• 木下明夢樹_社会変革事業部インターンレポート

    突如として感染症と共生する社会となり、社会や組織、個人の在り方も大きく変化しています。また、情報やサーヴィスの膨大な氾濫により、公私問わず、多くの事がマルチタスク化しています。変化の波が大きすぎる時代では、個人を貫く事が難しくなったのかもしれません。

    木下さんは、伝統産業かつローカルに位置するヤマモに在籍しながら、最大の目標とする大学院進学を成し遂げました。新しい取り組みや課題解決が混在する中、想いを成し遂げる事ができたのは、本人もチームも、大きな大きな喜びになったと思います。ローカルで課題解決をしつつ、個人の主観ベースで新しいものに取り組む。弊社の人的環境、文化的環境が青春期やユースの中にある方々に何らかの影響を与え、それを返していただくことに喜びと感謝の思いを抱きます。木下さんが歴史や文化が積層する異国の地で何を学び、何を獲得し、どこに向かうのか。これからもチームの一員として楽しみにしていきたいと思います。

    .

    Anju Kinoshita_YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern Report

    We have suddenly become a society living with infectious diseases, and the nature of society, organizations, and individuals is changing dramatically. In addition, due to the vast overflow of information and services, many things, both public and private, are becoming multitasking. In an age where the waves of change are too great, it may have become difficult to carry on as an individual.

    Kinoshita-san achieved his biggest goal of going to graduate school while working at Yamamo, a traditional industry and locally located company. I think it was a great pleasure for both him and the team to be able to accomplish his dream in the midst of a mixture of new approaches and problem solving. While solving problems locally, we tackle new things on an individual subjective basis. We are happy and grateful that our human and cultural environment has some impact on people in their adolescence and youth, and that they return it to us. I wonder what Kinoshita-san will learn, what he will gain, and where he will go in this foreign land of layered history and culture. As a member of the team, I look forward to seeing what he will learn, what he will gain, and where he will go. _internreport

    .

    木下明夢樹_社會變革課實習報告

    突然地,它已經成為與傳染病共存的社會,社會,組織和個人的生活方式應該發生巨大的變化。 此外,由於信息和服務的大量氾濫,許多公共和私人事物都在處理多任務。 在變革浪潮過大的時代,可能很難滲透到個人。

    木下先生在就讀於本地的傳統產業Yamamo時實現了進入研究生院的最大目標。 我認為,我,我的團隊和我自己能夠在新舉措和解決問題的結合中實現自己的願望,這是我的榮幸。 在本地解決問題時,應在個人主觀的基礎上研究新事物。 我們感到高興和感激,我們的人類和文化環境對青春期和青年時期的人們產生了一定影響,我們為他們的回歸感到高興。 木下將學到什麼,學到什麼?在歷史和文化積澱的異鄉他鄉會去哪裡? 作為團隊的一員,我將繼續期待它。

    .

    .

    ヤマモでの7ヶ月のインターンシップを終えて

    この濃密な7ヶ月間は一言では言い表せないほどの学びと祝福を私に与えてくれました。ヤマモでの学びは、職務という無機質な言葉に収まりません。2020年の下半期から2021年にかけてヤマモがおかれていた状況、私個人としての状況、さらにそこに携わる一人ひとりの個性が混ざり合い、私の学びが生成されたのだと思います。

    大学院の入試や奨学金の申請を行いつつ、また学部生として最後の学期を利用してリサーチ・アシスタント等の業務をこなしながら、記録的豪雪の湯沢で生き抜いた7ヶ月間。自分の可能性を疑い、不安に押しつぶされそうな時にも、常に未来への希望を語り合ったヤマモのチームは力強く私の背中を押してくれました。私よりも私を信じてくれた仲間がいたからこその、3校の海外大学院合格という結果であったのでしょう。

    クリエイティブという言葉をテーマにした活動を通して、クリエイテイブであることの「希望」と「呪い」の二面性を垣間見ることができたと考えます。異常な程の執着がクリエイティブの源泉であるのなら、その過程には必ず犠牲がついてきます。人が共に生きるからこその痛みと喜びは、人間に普遍であり気づきもしない小さな棘なのかもしれません。その存在に気づいた今、私はさらなる成長と決意を求められていると感じます。

    こうしてインターンシップが終了した後にも、緊張感が伴うところがヤマモの特異な点であるのでしょう。心地よい緊迫感と言いましょうか。挑戦をしなければと駆り立てられるこの感情は、これから未知の国へ飛ぶ私への祝福であり呪いです。共に戦った仲間に恥じない生き方をしなければ、と身が引き締まる思いです。

    .

    After 7 months of internship at Yamamo

    This intense seven months has given me more learning and blessings than I can express in a few words. My learning at Yamamo cannot be summed up in the inorganic term of “duties”; I believe that my learning was generated by a mixture of the situation Yamamo was in from the second half of 2020 to 2021, my personal situation, and the individuality of each person involved.

    For seven months, I survived in Yuzawa under record-breaking snowfall, while taking entrance exams for graduate school, applying for scholarships, and working as a research assistant during my last semester as an undergraduate student. Even when I doubted my potential and felt overwhelmed by anxiety, the Yamamo team, with whom I constantly talked about hope for the future, pushed me forward. It was because of my friends who believed in me more than I believed in myself that I was accepted into three overseas graduate schools.

    Through our activities on the theme of the word “creative,” we believe that we have been able to glimpse the duality of the “hope” and “curse” of being creative. If abnormal obsession is the source of creativity, then sacrifices are sure to follow in the process. The pain and joy that comes from people living together may be a small thorn in the side of humanity that is both universal and unnoticed. Now that I am aware of their existence, I feel that I am being asked to grow further and be more determined.

    I guess the unique thing about Yamamo is that even after the internship is over, there is still a sense of tension. A comfortable sense of urgency, if you will. This feeling of being driven to take on a challenge is both a blessing and a curse for me as I fly to an unknown country. It is a blessing and a curse for me as I fly to an unknown country. I feel that I must live my life in a way that does not shame the people I have fought with.

    .

    在Yamamo實習7個月後

    緊張的七個月給了我難以置信的學習和祝福。在Yamamo學習並不適合自然而然的工作。從2020年下半年到2021年,安置Yamamo的情況,作為個人的情況以及參與其中的每個人的個性都是混雜的,我認為這是我的學習所產生的。

    在申請研究生入學考試和獎學金,並在上學期作為一名本科生擔任研究助理的同時,在Yuzawa創紀錄的大雪中倖存了七個月。甚至當我懷疑自己的潛力並且似乎被焦慮所淹沒時,一直談論他們對未來的希望的Yamamo團隊也強烈地推動了我。也許這是通過三所海外研究生院的結果,因為有些朋友比我更相信我。

    通過以“創意”一詞為主題的活動,我想我可以一窺創意的“希望”和“詛咒”的雙重性。如果非凡的依戀是創造力的來源,那麼在這個過程中總會有犧牲。在一起生活的痛苦和快樂可能是人類普遍而未註意到的小刺。現在我已經意識到了它的存在,我覺得我需要進一步的發展和決心。

    Yamamo的特點是,即使實習期結束了,仍然有一種緊張感。讓我們稱它為一種緊迫感。驅使我接受挑戰的這種感覺對我飛往未知國家的祝福和詛咒。我覺得我必須過上與自己打過仗的人不感到羞恥的生活。

    .

    .

    木下 明夢樹
    ヤマモ味噌醤油醸造元 社会変革事業部インターン。
    高校の英語教育に疑問を持ち、より楽しい英語を教えられる教師になるために国際教養大学に入学。「楽しい」学習とは何かを学ぶうちに、自分の疑問は日本の教育界のクリエイティビティの欠如だと気づく。国際教養大学を卒業し、秋からは英国ケンブリッジ大学の修士課程(Arts, Creativity, and Education)へ進学予定の研究者の卵。

    .

    Anju Kinoshita
    Intern at Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company, Social Change Division.
    With doubts about high school English education, she enrolled in Akita International University to become a teacher who can teach English in a more fun way. As she learned what “fun” learning was, she realized that her doubts were due to the lack of creativity in the Japanese education system. After graduating from Akita International University, she is now an aspiring researcher who plans to enter a master’s program (Arts, Creativity, and Education) at the University of Cambridge in the UK in the fall.

    .

    木下 明夢樹
    Yamamo味噌醬油釀造商,社會變革部實習生。
    由於對高中英語教育有所懷疑,他進入秋田國際大學成為一名可以更愉快地教英語的老師。 當我了解什麼是“有趣”的學習時,我意識到我的問題是日本教育界缺乏創造力。 秋田國際大學畢業的研究人員的蛋,計劃在秋天繼續攻讀劍橋大學的碩士課程(藝術,創造力和教育)。

    .

  • 佐藤寧々_社会変革事業部インターン(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern)

    感染症と共存する社会となり、生活や働く環境が大きく変化しています。多くの学生もその変化の中にあり、それぞれが模索を続けています。ヤマモのインターンもその影響下にあり、弊社を目指す学生にも新たなヴィジョンの策定やそれに伴う覚悟を求める部分が増えたように感じます。

    佐藤さんは、高校生の時から繋がりがあり、国際教養大学の合格も耳に届いておりました。数年後にお会いする彼女は以前と変わらず真っすぐに成長されていて、学びに対する謙虚さがありながらも自分のスタイルを持ち合わせていました。ご自身が希望するアパレル業界は多くの他業種に応用可能な部分があり、彼女は異業種の中に居ながらも、自分の得意分野でハイブリットな製品やサーヴィス、組織開発を行っていくのだと思います。2年生ということもあり、長期休暇などの学業の合間にスタッフとして現場に立つことになります。どうぞよろしくお願いします。

    .

    Nene Sato_YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern

    In a society that coexists with infectious diseases, the living and working environment is changing drastically. Many students are in the midst of that change, and each continues to explore. Yamamo’s internship is also under the influence, and I feel that the number of students who are aiming for our company is increasing to ask for the formulation of a new vision and the preparedness that accompanies it.

    Sato has been connected since he was a high school student, and he has heard that he has passed Akita International University. She met a few years later, she was as straightforward as she used to be, and she had her own style while being humble about her learning. The apparel industry she desires has some applicability to many other industries, and while she is in her different industry, she develops hybrid products, services and organizations in her area of expertise. I think that we will go. Since she is in the second grade, she will be on the scene as a staff member during her studies such as long vacations. I look forward to her. _internreport

    .

    佐藤寧々_社會變革課YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern

    在一個與傳染病共存的社會中,生活和工作環境正在發生巨大變化。 許多學生正處於這種變化之中,並且每個人都在繼續探索。 Yamamo的實習也受到影響,我覺得針對我們公司的學生人數正在增加,要求提出新的構想和隨之而來的準備。

    佐藤先生從高中時代就開始與他建立聯繫,並且聽說他已經通過了秋田國際大學。 她將在幾年後見面,並且像往常一樣長大,擁有自己的風格,同時對學習謙虛。 她想要的服裝行業可以應用於許多其他行業,並且在不同的行業中,她開發自己專業的混合產品,服務和組織。 由於我處於二年級,因此在學習期間(例如長假),我將作為工作人員在現場。 很高興見到你。

    .

    .

    佐藤寧々からのメッセージ

    日本での生きにくさを感じ、海外への長期留学を夢見ていた中学校3年生の時にご縁あってヤマモ味噌醤油醸造元7代目当主である高橋泰さんに出会いました。当時から私に真摯に接してくれ、将来の夢の話をしたことを今でも鮮明に覚えています。その後、念願叶って高校1年の夏から1年間、ドイツに留学をしました。出会う人々も言語も食も何もかもが刺激になる毎日でした。異文化に触れると同時に、今まで知りえなかった日本の魅力にも気づかされました。 高校を卒業し、国際教養大学に進学したものの、コロナ過で毎日朝から晩までパソコンに向かうだけだった私に泰さんが声をかけてくれたのをきっかけに、ヤマモの一員として働かせていただくことになりました。来店していただいたお客様との会話はもちろん、日常的に社内で交わされるアクティブな会話やカフェスタッフ全員で行われるコースメニューのテイスティングなどを通して授業では学ぶことのできない、ヤマモの魅力を最大限に引き出すためのこだわりが存分に感じられる経営方法やブランディングを目の当たりにしました。

    今現在、アパレル業界でのマーケティングやブランディングに興味がある私にとってヤマモでの経験は非常に貴重なものです。古くから続く味噌醤油の蔵元という日本らしさがある一方で、私が幼心に感じていた日本での暮らしにくさを取っ払ったある意味では日本らしくないこの空間がヤマモらしさを生み出しているのだと思います。今後も継続的に働かせていただけることに感謝し、ヤマモに新たな風を吹かせられるよう、尽力させていただきます。

    .

    Message from Nene Sato

    When I was in the third year of junior high school, feeling the difficulty of living in Japan and dreaming of studying abroad for a long time, I met Yasushi Takahashi, the 7th generation head of Yamamo Miso Soy Sauce Brewer. I still vividly remember talking to me about my future dreams since then. After that, my wish came true and I went to Germany for a year from the summer of my first year of high school. Every day I met people, languages, food, everything was inspiring. At the same time as I was exposed to different cultures, I also realized the charm of Japan that I had never known before. After graduating from high school and going on to Akita International University, I was forced to work as a member of Yamamo when Yasushi called out to me, who only went to the computer every day from morning till night due to corona. It was decided. In addition to conversations with customers who come to the store, we will maximize the appeal of Yamamo, which cannot be learned in class, through active conversations that are exchanged within the company on a daily basis and tasting of course menus conducted by all cafe staff. I witnessed the management method and branding that I can fully feel the commitment to.

    Right now, my experience at Yamamo is invaluable to me, who is interested in marketing and branding in the apparel industry. While it has the Japanese character of being a brewery of miso soy sauce that has been around for a long time, it is said that this space, which is not Japanese in a sense, creates the Yamamo character by removing the difficulty of living in Japan that I felt as a child. think. I am grateful that you will continue to work in the future, and I will do my best to give Yamamo a new breeze.

    .

    來自佐藤寧々的消息

    當我在初中三年級時,由於感到在日本生活困難和渴望長期留學的夢想,我遇到了Yamamo味噌醬油釀造廠的第七代負責人高橋泰先生。從那時起,我仍然生動地記得跟我談論我的未來夢想。之後,我的願望實現了,從高中一年級的夏天開始,我去了德國一年。每天我遇到的人,語言,食物,都鼓舞人心。在接觸不同文化的同時,我也意識到了日本從未有過的魅力。高中畢業併升入秋田國際大學後,由於泰先生打電話給我,我不得不被迫擔任Yamamo的一員,由於電暈,他從早到晚都只使用計算機,因此決定了。除了與來店的顧客進行對話外,我們還將通過每天在公司內部進行的主動對話以及所有咖啡館員工品嚐的課程菜單,最大化Yamamo的吸引力,這在課堂上是無法學到的。我目睹了我可以完全感受到的承諾的管理方法和品牌。

    現在,我對Yamamo的經驗對我來說是無價的,他對服裝行業的營銷和品牌感興趣。 雖然有一種日式風格的味o醬油啤酒廠已經存在很長時間了,但這個空間在某種意義上不是日文,它消除了我在日本的生活困難,從而創造了一種山毛風格。小時候想。 我很高興您將來能繼續工作,並儘我所能給Yamamo帶來新的輕鬆。

    .

    .

    佐藤 寧々
    ヤマモ味噌醤油醸造元 社会変革事業部インターン。
    高校時代のドイツ長期留学を経て国際教養大学に入学。2022年の夏に再びヨーロッパへ留学することを目標に勉強中。

    .

    Nene Sato
    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company, intern at the Social Change Division. 
    After studying abroad in Germany for a long time in high school, she entered Akita International University, and is currently studying with the goal of going back to Europe to study in the summer of 2022.

    .

    佐藤 寧々
    Yamamo味噌醬油釀造商,社會轉型部實習生。
    在高中長期在德國留學後,她進入了秋田國際大學,目前的學習目標是在2022年夏天回到歐洲學習。

    .

  • 木下明夢樹_社会変革事業部インターン(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern)

    弊社ヤマモにインターンの学生が常時在籍するようになりました。活動を通じて知り合った縁や先輩後輩の繋がり、自身のスキルやキャリアアップのためとヤマモのインターンの入り口やモチベーションは様々です。多様な人材の受け入れを行う中で、社内の多様性や仕事の仕方にも変化が見られ、組織の生態系も変化を続けています。

    木下さんは、明確にやりたいことが見つかっている人物と捉えています。カフェにコース料理を実装しレストラン要素を入れたり、外国人シェフや研究者をチームにしたり、新たなアーティストと協業したり。現在進行形で多くの変化の中を彼女と共に過ごしていますが、彼女のスタイルが揺らぐことがありません。そのような在り方は、目標を達成する確実な方法と思わせられます。研究者の夢に向かい海外進学の目処が立つまで、弊社に在籍します。木下さんは事務員とカフェスタッフを兼務しており、お客様に接する機会も多くあります。ぜひ皆様に夢に向かって突き進む彼女の姿を見ていただきたいと思います。

    .

    Anju Kinoshita_YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern

    Internship students are now always enrolled at our company Yamamo. There are various entrances and motivations for Yamamo internships, such as the connections between seniors and juniors that I met through activities, and for my own skills and career advancement. As we accept diverse human resources, changes are seen in the diversity of the company and the way we work, and the ecosystem of the organization continues to change.

    Kinoshita-san sees him as a person who has clearly found what he wants to do. Implement course meals in cafes and add restaurant elements, team foreign chefs and researchers, and collaborate with new artists. She is currently in the process of spending a lot of change with her, but her style remains unwavering. There is none. Such a way seems to be a surefire way to reach her goals. She will stay with us until she pursues her dream of becoming a researcher and is ready to go abroad. Kinoshita-san is also a clerk and a cafe staff, and she has many opportunities to interact with customers. She wants you to see her as she pushes towards her dreams. _internreport

    .

    木下明夢樹_社會變革課YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern

    現在,實習生總是可以加入我們的Yamamo公司。 Yamamo實習的入口和動機各不相同,例如我們通過活動結識的關係,老年人與大三學生之間的聯繫以及我們自身技能和職業的提高。當我們接受多樣化的人力資源時,公司的多樣性和我們的工作方式就會發生變化,並且組織的生態系統也在不斷變化。

    木下先生認為他是一個清楚地找到了他想做什麼的人。 在咖啡館實施套餐,添加餐廳元素,與外國廚師和研究人員合作,並與新藝術家合作。 她目前正經歷著許多變化,但她的風格始終如一。 這種方法似乎是達成目標的必由之路。 我將被加入我們的公司,直到一個研究者的夢想和出國的前景。 木下先生還是店員和咖啡館員工,並且有很多與客戶互動的機會。 我希望每個人都能看到她在向夢想前進的過程。

    .

    .

    木下明夢樹からのメッセージ

    私は日本の英語教育に疑問を持ったことから、教師を目指して大学に進学しました。しかし、休学期間中の芸術活動や留学を経て、自分の問題意識は日本の教育界全体のクリエイティビティの欠如である、と気づきました。アートとテクノロジーの可能性に魅せられた今のわたしは、「クリエイティビティを育む学習環境のデザイン」をテーマに研究職に就くことを志しています。

    ちょうど一年ほど前、国際教養大学の授業にてヤマモ七代目当主の高橋泰さんからお話を聴く機会に恵まれました。恥ずかしながら当時の私はあまり秋田のことを知らず、ヤマモ味噌醤油醸造元の屋号も初聞という有様でした。しかし、泰さんのお話と自分が興味を持って取り組んでいた学問が深く繋がっていることに感銘を受け、思わず授業後に泰さんのもとへ駆け寄っていました。

    「主観性」をキーワードに伝統産業へ挑む泰さんの経営方法や生き様は、まさにクリエイティヴを体現した姿である、と私は考えます。この出会いは何かの巡り合わせだ、という自分の直感に従い、ヤマモの門を叩きました。様々なイベントや講演を依頼されているヤマモの影武者として、また通常業務の縁の下として、人間のクリエイテビティを引き出せる空間とは何か、よりわくわくする「学び」とは何か、等の疑問へ取り組みたいと考えています。

    同時に、私個人の挑戦として、来年度の海外大学院進学を目標に準備を進めております。世界トップレベルの教育機関で自分が戦えるのか、という不安は常にありますが、持ち前の忍耐力と好奇心で、粛々と今できることに尽力する所存です。

    .

    Message from Anju Kinoshita

    I had doubts about English education in Japan, so I went to university with the aim of becoming a teacher. However, after studying abroad and performing arts activities during the leave of absence, I realized that my awareness of the problem was a lack of creativity in the Japanese educational world as a whole. Fascinated by the possibilities of art and technology, I am aiming to take up a research position under the theme of “designing a learning environment that fosters creativity.”

    About a year ago, I was blessed with the opportunity to hear from Mr. Yasushi Takahashi, the 7th generation owner of Yamamo, in a class at Akita International University. I was ashamed to say that I didn’t know much about Akita at that time, and the name of the Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company was new to me. However, I was impressed by the deep connection between Mr. Yasushi’s story and the academic discipline I was interested in, so I rushed to Mr. Yasushi after class.

    I think that Mr. Yasushi’s management method and way of life, which challenges traditional industries with the keyword “subjectivity,” truly embodies creativity. Following my intuition that this encounter was something of a match, I hit the gate of Yamamo. As a shadow warrior of Yamamo who is requested to give various events and lectures, and as a margin of normal work, what is a space that can bring out human creativity, what is more exciting “learning”, etc. I would like to work on.

    At the same time, as an individual challenge, I am preparing for the goal of going on to an overseas graduate school next year. I am always worried that I will be able to compete in the world’s top educational institutions, but with my patience and curiosity, I will do my best to do what I can do now.

    .

    來自木下明夢樹的消息

    我對日本的英語教育感到懷疑,所以我去上大學的目的是成為一名老師。但是,在出國留學和請假期間進行藝術活動後,我意識到我對這個問題的認識是整個日本教育界缺乏創造力。我對藝術和技術的可能性著迷,旨在以“設計一個培養創造力的學習環境”為主題的研究職位。

    大約一年前,我很榮幸有幸在國立通識大學的一堂課上聽取了Yamamo的第七代老闆高橋泰的講話。不幸的是,那時我還不知道秋田,而且我第一次知道Yamamo味噌醬油釀造商的名字。但是,我對安史先生的故事和我感興趣的學者之間的深厚聯繫印象深刻,因此下課後我趕往泰先生。

    我認為泰先生的管理方法和生活方式以關鍵字“主觀性”挑戰傳統行業,是創造力的真實體現。根據我的直覺,這次相遇是一場比賽,我擊中了Yamamo的大門。作為被要求進行各種活動和演講的山毛的影子戰士,以及作為日常工作的下屬,什麼是可以發揮人類創造力的空間?什麼是更令人興奮的“學習”等。我想繼續努力。

    同時,作為一項個人挑戰,我正在為明年的海外研究生院做準備。我一直很擔心自己能否參加世界一流的教育機構,但是由於我的耐心和好奇心,我會盡我所能來做我現在能做的。

    .

    .

    木下 明夢樹
    ヤマモ味噌醤油醸造元 社会変革事業部インターン。
    高校の英語教育に疑問を持ち、より楽しい英語を教えられる教師になるために国際教養大学に入学。「楽しい」学習とは何かを学ぶうちに、自分の疑問は日本の教育界のクリエイティビティの欠如だと気づく。アカデミアの分野から教育変革に挑むべく、アート×テクノロジー×教育の三兎を追う研究者の卵。

    .

    Anju Kinoshita
    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company, intern at the Social Change Division.
    I had doubts about high school English education and enrolled in Akita International University to become a teacher who can teach more enjoyable English. As I learn what “fun” learning is, I realize that my question is the lack of creativity in the Japanese education world. I am the egg of a researcher who pursues the three rabbits of art, technology, and education in order to challenge educational transformation from the field of academia.

    .

    木下 明夢樹
    Yamamo味噌醬油釀造商,社會轉型部實習生。
    我對高中英語教育存有疑慮,因此就讀於國際人文學院,成為一名可以教授更多英語的老師。 當我了解什麼是“有趣”的學習時,我意識到我的問題是日本教育界缺乏創造力。 我是一位研究人員的蛋,他追求藝術x技術x教育的三隻兔子,以挑戰學術界的教育變革。

    .

  • 服部瑠華_社会変革事業部インターン(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern)

    ヤマモの取り組みでは、地域の課題解決など様々なインターンシップの受け入れを行って参りました。その中で、自身の成長のため長期で取り組みを共にしたいという学生が出入りするようになりました。服部さんは1年のインターンの中でローカルと世界、自身の起業という弊社の取り組みの核となる部分を共有するところが多く、通常のインターンではなく「社会変革事業部(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION)に紐づいたインターン」として在籍することになりました。既に七代目の高橋が登壇する場面で一部その手伝いをし、通常業務のみならず様々な場所で自身の挑戦を続けています。

    通常時は事務員をこなしながらカフェスタッフを兼務し、イヴェントや地域内外の取り組みも任せていきたいと思います。国内外の活動家の方々に触れ、成長していく姿を実感しております。ヤマモにお越しの際は、ぜひ彼女にお声掛けいただければと思います。

     

    Ruka Hattori_YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern

    As part of Yamamo’s efforts, we have accepted various internships such as solving local issues. As a result, students who want to work together in the long term for their own growth have come and go. Mr. Hattori often shares the core part of our efforts of local and global, own entrepreneurs in an intern for about a year, and will be enrolled as a “YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern” instead of a regular intern became. I have already helped with part of the scene when Takahashi is in the seventh generation, and I continue to challenge myself not only in normal work but also in various places.

    During normal times, I would like to work as a clerk and also serve as a cafe staff, and I would like to leave the event and local and external efforts. I have come to feel that I have grown up in contact with domestic and foreign activists. When you come to Yamamo, I would like her to speak to you. Thank you. _internreport

     

    服部瑠華_社會變革課(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION Intern)

    作為Yamamo努力的一部分,我們接受了各種實習,例如解決當地問題。 結果,想要長期合作以實現自身發展的學生來來往往。 服部先生經常在實習生中分享公司在本地和全球,自己的企業家中工作的核心部分,該實習期大約為一年,而不是作為普通實習生,而是作為“與社會轉型部(YAMAMO SOCIAL CHANGE DIVISION)有聯繫的實習生” 我將被錄取。 高橋進入第七代時,我已經為部分場景提供了幫助,不僅在正常工作中而且在各個地方,我都繼續挑戰自己。

    正常情況下,我想在擔任文員的同時擔任網吧工作人員,不參加活動以及本地和外部工作。我開始感到自己已經與國內外激進主義者接觸。當您來到Yamamo時,我希望她與您交談。預先謝謝你。

     

     

    服部瑠華からのメッセージ

    太陽照り付ける南国高知から白雪降り積もる北国秋田に来てから、4年の月日が経ちました。大学卒業を目前にし人生の岐路に立っている今、1年間という時間をヤマモで過ごさせていただくことになりました。

    1年間の留学と、ヨーロッパ、東南アジア、南米、北米を旅した時の、その土地で紡がれた歴史と風土とオリジナリティを肌で感じた経験が私の活力となり、「ニッポン」という国に強いアイデンティティを抱くようになりました。伝統産業でありながらその土地の文脈を読みといたアートを融合し、革新へとチャレンジしている7代目当主高橋泰さんに魅かれ、今があります。

    私の中には、矛盾する感情と性質が複雑に絡み合っています。居心地のいい場所に定住せず、常に新しくわくわくするものの中に飛び込みたくなりつつも、自分の故郷や受け継がれてきた伝統などに強くしがみつきたくなる時もあります。そのような好奇心とアイデンティティ、また自己成長への強いモチベーションの中で葛藤することも多くありますが、今はその混沌とした感情を大切にしながら、これからの社会の担い手として挑戦していきたいと思います。

    大学に閉じこもっていては感じられなかった地域の人たちの温もりや、社内外で出会うたくさんの人生の先輩方の励ましを大切に、大切に、変えられるものを変えるため、残していくものを残していくため、主体的に行動していきたいと思います。

     

    Message from Ruka Hattori

    Four years have passed since I came to Akita, the northern country where snow falls from the southern country of Kochi. Now that we are at the crossroads of life just before graduating from university, we have spent a year in Yamamo.

    One year of studying abroad and my experience of experiencing the history, climate and originality of the land when traveling in Europe, Southeast Asia, South America and North America became my vitality, and I am strong in a country called “Japan” I came to have an identity. I am fascinated by Mr. Yasushi Takahashi, the 7th-generation owner, who is trying to innovate by fusing art that reads the context of the land while being a traditional industry.

    I have intricately intertwined conflicting emotions and qualities. Sometimes you don’t settle in a cozy place, you always want to dive into something new and exciting, but you also want to cling to your hometown and inherited traditions. There are many conflicts in such a curiosity and identity, and a strong motivation for self-growth, but now I want to challenge as a leader of society in the future while valuing the chaotic feelings. The

    Respect the warmth of local people who couldn’t feel if they were confined to the university, and the encouragement of many seniors who met inside and outside the company. I want to act proactively in order to continue.

     

    來自服部瑠華的消息

    自從我來到北部國家的秋田市已經過去了四年,那裡的雪是從南部國家高知降雪的。 既然我們正處於大學畢業之前的人生十字路口,我們已經在Yamamo度過了一年。

    出國學習的一年以及我在歐洲,東南亞,南美和北美旅行時經歷的土地的歷史,氣候和獨創性的經歷,成為了我的生命力,在一個名為“日本”的國家中我很堅強 我來有一個身份。 我對第7代所有者高橋泰著迷,他試圖通過融合藝術來創新,這種藝術在成為傳統產業的同時也能讀取土地的背景。

    我錯綜複雜的情感和品質交織在一起。 有時,您不能在一個舒適的地方定居,您總是想潛入一些新穎而令人興奮的事物,但是您也想堅持自己的家鄉和繼承的傳統。 在這種好奇心和身份認同以及自我成長的強烈動機中存在著許多衝突,但是現在我想在未來的社會領袖中挑戰,同時珍視混亂的感覺。

    尊重當地人的溫暖,如果他們僅限於大學,那將不會感到溫暖,並鼓勵在公司內外相識的許多前輩。 我想主動採取行動以繼續。

     

     

    服部 瑠華
    ヤマモ味噌醤油醸造元 社会変革事業部インターン。
    高校生の時に世界の貧困と不平等さに疑問を持つ。世界とのかかわり方を探るために秋田国際教養大学に入学。1年生の時にカンボジアの郊外に滞在したのをきっかけに、幸せの定義を模索し始める。世界に向いたベクトルが一周回って日本に向き、日本という島国でいかに多様な生き方や心あるライフスタイルを提供できるかを研究中。

     

    Ruka Hattori
    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company Social Change Division Intern.
    As a high school student, he has doubts about the world’s poverty and inequality. Entered Akita University of International Liberal Arts to explore how to interact with the world. I started looking for a definition of happiness when I stayed in the suburbs of Cambodia when I was a first grader. The world-oriented vector goes around Japan and is studying how Japan can provide various ways of life and a hearty lifestyle in an island country called Japan.

     

    服部 瑠華
    Yamamo味噌醬油醸造商 社會創新部實習生。
    作為一名高中生,他對世界的貧困和不平等感到懷疑。 進入秋田國際人文科學大學,探索如何與世界互動。 當我一年級時住在柬埔寨郊區後,我開始尋找幸福的定義。 面向世界的媒介遍布日本,並且正在研究日本如何在島國提供各種生活方式和豐盛的生活方式。

     

  • 湯沢翔北高校インターンシップについて

    湯沢翔北高校のインターンの受け入れを行いました。味噌醤油の製造にかかる通常業務だけではなく、本人が興味を持っている領域を見出し、そこの課題発見や解決の企画を行うことにより主体性を発揮するというプロセスで進めていきました。ヤマモがインバウンドを進めていく中で、弊社に来るまでの交通の悪さに課題を見出し、最寄り駅の下湯沢駅から弊社までの経路設計を興味深いものにするプロジェクトを行う事にしました。ルートを自転車で回ってみたり、小道に入るなど、地域の魅力の発見と収集を行いました。また、カフェを始めたことにより、これまでのような物販を目的としたお客様をどのようにカフェに誘導するのか、その逆の利用をどう促すのかも課題として取り組むことにしました。お客様への声掛けやお支払のタイミングなど、自分達で工夫しながらテストを繰り返しました。庭園の魅力をさらに引き出すため、石を並べて雨落ちのデザインをし直しました。

     

    About Yuzawa Shohoku High School Internship

    We accepted the intern of Yuzawa Shohoku High School. In addition to the usual operations involved in the manufacture of miso sauce, we have pursued the process of demonstrating the independence by finding areas where the individual is interested and planning issues and solutions there. While Yamamo is advancing inbound, we found a problem in the badness of traffic before coming to our company, and decided to carry out a project to make the route design from Shimoyuzawa station to our company interesting. We went around the route by bicycle, entered a path, and found and collected local attractions. In addition, we decided to work on how to encourage customers who aim for product sales like before to the cafe by starting the cafe, and how to encourage the opposite usage as a task. We repeated the tests while devising ourselves, such as calling to customers and the timing of payment. In order to bring out the charm of the garden further, we arranged the stones and redesigned the rainfall. _internreport

     

    關於湯沢翔北高中實習

    我們接受了湯沢翔北高中的實習生。除了製作味噌醬的常規操作外,我們還通過尋找個人感興趣的領域並在那裡規劃問題和解決方案來追求展示獨立性的過程。雖然Yamamo正在向前推進,但在來到我們公司之前我們發現了交通不暢的問題,並決定實施一個項目,讓從下湯沢站到我們公司的路線設計很有意思。我們騎自行車走了一條路,走進了一條小路,找到並收集了當地的景點。此外,我們還決定如何通過啟動咖啡館來鼓勵那些以往產品銷售為目標的顧客,以及如何鼓勵相反的用途作為一項任務。我們在設計時重複測試,例如打電話給客戶和付款時間。為了進一步發揮花園的魅力,我們安排了石頭並重新設計了降雨。

     

     

    篠原 龍太郎

    3日間のインターンシップは、これまでの高校生活で最もクリエィティブでハードな体験になりました。初日から2日目にかけてヤマモの通常業務を行いながら、下湯沢駅からヤマモまでの動線の開発を行うためにヤマモのレンタサイクルを活用して、岩崎地域のサイクリングを行いました。最終日には、庭の雨受けの整備を行い、庭の復元を行いました。このルーティン業務とクリエティブな業務の双方を行うことがこれから先、いかに重要になってくるかを体感した3日間になりました。
    また、3日間に共通して昼食の時間もクリエィティブなものでした。昼食をとりながら、クリエイティブな職業やキャリアアップのための進路選択の話など、他の事業所のインターンシップでは、味わう事が出来ないだろう充実した3日間にもなりました。
    この3日間で感じた事、体験したことをプロジェクトの実行、イベントの開催、キャリアアップへとつなげていきたいと思います。

     

    Ryutaro Shinohara

    The 3-day internship has become the most creative and hard experience in high school life to date. While carrying out the regular operations of Yamamo from the first day to the second day, in order to develop the traffic line from Shimoyuzawa Station to Yamamo, the bicycle cycle in the Iwasaki area was conducted utilizing the Yamamo rental cycle. On the final day, we maintained the garden’s rain basin and restored the garden. It took me three days to see how important it would be to carry out both routine work and creative work.
    Also, the lunch time was also creative for all three days. While having lunch, the internship of other establishments, such as the story of career choice for creative occupation and career, was also a full three days that you would not be able to taste.
    I would like to connect what I felt and experienced during these three days to project execution, event holding, and career improvement.

     

    篠原 龍太郎

    為期3天的實習已成為迄今為止在高中生活中最具創造性和最難的經歷。在從第一天到第二天進行Yamamo的常規操作的同時,為了開發從下湯沢駅到Yamamo的交通線路,利用Yamamo租賃週期在岩崎地區進行自行車騎行。在最後一天,我們維護了花園的雨水盆地並修復了花園。我花了三天時間才看到開展日常工作和創造性工作的重要性。
    此外,午餐時間也是三天的創意。在吃午飯時,其他場所的實習,例如創意職業和職業生涯的職業選擇的故事,也是你將無法品嚐的整整三天。
    我希望將這三天裡我感受到和經歷的事情與項目執行,活動持有和職業發展聯繫起來。

     

     

    高橋 涼花

    3日間のインターンシップは普通の就業経験だけでなく、これからの自分の将来について具体的に考えを進めていく、ということができました。実際に行ったのは、庭の整備や商品のラベル貼り、動線設計の考案です。
    たくさんのことを学んだ中で、自分の中で最も変化したことは将来や進路についての考え方です。このインターンシップで、初めてクリエイティブな視点からのお話をたくさん聞きました。その中で、高校等で行われるような定型的な進路の方向に沿って考えるのではなく、今までとは違う方向で考えることもできるのではないかという提案をしていただきました。インターンシップが始まるまでの自分の考えとしては、普通に高校や大学で勉強をして働く、という考えだったのが、海外へ行ってみることで視点を変えてみたり、自分の興味があることや解決したい課題についてのプロジェクトを考えてみたりする、という新しい考えを開拓することができました。
    今回のインターンシップで、今までの自分の考えとは異なる考えを持つ大人に出会うことで視野を広げ、自分の視点を変えることができました。これからも様々な視点を持つ人や考えを持つ人と関わり、自分の将来の形成につなげていきたいと思います。

     

    Shizuka Takahashi

    The three-day internship was not only an ordinary work experience, but I was able to think specifically about my future in the future. What I actually did was maintenance of the garden, labeling of products, and design of flow lines.
    Among the many things I learned, the most change in my mind is thinking about the future and the path. For the first time in this internship, I heard many stories from a creative perspective. Among them, I suggested you not to think along the direction of the regular course that is done in high school etc., but to be able to think in a different direction so far. As my idea before the internship began, I was thinking that I would normally study and work in high school or university, but by going abroad I could try changing the perspective or having my own interest I was able to develop new ideas, such as thinking about a project about an issue I want to solve.
    At this internship, I was able to broaden my horizons and change my point of view by meeting adults who have different thoughts from my previous thoughts. From now on, I would like to connect with people with various viewpoints and people with ideas, and to connect them with my future formation.

     

    高橋 涼花

    為期三天的實習不僅僅是一次普通的工作經歷,而且我能夠具體思考未來的未來。 我實際上做的是維護花園,標記產品和設計流線。
    在我學到的很多東西中,我腦海中最大的變化是思考未來和路徑。 在這次實習中,我第一次從創造性的角度聽到了許多故事。 其中,我建議你不要在高中等常規課程的方向思考,但到目前為止能夠朝不同的方向思考。 正如我在實習開始前的想法一樣,我以為我通常會在高中或大學學習和工作,但出國後我可以嘗試改變觀點或有自己的興趣 我能夠開發新的想法,比如考慮一個關於我想要解決的問題的項目。
    在這次實習期間,我能夠通過與那些與我以前的想法有不同想法的成年人會面,開闊視野,改變我的觀點。 從現在開始,我想與具有各種觀點和有想法的人聯繫,並將他們與我未來的形成聯繫起來。

     

     

    個人の考えや意識に寄り添い、プログラムを変化させ、会社が示唆する領域と本人が主体的に動く領域を織り交ぜ、取り組んだインターンシップとなりました。高校生はプログラムの中で自分の将来に最も関心があり、地域での生活についても関心事が高いようでした。弊社と地域の取り組みや課題解決を行う事でそれを実績とし、将来のキャリアにできるような取り組みを進めることが双方にとって良いことと考えました。このように自身で課題発見と解決ができる個人が増えていくことが地域の資産になり、地域が活性化する取り組みの一つであると思いました。これからもお二人とは関係を続けていきたいと思いました。ご参加いただき、ありがとうございました。

     

    It became an internship that worked closely with the ideas and attitudes of the individual, changing the program, and intermingling the area suggested by the company and the area in which the person moved independently. The high school students were most interested in their future in the program and seemed to be more concerned about living in the area. We thought that it would be good for both sides to make it an achievement by carrying out local efforts and problem solutions with our company, and to advance activities that can be made into future careers. In this way, increasing the number of individuals who can find and solve their own problems is a regional asset, and I think it is one of the initiatives to revitalize the region. I would like to continue the relationship with you from now on. Thank you for your participation.

     

    它成為一個實習,與個人的想法和態度密切合作,改變計劃,混合公司建議的區域和人員獨立移動的區域。 高中生對他們未來的計劃最感興趣,似乎更關心生活在該地區。 我們認為,通過與我們公司一起進行本地努力和問題解決方案,以及推進可以在未來的職業生涯中開展的活動,雙方都可以成為一項成就。 通過這種方式,增加能夠找到並解決自身問題的個人數量是一項區域資產,我認為這是振興該地區的舉措之一。 我想從現在開始繼續與你建立關係。 感謝您的參與。