高茂合名会社 | ヤマモ味噌醤油醸造元

GOOD DESIGN AWARD 2013NATURAL BREW
  • ANDONでのお取り扱いのお知らせ_"feature" ANDON

    日本橋・小伝馬町のおむすびスタンド“ANDON”でヤマモの製品をご使用いただいております。開業前にチームの皆さんにお越しいただき、岩崎地域の歴史を知るフィールドワークやファクトリーツアーを経て商品のお取り扱いが決まりました。このようにブランドの背景を十分に知っていただいてからご一緒できることに喜びを感じております。また、リノヴェーションをした店舗も時代性を捉え、素晴らしいものでした。ぜひ足を運んでいただきたいと思います。

    Notice of handling with ANDON _ “feature” ANDON

    We are using Yamamo’s products at “ANDON” in Nihonbashi / Kodenma Town. We decided to handle the product through fieldwork and factory tour to know the history of the Iwasaki area by visiting the team before opening. I am pleased that we can join together after having fully understood the background of the brand. Also, the store which renovated was also wonderful, catching the era. I would like to invite you. @feature

    ANDON處理通知_“功能”ANDON

    我們在日本橋小伝馬町鎮的“ANDON”使用Yamamo的產品。。 我們決定通過實地考察和工廠參觀來了解岩崎地區的歷史。 我很高興能夠在充分了解品牌的背景之後加入到一起。 而且,裝修的商店也很棒,趕上了這個時代。 我想邀請你。


    ◎ANDON

    食×カルチャーの最新型長屋

    8坪4階建てのタイニービルに、おむすび屋や本屋がつまった「東京を楽しむ」新拠点『ANDON』が日本橋・小伝馬町にオープンしました。1階の昼:おむすびスタンド、夜:秋田の日本酒の立ち飲みを中心に、2階の本屋、3階のイベントスペース、4階の大名レジデンスといった食とカルチャーの発信拠点になります。各階ごとにテーマを持ったイベントやスクールを開催することで様々な交流を生む現代の長屋の誕生です。

    ◎ANDON

    Food × Culture’s latest style tenement house

    In the tiny building of 8 tsubo four-storey, a new base “Enjoy Tokyo” where the restaurants and bookstores gathered opened in Nihonbashi / Kodenma Town. On the first floor daytime: Musubi stand, night: centered on Akita’s sake drinking and drinking, it will be the delivery base for food and culture such as the bookstore on the second floor, the event space on the 3rd floor, the daimyo Residence on the 4th floor. It is the birth of a modern tenement building which brings up various exchanges by holding events and schools with themes at each floor.

    ◎ANDON

    食物×文化最新式的唐樓

    在八坪四層的小樓裡,在日本橋/金登町開設了聚集了餐館和書店的新的“享受東京”的基地。 一樓白天:Musubi站,夜間:以秋田的酒為中心,是二樓的書店,三樓的活動空間,四層的大名住宅等的食品和文化的交付基地。 這是一個現代化的唐樓的誕生,通過在各個樓層舉辦各種主題的活動和學校來進行各種交流。



  • SALON adam et ropeでのお取り扱いのお知らせ_"feature" SALON adam et rope

    ヤマモの活動は、コンセプトを共有し、共に文化を発信して行けるような仲間探しをすることです。それは国籍や業種に関わらず、意志を同じくしていれば、それは大きな力となり、社会に変化をもたらすと考えます。私たちと意志を共有する店舗、SALON adam et ropeでのお取り扱いがはじまりました。アパレルブランドとの取り組みは非常に興味深く、和の調味料メーカーとして新しい景色が見えるような気がします。現代に於ける食の価値を新たに捉え、豊かさのご提案ができればと思います。ぜひ、東京、大阪の店舗にお立ち寄り下さい。

    Information of handling by SALON adam et rope _”feature” SALON adam et rope

    Activities of Yamamo is to share the concept, to find fellow like go and to disseminate both culture. It regardless of the nationality or industry, if you are also the will, it becomes a large force, and we believe that results in a change in society. Is handling began in us and of stores that share the will SALON adam et rope. We and apparel brand and efforts are very interesting. We feel like look is new scenery as a seasoning manufacturer of the sum. We think the new value of the modern food, I think that as long as suggestions of richness to everyone. Go to see the Tokyo and Osaka stores. @feature

    处理中SALON adam et rope公告 _”feature” SALON adam et rope

    Yamamo的活动是分享的理念,找到老乡喜欢去传播两种文化。它不分国籍或行业,如果你也是意志,就变成了大部队,而且我们认为,导致在发生变化社会,是处理开始在卖场共享意愿SALON adam et rope的我们,我们服装品牌和努力是非常有趣的。我们觉得看起来是新的风景作为总和的调味品生产企业。我们认为的现代食品的新值,我认为,只要丰富大家的建议。去看看东京和大阪店。

    生活の基本である衣食住のすべてを大切にし、丁寧に生きて行くこと。SALON adam et ropeはそんな感覚を覚えます。春先に秋の収穫を見越した食のセレクトのお話をいただき、関係者の内覧会を経て、店舗に並ぶという運びとなりました。ヤマモの活動が感覚を共にするブランドと関係を築いていくこと。これからも、大切に進めていきたいと思っております。

    We value all of the food, clothing and shelter is a basic of life, it will be carefully alive. SALON adam et rope you remember such a feeling. Early spring to whats the story of food selection in anticipation of the fall harvest. Then through a sneak preview of the parties, it was arranged in the store. That the activities of Yamamo is going to build a relationship with the brand to share the feeling. In the future, we want to continue to carefully proceed.

    我们重视所有的食物,衣服和住所是生活的基本,这将是认真活着。SALON adam et rope记得这样的感觉。早春的食物选择什么故事在期待秋天的收获。然后,通过各方的先睹为快,它被安排在了店里。这Yamamo的活动是要建立与品牌的关系,分享的感觉。今后,我们要继续谨慎行事。

    SALON adam et rope

  • momotoseでのお取り扱いのお知らせ_"feature" momotose

    弊社ヤマモと同じ岩崎地域にありますmomotoseでのお取り扱いがはじまりました。古くからの蔵を現代に馴染むよう改築し、カフェやインテリアショップ、イヴェントスペースを設けた店舗です。momotoseとヤマモを行き来するお客様も多く、同地域の魅力を発信する意味で、共感する部分が多々あります。地域文化をどのように伝えていけるのか。歩みを揃えていければと思います。

    Information of handling by momotose_”feature” momotose
    Yamamo products are now in momotose, located in Iwasaki, Yuzawa. The owner of momotose reformed the old Japanese style storage, Kura, and make it to the store has café, interior shop and event space. People enjoying go and come to momotose and Yamamo. We believe local should be a sightseeing spot as same as cities. I hope that we cooperate and make more people came to Iwasaki.

    momotose在的处理的告知_”feature” momotose
    在在与Yamamo一样的岩崎地区的momotose的使用方法开始了。是重建现代适应来自以前的仓库,咖啡和室内装饰店铺,设置event space的店铺。以momotose和Yamamo往返的顾客也发信多,该地域的魅力的意义,多地有同感的部分。能怎么传达去地域文化?我想如果能汇集去行走。

    〈 追記 〉

    朝日新聞「私の転機」にて七代目・高橋の取組みがご紹介されました。家業を継いでからの葛藤からはじまり、今現在の取組みに至るまでを記事にしていただいております。伝統として残すべきところ、削ぎ落として磨きあげていくところ。非常に難しいところですが、次世代に向かい、やるべきことです。記者の林さんには長時間の取材でお世話になりました。ありがとうございました。皆様にも、是非ご一読いただければと思います。

    〈 postscript 〉

    7th generation Takahashi was featured  on Asahi News Paper “my turning point.” He talked the biggining of his career as the 7th, from the conflict after inheriting trade, to current projects. What should remain and  improve  for generation to genaration is very hard to distingish. However, I believe it is what people should do. The reporter Hayashi spend long time to understand my idea and concept. Thank you so much. I hope you read the article is you have a chance. _mediainfo

    〈 補記 〉
    朝日新聞「我的轉機」第七代·高橋的工作被介紹了。開始於繼承家傳的行業的之後糾紛,現在及至現在的工作承蒙要報道。作為傳統應該留下地方,削gi丟落擦亮的地方。非常難,不過是朝向,下一代,應該做事。承蒙記者林先生由於長時間的採訪關照。謝謝。我想如果能請大家,也無論如何讀一次能得到。

  • 「ヤマモリバーシブル前掛け」お取り扱いのお知らせ_"feature" colocal x RING BELL

    現在、「ヤマモトートバッグセット」と「ヤマモ手ぬぐいセット」をコロカル商店にて販売をしていただいております。このたび「ヤマモリバーシブル前掛け」が加わりました。調味料とアメニティ。ヤマモの商品の背景をより身近なものとしてお伝えできればと思います。
    Information of “YAMAMO REVERSIBLE MAEKAKE” handling_”feature” colocal x RING BELL

    Now Yamamo Riversible Maekake is on sale on Colocal. You can purchase amenities, tote bag and the towel, as well as brewing products such as soy sauce. We hope our customer can enjoy Yamamo’s history and culture from new item. @feature

    「Yamamo雙面可穿圍裙」處理的告知_”feature” colocal x RING BELL

    现在,colocal商店承蒙销售「Yamamo tote bag set」和「Yamamo手擦组套」。这次「Yamamo Reversible 围裙」施加了。我与调料作为更切身东西传达舒适宜人,Yamamo的商品的背景如果可能想。

    コロカル商店
    colocal market
    colocal商店

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company 6 items + totebag set
    Yamamo醤醤油釀造商 6份+大手提袋組套

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company 3 items + tenugui set
    Yamamo醤醤油釀造商 3份+手擦(掉)組套

    ヤマモ味噌醤油醸造元 リバーシブル前掛け

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company Information YAMAMO REVERSIBLE MAEKAKE
    Yamamo醤醤油釀造商 Yamamo雙面可穿圍裙

  • d47 MUSEUM Design Bussan 2014 での展示販売のお知らせ_"feature" D&DEPARTMENT

    会期 2014年8月7日(木) – 2014年10月19日(日)
    時間 11:00 – 20:00入場は19:30まで
    場所 d47 MUSEUM

    <抜粋>
    この度、d47 MUSEUMの第10回企画展として、「デザイン物産 2014」を開催します。その土地を代表する伝統工芸や地場産業など、昔から長く続いている、その土地に愛されるものと、そうした流れにデザインを取り入れ、伝統を大切にしながら新しい挑戦をしているものを対比させながら、日本のものづくりの「進化」を見つけていく展覧会です。デザインが東京だけのものではなくなった今、その土地らしく伝統を進化させる方法を探り、力強い定番品としての魅力と、新しいデザインの試みを47都道府県から集め、「物産展」というスタイルで展示します。

    Information of exhibition sales of Design Bussan 2014_”feature” D&DEPARTMENT

    Date   August 7 – October 19, 2014
    Time   11:00 – 20:00 (Entrance is to 19:30)
    Place  d47 MUSEUM

    < Extract >
    Lately, “Design Bussan 2014” is held as a 10th plan exhibition of d47 MUSEUM. It is an exhibition which finds “evolution” of craftsmanship of Japan, making the thing which traditional handicrafts, a specific local industry, etc. representing the land are long from ancient times, and continues and which is loved by the land, and the thing which is holding a new challenge while taking in a design with such a flow and valuing tradition contrast. Now designing is no longer a thing of only Tokyo, it explores the method of seemingly being the land and evolving tradition, collects charm as forcible time-tested elegance, and the trials of a new design from 47 all prefectures, and exhibits in the style a “product exhibition.”

    在Design Bussan 2014的展示銷售的告知_”feature” D&DEPARTMENT
    會期 2014年8月7日-2014年10月19日
    時間 11:00 -20:00(入場連19:30)
    地方 d47 MUSEUM

    < 摘錄 >
    這次,作為d47 MUSEUM的第10次企劃展,召開「設計物產2014」。代表那個土地的傳統工藝和地方工業等,是與在從很早以前很長地繼續著,那個土地被愛東西,一邊使之對比到那樣的流動收割設計,一邊重要傳統一邊挑戰新的東西,一邊發現日本的製造精神的「進化」的展覽會。設計只東京東西探聽好像丟失的現在,那個土地傳統使之進化的方法,從47都道府縣聚集作為強有力的經典品的魅力和,新的設計的嘗試,「物產展」的風格展示。

    有り難い事に、渋谷ヒカリエ D47 MUSEUMで展示のお話をいただきました。昔から長く続く“Origin”として「あま塩しょうゆ 1.8L」、新しいデザインの試み“+Design”として「あま塩しょうゆ 300ml」を解説付きで展示をしております。定番として愛され、現在まで続けてきたことに敬意を払っていること。そしてこれからも紡ぎ続けていけるよう、手を加えたこと。このような今のつくり手の想いを広く知っていただけることを嬉しく思います。各都道府県のデザイン物産を、ぜひ、お近くで感じていただきたいと思います。

    In the kind thing, I received talk of exhibition in Shibuya Hikarie D47 MUSEUM. I carry out “Amashio Shoyu 300 ml” as “Origin” which continues for a long time from ancient times, and am exhibiting with description as “Amashio Shoyu  1.8L” and a trial “+Design” of a new design. Be loved as a time-tested product and pay respect to having continued till the present. And the thing for which the hand was added so that it could continue spinning from now on. I am happy about that a thought of such a present structure hand can be known widely. I would like you to feel the design product of each all prefectures nearby by all means. @feature

    對難以有的事,澀谷hikarie D47 MUSEUM領受了展示的話。從很早以前很長地例文部分匹配0展示著作為繼續的”Origin”「稍帶鹹味醤油 1.8L」,作為新的設計的嘗試”+Design”「稍帶鹹味醤油 300ml」。對作為經典被愛,到現在繼續給予敬意的。又今後持續能紡去的那樣,改進。對寬廣地知道這樣的現在做(製作)者的感情的能抱感到高興。我想各都道府縣的設計物產,請在是非,附近覺得。

    「あま塩しょうゆ」のご購入はこちらから
    The purchase of “Amashio Shoyu” is from here. 
    「稍帶鹹味醤油」的購買從這邊