園和畫廊中的應用方式交換了許多意見。 特別是,我對從過去在土地上睡覺,融入藝術和社區參與的背景中獲得了同情。 振興她的城市的發展是充滿活力,藝術和充滿街道的。 我很高興直接見到你。 我們希望您購買產品是因為您喜歡醬油並在項目基礎上創造協同效應。 以下是伊娃對動態城市發展“NDSM造船廠”的解釋。 感謝所有有關人員。

     


    YAMAMO FACTORY STORE

     


    YAMAMO MOROMI-GURA

     


    I.L.A. GALLERY

     

     

     

     

    〇About “NDSM造船所”

    1984年のオランダ造船会社(NDSM)の倒産以降、アムステルダム北部のこの地域は社会から放置された状態が続き、試験的にDogtropという団体の劇やフリーマーケット開催以外はこれといった催し物もなく時が過ぎていきました。1998年、アムステルダムの数多くの工場跡や古い波止場が完全撤退や廃棄の対象に上がり、エヴァを含む千を越えるアーティスト、デザイナー、劇場関係者、新鋭芸術家達が活動拠点を失う危機に直面してしまいました。

    2000年、エヴァはこのアムステルダム北部地区役所主催の競売でNDSM東地区84000平米の一時活用権を取得しました。彼女は的場適所に人々を集結させ、開発理念を明記、実行可能性調査の評価を示唆、必要財源と追加助成金の手配など、デザインから建築許可に至るまで全ての工程責任を一任しました。そしてカイネテック・ノード(北地区造船)の名の下に劇場関係者、スケートボーダー、信頼のおける起業家とともに巨大な造船ホールへと事業場所を移しました。当初、カイネテック・ノードはただの作業仲間の集まりにすぎなかったのですが、Kunststad(芸術の街)、Skatepark(スケート公園)、レストラン’Noorderlight’の独特なプロジェクトの参加が起爆剤となり、いつしか管理財団へと成長していきました。

    NDSMには未来があります。2002年初旬、このプロジェクトは都市開発計画及び環境経済省より、「オランダにおける都市再生の手本」として推薦されたのです。その数年後には、アムステルダムの文化的最新スポットとして注目され、その人気は落ちることをしりません。NDSMは可能性を最大限に追求出来るヨーロッパ最大の場所とも言えます。

    スケートパーク、MTV、数々の大型フェスティバルの開催会場、PllekやNoorderlightと言ったレストランが揃った類を見ない芸術の街。。。まさに廃棄の危機を免れ見事に復活させたのです。おかげさまで、昔のようにフェリーもアムステルダム中央駅と往復ルートを再開させました。

     

    〇About “NDSM SHIPYARD”

    For years, since the bankruptcy of the Nederlandse Scheepsbouw en Droogdok Maatschappij (NDSM, the Dutch Shipbuilding and Dry dock Company) in 1984, the NDSM Shipyard in the Northern part of Amsterdam stood abandoned. With the exception of the occasional flea market or show by the experimental theatre group Dogtroep, not much was happening on the grounds.

    In 1998, a dozen old factories and wharves in Amsterdam were cleared or nominated to be cleared. More than thousand artists, designers, theatre makers, and other creative entrepreneurs were about to lose their workspace, including Eva.

    In 2000, Eva won the competition held by Stadsdeel Noord (Northern district authority of Amsterdam) to find a temporary function for the eastern part of the NDSM grounds (84.000 m2). She gathered the right people around her, wrote the concept of development, conducted a feasibility study, arranged the necessary financing and additional subsidies, and was responsible for the whole process, from design until building permit. Under the name Kinetisch Noord (Kinetic North), and together with a group of theatre makers, skateboarders, and sustainable entrepreneurs, she moved into a gigantic shipbuilding hall. Initially, the foundation Kinetisch Noord was ‘just’ a workgroup, but it became the managing foundation and the initiator of special projects, such as Kunststad, Skatepark Amsterdam and restaurant Noorderlicht. In 2008, Eva had finished this major accomplishment, and the management fell into the hands of the authority owning the building and working closely with the community of creative tenants.

    NDSM has got what it takes. As early as 2002, the Ministries for Urban Planning, Environmental and Economic Affairs nominated Eva’s project the exemplary project for city renovation in the Netherlands. In just a few years, NDSM Shipyard became one of the cultural hotspots in Amsterdam, and is still worthy of that description today. NDSM has meanwhile grown into one of Europe’s largest incubators. The ever-growing Kunststad with its many creatives, the skate park, MTV, the many festivals organized there, such as Over ‘t IJ Festival and Valtifest, and of course restaurants Pllek and Noorderlicht, once again make the once-abandoned NDSM Shipyard appealing to all ages. The ferry docks at NDSM again!

     

    〇About “NDSM造船廠”

    自1984年荷蘭造船公司(NDSM)破產以來,阿姆斯特丹北部的這個地區一直被社會所拋棄,除了被稱為Dogtrop和跳蚤市場的組織之外,時間已經過去了。我走了1998年,阿姆斯特丹的眾多工廠和舊碼頭完全撤離和處置,面臨著失去基地的危險,超過一千名藝術家,設計師,劇院官員和包括伊娃在內的新藝術家。是的。

    2000年,Eva在阿姆斯特丹北部地區辦事處舉辦的拍賣會上獲得暫時使用84,000平方米NDSM東區的權利。她聚集了適當的人,指定了發展理念,建議了可行性研究評估,並安排了從設計到建築許可的所有流程責任,包括必要的財務資源和額外的補助。 。該公司以Kinetech Node(北區造船廠)的名義搬到了一個擁有劇院人員,滑板運動員和可靠企業家的龐大造船廠。起初,Kinetech Node只是一個工人聚會,但它是由Kunststad(藝術之城),Skatepark(滑板公園)和餐廳’Noorderlight’等獨特項目的參與管理的。我成長為一個基金會。

    NDSM有一個未來。 2002年初,該項目被城市發展計劃和環境與經濟部推薦為“荷蘭城市更新模式”。幾年後,它將成為阿姆斯特丹最新的文化景點,其受歡迎程度不會下降。 NDSM是歐洲最大的地方,您可以充分發揮其潛力。

    這是一個無與倫比的藝術城市,擁有滑板公園,MTV,眾多大型節日場所以及Pllek和Noorderlight等餐廳。 。 。逃避處置危機是一次偉大的複活。由於這個原因,渡輪恢復了阿姆斯特丹中央火車站的往返路線。

     

    “EVA” PROJECTBOOSTER -AUTHR ‘MAKE YOUR CITY’