高茂合名会社 | ヤマモ味噌醤油醸造元

GOOD DESIGN AWARD 2013NATURAL BREW
  • I.L.A.(Industry Loves Art)について

    一昨年前の中北米の旅でデトロイト、ブルックリン、マイアミ、メキシコ、グアテマラ、コスタリカに入り込んだことがきっかけとなり、このプロジェクトの構想を練りはじめます。基幹産業が荒廃し、財政破綻したデトロイトの再生は、ゲリラ的アーティストの独善的な活動からでした。また識字率の低いグアテマラで社会を機能させていたのも、アートの存在でした。さらに、ブルックリンの都市開発チームは、このアートとデザインを機能的に融合させることによって、圧倒的都市形成をさせております。
    このように究極的な状況で、産業はその回復に貢献することができません。だからこそ、それを理解し、アートに一定の態度をとることが産業の成熟を意味します。そのため、いつの時代も産業はアートを求め、認識し、融合していくのです。その想いを込めた活動が”I.L.A.(Industry Loves Art)”となります。

     

    About I.L.A.(Industry Loves Art)

    In the middle North America trip before 2 years ago, I got into Detroit, Brooklyn, Miami, Mexico, Guatemala, Costa Rica and this project’s idea began. The regeneration of Detroit that the core industry was devastated and the fiscal collapse was due to the self-righteous activities of guerrilla artists. It was also the presence of art that made society function with Guatemala with a low literacy rate. In addition, the urban development team of Brooklyn makes an overwhelming urban formation by functionally blending this art and design.
    In this ultimate situation, the industry can not contribute to its recovery, understanding it and taking a certain attitude to art means industrial maturity. For that reason, industry always seeks, recognizes and fuses art. The activity with that feeling is “I.L.A. (Industry Loves Art)”.

     

    關於I.L.A.(Industry Loves Art)

    在2年前的北美中游之旅中,我進入底特律,布魯克林,邁阿密,墨西哥,危地馬拉,哥斯達黎加,這個項目的想法開始了。底特律再生,核心產業遭到破壞,財政崩潰是由於游擊隊藝術家的自以為是的活動。藝術的存在也使得社會在危地馬拉的識字率很低。此外,布魯克林的城市發展團隊通過功能性融合藝術和設計,形成了壓倒性的城市形態。
    在這種最終形勢下,行業無法為其複蘇做出貢獻,理解它並對藝術採取一定的態度意味著工業的成熟。出於這個原因,工業界總是尋求,認可和融合藝術。那種感覺的活動是“I.L.A.(行業愛藝術)”。

     

    I.L.A.

    界に産業が生まれる前、私たちの多くは個の欲望を追求していた。

    それは衣食住の根源的なところから、音や色を塗り重ねていく感覚的なところまで。

    その中でいつしか生まれた集団の営みである産業は、生活や人生の主軸となった。

    “Industry Loves Art” 「産業は芸術に恋をする」

    私たちのアートへの恋心は淡く、現代では実り辛いものかもしれない。

    それでも生活の主となった産業は、掴みきれない芸術を追い求め、共存する未来を描く。

    そして有機的なアートは夏の日の恋物語ではない。

    それは世界の感覚を解かし、ときに時代をひとつにし、

    しかしそれは汚らわしく、だから儚く、独善的な愛、そのもの。

    圧倒的に私たちは、一方的に恋をするのだ。

    産業はアートに恋をしている。

      

    I.L.A.

    Before industry was born, many of us pursued our desires individually,

    which ranged from the fundamental needs of clothing, food and shelter,

    to the sensual aspects such as accumulation of sounds and repainting of colors.

    Somewhere along the way, industries were born,

    and then became the core of the people’s everyday life and their whole lives.

    “Industry Loves Art”

    Our love for art may be faint, and in the modern age, even unfruitful.

    Industries, which in spite of this became the core of our lives, draw a future of coexistence.

    The organic art is not some love story of a summertime, either.

    It melts the world’s senses, at times uniting the times but also disgracing.

    Because if is so, it is precisely a self-righteous love.

    We are, undeniably, the ones to love. That is, industry lives art.

     

    I.L.A.

    在工業誕生之前,我們許多人追求個人慾望。

    它是從食物,衣服和住所的基本點到聲音和顏色重疊的感官地方。

    其中,一個接一個地誕生的產業是生活和生活的主軸。

    “Industry Loves Art” “行業愛上藝術”

    我們對藝術的熱愛是蒼白的,在現代可能是一件富有成效的事情。

    成為生活的行業仍然追求無法把握的藝術,並汲取共存的未來。

    有機藝術不是夏日的愛情故事。

    它解決了世界的感覺,有時使時代成為一體,但它是骯髒的,如此短暫,自以為是的愛情本身。

    絕大多數我們單方面墜入愛河。

    工業愛上了藝術。

     

    かつての名士たちは、地域で文化芸術を推奨し、その連帯や文化的に豊かな暮らしから、街に調和をもたらしました。この岩崎地域も二代目町長・高橋七之助の時代に、歴史を掘り下げ、町民に規律と生活文化を教え、後に明治天皇が立ち寄るほどの大改革を成し遂げます。この近代の発展をもたらした功績を弊社四代目・彦四郎が城跡の千歳公園の頌徳碑に残し、ヤマモの水神庭園に土地や歴史を伝え、後の町長を務めることとなります。彦四郎は七之助の背中を直接見ることで、その偉大さと役割に気付いていたのでしょう。この土地の文脈を世代間で繋ぐことも、アートの大いなる役割でもあります。

     

    Former gentlemen inspired cultural arts in the area, bringing harmony to the city from solidarity and prosperous living. In this era of the Iwasaki area also in the era of the second generation mayor Shichinosuke Takahashi, I will dig a history, teach discipline and life culture to townspeople, and accomplish the great reform that Emperor Meiji drops in at a later time. The achievement that brought about the development of this modernity will be left behind by our fourth generation · Hikoshiro in the mystery monument of Chitose Park of the castle site, to convey the land and history to Yamamo’s water gardens, and will serve as the mayor of the later town. Hikoshiro was aware of its greatness and role by looking directly at the back of Nanosuke. Bridging the context of this land between generations is also a great role of art.

     

    前政要被推薦用於文化和藝術的地區,從團結和豐富的生活,帶來了和諧的城市。在這個岩崎區域也是第二代市長,高橋七之助時代,鑽研歷史,教紀律和生活文化,市民,明治天皇和後來取得的多個停止的重大改革。離開導致這一現代化的第四代的發展成就,彦四郎是頌城堡千歲公園徳碑,告訴土地和歷史Yamamo水花園的神,就能之後擔任市長。 彦四郎是看直接回七之助,都會知道的偉大和作用。在幾代人之間彌合這片土地的背景也是藝術的重要角色。

     

    私たちは、このようなリサーチを基に、「地域に伝わる歴史や風土」から「社会が危機的な状況から脱する人間の強さ」までを取り揃えたアートを味噌醬油産業に実装していきたいと考えています。創業150年を超える蔵元を改築し、歴史を踏まえた感覚をI.L.A GALLARYとして11月にオープンさせます。ぜひ、国内外の感覚を新しくする多くの皆様に、お越しいただきたいと思います。

     

    Based on such research, we have implemented art in the Miso and Soy Sauce industry that has a range of “History and climate in the community” to “Strength of human beings out of the crisis situation” I think. We will rebuild the brewery of over 150 years old and open the feeling based on history as November as I. L. A GALLARY. I would like to invite a lot of people who are renewing their sense of domestic and overseas.

     

    我們,這種研究的基礎上,繼續從以“傳遞給該地區的歷史和文化”實現股票的技術大醬“人類社會從危機中逃脫實力”醬油行業我想。已轉換的啤酒廠超過其成立150多年來,以11月份為I.L.A GALLARY歷史的開光感。我想邀請很多正在重建國內外意識的人。

     

     

  • 平成30年度、お盆休みのお知らせ

    平成30年度のヤマモのお盆休みは、11(土)から15日(水)までとなっております。10日(金)は営業します。
    休業中でも、電話でのお問い合わせや直接こちらにお出でになる方には対応しております。また、16日(木)からの営業となりますが、商品の発送が込み合うことが予想されるため、少々のお時間をいただく場合がございます。ご了承ください。

     

    Notice of the Vacation of the Bon Festival in 2018

    Our company takes the vacation of Bon Festival from Friday, the 11th to Wednesday, the 15th. We work Friday, the 10th.
    We have responded to the inquiry by telephone also in closure. And I correspond also to those who come to the store directly. It is expected that dispatch of goods is crowded. Time may be obtained from usual to a report. We will work Thursday, the 16th. Please understand the situation.

     

    2018年的盂蘭盆會的休假的告知

    敝社從11日的星期六到15日的星期三安排盂蘭盆會的休假。我們10日的星期三工作。
    我們停止營業中也,按照在電話的諮詢。並且也對應著直接來店的人。商品的發送擁擠被預想。有比平時為報告領受時間的情況都。我們從16日的星期四開始工作。請諒解。

     

  • 記事掲載のお知らせ

    「ありのまま、自分らしく輝く」を応援するライフスタイルメディアの〝GATTA”にて絶対に喜ばれる!とっておき「全国ご当地お土産」3選【北海道・東北編】の特集でヤマモの「YUKIDOKE」を選んでいただきました。私たちが目指すものは伝統産業や基礎調味料を基礎にしたローカルの新しいライフスタイルを提案している部分があります。そのような感覚を共にし、ご一緒できることを嬉しく思います。ぜひ記事をご覧ください。

     

    Notice of Article Posting

    It is absolutely pleased at the “GATTA” of lifestyle media that supports “just as you are, shining like yourself”! Everything You have chosen YAMAMO’s “YUKIDOKE” for the special feature of “3 Hokkaido / Tohoku edition” selection “Nationwide Local Souvenirs”. What we are aiming for is part of proposing a local new lifestyle based on traditional industries and basic seasonings. I am pleased that we can share such feelings and can join together. Please take a look at the article._mediainfo

      

    文章發表的公告

    生活媒體的“GATTA”非常高興,“就像你一樣,像你一樣閃耀”! 所有你選擇了YAMAMO的“YUKIDOKE”作為“3北海道/東北版”選擇“全國各地的紀念品”的特色。 我們的目標是提出基於傳統產業和基本調味料的當地新生活方式。 我很高興我們可以分享這種感受並可以聯合起來。 請看一下這篇文章。

     

     

    〇絶対に喜ばれる!とっておき「全国ご当地お土産」3選【北海道・東北編

    雪解けのような自然の甘さを味わえる味噌「YUKIDOKE」【秋田県】

    秋田県湯沢市で創業150余年続く老舗味噌・醤油の蔵元「ヤマモ味噌醤油醸造元」がつくる極上のこし味噌『YUKIDOKE』。雪解けと共に、地元で採れたアキタコマチだけで仕込んだ味噌は、日本酒のような吟醸香とクリーミーな味わいです。ディップのような感覚でそのままいただいたり、糀の甘味とほんのり塩気があるので、和え物に混ぜていただきたい極上味噌ですよ。また、センスが光るおしゃれなパッケージは、お渡しすれば話題になりそうです。 

     

    〇 Absolutely pleased! “Nationwide local souvenirs” 3 selections [Hokkaido / Tohoku edition]

    Miso “YUKIDOKE” which can enjoy the sweetness of nature like snow melting [Akita Prefecture]

    Akita Prefecture Founded in Yuzawa City, established for over 150 years Miso of soy sauce Miso sauce brewer “Yamamo Miso sauce brewer” is a superb Koshi Miso “Yukidokie”. Along with snow melting, miso charged only with Akitachomachi collected locally is a ginjyo incense like sake and a creamy taste. It has the same sense of dip as it is or it has a sweet taste and slightly saltiness, so it is a supreme miso you want me to mix with the mixture. Also, a stylish package that glows with a sense will be a topic once you hand it over. 

     

    〇非常高興! “全國各地的紀念品”3選[北海道/東北版]

    可以像融雪一樣享受自然的甜味的味噌“YUKIDOKE”[秋田縣]

    秋田縣成立於湯澤市,成立150多年醬油醬味噌醬啤酒“Yamamo味噌醬啤酒釀造者”是一流的過濾掉味噌“Yukidokie”。 隨著融雪,只有當地採集的秋田小町的味噌才是清酒和奶油味的銀杏香。 它具有相同的浸漬感,或者俱有甜味和略帶鹹味,因此它是一種至高無味的味噌,您希望我與混合物混合。 此外,一旦你交出一個感覺發光的時尚包裝將成為一個主題。

     

     

  • BrandLand Japanキックオフイヴェントを終えて

    BrandLand Japanキックオフイヴェントは日本経済新聞社カンファレンスルームで行われました。会場には選定された14事業者のブースが用意されており、弊社ヤマモはYAMAMO FACTORY TOURのチケットとツアーの案内が展示されておりました。イヴェントが開始されると経済産業省のクールジャパン政策課長やシニアプロデューサーが紹介され、そうそうたる面々が一堂に会しました。

    Report That BrandLand Japan After The Kick-off Event Has Ended

    The BrandLand Japan kickoff event was held at the Nihon Keizai Shimbun company conference room. In the venue, booths of 14 business operators selected were prepared and our Yamamo exhibited YAMAMO FACTORY TOUR tickets and tour guide. When the event began, Ministry of Economy, Trade and Industry Policy Division Director and Senior Producer of the Ministry of Economy, Trade and Industry were introduced, and so many people gathered together.

    報導BrandLand Japan啟動活動已經結束

    BrandLand Japan開球活動在日本経済新聞公司會議室舉行。 在場地內,準備了14家經營者的攤位,我們的Yamamo展出了YAMAMO FACTORY TOUR門票和導遊。 活動開始時,經濟產業省政策司司長兼經濟產業省高級製片人介紹,這麼多人聚集在一起。

    13時から18時まで長丁場で開催されるキックオフイヴェントは「ものづくり」や「アウトバウンド」、「食」などの5分野に分けられ、その中で各社のプレゼンとシニアプロデューサーがコーディネーターとなったディスカッションで議論を深め、選定されたプロジェクトが紹介されていきます。弊社のコーディネーターは株式会社スマイルズの遠山正道さんでした。

    The kick-off event to be held in a long way from 13 o’clock to 18 o’clock is divided into five categories such as “manufacturing,” “outbound,” and “food”, among which discussions are discussed at discussions where senior producers and senior producers were coordinators It will deepen and selected projects will be introduced. Our coordinator was Mr. Masamichi Toyama of Smiles Corporation.

    從13點到18點舉行的啟動活動分為五個類別,如“製造”,“出境”和“食品”,其中討論在高級製片人和高級製片人擔任協調員的討論中進行討論。 它將深化和選擇項目將被引入。 我們的協調員是Smiles Corporation的遠山正道先生。

    プレゼンでは、事業者として七代目の高橋がインバウンドとアウトバウンドの双方を行うヤマモの歩みをご説明し、世界の状況や今後の目標についてプロデューサーの本村さんから説明をしていただきました。我々のチームは仕事を外注する関係ではなく、世界を見ていくことで共に成長しながら会社や地域を次世代に向かい変化や最適化をしていくものです。プレゼンでも互いにマイクを持ち、相互に補完しながら説明を続けていきました。

    In the presentation, Mr. Takahashi of the seventh, as a business operator, explained Yamamo’s step of doing both inbound and outbound, and Mr. Motomura of the producer explained about the world situation and future goals. Our team is not going to outsource work but to change and optimize the company and region towards the next generation while growing together by looking at the world. Even in the presentation, we held microphones with each other, complementing each other and continuing the explanation.

    在演講中,作為商業運營商的第七屆高橋先生解釋了Yamamo進行入境和出境的步驟,製片人的本村先生解釋了世界形勢和未來目標。 我們的團隊不會外包工作,而是將公司和地區轉變為下一代,同時通過觀察世界共同成長。 即使在演示中,我們也相互保持麥克風,相互補充並繼續解釋。

    ディスカッションでは遠山さんの鋭い質問が印象に残りました。「ビジネスが成功するかどうかは50%。いつ、だれが、どこで、どういうシーンをつくるかが大事だ。儲かるだけでは続けていくことはできない。たとえ儲からなくても主体者が続けていくことができれば、結果がついてくる。」これまでの様々な経験から発せられる言葉なのだと思いました。

    In the discussion, Mr. Toyama’s keen question remained in impression. “It is 50% whether the business will succeed or not.When it is important to know who, where, and what kind of scene is to be created, it can not continue with profit alone, even if the subject does not make money If possible, the result will come. “I thought that it is a word that comes from various experiences so far.

    在討論中,遠山先生的熱切問題仍然留在印像中。 “無論企業是否成功,這都是50%。當知道創建誰,在哪里以及創建什麼樣的場景很重要時,即使主題不能賺錢,它也不能僅僅繼續獲利。 如果可能的話,結果就會出現。“我認為這是一個來自各種經驗的詞。

    我々のプロジェクトは詫び錆びのような日本の持つ精神性が世界で特異であることから、それを知るためのインバウンドプロジェクトが有効であると説明をしました。これはテクノロジーによる優位性で世界に出るというものよりも根源的で息の長いものです。これを実装することができれば日本の競争力は上がると信じています。このプロジェクトがローカルの伝統産業の未来や日本に貢献できるものになれるよう、努力していきたいと思います。

    YAMAMO “I.L.A.(Industry Loves Art)” PROJECT 産業は芸術に恋をする

    Our project explained that the spirituality of Japan like apologize rust is unique in the world, so we explained that the inbound project to know that is effective. This is more fundamental and breathtaking than going to the world with technology advantage. I believe that Japan’s competitiveness will rise if it can be implemented. I would like to make an effort to make this project contribute to the future of local traditional industry and Japan.

    YAMAMO “I.L.A. (Industry Loves Art)” PROJECT

    我們的項目解釋說,日本的精神狀態如同道歉生鏽在世界上是獨一無二的,因此我們解釋說入境項目要知道這是有效的。 這比擁有技術優勢的世界更具基礎和驚人。 我相信如果能夠實施,日本的競爭力將會提高。 我想努力使這個項目為當地傳統工業和日本的未來做出貢獻。

    YAMAMO“I.L.A。(行業愛藝術)”PROJECT行業愛上了藝術

    七代目・高橋が発言したこと

    1.技術だけではなく、日本に長く続く精神性が世界において競争力を持つと認識する

    2.これを伝えることができれば、世界の人々がそれを知るためにインバウンドとして現場に訪れる

    3.ものづくり精神ある日本では、その現場が観光地として機能する「産業観光」がインバウンドそのものとなる

    4.インバウンドで商品の背景や歴史を知っていただいてからアウトバウンドに繋げると費用対効果が高くなる

    5.インバウンドにリソースを割くことが地域の課題解決に繋がるため、課題の多いローカルはインバウンドから着手するとよい

    Takahashi’s statement of the seventh generation

    1. We recognize not only technology but also spirituality that lasts long in Japan has a competitive edge in the world

    2. If you can tell this, the people of the world come to the site as inbound to know it

    3. In Japan, where manufacturing spirit is spirit, “industrial tourism” where the site functions as a tourist site becomes the inbound itself

    4. Cost effective when connecting to outbound after you know the background and history of the product inbound

    5. Since allocating resources to inbound leads to problem solving in the region, it is better to start with inbound local with many issues

    高橋的第七代聲明

    1.我們不僅認識到技術,而且認識到長期存在於日本的靈性在世界上具有競爭優勢

    2.如果你能說出這一點,那麼世界各地的人們就會以入境的方式來到網站了解它

    3.在製造精神是精神的日本,作為旅遊景點的“工業旅遊”成為入境本身

    4.在您知道產品入站的背景和歷史記錄後,在連接到出站時具有成本效益

    5.由於為入站分配資源可以解決該地區的問題,因此最好從入站本地開始,遇到很多問題

  • 「BrandLand JAPAN(ブランドランド・ジャパン)」選定のお知らせ

    ヤマモ味噌醤油醸造元 / 高茂合名会社は、このたび経済産業省が推進する専門家招聘型プロデュース支援事業「BrandLand JAPAN」において外部の有識者による公正な審議の結果、15事業者のプロジェクトに東北で唯一選定されました。

    YAMAMO “I.L.A.(Industry Loves Art)” PROJECT 産業は芸術に恋をする(秋田県)

    事業者:ヤマモ味噌醤油醸造元 / 高茂合名会社

    プロデューサー:本村拓人(株式会社GRANMA / Granma Inc.)

    商材:YAMAMO FACTORY TOUR with Art -I.L.A. 産業は芸術に恋をする-

    江戸末期から150余年続く蔵元であるヤマモ味噌醤油醸造元の工場と庭園、蔵を巡る、発酵体験ツアー「ファクトリーツアー」を2016年よりインバウンド向けに展開。今年度は、蔵見学や飲食の提供に加え、I.L.A.ギャラリーとアートコンテンツを実装することでツアーを拡充。また、並行して、産業が生まれる背景の地元・岩崎の地域ブランディングを行い、発酵イベントなどを通じて、国内外から広く誘客し、地域の活性化を図ります。

    Notice of selection of “BrandLand JAPAN”

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp. is a project of 15 companies in Tohoku as a result of fair deliberations by outside experts at the “BrandLand JAPAN” invitation type production support project promoted by the Ministry of Economy, Trade and Industry It was selected only._mediainfo

    YAMAMO “I.L.A. (Industry Loves Art)” PROJECT (Akita)

    Business operator: Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.

    Producer: Takuto Motomura (GRANMA / Granma Inc.)

    Materials: YAMAMO FACTORY TOUR with Art – I.L.A. Industry Loves Art –

    Factory tour “, a fermentation experience tour that tours the factory and garden and warehouse of Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company, which is a brewery lasting 150 years since the end of Edo, was developed for inbound from 2016. This fiscal year, in addition to offering collection tours and drinking and eating, we also expanded the tour by implementing the I.L.A. Gallery and art content. At the same time, we will conduct regional branding of local Iwasaki in the background where industries will be born, widely invite from the domestic and overseas, through the fermentation event, and will try to revitalize the region.

    選擇“BrandLand JAPAN”的通知

    由於經濟產業省推出的“BrandLand JAPAN”邀請型生產支持項目的外部專家的公平審議,Yamamo味噌醬油釀造商 / 高茂合名会社是東北15家公司的項目 它只是被選中。

    YAMAMO“I.L.A.(行業愛藝術)”PROJECT行業熱愛藝術(秋田)

    經營者:Yamamo味噌醬油釀造商 / 高茂合名会社

    製片人:本村拓人(GRANMA / Granma Inc.)

    材料:YAMAMO FACTORY TOUR with Art – I.L.A. Industry Loves Art –

    工廠之旅“是一個發酵體驗之旅,參觀了自從江戶結束以來持續150年的啤酒廠Yamamo味噌醬油釀造商的工廠,花園和倉庫,從2016年開始入境。 本財政年度,除了提供收集旅遊,飲酒和飲食外,我們還通過實施I. L. A.畫廊和藝術內容擴大了旅遊。 同時,我們將在產業出生的背景下,在國內外廣泛邀請,通過發酵活動,開展當地岩崎的區域品牌建設,並努力振興該地區。


    〇BrandLand JAPANとは

    経済産業省では、地域に眠る魅力的な資源の海外市場に併せた磨き上げや、海外への魅力発信を通じて地方活性化を図るローカルクールジャパン政策を推進しており「専門家招聘型プロデュース支援事業」は、昨年度から「BrandLand JAPAN」としてスタート。「BrandLand JAPAN」は、日本の技術力や日本人の感性を掛け合わせた「日本らしい」魅力ある商材やサービスを取り扱う中小企業等が海外消費者の感性やニーズ等に詳しいプロデューサーを活用し、インバウンドを含む海外需要の獲得を行う取り組みを支援するとともに、将来的に類似の取り組みを自己資金において行う中小企業等の創出や、それらを支える次世代プロデューサーの知見向上に繋がるよう、海外需要獲得に資することを目的としています。そのため、各採択事業者に対し、費用負担を軽減するために当該費用一部補助や、アドバイザーの派遣および海外販路開拓に有益なネットワークの構築支援等を行います。

    ○ About BrandLand JAPAN

    The Ministry of Economy, Trade and Industry is promoting a local cool Japan policy to revitalize the local community through polishing up attractive resources that fall asleep in the region as well as overseas markets and disseminating charm to overseas. “Specialized Invitation Type Production Support Project “Started as” BrandLand JAPAN “last year. “BrandLand JAPAN” is a Japanese company that deals with attractive merchandise and services, which seems to be “Japan-like” by multiplying Japanese technical skills and Japanese sensibilities, utilizes producers familiar with the sensitivity and needs of overseas consumers, To support efforts to acquire overseas demand including inbound and to acquire overseas demand so as to lead to the creation of small and medium enterprises etc. to do similar efforts on their own funds in the future and to improve the knowledge of next generation producers supporting them It is aimed at profit. For that purpose, we will assist each of the selected companies with assistance for part of such expenses in order to reduce the cost burden, support network construction creation that is beneficial for temporary dispatch of advisers and overseas sales channels.

    ○關於BrandLand JAPAN

    在經濟,貿易和產業部部打磨,以匹配吸引力的資源在該地區睡的海外市場,它一直在推動本地酷日本的政策,以提高通過有吸引力的調用本地的激活海外的“專家應邀式生產扶持項目“去年開始作為”BrandLand JAPAN“。 “BrandLand JAPAN”是,小型和中型的有日本的技術能力和由日本感性相乘得到的值處理“,似乎日本”公司有吸引力的商品和服務採取的具體生產商的優勢,如靈敏度和國外消費者的需求,以及支持力度,開展海外收購的需求,包括入境的,在今後類似的努力創造和中小企業開展自籌資金,從而導致下一代生產的知識改進,以支持他們,海外需求採集它旨在獲利。為此目的,我們將協助每個選定的公司協助部分此類費用,以減少成本負擔,支持網絡建設的創建,有利於臨時派遣顧問和海外銷售渠道。

    「BrandLand JAPAN」キックオフイベントに七代目の高橋泰が登壇いたします

    【日時】2018年7月25日(水)13:00~18:00

    【場所】日本経済新聞社 東京本社6階 カンファレンスルーム

        東京都 千代田区大手町1-3-7

        http://eventregist.com/e/blj07

    Yasushi Takahashi of the seventh will be on the “BrandLand JAPAN” kickoff event

    【Date and time】 July 25, 2018 (Wednesday) 13: 00 ~ 18: 00

    【Place】 Nihon Keizai Shimbun Tokyo Headquarters 6th Floor Conference Room

         1-3-7 Otemachi, Chiyoda-ku, Tokyo

         http://eventregist.com/e/blj07

    第七屆高橋泰將參加“BrandLand JAPAN”開球活動

    【日期和時間】2018年7月25日(週三)13:00~18:00

    【地點】日本経済新聞東京總部6樓會議室

        東京都千代田區大手町1-3-7

        http://eventregist.com/e/blj07