高茂合名会社 | ヤマモ味噌醤油醸造元

GOOD DESIGN AWARD 2013NATURAL BREW
  • YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_平成29年度、収穫

    畑を復活させ、今年で3年目になります。土を起こし、種を植え、成長を促し、実りを得る。自然に向き合い、自然のサイクルにも少し慣れてきましたが、穀物を豊かに実らせることは、そう簡単にはいかないものです。だからこそ命の成長に向き合い、雑草に手をかけ、大いなる実りを迎えるのです。土に触れる仕事は人を地面に戻します。それをはじまりとし、物事を組み立てていくことが重要なのです。持続可能な産業を目指し、ヤマモは原料畑を増やす取り組みを続けていきます。
    YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_Fiscal Year 2017, Harvest
    It will be the third year of this year to revive the field. Raise the soil, plant seeds, encourage growth and gain fruit. I have gotten used to nature a bit while getting accustomed to nature, but it is not easy to make fruits rich in grains. That is why it faces the growth of life, handling weeds and bringing forth great fruits. Work touching the earth returns people to the ground. It is important to start with it and assemble things. Yamamo aims to be a sustainable industry, and we will continue our efforts to increase raw material fields._SUSTAINABLE_FIELD
    YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_2017財年,收穫
    今年將是複蘇領域的第三年。 提高土壤,種植種子,鼓勵生長並獲得果實。 我習慣了大自然,習慣於大自然,但是不可能使水果富含穀物。 這就是為什麼面對生活的增長,處理雜草和獲得巨大的果實。 觸摸地球的工作讓人們到地面。 重要的是開始並組裝東西。 Yamamo旨在成為一個可持續發展的行業,我們將繼續努力增加原材料領域。

  • YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_ルーツと農耕

    例年より遅く種撒きをした平成28年度の大豆は、冬のはじまりのころ、遅めの収穫となりました。品質や収量はまだまだ十分とは言えませんが、休耕地を復活させ、原料の自社栽培を進めています。世間でもサステナビリティ(持続可能性)を追求し、ローカライズ(土地に最適化)した産業に対する意識は高まっていると感じます。
    YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_Roots and Farming
    The soybean of 2016 that seeded later than usual was a late harvest when it began in winter. Quality and yield are still not enough, but we are restoring fallow land and promoting our own cultivation of raw materials. I feel that the awareness of industries pursuing sustainability (sustainability) and localizing (optimizing on land) is rising even in the world._SUSTAINABLE_FIELD
    YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_根和農業
    大豆2016財年播種種子後期比平時立冬的時候,就成了晚收。質量和產量不是依然充足,但復甦的休耕土地,我們是我們自己的原料種植。即使在追求可持續發展的世界中,本地化行業的認識會覺得越來越大。

    私たちは効率化を求めるだけではなく、ある種、非効率的な活動が私たち自身に必要であると気付かされます。その狭間であることが私たちの本質でもあります。農業にはじまる一次産業は、それを作業者の私たちに身をもって教えてくれるのです。

    We not only seek efficiency but also realize that some kind of inefficient activity is necessary for ourselves. It is our essence to be in that interval. The primary industry that starts with agriculture tells us that we are the workers.

    我們不僅尋求效率,可以肯定的,低效的活動提醒,有必要對我們自己。那是狹間也有我們的本性。在農業開始主要產業,我會告訴第一手我們的工人。

    私たちはそのことを深く理解し、一時生産物を加工し、調味料として食生活を豊かにします。そのシンプルな営みや循環が社会を動かし、次の世代へと導いてくれるのです。ヤマモはこれからも原料畑を耕していきます。私たちが何者であったかを知るためにも。

    We deeply understand this, we process temporary products and enrich our food as a seasoning. That simple operation and circulation will move society and lead us to the next generation. Yamamo will continue plowing raw material fields. To know what we were.

    我們深刻認識到,通過處理一個臨時的生產,並以豐富的食物作為調料。其簡單的生活和流通移動的社會,它會導致下一代。Yamamo將繼續從現在開始也痛在原材料領域。為了知道我們是什麼。



    from Seattle_15. June. 2015

  • YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_成長すること

    目的の収穫、作物の実りを得るためには多くの手間を要します。大豆の安定した生育のため害虫から作物を守り、周囲の雑草を取り除きます。農業もとい一次産業の最も大切な事は、私たち人類の営みとして当たり前の作業と思われる生長を促す作業です。私たちは、それが人生の本質と捉えています。
    YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_That Grows
    Harvest of purpose, in order to obtain a fruitful crop will take a lot of time and effort. Protect crops from pests for the stable growth of soybean, remove the perimeter of the weed. Agriculture, such as the primary industry of the most important thing is the process of promoting the growth, which seems to be commonplace work as life of our humanity. We are caught it is the essence of life._SUSTAINABLE_FIELD
    YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_這種增長
    目的的收穫,為了獲得豐碩的收成將花費大量的時間和精力。保護免受蟲害作物大豆的穩定增長,除去雜草的周長。農業,如最重要的主業是促進增長,這似乎是司空見慣的工作為我們人類的生命過程。我們抓住它是生命的本質。

    “作物の伸びやかな生育は、私たち人類の成長の進歩と似ている”。かつての学び、シアトルでの先進的な「食と農のリーダー育成プログラム」は究極のところ、“人の成長”に社会変革の核心部分があると辿り着いたのでした。また、世界の多くの先駆的な企業が日本の禅をはじめとする精神性(=マインドフルネス)を取り入れながら歩みを進めており、その取り組みは流行を通り越し、今日、多くの共感を得ています。

    “Relaxed growth of crops, are similar to our progress in the growth of the human race”. Once learning, in an advanced in Seattle, “food and agriculture of the leadership development program”, it was found that there is a core part of the social change in “human growth”. Also, complete the walk while incorporating spirituality that many of the pioneering companies in the world, including the Zen of Japan (= mindfulness). Its efforts are past the epidemic, today, we have gained a lot of sympathy.

    “作物生長放鬆,類似我們人類的成長進步”。一旦學習,以先進的西雅圖,“食品和領導力發展項目農業”,也有人發現,在“人類發展”的社會變革的核心部分。此外,完成步行,同時結合世界靈性,許多創業公司,包括日本的禪(=正念)。它的努力是過去的流行,今天,我們已經獲得了很多同情。

    私たちは土に触れ、成長を実感する農作業を通じ、私たち自身の可能性を実感しています。私たちはテクノロジーの発達した現代で先駆的農業を通じ、社会を変えようとする人たちがいることを知りました。ヤマモは食品加工業ではありますが、産業本来の意味を感じ取り、土地に還元する活動を体現していくことができればと考えております。

    We touch the soil, through the farm work to realize the growth, you have to realize the potential of our own. We know that there are people in the developed modern technology through the pioneering agriculture, it is trying to change society. Yamamo is located in the food processing industry, but perceive the original meaning industry, we believe that if it is possible to continue to embody the activities to be reduced to the land.

    我們接觸土壤,通過農活實現了增長,你必須認識到我們自己的潛力。我們知道,還有人在發達的現代技術,通過不斷開拓農業,它試圖改變社會。Yamamo位於食品加工業,但感知本義行業中,我們認為,如果有可能繼續體現活動減少到地。



    from Seattle_11. June. 2015

  • YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_土地を起す

    ヤマモの味噌醤油醸造を持続可能な産業とする“YAMAMO SUSTAINABLE FIELD”。約30年ぶりに復活させた四代目の畑を今年も耕します。春から夏にかけて、すっかり緑に覆われた畑の土を、重機で掘り起こしていきます。畑がやわらかな褐色に変わっていく様は、昨年の畑の復活の日を思い起こさせ、岩崎の土地の恵みを改めて考えることとなりました。その土地の土に触れ、命を育て、食事をし、生きていくこと。私たちヤマモは“生活 / Life”の根本を大切にしていきたいと思います。
    YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_To Cultivate the Land
    “YAMAMO SUSTAINABLE FIELD” is to our company is sustainable miso soy sauce brewing industry. Also plowing this year the 4th generation’s field, which was revived for the first time in about 30 years. From spring to summer, it will completely the soil was covered with green fields, dig in the heavy equipment. Field will continue to change to a soft brown. I remember the day of resurrection of the last year of the field, it was again considered the grace of Iwasaki of land. Touch the soil of the land, grow life, to eat, to live it. We Yamamo is I want to cherish the root of “life”._SUSTAINABLE_FIELD
    YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_耕種土地
    “YAMAMO SUSTAINABLE FIELD”是我們公司的可持續味噌醬油釀造業。今年春耕還有第四代的領域,這是恢復在30年來第一次的。從春到夏,將徹底土壤上覆蓋著綠色的田野,挖掘重型設備。現場將繼續更改為柔和的棕色。我記得現場的最後一年的復活日,有人再次審議土地岩崎的恩典。觸摸土地的土壤,成長生活,吃,住吧。我們Yamamo是我要珍惜“生活 / Life”的根源。

  • YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_かたちを変えて

    現在の伝統、地域産業は過去の取り組みの連続性の中にあります。持続可能な産業を目指すきっかけとして、約30年ぶりに四代目の畑でつくられた大豆をアクセサリーとして残すことにしました。アクセサリーブランド、ch:farm様には実際に畑にお越しいただき、収穫の大豆を根からまるごと送り、作品を制作していただきました。実際に土に触れるところから、今回の取り組みが実現しました。土づくりから育てた大豆を、食品としてだけではなく装飾品として残し、活動の初志を残すことができたことを嬉しく思います。この度の企画をご紹介します。

    YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_In a Different Form

    Current of tradition, local industry is in the continuity of the past efforts. As an opportunity to become a sustainable industry, we decided to leave the soybean that has been made in the fourth generation of the field for the first time in about 30 years as an accessory. We come in practice in the field in the accessories brand of ch:farm, roots whole sends the harvest of soybeans, we have created a work. From where it actually touches the soil, this effort was achieved. Soybeans grown from soil building, leaving as the only ornaments rather than as a food, I am pleased that we were able to leave the original intention of the activity. It will introduce the planning of this time. SUSTAINABLE_FIELD

    YAMAMO SUSTAINABLE FIELD_以不同的形式

    當前傳統,地方工業在過去工作的連續性。為契機,成為一個可持續發展的行業,我們決定離開已在第四代首次領域已經取得在近30年作為附件大豆。我們進來在配飾品牌ch:farm的現場實踐,全根將大豆的收穫,我們已經創建了一個工作。從那裡它實際上接觸到土壤中,這方面的努力達到了。從土壤中生長的建築大豆,留下作為唯一的裝飾品,而不是作為一種食物,我很高興我們能夠離開該活動的初衷。它會介紹這次的規劃。

    【Saya – Peas and Pods について】
    ch:farm(チャーム)は、秋田県のリンドウ農家さんとのご縁から生まれたブランドです。光で育ったアクセサリーはさらにご縁で広がり、秋田県湯沢市にある創業慶応三年、約150年続くヤマモ味噌醤油醸造元、高茂合名会社へ繋がりました。 “Life is Voyage” 「人生は航海である」
    伝統を重んじつつ開拓者精神をもって挑戦する七代目、高橋泰さん。想いを種に月日で深められた、優しく美しい味噌醤油の味わいと共に目にも楽しい生活の彩りとなることを願ってデザインした豆の「さや」です。

    [ About Saya – Peas and Pods ]
    ch: farm (Charm) is a brand that was born from your edge of the gentian farmer’s Akita Prefecture. Grew up in a light accessories spread further in your edge, founded in 1867 in the Akita Prefecture Yuzawa, led to about 150 years subsequent Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company, TAKAMO & Corp. “Life is Voyage” 
    Seventh generation, Yasushi Takahashi to challenge with a pioneering spirit while respecting the tradition. Feelings were deepened by the date on the species, is a “pod” of beans that were designed hope to be the color of the fun life also in the eyes along with the taste of gently beautiful miso soy sauce. 

    [ 關於Saya – Peas and Pods ]

    ch: farm(神韻)是從您的龍膽農民的秋田縣的邊緣誕生的一個品牌。在你邊上,始建於1867年在秋田縣湯澤進一步蔓延光配件長大,導致了一個半世紀以後Yamamo味噌醤油釀造商。 “Life is Voyage” “生活是航行”
    七代,高橋泰具有開拓精神的挑戰,同時尊重傳統。感情是通過對物種的日期加深,是一個被設計的豆“莢”希望能夠成為生活樂趣也在眼睛與柔美味噌醤油的味道沿顏色。

    意志や方向性を同じくするブランドが共に企画し世に出すことができるのは幸せなことです。大豆の「種子」や「さや」の有機的であたたかなフォルムは、現代人の装飾品として、ささやかなアクセントとなります。自身をルーツあるもので装うことが、多様化した現代人のアイデンティティであり、大豆のモチーフが日本人のネイティヴ・アクセサリーとして、いまの時代性を繁栄したものであると考えています。

    Brand, with the same intention and direction is planning together, is that happy be able to put out into the world. Organic and warm form of “seed” and “pod” of soybeans, as modern people of ornaments, will be modest accent. Decoration of soybean motif as Native accessories of Japanese, we believe it is work that prosperity now to the era of.

    品牌,具有相同的意圖和方向一起策劃,是開心能夠把外面的世界。 “種子”和大豆的“莢”,作為裝飾品的現代人,有機和溫暖的形式將是溫和的口音。大豆基序日本鄉土配件裝飾,我們認為這是工作的繁榮我們的時代。

    【ch:farmについて】
    私達のブランド名には、想いと意味が込められています。
    ★「魅力的な」「魔法にかける」「ペンダントトップ」を意味する英語のcharm
    ★ch=change × channel「変化 × 農業の新たなチャンネル」
    ★farm =「農」
    この★★★を掛け合わせ「ch:farm=チャーム」となりました。
    秋田県由利本荘市矢島町のリンドウ農家、佐藤まき子さんとのご縁を始まりとして生まれたアクセサリーブランドです。一つ一つ手作りで、そして本物の植物を加工しているので、色・形、どれ一つとして同じモノはありません。多種多様なデザイナーと農家さんのco-production(協働)でお届けする、世界にたった一つの秋田から始まるNature Gift。神様からの美しい自然の恵みを皆様にお届けしたいと思っています。

    [ About ch:farm ]
    In our brand name, meaning and thought it has been put.
    ★ “charming” in English, which means “applied to the magic”, “Pendant” charm
    ★ ch = change × channel “new channel of change × agriculture”
    ★ farm = “agriculture”
    This ★★★ the multiplied: was the “ch:farm = charm”.
    Gentian farmers in Akita Prefecture Yurihonjo Yajima-cho, is born accessories brand as the beginning of your edge with Makiko Sato. One by one handmade, and because it is processing a real plant, color and shape, you do not have none of the same things as one. To deliver a wide variety of designers and farmer’s co-production (cooperation), Nature Gift starting from only one of the Akita in the world. We want to deliver to everyone the beautiful nature of grace from God.

    [ 關於ch:farm ]
    在我們的品牌名,意,以為已經投入。在英語中,這意味著
    ★“charming”,“適用於魔術”,“吊墜”的魅力
    ★ch =更改×通道“更改×農業的新通道”
    ★farm=“農業”
    這★★★相乘的:是“ch:farm =農家韻味”。
    秋田縣由利本莊矢島町龍膽草農民,出生配飾品牌與佐藤真紀子你的優勢的開始。一個接一個手工製作,因為它正在處理一個真正的植物,顏色和形狀,你沒有沒有一個同樣的事情之一。為了提供各種各樣的設計師和農民的co-production(合作),Nature Gift只從秋田世界的一個開始。我們希望提供給大家的上帝恩典的美麗的大自然。