• RECOMMENDED MEDIA INFORMATION



    Discover Japan 2019年11月号 “新種の酵母を発見!発酵をデザインする七代目の味噌づくり”
    Discover Japan November 2019 “Discover a new kind of yeast! Making Miso for the Seventh Generation Designing Fermentation”
    Discover Japan 2019年11月號 “發現新型酵母!為第七代發酵發酵製作味噌”

     



    Discover Japan Web “150年の伝統を守る「ヤマモ味噌醤油醸造元」が革新的と言われる理由”
    Discover Japan Web “The reason why “Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company” who maintains the tradition of 150 years is said to be innovative”
    Discover Japan Web “保持150年傳統的”Yamamo味噌醬油釀造商”之所以創新的原因”

     



    STAY AKITA “モダンデザインの感性が伝統と調和する”
    STAY AKITA “The sensitivity of modern design is in harmony with tradition”
    STAY AKITA “現代設計的敏感性與傳統和諧相處”

     



    ONBEAT_vol.10 “世界に醸造業の魅力を発信し、発酵食文化と地域に新たなブランド価値を創出”
    ONBEAT_vol.10 “Disseminate the appeal of the brewing industry to the world and create new brand value in the fermented food culture and region”
    ONBEAT_vol.10 “向全世界傳播釀造業的吸引力,並在發酵食品文化和地區創造新的品牌價值”

     



    日本VE協会誌 バリュー・コンピテンシー 2017夏号 “ローカルから世界へ「伝統」の価値を届ける”
    Japan VE Association Magazine Value Competency 2017 Summer Issue ”Deliver the value of” tradition “from local to the world”
    日本VE協會雜誌 Value Competency 2017年夏季刊 “從本地到世界傳遞傳統的價值”

     



    MONOCLE 2015年12月-2016年1月号 ”Christmas gift of the UK”
    MONOCLE December 2015-January 2016 ”Christmas gift of the UK”
    MONOCLE 2015年12月-2016年1月 ”Christmas gift of the UK”

     

    Archive

    海外メディア情報 | OVERSEAS MEDIA INFORMATION | 海外媒體信息

    新聞メディア情報 | NEWSPAPER MEDIA INFORMATION | 報紙媒體信息

    雑誌メディア情報 | MAGAZINE MEDIA INFORMATION | 雜誌媒體信息

    テレビメディア情報 | TV MEDIA INFORMATION | 電視媒體信息

    書籍メディア情報 | BOOK MEDIA INFORMATION | 預訂媒體信息

    地方メディア情報 | LOCAL MEDIA INFORMATION | 當地媒體信息

     

  • 記事掲載のお知らせ_版画学会学会誌 第48号

    版画学会学会誌にアーティストの滝澤徹也さんが弊社のI.L.A. GALLERYで制作、展示された“発酵絵画”が掲載されております。制作報告の中でヤマモの歴史やアート活動の取り組みの経緯と意義、その手法までが説明されております。改めて滝澤さんの情緒的なアプローチや素朴に見えて大胆なアウトプットなど、制作以後の動きやその効果までも一連の作品のように感じています。ギャラリストとしての最初のお仕事をご一緒できたことに感謝し、関係性が継続していることを嬉しく思っております。

    現在も弊社を訪れる多くの方にご覧いただいており、地域に根差した作品群は、閲覧した方にお声掛けをいただくなど、好評を得ております。地域にアートが存在し、未来にも寄り添う姿勢があること。それが人知を超えた物事との共存を示唆し、人間味あふれる営みを支え、持続可能な地域社会の実現に貢献すると考えています。これからも地域に眠る文脈の力や人間の可能性を追求するギャラリーとして、アート活動を継続していきたいと思います。

     

    Notice of article publication_Journal of The Japan Society of Printmarking No.48

    The “Fermentation paintings” produced and exhibited by artist Tetsuya Takizawa at our I.L.A. GALLERY are featured in the Journal of the Print Society of Japan. In the production report, the history and significance of Yamamo’s history, the activities of the art activities, and even its methods are explained. Once again, I feel like Mr. Takizawa’s emotional approach and the simple and bold output, and the movements and effects after the production are like a series of works. We thank you for your first job as a gallerist and we are pleased to continue our relationship.

    Even now, many people who visit our company are viewing it, and the works that are rooted in the area have been well received, such as calling out to those who browsed. There is an art in the area, and an attitude to be close to the future. We believe that it suggests coexistence with things that exceed human knowledge, supports human activities, and contributes to the realization of a sustainable community. From now on, I would like to continue my art activities as a gallery that pursues the power of context and human potential to sleep in the area._mediainfo._magazine

     

    文章發表通知_版畫學會雜誌 第48期

    藝術家滝澤哲也在我們的I.L.A. GALLERY畫廊展出並展出的“發酵畫”在日本印刷學會雜誌上有介紹。製作報告解釋了Yamamo的歷史,其在藝術活動中的背景和意義,甚至其方法。再一次,我覺得T澤先生的情感方法和簡單大膽的輸出,以及製作後的動作和效果就像一系列作品。感謝您擔任畫廊的第一份工作,我們很高興繼續與您建立聯繫。

    即使是現在,仍有許多參觀我們公司的人在瀏覽它,而植根於該地區的作品也受到了好評,例如呼喚那些瀏覽過的人。該地區有一門藝術,並且有一種接近未來的態度。我們認為,它建議與人類知識以外的事物共存,支持人類活動,並為實現可持續社區做出貢獻。從現在開始,我想繼續作為畫廊的藝術活動,追求環境的力量和人類在該地區睡眠的潛力。

     


    Journal of The Japan Society of Printmarking No.48

     

    |制作報告| 発酵する版画《発酵絵画》 滝澤 徹也

     本制作報告は発酵の町として知られる秋田県湯沢市岩崎地区において、ヤマモ味噌醤油醸造元による「YAMAMO “I.L.A.” PROJECT 産業は芸術に恋をする」の一環として、経済産業省の補助事業「Brand Land:JAPAN」において提案し後に制作、展示したものである。
     幕末から明治の初め、岩崎藩、後には岩崎県が置かれるなどの独自の背景を持つ岩崎地区において、ヤマモ味噌醤油醸造元は代々、発酵製品の製造だけではなく町政において代々重要な役割を果たしてきたという。
     私自身、ヤマモ味噌醤油醸造元での味噌、醤油製造の現場での滞在制作の初めての状況の中、見えない菌の世界の豊かな生態系、それらを繋ぐ人の営み、世代、歴史、景観の連なりについて学び意識させられた。当家七代目高橋泰氏との対話から美術表現でのこれらの視覚化を試みることになる。
     本稿は、その中で当家に代々使われる麹菌の力で、見えないその豊かな世界や歴史を浮かび上がらせることを目指した版画作品について報告する。

     

    |Production Report| Fermented Print 《Fermented Painting》 Tetsuya Takizawa

    This production report is in the Iwasaki area of ​​Yuzawa City, Akita Prefecture, which is known as a fermentation town. As a part of “YAMAMO “ILA” PROJECT industry falls in love with art” by Yamamo miso soy sauce brewer, “Brand It was created and exhibited after being proposed at “Land: JAPAN”.
    In the Iwasaki district, which has its own background, such as the end of the Edo period to the beginning of the Meiji period, the Iwasaki domain, and later the Iwasaki prefecture, Yamamo miso soy sauce brewers have played an important role not only in the production of fermented products but also in town administration. It has been fulfilled.
    I myself, in the first situation of miso at Yamamo miso soy sauce brewing origin, stay production at the soy sauce production site, the rich ecosystem of the invisible fungus world, the activities of people connecting them, generation, history, landscape I was made aware of the series of. From a dialogue with Mr. Yasushi Takahashi, the seventh generation of our family, we will try to visualize these in artistic expression.
    This paper reports a print work aimed at revealing the invisible rich world and history by the power of Aspergillus oryzae used for generations in this family.

     

    |生產報告| 發酵版畫《發酵繪畫》 滝澤 徹也

    該生產報告位於被稱為發酵小鎮的秋田縣湯澤市的岩崎地區。作為“ YAMAMO “I.L.A.” PROJECT 行業的一部分,愛上了藝術”的作者是Yamamo味噌醬油釀造商,“Brand Land:JAPAN”上提出後創建並展示的。
    在江戶時代末期至明治時代初,岩崎地區以及後來的岩崎縣等有其自身背景的岩崎地區,Yamamo味噌醬油釀造商不僅在發酵產品的生產中而且在城鎮管理中都發揮著重要作用。它已經實現了。
    我本人,在大和味噌醬油釀造起源的味噌的第一種情況下,留在醬油生產現場生產,看不見的真菌世界豐富的生態系統,與之聯繫的人們的活動,產生,歷史,景觀我意識到了系列。通過與我們家族的第七代高橋泰先生的對話,我們將嘗試以藝術表現形式將其形象化。
    本文報導了旨在揭示豐富世界和歷史的印刷作品,而這個家族的子孫後代所使用的米曲霉的力量是無法看到的。

     


    Journal of The Japan Society of Printmarking No.48

     

     私は制作にまつわる行為や材料、それぞれを造形言語と捉えているため、それぞれの材料は重要な意味を持つ。
     今回支持体には通常の綿布張りパネル上に米粉(当家の味噌、醤油の原料として使用される)を10数層塗り重ね作成した乳白色のパネルを使用した。それを研磨し、シルクスクリーンで刷る。その製版は同市内にあり多くの現代美術家との仕事も多い、print produce & factory ICHINOSAIに依頼した。そのイメージは当家で使用される麹菌をその胞子から寒天培地で培養し、その成長段階ごとに500倍から1000倍に拡大マイクロスコープ撮影(協力:日本大学工学部)し、得ることができた。それに加え、当家の先代ゆかりの絵図や写真からも使用した。作品制作の手法としてイメージの引用を使ったがこれは、この地域が著作権法を起草した、のちの内務大臣水野錬太郎氏ゆかりであることにも由来する。する際のインクには、米粉を加熱しアルファ化(糊化)させたものを主原料に培地用寒天などを配合し、菌の育成可能な条件を整えたものを作成、使用した。そこに当家で使用される黄麹の種麹を散布し、麹菌によりイメージを浮かび上がらせた。
     条件を整えることで発酵可能な、生きている版画(展示時には表面をメディウムでコーティングし、仮眠状態にしているが、可能性として)、これらの作品はこの度、味噌醤油蔵元内に設えられたI.L.A. GALLERY(Industry Loves Art)に蔵付きの酵母のように設置された。
     これら版画作品の中で、日本の国菌とも言われ、日本の食文化を支えてきた麹菌は黄金色に発色し、また作品の背景から、菌の持つ豊かな生態系や先人のレガシーを伝える機会を得ることになった。
     このように私は、素材をイメージに置き換えることのできる版表現による美術作品は美的観点のみならず現代社会においてより多くの役割を果たすことが出来るものと考えている。

    また本作品に端を発した発酵絵画シリーズはミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション 2019冬の企画展 「凹凸に降る」にも展示させていただいた。

     

    Since I regard each act and material involved in production as a programming language, each material has an important meaning.
    This time, we used a milky-white panel as the support, which was made by applying 10 or more layers of rice flour (used as a raw material for our miso and soy sauce) on a normal cotton-lined panel. Polish it and print on silk screen. I made a request to print produce & factory ICHINOSAI, which has many works with many contemporary artists in the city. The image was obtained by cultivating the koji mold used in our family from its spores on an agar medium, and enlarging it by 500 times to 1000 times at each growth stage (cooperation: Nihon University Faculty of Engineering). In addition to that, I also used it from the pictures and photos related to our predecessor. I used image citations as a method of creating works, but this is also because the region was later associated with Mr. Rentaro Mizuno, Minister of Home Affairs, who later drafted the Copyright Act. The ink used in this process was prepared by using rice flour heated and pregelatinized (gelatinized) as the main raw material and agar for medium to prepare the conditions under which the bacteria could grow. The koji seed malt used in our family was sprayed there, and the image was revealed by the koji mold.
    Living prints that can be fermented by adjusting the conditions (the surface is coated with medium at the time of exhibition, it is in a nap state, but it is possible), these works are now in the miso soy sauce brewery It was installed in the GALLERY (Industry Loves Art) like yeast.
    In these prints, the koji mold that has been said to be the national bacterium of Japan and has supported Japanese food culture develops a golden color. I got the chance to tell.
    In this way, I think that works of art by plate expression, which can replace materials with images, can play more roles not only in aesthetic terms but also in modern society.

    In addition, the fermented painting series that originated from this work was also exhibited at the Muze Hamaguchi Yozo/Yamasa Collection 2019 Winter Special Exhibition “Falling and Falling”.

     

    由於我將生產中涉及的每種行為和材料都視為編程語言,因此每種材料都具有重要的意義。
    這次,我們使用乳白色面板作為支撐物,該面板是通過在普通的襯棉面板上施加10層或更多層米粉(用作味mis和醬油的原料)製成的。擦亮並在絲網上打印。我要求print produce & factory ICHINOSAI,該工廠有許多與該市許多當代藝術家合作的作品。通過在瓊脂培養基上從其孢子上培養我們家庭使用的酒麯黴菌,並在每個生長階段將其放大500倍至1000倍來獲得圖像(合作:日本大學工程學院)。除此之外,我還從與我們前任有關的圖片和照片中使用了它。我使用圖像引用作為創作作品的一種方法,但這也是因為該地區後來與內政部長內藤田太郎先生聯繫在一起,後者後來起草了《版權法》。該工藝中使用的油墨是通過將米粉加熱並預糊化(糊化)作為主要原料,並以瓊脂為介質製備的,以製備細菌可以生長的條件。我們家使用的曲籽麥芽噴在那兒,圖像由曲霉揭露。
    可以通過調整條件進行發酵的活版畫(展覽時表面塗有中等塗層,處於午睡狀態,但有可能),這些作品現在都在味o醬油釀酒廠中它像酵母一樣安裝在I.L.A. GALLERY(Industry Loves Art)中。
    在這些印刷品中,據說是日本的國家細菌並支持日本飲食文化的酒麯黴菌呈金色。 我有機會講。
    通過這種方式,我認為通過板式表達的藝術作品可以用圖像代替材料,不僅可以在美學上發揮作用,而且在現代社會中也可以發揮更大的作用。

    此外,源自此作品的發酵繪畫系列還曾在Muze Hamaguchi Yozo / Yamasa系列2019冬季特別展覽“跌落”中展出。

     


    版画学会
    The Japan Society of Printmarking
    版畫學會

     

  • 記事掲載のお知らせ_Mercedes me Magazine

    メルセデスオーナーのためのライフスタイルマガジン「Mercedes me Magazine」のShe’s Mercedesにて5ページに渡りヤマモの取り組みがご紹介されております。特許申請微生物”Viamver”や研究チームやラボの”ASTRONOMICA”についても取り上げていただき、菌や製法の発見までの経緯やそれらを使用したサーヴィスについても記事にしていただきました。早速、この記事を見たオーナーの皆様がご来店され、取り組み内容が十分に伝わっているのだと思いました。

    思想から事業をつくること
    記事の掲載依頼が来た時には特別な感情になりました。2016年に中北米の旅をし、弊社ヤマモが行うアート活動“I.L.A.(Industry Loves Art 産業は芸術に恋をする)”の取り組みを始めるきっかけとなったのは、産業には芸術活動が必要であると理解したことからでした。そのような視点で産業界をみると、既にそれを理解し、体現していたブランドとしてMercedes Bentzがあり、彼らは自動車産業でありながら他分野の文化芸術を支援し、そこに強力なイニシアチブを取り、キュレーションを行っていました。
    当時、TOKYO FASHION WEEKのメインスポンサーであったMercedes Bentzをベンチマークとし、彼らと同じ感覚と思想を持ちながら、ブランドの歩を進めていくことができればと考えておりました。彼らからの声掛けは、財政破綻から産業再生に至ったデトロイトの知見を独自に解読し、帰国後にアート活動として事業化したことの検証のひとつになりました。いかなる環境や状況でも思想を打ち出し、不確実な未来に事業をつくりながら挑んでいくことは長く続く産業の営みには不可欠なものです。今回の記事掲載のお話は、仕事を通じた多くの出来事の中でも、非常に喜ばしい事と思っています。ぜひ、記事をご覧いただきたいと思います。

     

    Notice of article publication_Mercedes me Magazine

    On the 5th page of She’s Mercedes of the “Mercedes me Magazine” lifestyle magazine for Mercedes owners, Yamamo’s efforts are introduced. We also covered the patent application microorganism “Viamver” and the research team and laboratory “ASTRONOMICA”, and wrote about the history of discovering bacteria and manufacturing methods and the services using them. Immediately, I thought that the owners who read this article came to the store and the contents of the efforts are fully conveyed.

    Creating a business from ideas
    It was a special feeling when I was asked to publish an article. In 2016, when I traveled to Central and North America and started to work on the art activity “I.L.A. (Industry Loves Art)” conducted by our company Yamamo, the industry needed art activity. It was because I understood that there was. Looking at the industry from such a perspective, Mercedes Bentz is a brand that has already understood and embodied it, and they are supporting the cultural arts of other fields even though they are the automobile industry, and there are strong initiatives there. I was collecting and curating.
    At that time, using Mercedes Bentz, who was the main sponsor of TOKYO FASHION WEEK as a benchmark, I thought that I would like to advance the brand’s steps while having the same feelings and thoughts as them. What they said was one of the verifications that Detroit’s knowledge that led to industrial revival due to financial failure was uniquely decoded and commercialized as an art activity after returning to Japan. It is indispensable for a long-lasting industrial operation to put forth ideas in any environment and situation and to challenge while creating businesses in an uncertain future. I think that the story of this article is very pleasing, even among the many things that happened during my work. I would like you to read the article._mediainfo._magazine

     

    文章發表通知_Mercedes me Magazine

    在“ Mercedes me Magazine”生活方式雜誌的梅賽德斯車主的梅賽德斯·奔馳的第5頁上,介紹了Yamamo的努力。 我們還介紹了專利申請微生物“ Viamver”,研究團隊和實驗室“ ASTRONOMICA”,並介紹了發現細菌的歷史,製造方法以及使用細菌的服務。 立刻,我以為閱讀這篇文章的所有者來到了商店,並且努力的內容得到了充分的傳達。

    通過想法創建業務
    當我被要求發表文章時,這是一種特殊的感覺。 2016年,當我前往中美洲和北美洲開始從事由Yamamo公司舉辦的藝術活動“ I.L.A.(Industry Loves Art 工業愛上了藝術)”時,該行業需要進行藝術活動。 這是因為我知道有。 從這種角度看待汽車行業,梅賽德斯·本茨(Mercedes Bentz)是一個已經理解並具體體現出來的品牌,儘管它們是汽車工業,但它們仍在支持其他領域的文化藝術,並且在那裡有很強的創舉。 我正在收集和策展。
    當時,我們決定使用TOKYO FASHION WEEK的主要贊助商梅賽德斯·本茨(Mercedes Bentz)作為基準,並擁有與他們相同的感受和想法,我們希望提升該品牌。 他們所說的就是核實之一,證明了底特律由於金融失敗而導致工業復興的知識在返回日本後被獨特地解碼並商業化為藝術品活動。 長期的工業運營必不可少,可以在任何環境和情況下提出想法,並在不確定的未來中發展業務時挑戰。 我認為,即使在我工作期間發生的許多事件中,本文的故事也非常令人愉悅。 我希望您閱讀這篇文章。

     


    Mercedes me Magazine_No.009_2020 summer issue

     

    味噌と醤油 味もデザインされた調味料のハッ!とするおいしさ

    飛鳥時代には醤油の原形が作られていたといわれる日本のみならず、世界中に広く存在する発酵食品。ワインやチーズ、もちろん日本酒や漬け物もそう。10年くらい前には塩麹、ここ最近はぬか床が話題になっているなか、ヤマモ味噌醤油醸造元は、独自のスタンスとアプローチで発酵食品の未来を描いていた。羽州街道の宿場町で城下町だった秋田県湯沢市岩崎。創業者の初代・髙橋茂助が皆瀬川の水運と伏流水を活かして味噌作りを始めたのは、江戸幕府が閉じた1867年(慶応3年)のこと。7代目にあたる髙橋泰さんは、建築工学を専攻した大学を卒業後、東京農大短大で醸造学、大手醤油メーカーで商品開発に携わり2006年、岩崎の地に帰ってくる。水の希釈で旨味も薄まってしまう濃縮タイプのめんつゆを、出汁で薄めたらどうか-。メーカー時代のアイデアをもとに味噌の塩分を半分に減らし、減らしたぶんを旨味に置き換えようと試みる。塩分が減って活発になった微生物が作るアルコールで、保存性も担保。華やかな香りや肉質の改善といった特性をもつ新しい酵母の働きが、「YUKIDOKE MISO」独特の風味を作り出した。

     

    Miso and soy sauce, a seasoning with a taste designed! Delicious

    It is a fermented food that exists not only in Japan where the original form of soy sauce was made in the Asuka era, but also around the world. Wine, cheese, and of course sake and pickles. Around 10 years ago, salt koji, and recently bran floor, became a hot topic, and the yamamoto miso soy sauce brewer drew the future of fermented foods with its own stance and approach. Iwasaki, Yuzawa City, Akita Prefecture, which was a castle town and a post town on the Hashu Kaido. It was in 1867 (Keio 3) when the Edo Shogunate closed that the first founder, Mosuke Takahashi, started making miso using the water transportation and underground water of the Minase River. Mr. Yasushi Takahashi, who is the 7th generation, returned to Iwasaki in 2006 after graduating from a university majoring in architectural engineering, brewing studies at Tokyo University of Agriculture and college, and product development at a major soy sauce maker. Why don’t you dilute the concentrated type Mentsuyu that dilutes with water and dilute it with soup stock? Based on the idea of ​​the maker era, I tried to reduce the salt content of miso by half and replace the reduced salt content with umami. Preservation is guaranteed by alcohol made by microorganisms that have become active due to reduced salt content. The action of the new yeast, which has characteristics such as a gorgeous aroma and improved meat quality, created a unique flavor of “YUKIDOKE MISO”.

     

    味噌和醬油,調味設計的味道!美味的

    它是一種發酵食品,不僅存在於明日香時代最初製成醬油的日本,而且遍布世界各地。葡萄酒,奶酪,當然還有清酒和鹹菜。大約10年前,鹽曲和最近的麩皮成為熱門話題,山本味o醬油釀造商以自己的立場和方法吸引了發酵食品的未來。秋田縣湯澤市的岩崎市,是八戶海道的一個城堡鎮和一個驛站鎮。江戶幕府在1867年(京王3年)關閉,第一位創始人高橋茂助開始利用皆瀬河的水運和地下水製作味mis。第7代高橋泰先生從一所建築工程大學,東京農業大學和學院的釀造研究專業以及一家主要醬油製造商的產品開發專業畢業後,於2006年回到岩崎。您為什麼不稀釋用湯稀釋水的濃縮型麵條湯?基於製造商時代的想法,我試圖將味噌的鹽含量減少一半,並用鮮味代替降低的鹽含量。由鹽含量降低而變得活躍的微生物所製得的醇可確保保存。具有豐富香氣和改善肉質等特徵的新酵母的作用產生了獨特的“ YUKIDOKE MISO”風味。

     


    Mercedes me Magazine_No.009_2020 summer issue

     

    「伝統的製法のサイクルでは、革新的な製品は作れません。そこで、誰も試していなかった既存の酵母と味噌・醤油以外の菌とで醸成をしたり、酵母同士の新しい交配から新種の菌を出現させる試験を繰り返し行いました」。
    地球上に存在する約300万種のうち、わずか5%ほどしか把握されていない微生物の世界。研究チームと製品群にASTRONOMICA(アストロノミカ)、新しい酵母にViamver(ヴィアンヴァー)酵母と宇宙や星にちなんだ名前を付け、技術力や価値を客観的に定義するため、特許微生物として出願もしている。

     

    “The traditional manufacturing cycle does not allow us to make innovative products. So we cultivated with existing yeast that no one has tried and fungi other than miso and soy sauce, or from new breeding of yeast to new species. We repeated the test to make the bacteria appear.”
    Of the approximately 3 million species on earth, the world of microorganisms is known to account for only about 5%. The research team and products are named ASTRONOMICA, the new yeast is named after Viamver yeast and the universe and stars.

     

    “在傳統的生產週期中,我們無法生產創新產品。因此,我們用沒有人嘗試過的現有酵母和味噌和醬油,或者從酵母的新品種到新品種進行種植。 我們重複了測試以使細菌出現。”
    在地球上大約300萬個物種中,已知微生物世界僅佔5%。 研究團隊和產品命名為ASTRONOMICA,新酵母以Viamver酵母以及宇宙和恆星命名。

     


    Mercedes me Magazine_No.009_2020 summer issue

     

    奥深い発行の世界はまるで宇宙のよう

    「醸成される旨味が特殊なViamver酵母に関して、中小の蔵元では異例の学会発表を予定しています。業界に新風を巻き起こせるはずです」。味噌由来のViamver酵母と、醤油由来のできたばかりの新しい酵母は無塩でも働くため、発酵食品以外の分野への応用も期待されるそう。
    正解がないものに対してアクションを起こすには、枠組みを自分でデザインするほかない-。そう語る髙橋さんの念頭にあるのは、味噌・醤油という文化を再定義し、ビジネス・文化を高めること。〝伝統産業ベンチャー″を掲げるユニークな姿勢がアンティークショップのような空間に満ち溢れる一方、歴史や地元に根づいた味もしっかり守っている。「革新があるから伝統でいられると思うんです。だから、アクセル全開で、やりたいことは全部やってみようと(笑)」
    私たちの食生活に欠かせない、身近な味噌と醤油。おいしいジェラートを頬ばりながら、心がホッとする味わいの価値に改めて気づかされ、そこから広がる可能性にもとても驚かされた。

     

    The world of deep publishing is like a universe

    “Small and medium-sized breweries are planning to make an unusual conference presentation about Viamver yeast that has a special umami taste. It should bring a new twist to the industry.” Miamium-derived Viamver yeast and new soy sauce-derived fresh yeast work without salt, so they are expected to be applied to fields other than fermented foods.
    The only way to take action against something that does not have the correct answer is to design the framework yourself. Mr. Takahashi, who says so, is to redefine the culture of miso and soy sauce to enhance business and culture. The unique attitude of “traditional industry venture” fills the space like an antique shop, while at the same time protecting the history and local taste. “I think we can stay in tradition because of innovation, so let’s do everything we want to do with the accelerator fully open (laughs).”
    Familiar miso and soy sauce are essential to our diet. While chewing on the delicious gelato, I was reminded of the value of the reassuring taste, and I was very surprised at the possibilities that spread from there.
     

    深度出版的世界就像一個宇宙

    “中小型啤酒廠正計劃就鮮味獨特的Viamver酵母進行不尋常的會議介紹。這將給行業帶來新的變化。” 味噌衍生的Viamver酵母和新的醬油衍生的新鮮酵母在不加鹽的情況下也能正常工作,因此有望將其應用於發酵食品以外的其他領域。
    對沒有正確答案的問題採取行動的唯一方法是自己設計框架。高橋先生這樣說,是為了重新定義味噌和醬油的文化,以促進商業和文化。 “傳統產業冒險”的獨特態度像古董店一樣充滿了空間,同時又保護了歷史和當地風情。 “我認為由於創新我們可以保留傳統,所以讓我們在加速器完全開放的情況下做我們想做的一切(笑)。”
    熟悉的味噌和醬油對我們的飲食至關重要。當咀嚼美味的冰淇淋時,讓我想起了令人放心的口味的價值,我對從那里傳播的可能性感到非常驚訝。

     


    Mercedes me Magazine_No.009_2020 summer issue

     

    エディターとライターの山田さんからは、七代目・高橋が家業を継いだ頃の別のメディアでチェックをしていたとお伝えしていただきました。10年以上の年月を経て、お仕事をご一緒することとなり、積み重ねた仕事が長い年月をかけて新たな巡り合わせと化学変化を生み出すという不思議でドラマチックな面白みを感じています。熱量あるお仕事、ありがとうございました。

     

    Mr. Yamada, the editor and writer, told us that he was checking with another medium when the seventh generation Takahashi continued his family business. After 10 years or more, I will be working together, and I feel the mysterious and dramatic interest that the accumulated work will create new matches and chemical changes over a long period of time. Thank you for your energetic work.

     

    編輯和作家山田先生告訴我們,當第七代高橋繼續其家族業務時,他正在與另一種媒體進行核實。 我在一起工作已經有10多年了,我感到自己的神秘和戲劇性的興趣是,長期積累的工作創造了新的比賽和化學變化。 謝謝您的辛勤工作。

     


    EDIT & TEXT_MASANORI YAMADA
    PHOTO_TOSHITAKA HORIBA

     

  • 記事掲載のお知らせ_EXPLORE TOHOKU & NIIGATA

    インバウンドガイド情報誌”EXPLORE TOHOKU & NIIGATA”のExperiences & Souvenirsのコーナーでヤマモの記事を掲載していただきました。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、観光や消費は大きく変わりました。しかしながら、人々の興味関心を引くような魅力あるコンテンツを提供していくことは変わりがなく、数ある観光スポットや蔵元の中から弊社を選んでいただいたことを嬉しく思います。新しい時代でも必要とされるもの、伝統産業として残し伝えつつも変化していくこと。それらを考え、実装していくことが製品を進化させ、また、移動が困難な時代でも旅をする人の心に訴求し、皆さまの興味関心を引き寄せる場となることができると考えております。ぜひ、誌面やWEBサイトでご覧いただければと思います。

     

    News of Article Publication_EXPLORE TOHOKU & NIIGATA

    Yamamo’s article was posted in the section “Experiences & Souvenirs” of the inbound guide information magazine “EXPLORE TOHOKU & NIIGATA”. Tourism and consumption have changed significantly due to the spread of the new coronavirus infection (COVID-19). However, we will continue to provide attractive content that attracts people’s interest, and we are glad that we have selected us from a number of tourist attractions and warehouses. What needs to be changed in the new era, while remaining as a traditional industry and being conveyed. By thinking and implementing them, we believe that it will be a place to evolve the product, appeal to the hearts of travelers even in times when it is difficult to move, and attract everyone’s interest. . By all means, I hope you can see it in the magazine and the website. _mediainfo._magazine

     

    文章發布通知_EXPLORE TOHOKU & NIIGATA

    Yamamo的文章發表在入境指南信息雜誌“ EXPLORE TOHOKU&NIIGATA”的“體驗與紀念品”部分中。 由於新的冠狀病毒感染(COVID-19)的傳播,旅遊業和消費發生了顯著變化。 但是,我們將繼續提供有吸引力的內容來吸引人們的興趣,我們很高興從眾多的旅遊景點和倉庫中選擇了我們。 在新時代需要改變的地方,同時又要保留傳統產業並加以傳播。 通過思考和實施它們,我們相信這將是一個發展產品的地方,即使在難以移動的時候也能吸引旅行者的心,並吸引所有人的興趣。 。 希望您能在雜誌和網站上看到它。

     


    EXPLORE TOHOKU & NIIGATA_Experiences & Souvenirs

     


    EXPLORE TOHOKU & NIIGATA_Experiences & Souvenirs

     

    この醤油醸造所は1867年に設立され、伝統的な製品を継承しながら、現代に合わせて新しい製品を開発しています。 いずれも代々受け継がれてきた技術を駆使し、湯沢の豊かで純粋な水で造られています。 ヤマモブランドの評判は近年世界的に広がっています。
    訪問者は醸造所、庭園、蔵の見学をすることができます。 見学者は職人の手による作品を間近で見られることで賞賛し、改造された店舗には、地元の歴史と文化に関連する芸術作品を展示するギャラリーがあります。 味噌と醤油で味付けしたジェラートを提供する人気のカフェ、味噌、醤油などの日常品を販売するファクトリーショップもあります。 蔵に一時停止するだけでも、訪問者は企業について見て学び、その作品を味わうことができます。

     

    This soy sauce brewery was founded in 1867, and carries on with traditional products while also developing new ones in-step with the modern day. All are crafted with the plentiful, pure waters of Yuzawa using techniques passed on over generations. The fine reputation of the Yamamo brand has expanded worldwide in recent years.
    Visitors can take a tour of the brewery, the garden and the storehouse. Tour-goers praise it for offering a close-up look at the hands-on work of artisans, and the remodeled storehouse contains a gallery exhibiting works of art relating to the local area’s history and culture. You’ll also find a popular café serving gelato flavored with miso and soy sauce, as well as the factory shop selling miso, soy sauce and other goods for daily use. Even a brief stop at the storehouse alone offers visitors a chance to see and learn about the enterprise and taste its creations.

     

    這家醬油啤酒廠成立於1867年,在繼承傳統產品的同時,還與現代同步開發新產品。 所有產品均採用代代相傳的技術,由湯澤豐富純淨的水製成。 近年來,Yamamo品牌的良好聲譽已在全球範圍內擴展。
    參觀者可以參觀啤酒廠,花園和倉庫。 參觀者稱讚它是因為可以近距離觀察工匠的動手作品,而經過改建的倉庫中設有一個畫廊,展出與當地歷史和文化有關的藝術品。 您還會發現一家受歡迎的咖啡廳,供應以味o和醬油調味的意式冰淇淋,還有一家工廠商店,出售味噌,醬油和其他日常用品。 即使僅在倉庫短暫停留,也可以為參觀者提供了解和了解企業並品嚐其創造物的機會。

     

    EXPLORE TOHOKU & NIIGATA

     

    〇About EXPLORE TOHOKU & NIIGATA

    当ガイド掲載の各種情報については、東北6県と新潟県からご推薦いただき、東北大学大学院農学研究科の伊藤房雄教授を委員長とするアドバイザリーボードで選定いたしました。国内外のより多くの方々に、当地の優れた自然、文化、特産品、観光、イベント等への関心を持っていただき、東北・新潟の活性化のお役に立てることができれば幸いです。なお、本冊子掲載の情報は、2020年3月末時点のものとなっております。

     

    〇About EXPLORE TOHOKU & NIIGATA

    The various information in this guide was recommended by the 6 prefectures of Tohoku and Niigata, and was selected by an advisory board chaired by Professor Fusao Ito, Tohoku University Graduate School of Agriculture. We hope that more and more people inside and outside Japan will be interested in the excellent nature, culture, special products, tourism, events, etc. of the region, and help to revitalize Tohoku and Niigata. The information in this booklet is current as of the end of March 2020.

     

    〇什麼是EXPLORE TOHOKU & NIIGATA

    本指南中的各種信息均由東北和新潟的6個縣推薦,並由東北大學農業研究生院伊藤扶雄教授主持的諮詢委員會選出。 我們希望越來越多的日本國內和國外的人對該地區的優良自然,文化,特色產品,旅遊業,活動等感興趣,並有助於振興東北和新潟。 本手冊中的信息是截至2020年3月的最新信息。

     

  • 記事掲載のお知らせ_STAY AKITA

    海外向けウェブメディアSTAY AKITAにてYAMAMO FACTORY TOURからI.L.A. GALLERY、蔵付酵母の革新的風味の醸成まで総合的な取り組みがご紹介されております。外国人料理研究家の方の体験と取材を中心に専属の通訳の方とカメラマン、プロデューサーのチーム構成で今回の記事が完成しました。外国人の方の目で見た弊社取り組みの報じ方は、ストーリーを軸にしており、写真の質感からもこだわりの感じられる内容と思います。取材終わりでYAMAMO GARDEN CAFEで時間を過ごしていただきました。仕事の予定時間よりも長くいらっしゃったことが、その場の判断で動く旅の在り方に近く、渡航記のような記事内容と思いました。素晴らしいスタッフとチームの方々、ありがとうございました。ぜひ、記事をご覧いただきたいと思います。

     

    News of Article Publication_STAY AKITA

    The overseas web media STAY AKITA introduces a comprehensive approach from YAMAMO FACTORY TOUR to I.L.A. GALLERY and brewing of innovative flavors of brewery yeast. This article was completed with a team of dedicated interpreters, photographers, and producers focusing on the experiences and coverage of foreign culinary researchers. The way we report our efforts from a foreigner’s perspective is based on the story, and I think that the content of the photos can also give a sense of commitment. At the end of the interview, we spent time at YAMAMO GARDEN CAFE. The fact that I came longer than the scheduled time for work was close to the way of traveling based on judgment on the spot, and I thought it was an article like a travelogue. Thank you to the wonderful staff and team. By all means, I would like to see the article. _mediainfo._magazine

     

    文章發布通知_STAY AKITA

    海外網絡媒體STAY AKITA引入了從YAMAMO FACTORY TOUR到I.L.A. GALLERY的綜合方法,以及釀造創新口味的啤酒酵母。 本文由專門的口譯,攝影師和製作人員組成的團隊完成,重點關注外國烹飪研究人員的經驗和報導。 我們從外國人的角度報告自己的努力的方式是基於故事的,我認為可以從照片的紋理感覺到內容。 採訪結束時,我們在YAMAMO GARDEN CAFE花了一些時間。 我來得比預定的工作時間長,這一事實接近於根據當場判斷得出的出行方式,我認為這是一篇類似於旅行的文章。 感謝出色的員工和團隊。 一定要看這篇文章。

     

     

    秋田に続く発酵文化は、多様性と革新性に富む醸造です

    発酵:錬金術のように食品の発酵は風味を高め、栄養の質を強化し、寿命を延ばすことができます。昨今、これらの特性から発酵が世界中で注目されていますが、秋田では何百年もの間、発酵が行われています。秋田はアキタコマチをはじめとする山や海からの豊富な食材に恵まれていますが、長く寒い冬に耐えなければなりません。

    世界中でさまざまな発酵方法がありますが、日本、特に秋田で重要な発酵方法は、麹菌(アスペルギルスオリゼ)を触媒として使用します。 地域の力を活かした地元の職人の技術のおかげで、この地域の発酵文化は数百年に渡り深まりました。
    味噌、醤油、日本酒、ハタハタ寿司は、秋田を代表する発酵製品です。秋田への最近の旅行で、私はこれらの製品を味見したり購入し、その製造方法とその背後にある職人についての理解を深めました。

     

    Akita’s Ancient Fermentation Culture Is a Lively Brew of Diversity and Innovation

    Fermentation: with its alchemistic powers of transformation, fermenting food can heighten flavor, fortify nutritional qualities, and provide longevity. These days, fermentation gets attention around the world for its these properties, but in Akita, it’s been a way of life for hundreds of years. Akita is blessed with a bounty of ingredients from the mountains and the ocean, including the revered Akita Komachi rice strain, but endures long, cold winters.

    There are different methods of fermentation across the world, but the one that is key in Japan – and particularly in Akita – uses koji (aspergillus oryzae) bacteria as the catalyst. Thanks to the skills of local artisans, who harness the power of koji, the area’s fermentation culture has deepened over hundreds of years.
    Miso, soy sauce, sake, hatahata-sushi are some of Akita’s defining fermented products. On a recent trip to Akita, I wanted to do more than just taste or buy these products, but gain a greater understanding of how they are made and the artisans behind them.

     

    秋田的古代發酵文化是多樣性與創新的生動體現

    發酵:憑藉其煉金術的轉化能力,發酵食品可以增強風味,強化營養品質並延長壽命。如今,發酵的這些特性已引起全世界的關注,但是在秋田,它已經成為數百年來的一種生活方式。秋田擁有來自高山和海洋的豐富食材,其中包括備受推崇的秋田小町稻米品種,但可以忍受漫長而寒冷的冬天。

    全世界有不同的發酵方法,但是在日本,尤其是秋田縣,很關鍵的一種方法是使用曲霉(米曲霉)細菌作為催化劑。得益於當地工匠的技能,他們利用了酒麯的力量,該地區的發酵文化已經深化了數百年。
    味iso,醬油,清酒,波hat壽司是秋田的特色發酵產品。在最近的秋田之旅中,我不僅想品嚐或購買這些產品,還希望做更多的事情,但要對它們的製造方式及其背後的工匠有更多的了解。

     

     

    モダンデザインの感性が伝統と調和する

    夕暮れ時に明かりが暗くなるとヤマモ味噌醤油醸造元の庭園の扉は、カフェのエレガントなシャンデリアの反射で輝き、きらめきが屋外の伝統的な庭園の質感に重なります。

    「庭園は私の曽祖父によって造られました。」とヤマモの7代目の高橋泰さんは言います。 彼は伝統的な庭園の椅子に座っている年配男性のセピア色の写真を見せ、庭のある場所を指しました。
    「この写真で彼は自身で建てた離れの前に座っています。 古い庭の見立てによると、彼の向く先には水神が住む城跡の森となり、庭園の借景になっています。」

     

    Modern design sensibilities align with traditional foundations

    When the light dims at dusk, the doors to the garden of Yamamo Miso and Soy Sauce Brewery sparkle with the reflection of the cafe’s elegant chandelier, with the twinkle overlaying the textures of the traditional garden outside.

    “The garden was built by my great-grandfather,” says Yasushi Takahashi, 7th-generation owner of Yamamo. He picks up a sepia-toned photograph of an older man sitting on a chair in a traditional garden, and points to a spot in the garden.
    “He’s sitting over there, in front of the annex my father built for him. He faces the forest nearby where the water spirit lives, according to ancient folklore.”

     

    現代設計的敏感性與傳統的基礎保持一致

    黃昏時光線昏暗,Yamamo味噌醬油醸造商花園的門在咖啡館優雅的枝形吊燈的映襯下熠熠生輝,閃爍的光芒覆蓋了外面傳統花園的質感。

    “花園是由我的曾祖父建造的,” Yamamo的第七代老闆高橋泰說。 他拿起一張棕褐色調的老人坐在傳統花園裡的椅子上的照片,並指向花園中的一個點。
    “他坐在那兒,在我父親為他建造的附樓前。 根據古代民間傳說,他面對著水靈居住的森林。”

     

     

    1867年、高橋さんの先祖は、近くの皆瀬川の地下水を利用できるため、醤油と味噌醸造所を設立しました。 庭園は彼らの生業の源である守護者の水神へのオマージュです。
    高橋さんは建築と世界の旅から学び、2006年、わずか27歳で家業を継ぎました。 彼のデザインセンスは醸造所の7つの蔵に完璧に行き渡っています。 建物のドラマチックな木材の梁と伝統的な土間にシックでモダンな装飾が施されています。 スタイリッシュなカフェやオープンキッチン、エレガントなギャラリー、グッドデザイン賞を受賞した製品パッケージなど、醸造所に新たに追加されたものもすべて高橋さんの功績です。

    高橋さんのもう1つの功績は味噌と醤油の世界では珍しい醸造所ツアーを開始したことです。このツアーでは醸造所のさまざまな部分で醤油と味噌を作るという複数のステップを経て、各蔵の目的が異なる事を理解します。
    「発酵の世界、地元の歴史と文化を世界と共有したい。」と高橋さんは言う。
    ツアーで最初に訪れる蔵にある室(ムロ)は、最初の重要なステップの麹の生育に使用します。「麹を生育するとき、繁殖したい菌に適した環境をつくらなければなりません。この環境は悪い菌を抑える必要があります。このプロセスは非常にデリケートです。」

     

    In 1867, Takahashi’s ancestors founded the soy sauce and miso brewery because of the pristine water available from the nearby Minase River; the garden is a homage to the water spirit, the guardian of the source of their livelihood.
    Takahashi took over Yamamo in 2006 at the age of just 27, fresh from studying architectural engineering and traveling the world. His sense of design and worldliness echo throughout the seven rooms of the immaculately maintained brewery. The buildings’ dramatic timber beams and traditional earthen floors have chic modern trimmings. There are also new additions to the brewery, like the stylish cafe and open kitchen, the elegant gallery, and the company’s Good Design Award-winning product packaging – all Takahashi’s contributions.

    Another of Takahashi’s contributions is a brewery tour, a rarity in the world of miso and soy sauce. The tour follows the multi-step process of making soy sauce and miso, through different parts of the brewery, where each warehouse serves a different purpose.
    “I want to share the world of fermentation, and local history and culture with the world,” says Takahashi.
    The first room we visit on the tour, the muro, is where the crucial first step takes place: the cultivation of koji. “When we’re preparing the koji, we need to create the right environment for the bacteria we want to thrive, and which is hostile to bad bacteria. The process is very sensitive,” says Takahashi.

     

    1867年,高橋的祖先創立了醬油和味mis啤酒廠,原因是附近的皆瀬川可提供純淨水。花園是對水靈的致敬,水靈是其生計之源的守護者。
    高橋於2006年以27歲的高齡接任Yamamo,當時他剛開始學習建築工程並環遊世界。他的設計感和世俗感在整潔維護的啤酒廠的七個房間中迴盪。建築物引人注目的木材橫樑和傳統的土質地板均採用別緻的現代裝飾。高橋的貢獻還包括啤酒廠的新成員,例如時尚的咖啡館和開放式廚房,優雅的畫廊以及該公司屢獲“最佳設計獎”的產品包裝。

    高橋的另一項貢獻是一次啤酒廠之旅,這是味o和醬油世界中的稀罕物。參觀過程遵循釀造醬油和味噌的多步驟過程,通過啤酒廠的不同部分,每個倉庫的目的不同。
    高橋說:“我想與世界分享發酵的世界,以及當地的歷史和文化。”
    我們參觀的第一個房間muro是至關重要的第一步:種植曲。 “當我們準備曲酒時,我們需要為想要繁殖的細菌創造合適的環境,這種細菌對有害細菌有害。這個過程非常敏感。”高橋說。

     

     

    次のもろみ蔵では、もろみの大きな木製の樽に味噌として米麹と蒸し大豆、醤油として焙煎小麦と大豆、塩水で満たされています。「ここでは、醸造所に住む蔵付き酵母が樽に入り、味をつくり出します。」
    別の小さな蔵では、小ロットで味噌や醤油を様々な方法で実験し、新製品を醸造します。小さな樽には多くの可能性があり、多くの驚きがあります。私が訪れた日の味噌の発酵には、使用されている様々な酵母の興味深い香りがありました。
    「イノベーションは持続可能性の鍵です」と高橋さんは語ります。「伝統的製法を護る必要がありますが、同時に進化を続けるために、小さな変数の試験をする必要があります。」

    高橋さんは最近、この革新的な考え方により、ヤマモの蔵に生息する新しい酵母菌を発見しました。彼の言葉に私は衝撃を受けました。味噌や醤油の醸造家にとって、このような発見は天文学者による新しい惑星の発見に似ているからです。この新しい酵母菌は日本酒やワインなどのアルコール飲料の醸造に使用できるため、驚異的です。両方の業界で使用できる最初の酵母になります。
    庭園を散歩した後、カフェでツアーを終了し、醸造所の伝統的で新しい製品を味わいました。「あま塩」醤油は、ヤマモの代表的な醤油で、塩分が低く、穏やかな甘さとバランスが取れています。これは秋田の醤油の特徴的なスタイルです。

     

    Next, at the moromi-gura, the room is filled with large wooden tanks of moromi, a fermenting mixture of koji rice, steamed soybeans, roasted wheat, and water. “Here, the native yeast that live in the brewery enter the tanks to create the taste,” says Takahashi.
    In another, much smaller room, micro-batches of miso or soy sauce are tweaked in different ways to concoct new products. The little barrels are full of possibilities and, often, surprises – the miso fermenting the day I visit has an intriguingly tropical aroma from the variety of yeast used.
    “Innovation is key to sustainability,” says Takahashi, “Since inheriting my family business, we continue to create new brews through trials,” says Takahashi. “We need to protect the traditional processes, but at the same time make small variable changes, to continue to evolve.”

    Takahashi has recently discovered a new yeast strain inhabiting the atmosphere of Yamamo, thanks to this liberal mindset. He beams when telling me. To a brewer of miso and soy sauce, such a discovery is akin to the discovery of a new planet by an astronomer. This new yeast strain is particularly exciting, Takahashi explain, as it can be used to brew alcoholic drinks like sake and wine – the first yeast that can be used for both worlds.
    After a walk around the garden, we finish the tour in the cafe, to taste the brewery’s traditional and new creations. The ‘Amashio’ soy sauce is the signature soy sauce of Yamamo, with a lowered level of salt, balanced by a gentle sweetness – a style characteristic of Akita soy sauce.

     

    接下來,在諸味蔵的房間裡裝滿了諸味的大木罐,裡面是發酵米曲,蒸大豆,烤小麥和水的混合物。高橋說:“在這裡,生活在啤酒廠中的天然酵母進入罐中以產生味道。”
    在另一個小得多的房間裡,味異或醬油的微批次以不同的方式進行調製以調製新產品。小桶充滿了可能性,而且常常令人驚訝–我參觀的那天的味mis發酵有多種使用的酵母產生了令人著迷的熱帶香氣。
    高橋說:“創新是可持續發展的關鍵,自繼承家族生意以來,我們將繼續通過試驗創造新的啤酒。” “我們需要保護傳統流程,但同時要進行細微的更改,以繼續發展。”

    由於這種自由的思維方式,高橋最近發現了一種新的酵母菌株,它在山毛的大氣中棲息。他告訴我時大笑。對於味噌和醬油的釀造商而言,這樣的發現類似於天文學家發現一個新星球。高橋解釋說,這種新的酵母菌株特別令人興奮,因為它可以用來釀造清酒和葡萄酒之類的酒精飲料,這是可用於兩個世界的首種酵母。
    在花園中漫步後,我們在咖啡館結束了遊覽,品嚐了啤酒廠的傳統和新造品。 “Amashio”醬油是Yamamo的招牌醬油,鹽含量較低,並帶有柔和的甜味,這是秋田醬油的典型特徵。

     

    STAY AKITA
    _Akita’s Ancient Fermentation Culture Is a Lively Brew of Diversity and Innovation
    _Modern design sensibilities align with traditional foundations