• 記事掲載のお知らせ

    ソトコト10月号の「日本全国!未来をつくる働き方カタログ。」にて七代目・高橋の記事が掲載されております。“伝統×革新が生む未来。”とタイトルにあるように、味噌醤油産業に現当主の持つ感覚をいかにミックスできるかという観点で取材をしていただきました。ヤマモでは雪下ろしが必要な豪雪地帯のため、醸造の現場と生活の場が一体型となっているため、現代ではそもそも特殊な働き方をしており、その中で個人の感性を高めながらチームを組織したり、製品やサーヴィスを実現していくことができるのかを追求しております。趣味性や嗜好が反映された豊かな産業が溢れる地域で仕事ができることを願っております。ぜひ、誌面をご覧いただきたいと思います。

     

    News of Article Publication

    An article about the 7th generation, Takahashi is published in the October issue of SOTOKOTO, “Nationwide! As the title says, “Tradition × Future born of innovation”, we interviewed the miso soy sauce industry from the perspective of how to mix the senses of the current owner. Yamamo is a heavy snowfall area where it is necessary to take down the snow, so the brewing site and the living site are integrated, so today we have a special way of working in the first place. We are pursuing whether we can organize and realize products and services. I hope I can work in an area full of rich industries that reflect my hobbies and preferences. I would like you to look at the magazine. _mediainfo.

     

    文章發布通知

    關於第7代高橋的文章刊登在SOTOKOTO的10月刊“日本全國!工作方式目錄,以創造未來”。 正如標題所說,“傳統×創新的未來”,我們從如何混合當前所有者的感官的角度採訪了味噌醬油行業。 Yamamo是一個大雪地區,需要降雪,因此釀造場地和生活場地是一體化的,所以今天我們有一種特殊的工作方式。 我們正在追求能否組織和實現產品和服務。 我希望我能在一個充滿了反映我的愛好和喜好的豐富行業的地區工作。 我希望你看一下這本雜誌。

     


    SOTOKOTO No.244 October 2019

     


    SOTOKOTO No.244 October 2019

     


    SOTOKOTO No.244 October 2019

     

    ○About “SOTOKOTO”

    「社会や環境がよくなって、そしておもしろい」をテーマとしたソーシャル&エコ・マガジン

    「社会や環境がよくなって、そしておもしろい」をテーマとしたソーシャル&エコ・マガジン。世界の、そして日本各地のソーシャルグッドな話題を毎月編集して、読者の皆さん、ひとりひとりの生活のヒントになる情報をお届けします。『ソトコト』は類似の媒体がありません。いつもオリジナルのスタンス。ひらめく記事から知識が磨かれ、楽しい行動につながるアイディアが生まれます。

    1999年の創刊以来、「スローライフ」「ロハス」「ソーシャル」「ローカル」など、社会をリードするさまざまなキーワードを発信してきました。「SOTOKOTO」とは、アフリカのバンツー族のことばで「木の下」という意味。『ソトコト』という木陰で議論しあい、未来につながるいい知恵を生み出そう。そして、それを愉快に伝えていきたい。そんな想いが込められています。

     

    ○About “SOTOKOTO”

    Social & Eco magazine with the theme of “Improving Society and Environment and Interesting”

    A social and eco magazine based on the theme of “Improving Society and Environment and Interesting”. Every month, social good topics from around the world and around Japan will be compiled to provide readers with information to help them in their lives. SOTOKOTO has no similar medium. Always original stance. Knowledge is refined from inspirational articles and ideas that lead to fun behavior are born.

    Since its first issue in 1999, we have been sending out various keywords that lead society, such as “Slow Life”, “Lohas”, “Social”, and “Local”. “SOTOKOTO” is an African Bantu word meaning “under the tree”. Discuss in the shade of “SOTOKOTO” and create good wisdom that leads to the future. And I want to convey it pleasantly. Such feelings are included.

     

    ○About “SOTOKOTO”

    社會與生態雜誌,主題為“改善社會,環境和有趣”

    以“改善社會,環境和有趣”為主題的社會和生態雜誌。每個月,都會匯集來自世界各地和日本各地的社交好主題,為讀者提供信息,幫助他們改善生活。 SOTOKOTO沒有類似的媒介。始終是原始立場。知識從鼓舞人心的文章和想法中提煉出來,導致有趣的行為誕生。

    自1999年首次發行以來,我們一直在發出引領社會的各種關鍵詞,如“慢生活”,“樂活”,“社交”和“本地”。 “SOTOKOTO”是非洲班圖語,意思是“在樹下”。在“SOTOKOTO”的陰影下討論並創造通向未來的良好智慧。我想愉快地傳達它。這種感覺包括在內。

     

    SOTOKOTO-ONLINE

     

  • 記事掲載のお知らせ_AMASHIO

    「Mart Community Blog」にてヤマモの“あま塩しょうゆ 300ml”を記事にしていただいております。有志の方々の口コミを中心にした記事になっており、生活者視点で書かれた内容はレシピ付きで充実した内容と思いました。地域の商品が首都圏の若い世代の方々にお使いいただけること、生活の一部となっていることを嬉しく思います。皆様にもぜひご覧いただきたいと思います。関係者の方々、ありがとうございました。

     

    Notice of Article Posting_AMASHIO

    Yamato’s “Amashio soy sauce 300ml” is featured in the “Mart Community Blog”. The article was centered on the reviews of volunteers, and I thought that the content written from the consumer’s perspective was enriched with recipes. I am glad that local products can be used by the younger generation in the Tokyo metropolitan area and are part of their lives. I would like everyone to see it. Thank you for the people concerned. _mediainfo.

     

    文章發布通知_AMASHIO

    大和的“甘塩醬油300ml”在“Mart社區博客”中有特色。 這篇文章的重點是志願者的評論,我認為從消費者的角度寫的內容充滿了食譜。 我很高興本地產品可以被東京大都會地區的年輕一代使用,也是他們生活的一部分。 我希望每個人都能看到它。 謝謝有關人士。

     

     

     

     

    秋田生まれの甘いしょうゆ 「あま塩しょうゆ」って知ってる?

    From:立石陽子さん
    (埼玉県ふじみ野市在住)

    From:寺倉すくもさん
    (埼玉県ふじみ野市在住)

    新しいマンションや戸建てが多く立ち並ぶ埼玉・ふじみ野エリア。緑豊かな環境で子育てがしやすく、都心へのアクセスもいいため、他県から転勤で引っ越してきてそのまま住み続ける人が増えています。
    ママ友と集まるときには、前に住んでいた県や出身地域のおすすめ商品の情報交換が定番になっているそう。そんなふじみ野に住む、秋田県出身の立石さんのイチオシが「あま塩しょうゆ」です。

    「あま塩しょうゆ」は秋田県湯沢市にある1867年創業の老舗醤油店「ヤマモ味噌醤油醸造元」で製造されているしょうゆです。秋田県では甘い風味のしょうゆの人気が高く、この「あま塩しょうゆ」を常にストックしている家庭が多いそう。
    「名前の通り甘みが強いしょうゆなのですが、塩分とのバランスがいいので料理の味つけにも使えて重宝しています。定期的に秋田からお取り寄せして、毎日の食事づくりで活躍しています」(立石さん)

    とろみはなくサラッとした液体のしょうゆで、ほんのりと甘いだしが香ります。通常のしょうゆより塩分が25%もカットされているので、体にやさしいのが特徴です。

    まずはシンプルに卵かけご飯で味わって!

    生卵を割ったご飯の上に「あま塩しょうゆ」をかけるだけで、絶品卵かけご飯の完成です。程よい甘さが卵のまろやかな旨みを引き立ててくれます。「口当たりがマイルドなので、とろ~り溶けた黄身にすっとしょうゆの味がなじみます。我が家ではパパが朝ごはんによく食べています」(立石さん)

    「あま塩しょうゆ」を使った簡単アレンジレシピ

    【1】魚の照り焼き

    材料(2人分)
    魚の切り身(今回はメカジキを使用)…3切れ
    あま塩しょうゆ…大さじ3
    酒、みりん…各小さじ2~3
    バター…80g 
    片栗粉…大さじ1

    つくり方
    【1】メカジキに塩少々(分量外)、片栗粉をまぶします。
    【2】熱したフライパンでメカジキを両面焼き、焼き色がついたらバターを入れてあま塩しょうゆを全体にまわしかけて酒、みりんを加えます。調味料がメカジキになじんだら完成です。
    「しょうゆで味がしっかりつくので、みりんは少々加える程度でOKです。甘じょっぱい味つけでごはんもすすみますよ」(立石さん)

    【2】そぼろ丼

    材料(2~3人分)
    ひき肉(今回は豚を使用)…150g
    あま塩しょうゆ…大さじ3~4
    酒、みりん…大さじ1
    ごま油…小さじ2~3
    チューブしょうが…約2cm
    卵…2個
    パプリカ、スプラウト…適量

    つくり方
    【1】ごま油をひいたフライパンでひき肉の色が変わるまで炒めます。
    【2】チューブしょうが、酒、みりんを加えてから、あま塩しょうゆを全体にまわしかけます。
    【3】煮詰まって汁気が少なくなってきたらそぼろの完成です。炒り卵とパプリカ、スプラウトを彩りで添えてご飯に盛りましょう。
    「そぼろは多めにつくって、小分けにした状態でラップに包み冷凍保存しています。使いたいときには電子レンジで解凍するだけ。おにぎりやチャーハンの具、うどんのトッピングなどいろいろな料理にアレンジできますよ」(寺倉さん)

    ほかにも煮物や海鮮丼など、幅広く使えて便利な「あま塩しょうゆ」。ラベルもおしゃれでギフトにもおすすめです(英字ラベルのあま塩しょうゆはインターネット通販や秋田県南の一部スーパーで取り扱っています)。ぜひ試してみて!

    撮影/相澤琢磨(光文社写真室)  取材・文/丹下紋香

     

    Do you know sweet soy sauce born in Akita?

    From: Yoko Tateishi
    (Residing in Fujimino City, Saitama Prefecture)
    From: Sukumo Terakura
    (Residing in Fujimino City, Saitama Prefecture)

    The Saitama / Fujimino area is full of new condominiums and detached houses. Because it is easy to raise children in a green environment and access to the city center is good, more people have moved from other prefectures by relocation and continue to live.

    “Amashio Soy Sauce” is a soy sauce produced at a long-established soy sauce store “Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company” founded in 1867 in Yuzawa City, Akita Prefecture. In Akita Prefecture, sweet-flavored soy sauce is very popular, and it seems that many families always stock this “Amashio Soy Sauce”.
    “As the name suggests, the soy sauce has a strong sweetness, but it has a good balance with salt, so it is also useful for seasoning dishes. We regularly order it from Akita and play an active role in making daily meals. (Ms. Tateishi)
    There is no thick, soy liquid soy sauce with a slightly sweet sauce. Since the salt content is cut by 25% from normal soy sauce, it is gentle on the body.

    First of all, simply taste with egg rice!

    All you have to do is to put “Amashio Soy Sauce” on the rice that has been cracked with raw eggs. The moderate sweetness enhances the mellow taste of eggs. “Since the taste is mild, the taste of soy sauce is familiar with the melted yolk. Dad often eats breakfast in my home” (Ms. Tateishi)

    Easy arrangement recipe using Amashio Soy Sauce

    [1] Fish Teriyaki

    Material (for 2 people)
    Fish fillet (use swordfish this time) … 3 slices
    Sweet soy sauce … 3 tablespoons
    Liquor, mirin … 2-3 teaspoons each
    Butter … 80g
    Starch flour … 1 tablespoon

    How to make
    [1] Sprinkle swordfish with a little salt (outside the amount) and starch.
    [2] Both sides of swordfish are baked in a heated frying pan. When the color of the swordfish is baked, add butter and sprinkle with sweet soy sauce. Once the seasoning is familiar with swordfish, it is complete.
    “Because the taste of soy sauce is firm, you can add a little mirin. You can add rice with a sweet and salty seasoning” (Ms. Tateishi)

    [2] Soboro-don

    Materials (for 2-3 people)
    Minced meat (this time using pork) … 150g
    Ama salt soy sauce… 3-4 tablespoons
    Sake, mirin … 1 tablespoon
    Sesame oil … 2-3 teaspoons
    Tube ginger … about 2cm
    2 eggs
    Paprika, sprout … appropriate amount

    How to make
    [1] Stir in a frying pan with sesame oil until the color of the minced meat changes.
    [2] After adding tube ginger, sake, and mirin, sprinkle with Ama salt soy sauce.
    [3] When it’s boiled and the sip is less, it’s finished. Add the roasted egg, paprika and sprout to the rice.
    “We make a lot of soboros and wrap them in wraps and store them frozen. When you want to use them, just thaw them in a microwave. You can arrange them for various dishes such as rice balls, fried rice, and udon toppings. (Ms. Terakura)

    In addition, “Amashio Soy Sauce” is a wide range of useful items such as boiled foods and seafood bowls. The label is stylish and recommended for gifts (English label Amashio Soy Sauce is available at online stores and some supermarkets in the south of Akita Prefecture). Please try it!

    Photographed by Takuma Aizawa (Kobunsha Photo Room) Coverage and text by Monka Tange

     

    你知道秋田出生的甜醬油嗎?

    來自:立石陽子
    (居住在埼玉縣富士見市)
    來自:寺倉Sukumo
    (居住在埼玉縣富士見市)

    埼玉縣/富士見野地區到處都是新的公寓和獨立式住宅。 因為在綠色環境中養育孩子很容易,並且進入市中心是好的,所以更多的人通過搬遷從其他縣遷移並繼續生活。

    “甘塩醬油”是在1867年在秋田縣湯澤市成立的歷史悠久的醬油商店“Yamamo味噌醤油醸造商”生產的醬油。 在秋田縣,甜味醬油非常受歡迎,並且有許多家庭總是儲存這種“甘塩醬油”。
    “顧名思義,醬油具有很強的甜味,但它與鹽有很好的平衡,所以它也適用於調味菜餚。 (立石先生)
    沒有濃稠的大豆液體醬油和略帶甜味的醬汁。 由於鹽含量比普通醬油減少了25%,因此對身體溫和。

    首先,簡單品嚐雞蛋飯!

    你所要做的就是將“甘塩醬油”放在用生雞蛋破碎的米飯上。 適度的甜味增強了雞蛋的醇厚口感。 “由於味道溫和,醬油的味道很熟悉融化的蛋黃。爸爸經常在我家吃早餐。”(立石先生)

    使用甘塩醬油的簡易安排食譜

    [1]魚紅燒

    材料(2人)
    魚片(這次使用箭魚)…… 3片
    甜醬油… 3湯匙
    白酒,味精……各2-3茶匙
    黃油… 80克
    澱粉粉… 1湯匙

    怎麼做
    [1]撒上少許鹽(少量鹽)和澱粉。
    [2]箭魚的兩面都是用加熱的煎鍋烤製的。當箭魚的顏色被烘烤時,加入黃油,撒上甜醬油,加入清酒和味。 一旦調味料熟悉箭魚,就完成了。
    “因為醬油的味道堅固,你可以添加一點味道。你可以加入甜味和鹹味的調味料”(立石先生)

    [2] Soboro丼

    材料(2-3人)
    碎肉(這次是用豬肉)…… 150克
    阿鹽鹽醬… 3-4湯匙
    清酒,味道…… 1湯匙
    芝麻油…… 2-3茶匙
    管姜…約2厘米
    2個雞蛋
    辣椒粉,發芽…適量

    怎麼做
    [1]用芝麻油在煎鍋中攪拌直至肉末顏色變化。
    [2]加入生薑,清酒和味霖後,撒上阿鹽鹽醬油。
    [3]當它煮沸並且啜飲較少時,它就完成了。 將烤雞蛋,辣椒粉和新芽加入米飯中。
    “我們製作了許多soboro並將它們包裹起來並將它們冷凍保存。當你想要使用它們時,只需將它們用微波爐解凍。你可以將它們安排在各種菜餚中,如飯糰,炒飯和烏冬面澆頭。 (寺倉先生)

    此外,“甘塩醬油”是一系列有用的食品,如煮食品和海鮮碗。 該標籤很時尚,推薦用於禮品(英文標籤甘塩醬油可在網上商店和秋田縣南部的一些超市購買)。 請試一試!

    攝影:相澤琢磨(光文社写真室) 報導和文字:丹下紋香

     

  • 記事掲載のお知らせ

    NHKテキスト「きょうの料理ビギナーズ」2019年8月号の「みそ育新聞」にてヤマモの取り組みを取材していただきました。一杯の味噌汁プロジェクトの小山さんの秋田県南地域の4つの蔵元を巡る企画により実現したものでした。弊社には最後にお越しいただき、弊社で行われる改良型の床製麹の方法論や実験的な酵母の変異などの製品の造りの話だけではなく、家業を継ぐに至る本人の心の動きや家族や会社組織としての変化、運命的な関係性で蔵元と製品の継続が決まるというお話をさせていただきました。複数の蔵元を周る中でも、弊社独自のもの、独自の感覚をお伝えし、業界の広がりを見せることができればと思いました。訪問の後日、小山さんからは丁寧なお便りもいただき、これまでの良きご縁と取り組みの理解に感謝したいと思いました。小山んさん、関係者の皆さま、ありがとうございました。

     

    Notice of Article Posting

    We had you report on Yamamo’s activities in the “Misoiku Shimbun” in the August 2019 issue of the NHK text “Kyono Cooking Beginners”. It was realized by the project of visiting the four storehouses in the south area of ​​Akita Prefecture by Ms. Koyama of one cup of miso soup project. The last time we came to our company, we not only talked about the improved floor preparation methodology and experimental yeast mutation products that we carry out, but also the movement of the mind and family of the family business. We talked about the change as a company organization and the fateful relationship that determine the continuation of the storehouse and products. While traveling around multiple warehouses, I thought that I could convey the uniqueness of our company’s own uniqueness and show the spread of the industry. On the day after the visit, Ms. Koyama gave me a polite letter, and I would like to thank you for your understanding of the good relationship and the past activities. Thank you very much, Ms. Koyama, everyone involved. _mediainfo.

     

    文章發布通知

    我們在2019年8月的NHK文本“Kyono烹飪初學者”中報導了Yamamo在“Misoiku Shimbun”中的活動。通過Oyama先生參觀了一杯味噌湯項目,參觀了秋田縣南部四個倉庫的項目。上次我們來公司時,我們不僅談到了改進的地板製備方法和我們實施的實驗酵母突變產品,還談到了家族企業的思想和家庭的運動。我們談到了作為公司組織的變化以及決定倉庫和產品延續的重要關係。在多個倉庫旅行時,我認為我可以傳達我們公司自身獨特性的獨特性,並展示行業的傳播。在訪問後的第二天,小山先生給了我一封禮貌的信,我要感謝你對這種良好關係和過去活動的理解。非常感謝小山先生,所有參與者。

     


    “Misoiku Shimbun” in the August 2019 issue of the NHK text “Kyono Cooking Beginners”

     


    “Misoiku Shimbun” in the August 2019 issue of the NHK text “Kyono Cooking Beginners”

     


    “Misoiku Shimbun” in the August 2019 issue of the NHK text “Kyono Cooking Beginners”

     

    秋田県南のみそ蔵を訪ねて

    湯沢市にある蔵元では、伝統を守りつつ、今までに使われたことのない酵母での試験的な醸造や海外展開、アートを中心にすえた町づくりなど、革新的で壮大な試みに挑む7代目ご当主と出会い、貴重なお話を聞くことができました。

     

    Visit the miso of southern Akita Prefecture

    At Kuramoto, in Yuzawa City, while preserving tradition, we challenge innovative and magnificent attempts such as trial brewing and yeast development with yeast that has never been used before, and creating a town centered on art I met my seventh generation owner and was able to hear valuable stories.

     

    參觀秋田縣南部的味噌

    在Yuzawa市的蔵元,在保留傳統的同時,我們挑戰創新和宏偉的嘗試,例如嘗試釀造和酵母開發酵母,這是以前從未使用過的,並創建一個以藝術為中心的城鎮 我認識了我的第七代老闆,並且能夠聽到有價值的故事。

     

     

  • 記事掲載のお知らせ

    Replan東北2019春夏号臨時増刊「東北のデザイン住宅2019」のEsseyで七代目高橋が寄稿しております。デザインと食生活の観点から伝統産業や発酵について家業を継いでから近年、考えていることを綴っております。四代目・彦四郎や本家七代目・七之助の行いに目を向けると会社だけではなく、地域の課題解決と発展に尽力したことからも、私は発酵を広義に捉え、製品づくりのみならず、環境や街に対して想いを募らせることとなりました。ご一読いただければ幸いです。

     

    Notice of Article Posting

    The seventh generation Takahashi is contributing in Essey of Replan Tohoku 2019 spring and summer issue extra edition “design house 2019 of Tohoku”. From the perspective of design and diet, I’ve spelled out what I’ve been thinking in recent years since inheriting the family industry about traditional industry and fermentation. I look at fermentation in a broad sense not only from the company when I look at the actions of the fourth generation Hikoshiro and the main family seventh generation Shichinosuke, I grasp the fermentation in a broad sense, not only the product making but also the environment It was decided to raise thoughts for the city and town. I hope you can read it. _mediainfo.

     

    文章發布通知

    第7代高橋在Replan Tohoku 2019年春夏發行額外版“東北的設計住宅2019”的Essey做貢獻。 從設計和飲食的角度來看,我已經闡述了自從繼承家族產業傳統工業和發酵以來近年來我一直在思考的問題。 當我看到第四代彦四郎和主要家族第七代七之助的行動時,我不僅從公司看廣泛的發酵,我從廣義上掌握發酵,不僅僅是產品創造,環境 決定提出對城市和城鎮的想法。 我希望你能讀懂它。

     


    Replan Tohoku 2019

     


    Replan Tohoku 2019

     

    蔵元の営みと連続する創造性

    視覚的に優れたデザインは、その形状が機能を持つことや後の動作を示唆するものであると評価できます。味覚の世界でも食品を口に入れるまで、食べ物や料理の見た目や形状に機能や示唆があれば、美味しさもまた格別なものになります。パッケージにもそのような領域が用意されており、それはインテリア等のライフスタイルを構成する要素となり大きな意味を持ちます。

     

    Bring 150 years of legacy to new value

    Yuzawa Iwasaki district that prospered as a castle town at the foot of the Minasegawa river, which originates from the Ouu Mountain Range. Old merchant houses and warehouses remain along the old highway even now.

     

    將150年的遺產帶入新的價值

    湯沢岩崎地區在皆瀬川河腳下作為城堡鎮而繁榮,該河源自奥羽山脈。 即使是現在,老商人的房屋和倉庫仍沿著舊高速公路行駛。

     

     

    家業の醸造業を行うことや歴代当主の改築に触れ、発酵とは広義で「生態系との共存」と捉えるようになりました。味噌醤油は、人間が美味しく健康な生活ができる味を求め、長い年月を経て菌の生態系と味覚の共存関係を構築しました。蔵には菌が存在しなければ製品はできあがりません。弊社には4代目が作庭した100年を越す水神庭園があり、それは蔵元という文明的生態に野生の共存を実現しています。仕込水で満たされた池の魚に異常が出ると、それは地下水の異変を知らせます。また4代目は地元・岩崎地域の町長を務め、町民生活の生態系に地域外の活動家や異文化を共存させ活性化を図っていました。産業もまた豊かな地域なくして存続することはできません。

     

    One of them is “Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company”. “YAMAMO GARDEN CAFE” opened last autumn at the storefront. With the background of the garden that vividly reflects the season, a corner of the store with antique furniture made in the UK and a simple chandelier highlights the wonders and charm of Japanese houses. It’s cool but warm, it’s a place where Yamamo’s spirituality appears.

     

    其中一個是“Yamamo味噌醤油醸造商”。 “YAMAMO GARDEN CAFE”去年秋天在店面開業。 花園的背景生動地反映了季節,在英國製造的古董家具的商店的角落和簡單的枝形吊燈突出了日本房屋的奇蹟和魅力。 它很酷但很溫暖,這是Yamamo靈性出現的地方。

     

     

    数世代続く蔵元の営みから「人間は連続性の中で生かされている」と実感します。弊社は蔵元にアートギャラリーやカフェを併設し、コンテンツを積層させることで伝統と革新が融合し魅力を発揮する取り組みを進めています。そのコンテンツを繋ぎ、醸造を多角的に体験するツアーを行っており、営みすべてに焦点を当て、過去から続くレガシーを次世代に残そうとしています。それはルーツやアイデンティティを求め過去を正視し、未来を視ることで、土地に連続した価値を生み出すことができると考えるからです。

     

    After succeeding the family business, the seventh generation Takahashi Yasushi sharpens the region and the history of the family business with its own sensibility, and continues to express it as buildings and goods. “I realized that it was important to convey the attractiveness of Yamamo to the visitors while I was doing an exhibition abroad, and I started renovations to improve the environment for the tour. It will be an asset.” As part of the “YAMAMO GARDEN OPENING PROJECT” started in 2016, the former Mistress’s room overlooking the garden is renovated into a cafe space. In addition, during the hearth, we also handed over to Moromi-kura and set up a gallery, etc., and we are always renovating somewhere. “By starting the 100-year-old garden again, I realized the feelings and values ​​of the predecessors. Since then, I look at the legacy based on what I see,” said Takahashi. Rather than just fixing it, we are creating new value while incorporating the feelings of our predecessors. For example, the octagonal pillar that supports the undercover is inspired by the design of architect Seiichi Shirai, who left many works in Yuzawa. Mr. Takahashi, who wants to be an architect, is said to have a deep knowledge of “renovation to create new attractiveness while solving problems with buildings.”

     

    在繼承家族企業之後,第七代高橋靖以其自身的敏感性,銳化了該地區和家族企業的歷史,並繼續將其表達為建築和商品。 “我意識到,當我在國外進行展覽時,向訪客傳達Yamamo的吸引力非常重要,我開始進行裝修以改善旅遊環境。這也是一種資產。”作為2016年開始的“YAMAMO GARDEN OPENING PROJECT”的一部分,前女主人的俯瞰花園的房間被改造成咖啡館空間。此外,在壁爐期間,我們還交給了諸味蔵並設立了畫廊等,我們總是在某處翻新。 “通過再次啟動這座擁有100年曆史的花園,我意識到了前輩們的感受和價值觀。從那時起,我就根據自己所看到的內容來看待這些遺產。”高橋說。我們不僅僅是修復它,而是在融入我們前輩們的感受的同時創造新的價值。例如,支撐臥底的八角形柱子的靈感來自建築師白井晟一的設計,他在湯沢留下了許多作品。想成為建築師的高橋先生據說對“在解決建築問題的同時創造新的吸引力的翻新”有著深刻的了解。

     

     

    伝統産業は先人の創造的活動の連続によって形成されてきました。各地に存在する伝統産業の担い手が過去から続く価値を現代に再構築し、美しさを生み出すことが、フラット化する世界での日本の役割と考えます。私はレガシーを背景にした人間の持つ創造性を信じ、価値ある美しさを求めていきたいと思います。

     

    In the reservation system “YAMAMO FACTORY TOUR”, you can repeat the extension and reconstruction in this way to see the brewing source until the present. While satisfying your intellectual curiosity, you can also sample “Today’s soup” using your own products. You can enjoy the history of both building and brewery. The usual café menu will be filled with stomach bags with “Yamamo soy gelato” with “Miso sauce sauce” accented by a family tradition, and “Pho of additive-free soup” using solar salt used for preparation. You can touch the legacy of Yamamo, which is inherited from a pulse.

     

    在預約系統“YAMAMO FACTORY TOUR”中,您可以通過這種方式重複擴展和重建,直到現在看到釀造源。 在滿足您的求知欲的同時,您還可以使用自己的產品品嚐“今天的湯”。 您可以享受建築和啤酒廠的歷史。 通常的咖啡館菜單將裝滿帶有“Yamamo大豆冰淇淋”的胃袋,帶有“味噌醬汁”的家庭傳統,以及使用太陽鹽製作的“四種無添加劑湯”。 你可以觸摸從脈衝中繼承的Yamamo的遺產。

     

    Replan Tohoku 2019

     

  • 経済産業省Brandland JAPAN、「YAMAMO “I.L.A.” PROJECT 産業は芸術に恋をする」を終えて

    昨年度、経済産業省Brandland JAPANに選定され蔵元にアートを実装するプロジェクト「YAMAMO “I.L.A.” PROJECT 産業は芸術に恋をする」を進めて参りました。ベルリン出店やワークショップ、ファーメンテーターズウィークの開催、ギャラリー開廊、カフェオープン、ファムツアー開始と短い期間の中で国内外で展開し、3月の最終報告会に至りました。プロジェクトマネージャー本村拓人氏をはじめ、イベントプロデューサーの京野健幸氏、アーティストの滝澤徹也氏のご協力により、プロジェクトを遂行することができました。本当にありがとうございました。

    月ごとの進捗や海外向けの記事がBrandland JAPANもホームページに記載されております。各種事務局の方々や取材班の皆様のお陰と思っております。本プロジェクトの歩みをアーカイヴで知ることができます。ぜひ、ご覧いただければと思います。

     

    Ministry of Economy, Trade and Industry Brandland JAPAN, After “YAMAMO I.L.A. PROJECT Industry loves Art “

    Last year, we have been promoting the project “YAMAMO“ I.L.A. ”PROJECT Industry Loves to Art”, which is selected by the Ministry of Economy, Trade and Industry Brandland JAPAN, and implements art in a storehouse. With the opening of a store, a workshop, holding of a farmer’s week, opening of a gallery, opening of a café, opening of a fam tour and a short period of time, it has been developed in Japan and abroad, and reached the final debriefing session in March. We were able to carry out the project with the cooperation of project manager Takuto Motomura, event producer Takeyuki Kyono and artist Tetsuya Takizawa. I’m really thankful to you.

    Monthly progress and articles for foreign countries are also listed on Brandland JAPAN website. I think thanks to the people of the various secretariat and the members of the coverage team. You can know the history of this project in archive. I hope you can see it. _mediainfo.

     

    經濟產業省Brandland JAPAN,經過“YAMAMO”I.L.A. PROJECT行業愛上藝術“

    去年,我們一直在推動由經濟產業省Brandland JAPAN選中的“YAMAMO”I.L.A.“PROJECT Industry Loves Art”項目,並在倉庫中實施藝術。 隨著商店的開業,工作室的舉辦,農民周的開放,咖啡館的開業,家庭旅遊的開放和短時間的開放,它已經在日本和國外發展,並在3月份進入最後的匯報會議。 我們能夠在項目經理本村拓人,活動製作人京野健幸和藝術家滝澤徹也的合作下開展這個項目。 非常感謝你。

    國外的月度進展和文章也列在Brandland JAPAN網站上。 我要感謝各秘書處的人員和報導小組的成員。 您可以在歸檔中了解此項目的歷史記錄。 我希望你能看到它。

     

     

    産業とアートが融合した新しい「蔵ツアー」を実現

    かつて城下町・宿場町として栄えたという秋田県湯沢市岩崎。江戸時代が終焉を迎える混乱の世にあって、清流、皆瀬川の恵みを活用して味噌づくりを始めたのが、ヤマモ味噌醤油醸造元だ。
    そして現在、ヤマモ味噌醤油醸造元の七代目、高橋泰氏がスタートさせたのが「ファクトリーツアー。このツアーの目的は、150年あまりの歴史をもつ蔵や醸造工程、さらに地元、岩崎の歴史や文化を国内だけでなく、海外にも発信すること。自身の経験を生かし、「ファクトリーツアー」にはアートのエッセンスも加えている。
    ツアーでは、味噌づくりの現場を巡る蔵見学に加え、室町時代から伝わる岩崎の竜神伝説を背景とした日本庭園、過去と未来を表現するアートギャラリー、カフェなどを回る。アートギャラリーのコンセプトは、“Industry Loves Art”「産業は芸術に恋をする」。ギャラリーでは、書家でもある六代目の高橋嘉彦氏が書き損じた半紙を、和紙アーティストが皆瀬川で漉きなおしてアートギャラリーの床に使用するなど、独自の融合手法がとられている。
    産業とアートを融合させることにより、国内外で活躍するクリエイターの誘致につながる。また、岩崎地域のブランディングと、地域活性の発信源としての役割をヤマモ味噌醤油醸造元は担おうとしているのだ。

     

    Realize a new “kura tour” where industry and art are fused

    Iwasaki, Yuzawa, Akita Prefecture, which once flourished as a castle town and post town. Yamamoto miso soy sauce is the source of confusion in the end of the Edo period, and the creation of miso using the blessings of the clear stream and Minasegawa.
    And now, the seventh generation of Yamamo miso soy sauce brewers, Taisho Takahashi has started “The factory tour. The purpose of this tour is the history of the warehouse and brewing process with a history of about 150 years, and further, the history of Iwasaki To disseminate culture not only domestically but also overseas, making use of its own experience, the “factory tour” also adds an essence of art.
    In the tour, in addition to the storage tour around the site of making miso, I will go to the Japanese garden against the backdrop of the dragon legend of Iwasaki from the Muromachi era, an art gallery expressing the past and the future, and a cafe. The concept of the art gallery is “Industry Loves Art”. In the gallery, a unique fusion method is taken, in which a Japanese paper artist re-writes the half paper written by Mr. Yoshihiko Takahashi, who is also a calligrapher, in Minasegawa to use it for the floor of the art gallery.
    The fusion of industry and art leads to the attraction of creators who are active in and outside Japan. In addition, Yamamoto miso soy sauce brewer is trying to carry out the branding of Iwasaki area and the role as a source of local activity.

     

    實現一個新的“蔵之旅”,融合了工業和藝術

    秋田縣湯澤市的岩崎,曾經作為城鎮和郵政城鎮而繁榮發展。 Yamamo味噌醬油是江戶時代末期混亂的源頭,以及使用清流和皆瀬川的祝福創造味噌。
    而現在,第七代Yamamo味噌醬油釀造商大正高橋已經開始了“工廠之旅”。 為了傳播不僅在國內而且在海外的文化,利用自身的經驗,“工廠之旅”也增添了藝術的精髓。
    在巡迴演出中,除了製作味噌的存儲之旅外,我還將前往日本花園,背景是室町時代的岩崎傳說,一個表達過去和未來的藝術畫廊,以及一個咖啡館。 藝術畫廊的概念是“工業愛藝術”“工業熱愛藝術”。 在畫廊中,採用了獨特的融合方法,日本紙藝人重新編寫了由皆瀬川的書法家高橋嘉彦先生撰寫的半張紙,用於藝術畫廊的地板。
    工業與藝術的融合導致了在日本國內外活躍的創作者的吸引力。 另外,山本味噌醬油釀酒商正試圖實施岩崎地區的品牌以及作為當地活動的來源的角色。

     

     

    ヤマモファクトリーツアー注目すべき4つのポイント

    ポイント1:大型の樽が圧巻の「諸味蔵」
    ツアーのスタートは「諸味(もろみ)蔵」。低温発酵と熟成を促すため、敷地内の最も北側に配置されている。約6000ℓもの味噌を発酵・熟成させる杉樽が並び、古いものでは約100年前の年号が刻まれている。蔵の中は、蔵付き酵母による独特の香りに包まれている。職人たちが働く様子を見学できることも。

    ポイント2:新たな麹が誕生する「仕込蔵」
    栗駒山系の伏流水を使用し、麹づくりを行う「仕込蔵」。この仕込蔵では、既存の酵母だけでなく、新たな酵母を取り入れた試験的な味噌づくりも行われている。ツアーでは「仕込蔵」と発酵熟成の「諸味蔵」を紹介し、毎年の試験醸造でできた個体差のあるふたつの樽をかぎわけ、酵母の作用を体験することができる。変わらぬ味が求められるマーケットだが、新たな酵母を発見することも大切だと七代目は語る。

    ポイント3:新たなコミュニケーションスペース「ギャラリー」
    2階にはアートギャラリーを設置。蔵の魅力を伝える新たな手法としてアートを取り入れ、海外で活躍するクリエイターたちにも響くコミュニケーションスペースを構築している。現在はヤマモでつくる味噌の種麹菌の顕微鏡写真を、アーティスト滝澤徹也氏の手によって和紙に表現した作品を展示。和紙は高橋泰氏の父、高橋嘉彦氏が書家として使用した半紙を皆瀬川で漉き直したものを活用している。

    ポイント4:「カフェ」で味噌・醤油の味わいを体験
    味噌醤油を製造・販売するという蔵元の機能のほかに気軽に利用できるカフェを開設。ツアーの最後には、四代目が作庭した庭園を臨みながらフォーやジェラート、コーヒーなどの食事を楽しむ。そこで提供されるメニューにもヤマモの味噌・醤油が使用することで、日本の調味料に馴染みのない海外客にも受け入れやすいよう工夫をしている。

     

    Yamamo Factory Tour 4 Points to Watch

    Point 1: “Moromi-kura” with large barrels
    The start of the tour is “Moromi-kura”. It is located on the north side of the site to promote low temperature fermentation and ripening. The cedar barrels that ferment and age about 6000 liters of miso are lined up, and the old ones are engraved about 100 years ago. The inside of the storehouse is enveloped in the unique smell of storehouse yeast. You can also see how the craftsmen work.

    Point 2: “Shikomi-kura” where a new kite is born
    The “Shikomi-kura” that uses the Kurikoma Mountain’s underflowing water to make a pot. In this feed storage, experimental miso making which adopted not only existing yeast but new yeast is also performed. The tour will introduce “Shikomi-kura” and “Moromi-kura” fermented and ripened, and you can experience the action of the yeast by separating two barrels with individual differences that were produced by yearly trial brewing. The market demands unchanging taste, but the seventh generation says it is important to discover new yeast.

    Point 3: New Communication Space “Gallery”
    An art gallery is set up on the second floor. We adopt art as a new method to convey the charm of the store, and build a communication space that resonates with creators who are active overseas. Currently, he displays a photo of Miso Tsubaki, a microphotograph of miso made with Yamamo, expressed by Japanese artist Tetsuya Takizawa. Washi uses the half-paper that Takahashi Takahiko’s father used as a calligrapher in the Minasegawa.

    Point 4: Experience the taste of miso and soy sauce at “Cafe”
    In addition to the Kuramoto’s functions of producing and selling miso soy sauce, we have opened a cafe that can be used casually. At the end of the tour, enjoy a meal such as pho, gelato and coffee while looking out at the garden created by the fourth generation. Yamamo’s miso and soy sauce are also used for the menu provided there, and it is designed to be easily accepted by overseas customers who are not familiar with Japanese seasonings.

     

    Yamamo工廠參觀4點觀看

    第1點:“諸味蔵”有大桶
    巡演的開始是“諸味蔵”。它位於場地的北側,以促進低溫發酵和成熟。發酵和陳化約6000升味噌的雪松桶排成一列,舊的窯桶大約在100年前刻。倉庫內部籠罩著獨特的倉庫酵母氣味。您還可以看到工匠們的工作方式。

    第2點:“內置”新風箏誕生的地方
    一個“電荷存儲”,使用栗駒山的下溢水來製作一個鍋。在該飼料儲存中,還進行不僅採用現有酵母而且採用新酵母的實驗味噌製作。此次旅行將介紹“電荷儲存”和“諸味蔵”發酵和成熟,您可以通過分離兩個桶,每個試驗釀造產生的個體差異,體驗酵母的作用。市場需要不變的口味,但第七代人說發現新酵母很重要。

    第3點:新的交流空間“畫廊”
    二樓設有藝術畫廊。我們採用藝術作為傳達商店魅力的新方法,並建立一個與海外活躍的創作者產生共鳴的交流空間。目前,他展示了味噌麹的照片,這是日本藝術家滝澤徹也表達的與Yamamo製作的味噌微型照片。和紙使用了高橋嘉彦的父親用作皆瀬川書法家的半紙。

    第4點:在“Cafe”體驗味噌和醬油的味道
    除了蔵元生產和銷售味噌醬油的功能外,我們還開設了一家可以隨便使用的咖啡館。在遊覽結束時,您可以一邊享用pho,gelato和coffee等美食,一邊欣賞第四代的花園。 Yamamo的味噌和醬油也用於那裡提供的菜單,它的設計很容易被不熟悉日本調味料的海外顧客所接受。

     

     

    祖先の意志や創業への想いを汲み、現代へ昇華

    150年あまりも続く産業を受け継ぎ、蔵元に新たな風を吹き込もうと活動しているのは、七代目の高橋泰氏約12年前に実家の家業を継ぎ、2015年以降、醸造産業を新たな視点から発信するため、産業とアートの融合に取り組んでいる。
    この地で味噌づくりを開始した、創業者である高橋茂助氏が想いを、新たな表現方法であるアート作品に込めた。
    また、ほかの地域で産業を受け継ぐ次世代のリーダーたちと手を組み、街の活性化にも着手。「先祖が脈々と受け継いできたものを知り、どの代も絶やすことなくバトンをつないでくれたことに感謝したい。海外という未開拓の地へ参入することは、ヤマモとしての新たな“創業”を意味し、ここ岩崎の地を新しい側面から発信することで街や社会へ貢献していきたい」と語る。かつて先祖たちが取り組んだ地域改革という意思を、現代版にリバイバルさせ現出させようとしているのだ。

     

    Inspiring the will of our ancestors and our desire for founding, we sublime to the present day

    Taking over the industry that has continued for over 150 years, it has been active to blow new winds into the Kuramoto, by joining the family business of the family about 12 years ago by Yasushi Takahashi of the seventh generation, and from 2015 on the brewing industry We are working on the fusion of industry and art to deliver from a new perspective.
    Founder, Mr. Shigeharu Takahashi, who started making miso in this area, put his thoughts into a new form of expression, art work.
    In addition, we formed hands with next-generation leaders who inherited industry in other areas and started activation of town. “I would like to thank you for knowing what your ancestors have inherited, and thanking you for connecting Baton without hesitation. Entering an unexplored land of foreign countries is a new” founding “as a Yamamo. I mean, I would like to contribute to the city and society by transmitting the land of Iwasaki from a new side. It is trying to make the modern version revival appear the intention of the area reform that the ancestors worked on in the modern version.

     

    激勵我們祖先的意志和我們對建國的渴望,我們崇尚至今

    接管這個已經持續了150多年的行業,通過大約12年前由第七代的高橋泰加入家族的家族企業,以及從2015年開始釀造行業,它一直積極地將新風吹進蔵元。我們正在致力於工業與藝術的融合,以全新的視角提供服務。
    創始人高橋茂助先生在這個領域開始製作味噌,他將自己的想法變成了一種新的表達方式,即藝術作品。
    另外,我們與繼承了其他地區的產業的下一代領導者合作,開始了市鎮的活力化。 “我想感謝你了解你的祖先繼承了什麼,並感謝你毫不猶豫地連接巴頓。進入一個未開發的外國土地是一個新的”創始“作為Yamamo。我的意思是,我想通過從新的一面傳播岩崎的土地,為城市和社會做出貢獻。它試圖使現代版本複興出現在現代版本中祖先所進行的區域改革的意圖。

     

     

    海外展開を進めるにあたって商品パッケージも七代目が手がけた革新的なデザインに一新。海外輸送に耐え得る断熱性と密封性を兼ね備えた素材を採用している。ガーデンカフェには、六代目高橋嘉彦氏が書家として手掛けた作品が展示され、過去から現代へとアートの力を産業に生かすコミュニケーションが受け継がれている。
    かつて城下町として栄えた秋田県の南に位置する玄関口、湯沢市。美しい水を蓄える一級河川・皆瀬川沿いの繁栄とともに、あきたこまちなどの有名な米の産地としても知られている。味噌づくりに欠かせないという米と水は、ヤマモを支えるルーツとなっている。

     

    The product package has also been completely redesigned to the innovative design that the seventh generation worked to promote overseas development. It uses a material that has both heat insulation and sealability that can withstand overseas transportation. At Garden Cafe, works by Mr. Yoshihiko Takahashi of the sixth generation are presented as a calligrapher, and communication that brings the power of art into industry from the past to the present has been passed on.
    Yuzawa City, the gateway to the south of Akita Prefecture, which once flourished as a castle town. Along with the prosperity along the Minase River, a first-class river that stores beautiful water, it is also known as a famous rice production area such as Akitakomachi. Rice and water, which are essential for making miso, are the roots that support Yamamo.

     

    產品包也完全重新設計了第七代促進海外發展的創新設計。 它使用具有隔熱和密封性的材料,可以承受海外運輸。 在Garden Cafe,第六代的高橋嘉彦先生的作品被作為書法家呈現,從過去到現在,將藝術的力量帶入工業的傳播已經傳承下去。
    湯澤市,通往秋田縣南部的門戶,曾經作為城鎮而繁榮發展。 隨著皆瀬川的繁榮,一條儲存美麗水源的一流河流,它也被稱為Akitakomachi等著名的水稻生產區。 米飯和水是製作味噌必不可少的,是支持Yamamo的根源。

     

     

    高橋泰(たかはし・やすし)
    ヤマモ味噌醤油醸造元七代目。高茂合名会社・常務取締役。大学時代に工学建築を学び、実家の家業を継承。海外で得た知見を生かして、建築・アート・ファッションなどのカルチャーを蔵元の運営に取り入れ、伝統産業と地域の活性化に従事している。

    ヤマモ味噌醤油醸造元 / 高茂合名会社
    1867年創業の味噌醤油醸造元。江戸末期、創業者・高橋茂助が自然豊かな岩崎の水源を利用して醸造業を興し、調味料を主とした製造業を開始。伝統の味を受け継ぐ産業に加え2017年からは海外展開を視野に蔵元ツアーを開始。世界へ向けた発信を行っている。

     

    Yasushi Takahashi
    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company seventh generation. Takamo & Corp., Managing Director. Studied engineering architecture at university and inherited his family’s family business. Taking advantage of the knowledge gained overseas, he incorporated culture, art, fashion and other cultures into the management of Kuramoto, and is engaged in revitalizing traditional industries and areas.

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / Takamo & Corp.
    Miso sauce brewed origin founded in 1867. In the late Edo period, founder Mosuke Takahashi started a brewing business using the natural rich water source of Iwasaki, and started manufacturing business mainly for seasoning. In addition to the industry that inherits the taste of tradition, in 2017 we started a tour of Kuramoto with a view to expanding overseas. We are sending out to the world.

     

    高橋泰
    Yamamo味噌醬油釀造商第七代。高茂合名会社,常務董事。 在大學學習工程建築,繼承了他家的家族企業。 利用在海外獲得的知識,他將文化,藝術,時尚和其他文化融入到蔵元的管理中,並致力於振興傳統產業和地區。

    Yamamo味噌醬油釀造商 / 高茂合名会社
    味噌醬釀造起源於1867年。 在江戶時代晚期,創始人高橋茂助開始使用岩崎的天然豐富水源開展釀造業務,並開始主要為調味品製造業務。 除了繼承傳統品味的行業外,2017年我們開始了蔵元之旅,以期向海外擴張。 我們正在向世界發送信息。

     

    Brandland JAPAN story

     

     

    Brandland JAPANの取り組みがシニアプロデューサーの遠山正道さんと横川正紀さんの対談形式でNews Picksで記事にされております。海外で事業を行うことに対する助言がなされております。お二人を含むシニアプロデューサーの方々とはBrandland JAPANの立ち上がりの時から関係を持ち、ツアーにご参加いただいたりとヤマモの取り組みにご理解をいただいております。こちらも合わせてご覧いただきたいと思います。

     

    Brandland JAPAN’s efforts are reported in News Picks in a talk form with senior producer Masamichi Toyama and Masaki Yokokawa. Advice is given for doing business overseas. The relationship with senior producers, including two, has been at Brandland JAPAN since its inception, and we have been able to participate in tours and understand Yamamo’s efforts. I would like to see this as well.

     

    Brandland JAPAN的努力在新聞精選中與高級製片人遠山正道和横川正紀進行了交談。 給予在海外做生意的建議。 自成立以來,與Brandland JAPAN在內的高級製作人(包括兩人)的關係一直存在,我們已經能夠參加巡迴演出並了解Yamamo的努力。 我也希望看到這一點。

     

     

     

    News Picks | 【遠山正道✕横川正紀】強い「ブランド」の作り方