• 秋田国際教養大学での講義を終えて

    国際教養大学で秋田県内の経営者や活動家が講義を行うプログラムに参画させていただきました。弊社ヤマモは午前9時から12時までの授業2つ分を受け持ち、特にコペンハーゲンのSpace10でのプレゼンテーションを中心に行いました。世の中の多くの学びとは、一から教えてもらうものではなく、お会いした方やその活動の最新の関心事について語られることから始まります。最新の話からその背景や内容の核心を推測し、解釈を重ね、咀嚼から学びに変えていきます。沿革や成り立ちなどの基礎的なことは、事前に調べるか既にあるものから推測し、対象の方とやり取りを進めていきます。

    七代目の高橋が菌を研究、発見し、その特性を活かした料理を技術者やシェフと開発し、会社の活動や世界のトレンドに沿わせて海外でプレゼンテーションを行ったという内容は、解説をすれば膨大な量になります。家業を継いでからの話などそこに至る経緯は、この講義で伝えるべき内容ではなく、海外での日本の伝統技術に対する考え方や求め方など、現地でしかわからない情報や感覚値を主として伝えるべきと考えました。能動的学びを促すことが一つの教えであり、その学びが最も自身の成長を促します。

    講義にご協力いただいた佐藤シェフやインターンの服部さん、社会変革事業部の澤口などの関係者がプロジェクトを多角化し、理解の幅を広げてくれました。学生たちも事前に用意してきたことよりも、その場で考え出した問いを中心に意見交換を行い、密度の濃い内容となりました。いただいたレポートを記載したいと思います。能動的学びから自身の使命の発見と人生に対する興味の追求を実行していただければと思います。関係者の皆様、ありがとうございました。

     

    Report from a lecture at Akita International University

    I participated in a program at Akita International University where executives and activists in Akita Prefecture give lectures. Our Yamamo took two lessons from 9 am to 12 am, with a special focus on presentations at Space10 in Copenhagen. A lot of learning in the world does not start from the ground up, but begins with talking about the people you meet and the latest interests in their activities. We guess the background and the core of the content from the latest story, repeat the interpretation, and change from chewing to learning. Basic things such as history and formation are examined in advance or guessed from existing ones, and we will continue to interact with the target people.

    The 7th-generation Takahashi researched and discovered the bacteria, developed dishes that made use of the characteristics with engineers and chefs, and gave presentations overseas according to the company’s activities and global trends. That would be huge. The story that led to the story after taking over the family business should not be conveyed in this lecture, but should be mainly conveyed by information and feelings that can only be understood locally, such as the way of thinking and seeking Japanese traditional technology overseas. I thought. Encouraging active learning is one of the teachings, and that learning is most likely to encourage one’s own growth.

    Participants such as Chef Sato and intern Hattori who cooperated with the lecture, and Sawaguchi of the Social Transformation Division diversified the project and broadened the scope of understanding. The students exchanged opinions mainly on the questions they imagined on the spot, rather than what they had prepared in advance, and the content was dense. I would like to include your report. I hope that you will be able to discover your mission and pursue your interest in life through active learning. Thank you to everyone involved.

     

    秋田国際教養大學演講報告

    我參加了秋田人文大學的一項計劃,在那裡秋田縣的管理人員和激進主義者進行了演講。我們的Yamamo從上午9點到上午12點上了兩節課,特別側重於在哥本哈根Space10上的演講。世界上的許多學習不是從頭開始,而是從談論您遇到的人和對他們的活動的最新興趣開始。我們從最新故事中猜測內容的背景和核心,重複解釋,並從咀嚼轉變為學習。我們會事先檢查歷史和形成等基本事物或從現有事物中推測出來,我們將繼續與目標人群互動。

    第7代高橋研究和發現了這種細菌,並與工程師和廚師一起開發了利用這些特性的菜餚,並根據公司的活動和全球趨勢在海外進行了介紹。那將是巨大的。繼承家族企業後導致這個故事的故事,在本講課中不應該傳達,而應該主要通過只能在當地理解的信息和感官價值來傳達,例如在國外思考和尋求日本傳統技術的方式。我以為鼓勵主動學習是其中的一種教義,而學習最有可能促進自己的成長。

    與演講者合作的佐藤大廚和服部實習生,社會轉型科的澤口等與會人員使該項目多樣化並擴大了理解範圍。學生們主要是就他們在現場想像的問題交換意見,而不是事先準備的東西,而且內容密集。我想附上你的報告。我希望您能夠通過積極學習來發現自己的使命並追求對生活的興趣。謝謝大家參與。

     

    |SPECIAL THANKS|
    KAYA TEI / 小宇宙感光 _Photo Credit

     

     

     

     

     

     

    G.S Reaction Paper

    彼が講義で言った一言一言を聞いて驚きました。それはとても新鮮で刺激的でした。驚いたことは主に3つあります。
    最初の1つは、何かを考えるとき、反対側(彼の言葉で”カウンター”)について考えることでした。そしてそれらの間の中央値が、革新や次のステップに進むための本質を示すポイントです。私はその考えに同意しました。 NetflixなどのSVODサービスに関しては、スマートフォンでいつでもどこでも見たい映画、アニメーションなどを見ることができます。このような状況の結果、一部の人はこれらのサービスの拡大が映画館に行く人々の数に負の影響を与えると考えています。しかし、日本映画製作者協会によると、2019年の映画館の来場者数は史上最高でした。また、売上は新記録を達成しました。これらのデータは、人々がライブエンターテイメントを望んでいることを示しています。経験を誰かと共有したいのです。Netflixの拡大により、同じ場所で同じ時間に誰かと一緒にコンテンツを楽しみたいという人々の需要が高まっています。これは、何かがトレンドになったときにカウンターが示す例の1つだと考えます。そのため、今後何かを考えるとき、カウンターの存在を意識したいと思います。
    2つ目は、日本の文化についてです。日本人はすべてを吸収し、それらを最大化してアウトプットする思考を持っています。これは、このグローバル化した社会で日本人が生き残るための強みです。一方、日本人はその文化を視覚化して海外に伝えるのは得意としていません。その結果、文化は外国人によって奪われる場合があります。私はそれについて考えたことがなく、その言葉に感銘を受けました。この言葉は、自分のキャリアや将来日本のために何ができるかを考える上で有益なものです。
    最後に、いかにして感性を研ぎ澄ますかということです。彼が言ったのは、社会の基準や価値観を変える人に会ったりその人について調査したりすることでした。そのとき、彼/彼女が何を感じていて、そして今は何を感じているかに意識を向けなければなりません。感じたことや考えたことがないことと向き合うことが、感性を研ぎ澄ますための最も効果的な方法です。
    結論として、彼の言葉に私は多くの感銘を受けました。彼の話から多くのことを学びました。だから、私は彼の手法と考え方を将来に役立てたいです。

     

    G.S Reaction Paper

    I was amazed to hear every single word he said in the lecture. They are very fresh and exciting for me. There are mainly three things I was astonished.
    The first one was to think about the opposite side (counter in his word) when thinking something. Then, the median between them is a point that shows the essence to innovate or go to the next step. I agreed with the idea. When it comes to the SVOD service such as Netflix, you can watch the movie, animation, and something like that whenever and wherever you want to watch by smartphone. Due to this situation, some people think that the expansion of these services has a negative impact on the number of people who go to the movie theater. However, according to the Motion Pictures Producers Association of Japan, Inc, the number of people who go to a movie theater in 2019 was the highest in history. Also, the sales got new record in 2019. These data show that people want the live entertainment. They want to share the experience with someone. The expansion of Netflix enhances people’s demand in which people want to enjoy the contents with someone together at the same place and same time. This is one of the examples that the counter shows up when something becomes the trend. Therefore, I try to think about the existence of counter when thinking something after the lecture.
    The second one is about Japanese culture. Japanese people have a way of thinking that absorbs everything and then output the maximized result. This is the advantage for Japanese people to survive in this globalized society. On the other hand, it isn’t very easy for them to visualize the culture and export it. As a result, the culture can be deprived by foreigners. I was impressed by the words because I have never thought about it. Probably this comment is beneficial for me to consider my career and what I can do for Japan in the future.
    The last thing is how to improve my sensitivity. What he said was to meet or research persons who change the social standard or value. At the time, you have to care about what he/she felt at the time and is feeling now. Facing what you never felt and thought is the most effective way to improve your sensitivity.
    In conclusion, his words impressed me a lot. I learned many things from his talking. So, I want to utilize his method and way of thinking for my future.

     

    G.S Reaction Paper

    聽到他在演講中說的每一個字我都感到驚訝。他們對我來說非常新鮮和令人興奮。我主要驚訝的是三件事。
    第一個是在思考某件事時要考慮另一面(他的話反說)。然後,它們之間的中位數是一個點,顯示了創新或下一步的實質。我同意這個主意。對於Netflix等SVOD服務,您可以隨時隨地通過智能手機觀看電影,動畫以及類似內容。由於這種情況,一些人認為這些服務的擴展對去電影院的人數有負面影響。然而,根據日本電影製作人協會的數據,2019年上電影院的人數是歷史上最高的。此外,銷售額在2019年創下新紀錄。這些數據表明人們想要現場娛樂表演。他們想與某人分享經驗。 Netflix的擴展增強了人們的需求,人們希望在同一地點和同一時間與某人一起欣賞內容。這是當趨勢成為趨勢時計數器顯示的示例之一。因此,在課後思考時,我會嘗試考慮計數器的存在。
    第二個是關於日本文化的。日本人的思維方式是吸收一切,然後輸出最大的結果。這是日本人民在這個全球化社會中生存的優勢。另一方面,對他們而言,形象化文化並輸出文化並非易事。結果,外國人可以剝奪這種文化。這些話給我留下了深刻的印象,因為我從未想過。此評論可能對我考慮自己的職業以及將來對日本的發展很有幫助。
    最後一件事是如何提高我的敏感性。他說的是會見或研究改變社會標准或價值的人。那時,您必須關心他/她當時的感受以及現在的感受。面對自己從未有過的感受和想法,這是提高敏感性的最有效方法。
    總之,他的話給我留下了深刻的印象。我從他的談話中學到了很多東西。因此,我想利用他的方法和思維方式來發展我的未來。

     

     

     

     

     

     

    K.N Reaction Paper

    小学生の頃、飢えが原因で5秒に一人の子供が亡くなっていることを先生から教わりました。私はそれを聞いてショックを受け、私はその子供たちと発展途上国に住んでいる人々のために何ができるか考え始めました。そのため高校生のときに募金キャンペーンを開始し、水不足に苦しんでいる東南アジア諸国に井戸を提供しました。当時英語の授業で、発展途上国向けの転がして移動することができる水の容器であるQ-drumについて学びました。私はものを作るのが好きでかつ国際協力に参加したいので、開発途上国に住んでいる人々のために製品やプロジェクトを作り出すことで彼らを支援することに興味を持ち始めました。現在私たちは日常生活の中で、家電や電子機器などさまざまな優れたデザインの高性能かつ技術的に高度な製品の恩恵を受けています。しかし、これらの製品は、先進国に住む人々の日常生活をより便利にするために生産される傾向があります。これらの製品のほとんどは、発展途上国に住んでいる人向けではありません。したがって私の夢は、発展途上国に住む人々のために製品やプロジェクトを作成することで、彼らの日常生活を支援することです。
    一方、私には別の夢があります。日本の田舎にオムライスレストランをオープンすることです。私はオムライスと陶器が好きです。だから私は、私が作った皿でオムライスを提供したいです。私は他にも何度か海外に行ったことがありますが、私は日本の食と文化が最も快適だと感じています。ですから、日本の田舎でスローライフを送りたいです。
    高橋泰さんの話の中で、「私はいつも自分の好きなものをビジネスに取り入れようとしている」と言いました。また彼は、「自分の楽しみをベースにした持続可能な開発に取り組んでいます。持続可能な開発を実現するために自分の欲求は制限したくない」と述べました。これらの言葉は私の胸に強く応えました。なぜなら発展途上国に住む人々のための国際協力に専念することは、日本の田舎でスローライフを送ることに反対するのではないかと思っていたからです。 泰さんは伝統に創造性を取り入れることで伝統的な醸造業を継ぐことを受け入れています。 泰さんはアート、ファッション、都市計画が好きです。今、泰さんは醸造業界で好きなものを楽しみ、革命を起こすことに挑戦しています。一方、私は自分の夢を自分の好きなものに結び付ける方法を知りません。まだ答えはありませんが、どうすればそれができるかを考えます。

     

    K.N Reaction Paper

    When I was an elementary school student, I learned that one child dies every five seconds because of hunger from my teacher. I was shocked to hear that, and I started to think about what I can do for these children and people living in developing countries. Therefore, when I was a high school student, I started a fund-raising campaign and provided wells to South-East Asia countries suffering from water shortage. At that time, in English class, I learned Q-drum which is a rollable water container for developing countries. Since I like making things and I want to get involved in international cooperation, I came to be interested in supporting people living in developing countries by creating products or projects for them. Now, in our daily lives, we receive benefits of diverse well-designed, high-performance and technologically advanced products such as household appliances and electronic devices. However, these products tend to be produced to make daily lives of people living in developed countries more convenient. Most of these products are not for people living in developing countries. Therefore, my dream is to support daily lives of people living in developing countries by creating products or project for them.
    On the other hand, I have another dream. It is to open an omelet rice restaurant in the countryside of Japan. I like omelet rice and pottery. Thus, I want to serve omelet rice on the plate I made. Although I have been to some other countries, I feel that Japanese food and culture are the most comfortable for me. Therefore, I want to lead a slow life in the rural area of Japan.
    In Takahashi Yasushi-san’s story, he said, “I am always trying to incorporate what I like into the business.” Also, he said, “I am trying to tackle sustainable development based on my joy, and I do not like to restrict my desire in order to realize sustainable development.” These words struck home because I wondered whether devoting myself to international cooperation for people living in developing countries opposes to leading slow life in the countryside of Japan. Yasushi-san accepted to succeed a traditional brewing company by incorporating creativity into the tradition. Yasushi-san likes art, fashion and city planning. Now, Yasushi-san challenges to enjoy what he likes in brewing industry and start a revolution. On the other hand, I do not know how I can connect my dream with what I like. I have still no answer yet, but I will think about how I can do that.

     

    K.N Reaction Paper

    當我還是一名小學學生時,我得知每5秒就有一個孩子因老師的飢餓而死亡。聽到這一消息我感到很震驚,我開始考慮如何為這些發展中國家的兒童和人們做些什麼。因此,當我還是一名高中生時,我發起了一項募捐運動,並為遭受水資源短缺的東南亞國家提供了水井。那時,我在英語課上學到了Q-drum,它是發展中國家的可滾動水容器。由於我喜歡做事並且希望參與國際合作,所以我開始對通過為發展中國家的人們創造產品或項目來支持他們感興趣。現在,在我們的日常生活中,我們將獲得各種設計精良,高性能和技術先進的產品(例如家用電器和電子設備)的好處。然而,生產這些產品往往是為了使生活在發達國家的人們的生活更加方便。這些產品大多數都不適合發展中國家的人們。因此,我的夢想是通過為發展中國家的人們創造產品或項目來支持他們的日常生活。
    另一方面,我有另一個夢想。將在日本的鄉村開設煎蛋飯餐廳。我喜歡煎蛋飯和陶器。因此,我想在自己製作的盤子上煎蛋捲飯。儘管我去過其他國家,但我覺得日本的飲食和文化對我來說最舒適。因此,我想在日本的農村地區過慢的生活。
    在高橋靖三的故事中,他說:“我一直在努力將自己喜歡的東西納入業務。”他還說:“我正在努力地基於自己的喜樂來應對可持續發展,我不希望為了實現可持續發展而限制自己的願望。”這些話之所以流行,是因為我想知道是否專心為發展中國家的人們開展國際合作反對在日本農村過慢生活。 泰接受了通過將創造力融入傳統來接替傳統釀造公司的工作。泰喜歡藝術,時尚和城市規劃。現在,靖三先生挑戰享受釀造業中他喜歡的事物並開始一場革命。另一方面,我不知道如何將自己的夢想與自己喜歡的事物聯繫起來。我還沒有答案,但是我會考慮如何做到的。

     

     

     

     

     

    O.L Reaction Paper

    ヤマモ味噌醤油醸造元は、Community Based Entrepreneurshipの抜きん出てユニークな例です。ヤマモは、日本の経済が繁栄しビジネスが発展しやすかった将軍時代の終わりの1867年に設立されました(YAMAMO / TAKAMO&Corp. 2020、p.1)。それからの間ずっと、ヤマモは地域コミュニティを支えてきました。たとえば第二次世界大戦中、彼らはビジネスを維持し、味噌と醤油を軍隊に提供し、困難な時期にもコミュニティを支援し、彼らのニーズを最優先にしました(YAMAMO / TAKAMO&Corp. 2020、p.3)。現在、ヤマモは七代目まで続くの家族経営企業であり、その代表である高橋泰さんによってCommunity Based Entrepreneurshipとして定義されています。民間企業とコミュニティベースの企業の主な違いは、コミュニティの利益を達成することが民間の利益よりも優れているという目標に表れています。コミュニティの利益になると、泰さんとヤマモは、モダンなアイデア・創造性・文化の実装を通じて事業を行います。プレゼンテーションでは、高橋泰さんがインスピレーションとモチベーションの源泉を説明するために時間を取っていました。これには、他のコミュニティインフルエンサーやアーティストとのコラボレーション作品だけでなくさまざまな国へ旅行し新しいコミュニティを体験した個人的な背景が含まれます。最も印象的な考えの1つは、泰のインターンから言われました。コミュニティの発展に焦点を当てるのではなく、それを危険にさらして、改善のためのアイデアや解決策を考え出すべきだと言いました。私の意見では、それは興味深いアプローチだと思います。実際、プレッシャーがかかると人々はより生産的で創造的になる傾向があるため、「危険な状況」を想像することは中程度のストレスとして有効性を高める可能性があります(Kohn、2017)。もう一つの説得力のある考えが高橋泰さん自身によって語られ、彼は自分がしている活動に情熱を持ち、持続可能な測定を作成する方法を優先するのではなく充実感を持っていることが不可欠であると説明しました。私の意見では、このようなさまざまな背景と経験は、泰さんと彼の同僚が本物のCommunity Based Entrepreneurshipの基準を満たす会社を設立するのに役立っています。それとは別に、彼らの起業家精神は十分に計画された構造を持っています。つまり、豊かな未来とコミュニティへの大きな利益を保証しています。

    参照:
    YAMAMO / TAKAMO&Corp.(2020)。歴史。 2020年1月31日、YAMAMO / TAKAMO&CorpのWebサイトから取得:http://yamamo1867.com/history/
    コーン、A。(2017年12月18日)。プレッシャーの下でより良いパフォーマンスを発揮しますか? Psychology Today Webサイトから2020年1月31日取得:https://www.psychologytoday.com/us/blog/the-homework-myth/201712/do-we-perform-b​​etter-under-pressure

     

    O.L Reaction Paper

    Yamamo Miso and Soy Brewing Company is an outstanding and unique example of community-based entrepreneurship. The Yamamo company was established in 1867, at the end of the Shogun era, when the economics of Japan was flourishing, and business was easy to develop (YAMAMO/TAKAMO & Corp, 2020, p. 1). Throughout the years, Yamamo helped the community. For example, during World War II, they maintained the business and provided troops with miso and soy sauce, somewhat assisting the community during the hard times and putting their needs first (YAMAMO/TAKAMO & Corp, 2020, p. 3). Nowadays, the Yamamo company is a family business in its 7th generation and is defined by its leader – Yasushi Takahashi, as community-based entrepreneurship. The main difference between private and community-based enterprise manifested in its goal, where achieving benefit for the community is superior over the private gain. When it comes to the interests of the community – Yasushi and the Yamamo Company do it through the implementation of modern ideas, creativity, and culture. During the presentation, Yasushi Takahashi took the time to explain the source of inspiration and motivation, which included his personal background of traveling to various countries and experiencing new communities, as well as collaborative works with other community influencers and artists. One of the most striking thoughts was said by Yasushi’s intern, who said that one should not focus on the development of the community but view it as in danger so that you can come up with the ideas and solutions for the improvement. In my opinion, it is an interesting approach because, indeed, people tend to be more productive and creative when under pressure, so imagining a “dangerous situation” can pose as moderate stress to boost the effectiveness (Kohn, 2017). Another compelling thought was said by Yasushi Takahashi himself, where he explained that it is essential to have passion for the activity you are doing and have a sense of accomplishment rather than priorities on how to create sustainable measurements. In my opinion, such a variety of backgrounds and experiences helped Yasushi and his coworkers to establish a company that meets the criteria of proper community-based entrepreneurship. Apart from that, their entrepreneurship has an adequately planned structure, meaning that it ensures a prosperous future and significant benefits to the community.

    References:
    YAMAMO/TAKAMO & Corp. (2020). HISTORY. Retrieved January 31, 2020, from YAMAMO/TAKAMO & Corp website: http://yamamo1867.com/history/
    Kohn, A. (2017, December 18). Do We Perform Better Under Pressure? Retrieved January 31, 2020, from Psychology Today website: https://www.psychologytoday.com/us/blog/the-homework-myth/201712/do-we-perform-better-under-pressure

     

    O.L Reaction Paper

    Yamamo Miso and Soy Brewing Company是基於社區的企業家精神的傑出典範。 Yamamo公司成立於1867年,即幕府時代的末期,當時日本的經濟蓬勃發展,並且業務易於發展(YAMAMO / TAKAMO&Corp. 2020年,第1頁)。多年來,Yamamo幫助社區。例如,在第二次世界大戰期間,他們維持了業務並向部隊提供了味噌和醬油,在困難時期為社區提供了一定的幫助,並將需求放在第一位(YAMAMO / TAKAMO&Corp. 2020年,第3頁)。如今,Yamamo公司已是第七代家族企業,並且由其領導者高橋泰定義為基於社區的企業家精神。私營企業與社區企業之間的主要區別體現在其目標中,即為社區實現利益要比私人利益優越。當涉及到社區利益時– 泰和Yamamo Company通過實施現代思想,創造力和文化來做到這一點。在演講中,高橋泰花了一些時間解釋靈感和動力的來源,其中包括他到各個國家旅行和體驗新社區的個人背景,以及與其他社區影響者和藝術家的合作作品。泰的實習生說過最令人震驚的想法之一,他說不應只關注社區的發展,而應將其視為危險,這樣您才能提出改善的想法和解決方案。在我看來,這是一種有趣的方法,因為事實上,人們在壓力下往往會變得更有生產力和創造力,因此想像“危險情況”可能會帶來適度的壓力以提高有效性(Kohn,2017年)。高橋康史本人也說了另一種引人入勝的想法,他解釋說,對您正在做的活動充滿熱情,並且要有成就感,而不是優先考慮如何建立可持續的衡量標準是至關重要的。在我看來,如此多樣的背景和經驗幫助泰和他的同事們建立了符合適當的以社區為基礎的企業家精神的公司。除此之外,他們的企業家精神有充分計劃的結構,這意味著它確保了未來的繁榮和社會的重大利益。

    參考文獻:
    YAMAMO / TAKAMO&Corp.(2020年)。歷史。於2020年1月31日從YAMAMO / TAKAMO&Corp網站檢索:http://yamamo1867.com/history/
    Kohn,A.(2017年12月18日)。我們在壓力下表現更好嗎?於2020年1月31日從Psychology Today網站檢索:https://www.psychologytoday.com/us/blog/the-homework-myth/201712/do-we-perform-b​​etter-under-pressure

     

     

     

     

     

    I.S Reaction Paper

    正直に言うと、高橋さんとの3日目の授業は、これまでの人生で間違いなく最高の授業でした。 2時間45分で、私は新しい世界を見て、本当に感動し、視野を広げたいという欲求を達成しました。彼は本質的な知識と非常に広範囲にわたる経験に裏打ちされた、深い知的好奇心と偉大な感性を持っています。
    彼は家族経営の七代目であり、味噌醤油の醸造元です。しかし、彼は伝統的なビジネスの後継者ではありません。革新は、彼が企業を発展させるために焦点を当てているコンセプトの1つです。工場の改築を進めアートギャラリーとカフェを設備し自身で海外展開のビジネスを確立したのは、彼の家族経営への貢献です。また、彼は工場での多くの経験を通じて新しい酵母を発見しました。伝統的なビジネスを維持するだけでなく、ビジネスを拡大するための新しい道を見つけたことも、彼が「起業家」として達成したことです。
    彼は多くの国も訪れました。おそらく、彼よりも海外でのチャンスを活用できる人を見つけるのは難しいかもしれません。彼は旅行を通して多くのことを学びます。そしてその後、彼は経験を詳細に解釈し、理解し、哲学にするために多大な努力をします。実際、私も含めて多くの人々は同じ行動をとろうとしますが、膨大な背景調査と咀嚼に費やす時間で他の人と区別することができます。率直に言って、私は彼の応用理論を完全に理解できませんでした。
    しかし、自分の経験を深く省みて起こりうる経験の前により多くの調査を行うことが、いかに重要であるかを認識しました。
    さらに、彼の言葉は完全に洗練され整理されています。彼は講義で非常に多くのことを私たちに話し、そして彼が述べたすべてのことは彼の実際の経験とかなりの知識によって支えられています。昨年のインドでのインターンシップで上司は、語れる経験を積みなさい繰り返し言っていました。
    高橋さんの講演を通して、コンセプトについてもっと理解できました。人は人生の中で多くの経験をすることができます。しかし、自分の経験で他の人に影響を与えることは困難ですが、非常に重要です。彼がそうであるように、私たち自身の言葉と哲学、そしてすべての経験を自身の価値基準にしていくのは、私たちの助けになるでしょう。
    彼の講義は正しく解釈するのが少し難しかったです。そしてもちろん、英語で説明するのは難しいです。しかし先日の授業は、私が大学生として、一人の人間としてより高いステージに近づくのを必ず助けてくれます。

    追伸
    私は彼に来年度の夏からインターンとしての受け入れを頼みました。できるかどうかはわかりません。しかし、もしできれば彼からもっと吸収したいと思っています。とにかく、20歳の大学2年生で彼に会えたのはとてもいい経験でした。

     

    I.S Reaction Paper

    To be honest, the third class with Mr. Takahashi was the best class I have ever had in my whole life definitely. In two hours and forty-five minutes, I saw the new world, was really moved, and achieve a desire to broaden my horizons more. He has a deep intellectual curiosity and great sensibilities backed up with background knowledge and his highly extensive experiences.
    He is the seventh generation of his family business, a soy sauce and miso brewery. However, he is not an ordinary successor of the traditional business. Revolution is one concept he focuses on to extend his enterprise. Reforming an art gallery and cafe in his factory and establishing an export business by himself is his contribution to the family business. Also, he found new yeast after putting a lot of experience at his factory. Not only to keep traditional business but also to find a new alley to expand his business is what he has done as an ‘entrepreneur.’
    He has visited many countries as well. Perhaps, it could be difficult to find anybody else who can utilize their chance to go abroad than him. He learns a lot of things through the trip. And after that, he makes much effort to interpret his experience into detail, understanding and apply them to his philosophy. Indeed, many people, including me, try to do the same behaviors as well, but we can differentiate him from others with the number of background researches and time to interpretation. Frankly, I could not wholly understand his theory of application to himself.
    However, I realized how important it is to reflect my experience profoundly and have more researches before possible experiences.
    Moreover, his words are completely sophisticated and organized. He told us so many things in the lecture, and all the things he stated is supported by his real experiences and considerable knowledge. In my internship in India last year, my bosses repeatedly said to have experience enables us to make a story. Through Mr. Takahashi’s lecture, I could
    understand more about the concept. People could have a lot of experience in their lives. However, it is difficult but essential to influence others with one’s experience. As he does, it perhaps helpful for us to put all the experience into our scale with our own words and philosophy basis.
    His lecture was slightly difficult to interpret appropriately. And of course difficult to explain in English. However, the last class definitely help me to approach a higher stage as a university student and one human being.

    P.S.
    I asked him to invite me as an intern from next summer. I do not know whether I can do or not. However, if I could, I hope to absorb more from him. Anyway, it was so nice experience to meet him in my 20, a sophomore.

     

    I.S Reaction Paper

    老實說,高橋先生的第三堂課絕對是我一生中有過的最好的一堂課。在兩小時四十五分鐘內,我看到了一個新世界,真的很感動,並渴望擴大自己的視野。他具有深厚的求知慾和敏銳的才能,並具有背景知識和豐富的經驗。
    他是家族企業的第七代,是一家醬油和味mis啤酒廠。但是,他不是傳統業務的普通繼任者。革命是他致力於擴展事業的一個概念。他對自己的工廠的美術館和咖啡館進行改造,並親自建立出口業務,這是他對家族企業的貢獻。此外,他在工廠積累了很多經驗後發現了新酵母。作為一個“企業家”,他不僅要保持傳統業務,而且要找到一條新的小巷來擴展業務。
    他還訪問了許多國家。也許,很難找到比他更能利用自己的機會出國的人。他在旅途中學到了很多東西。在那之後,他付出了很多努力來將自己的經歷詳細地解釋,理解並將其運用到他的哲學中。確實,包括我在內的許多人也嘗試做相同的行為,但是我們可以通過背景研究的數量和解釋時間來將他與其他人區分開。坦白說,我無法完全理解他對自己的適用理論。
    但是,我意識到深刻地反映我的經驗並在可能的經驗之前進行更多的研究是多麼重要。
    而且,他的話是完全成熟和有條理的。他在講座中告訴了我們很多事情,他所說的一切都得到了他的真實經驗和豐富知識的支持。去年我在印度實習期間,我的老闆們一再表示自己的經驗使我們能夠講一個故事(日語)。通過高橋先生的演講,我可以
    了解更多有關該概念的信息。人們在生活中可能會有很多經驗。但是,以一個人的經驗去影響他人是很困難但必不可少的。正如他所做的那樣,以我們自己的語言和哲學基礎將所有經驗納入我們的規模也許對我們有所幫助。
    他的演講有點難以正確解釋。當然,用英語也很難解釋。但是,最後一堂課肯定會幫助我成為一名大學生和一個人,進入更高的階段。

    附言
    我要求他從明年夏天開始邀請我擔任實習生。我不知道我是否能做。但是,如果可以的話,我希望從他那裡吸收更多。無論如何,在我20歲那年大二的時候認識他真是太好了。

     

  • 東北経済連合会「第2回 わきたつ東北 若手経営者の会」を終えて

    東北経済連合会による「第二回 わきたつ東北 若手経営者の会」にお声掛けいただきました。東北6県と新潟を含む7県から14名の若手経営者が選出され、東経連の会長以下5名の方々と意見交換を行いました。第一回開催時の七代目高橋の発言による「仮想大企業」構想を第二回目の議題に取り入れていただき、嬉しく思います。首都圏を中心に大企業が存在しますが、GAFAのようなグローバル企業に対し、対抗軸を考えていくことが日本の課題となります。その中で新潟を含めた東北地方は全ての企業が中傷零細企業に該当し、その中でどのように次の時代に生きていくのか。仮想大企業がそこに生き残る可能性を持っていることを予感させたのだと思います。

    【意見交換趣旨】
    ・人口減少に伴う地域課題の解決に向けて「若者の還流・定着」に継続して取り 組み、地域の担い手を確保・育成することが重要。
    ・このための取り組みとして、前回、「仮想大企業」(地域内の企業群が連携し て人材面等の課題に対応)に関する意見をいただいた。これを具体化し、地域 企業が連携して諸課題を解決する仕組みづくりの構築につなげられないか。
    ・関連して、人手不足の克服や生産性の向上とともに「若者の還流・定着」にも 資する「中小企業等へのAI/IOT導入促進」に取り組みことが有効ではないか。

    【課題認識(地域課題解決に向けたAI/IOTの戦略的利活用の必要性)】
    ・地域企業のAI/IOT利活用の進展は、人手不足の克服や生産性の向上、付加価値向上に加え、「若者の還流・定着」にも資することが期待される。
    ・一方、以下の状況から域内中小企業ではAI/IOTの導入は限定的。
    自社における活用のイメージがわかない
    導入コストが高い(大手ベンダーは高額、費用対効果の定量化しにくい)
    技術を活用できる人材が不足/不在 など

    【今後の取り組み(AI/IOT利活用促進に向けて)】
    ・産学が主導し、トップランナー方式で先行導入モデル(ものづくり、人づくり等) の形成に取り組む。そこで得られた知見等を活用し、中小企業へのAI/IOT導 入拡大を広域的に進める(中小企業等の連携による仕組みの構築を目指す)。
    ・こうした取り組みにより、サプライチェーン全体の生産性向上に資する。

    【議論いただきたいポイント】
    ・貴社や地域における「AI/IOTの利活用」の現状や課題等を含め、地域企 業へのAI/IOT導入促進について、お考えをお聞かせいただきたい。

     

    Report That The Tohoku Economic Federation “Wakitatsu Tohoku Young Business Association”

    I was invited to speak to the 2nd Wakitatsu Tohoku Association of Young Managers by the Tohoku Business Federation. Fourteen young managers were selected from six prefectures in Tohoku and seven prefectures including Niigata, and exchanged views with the Tokeiren chairman and five other people. We are pleased to see the 7th-generation Takahashi’s remarks at the first meeting, and incorporate the concept of a “virtual large company” into the second agenda. There are large companies, mainly in the Tokyo metropolitan area, but the challenge for Japan is to consider a competitive axis against global companies such as GAFA. Among them, all companies in the Tohoku region including Niigata are classified as micro-defamous companies, and how do you live in the next era? I think it foreshadowed that virtual big companies have the potential to survive there.

    [Purpose of exchange of opinions]
    ・ It is important to continuously work on “return and establishment of youth” to solve regional issues due to population decline, and secure and develop local leaders.
    ・ As an initiative for this, we received an opinion on “virtual large companies” (groups in the region cooperate to address issues such as human resources) last time. Isn’t it possible to materialize this and build a system to solve various issues in cooperation with regional companies?
    ・ In relation to this, it may be effective to work on “promoting the introduction of AI / IOT to SMEs, etc.”, which will contribute to overcoming the labor shortage and improving productivity, as well as “returning and retaining young people”.

    [Recognition of issues (necessity of strategic utilization of AI / IOT to solve regional issues)]
    ・ Advances in the use of AI / IOT by local companies are expected to contribute to overcoming labor shortages, improving productivity and value addition, and contributing to the “return and retention of young people”.
    ・ On the other hand, the introduction of AI / IOT is limited for SMEs in the region due to the following situations.
    I do not understand the image of utilization in my company
    High implementation costs (large vendors are expensive and cost-effective is difficult to quantify)
    Shortage / absence of human resources who can use technology

    [Future initiatives (to promote the use of AI / IOT)]
    ・ Initiatives by industry and academia will work on the formation of advanced introduction models (manufacturing, human resources, etc.) using the top runner method. Utilize the knowledge gained there to promote the introduction of AI / IOT to SMEs in a wide area (aim to establish a system through cooperation with SMEs).
    ・ Through these efforts, we will improve the productivity of the entire supply chain.

    [Points to be discussed]
    ・ What are your thoughts on promoting the introduction of AI / IOT to local companies, including the current status and issues of “utilization of AI / IOT” in your company and region?

     

    繼東北經濟聯合會“ Wakitatsu Tohoku Young Business Association”之後

    東北商業聯合會邀請我與第二屆東北青年經理協會進行演講。 從東北的6個縣和新潟等7個縣中選出了14名年輕管理人員,並與東經聯董事長和其他5個人交換了意見。 我們很高興在第一次會議上看到第七代高橋的講話,並將“虛擬大公司”的概念納入第二個議程。 有大公司,主要在東京都,但是日本面臨的挑戰是考慮與GAFA等全球公司競爭的軸心。 其中,東北地區的所有公司(包括新潟)都被歸類為微型誹謗公司,您將如何生活在下一個時代? 我認為這預示著虛擬大公司有潛力在那裡生存。

    [交換意見的目的]
    ・為了解決人口減少造成的地區性問題,確保和發展當地領導人,必須繼續開展“回歸青年”的工作。
    ・為此,我們上次收到關於“虛擬大公司”(該地區的公司集團合作解決人力資源等問題)的意見。 能否實現這一點並建立與區域公司合作解決各種問題的系統?
    ・與此相關的是,開展“促進將AI / IOT引入中小企業”的工作可能會很有效,這將有助於克服勞動力短缺和提高生產率,以及“遣返和留住年輕人”。

    [對問題的認識(戰略性地利用人工智能/物聯網解決區域問題的必要性)]
    ・預計本地公司在使用AI / IOT方面的進展將有助於克服勞動力短缺,提高生產率和增值,並有助於“留住年輕人”。
    ・另一方面,由於以下情況,本地區的中小企業僅限於採用AI / IOT。
    我不了解我公司的使用情況
    高昂的實施成本(大型供應商昂貴且難以量化成本效益)
    可以使用技術的人力資源不足/缺乏

    [未來的舉措(以促進AI / IOT的使用)]
    ・工業界和學術界的倡議將使用領先者方法努力形成先進的引進模型(製造,人力資源開發等)。 利用從那裡獲得的知識,將AI / IOT廣泛地推廣到中小企業(旨在通過與中小企業合作建立一個系統)。
    ・通過這些努力,我們將提高整個供應鏈的生產率。

    [要點]
    ・您對促進將AI / IOT引入本地公司有何想法,包括您所在公司和地區的“ AI / IOT利用”的現狀和問題?

     

     

     

     

    七代目・高橋が発言したこと

    AI/IOTの議論は、まずは社会実装のためコスト削減や人材不足の課題解決の方向から進められる可能性が高いが、この先進技術を応用し、ユニコーンになるよう展開していくモデルの議論も重要である。また、そうなるべく、ベンチャースピリットを既存企業が持つことや東北の風土が開拓者精神を醸成することが大切である。

    東北が本質的な地方創生を行うのであれば、投資の側面は非常に重要であり、エンジェル投資家やドネーション(寄付)の文化のない日本のローカルでは諸外国に比べ成長が乏しい。この現状を打破すべく、投資をいかにして呼び込むのか、また投資ができる会社はどのような投資を行えばいいのか学んでいく必要がある。金融のプレーヤーを同じ議論のテーブルに付ける必要がある。

     

    What the 7th-generation Takahashi said

    The discussion on AI / IOT is likely to proceed in the direction of reducing costs and solving the problem of shortage of human resources for social implementation, but there is also a discussion of a model that applies this advanced technology and develops it into a unicorn. is important. It is also important that existing companies have venture spirit and that Tohoku’s climate fosters a pioneering spirit.

    If the Tohoku region is essentially a regional revitalization, the investment aspect is very important, and locals in Japan, where there is no angel investor or donation culture, have less growth than other countries. In order to break this situation, it is necessary to learn how to attract investment and what kind of investment should be made by companies that can do so. You need to attach financial players to the same discussion table.

     

    第七代高橋怎麼說

    關於AI / IOT的討論可能會朝著降低成本和解決社會實施所需的人力資源短缺的方向進行,但是也有關於將這種先進技術應用到獨角獸中的模型的討論。 這很重要。 現有公司必須具有冒險精神,東北的氣候應培養開拓精神,這一點也很重要。

    如果說東北地區本質上是區域振興,那麼投資方面就非常重要,而且日本沒有天使投資人或捐贈文化的當地人的增長低於其他國家。 為了打破這種局面,有必要學習如何吸引投資以及有能力的公司應該進行什麼樣的投資。 您需要將財務參與者附加到同一討論表中。

     


    PARIS_2020

     

    〇“東北経済連合会”とは

    東北経済連合会(東経連)は、主として、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、新潟の東北7県において経済活動を展開している企業、団体など約800社の会員で構成する総合経済団体です。東経連は、1966年12月に発足して以来、わが国産業経済等に関する諸問題を調査研究して、東北経済界の総意をとりまとめてその実現を図り、東北地域の総合的な地域開発及び経済振興を通じて、わが国経済社会の発展に寄与することを目的に活動を続けています。現在は、東日本大震災復興対策、経済政策、産業政策、地域政策、環日本海経済交流、交通運輸、情報通信、環境資源エネルギー、観光文化の9つの委員会により、政策提言やプロジェクトの推進を行っています。また、実行的な組織を立ち上げ、これらの政策提言・プロジェクトの実現を図っています。

     

    〇About the “Tohoku Economic Federation”

    The Tohoku Economic Federation (Tokeiren) is a comprehensive organization consisting of approximately 800 members, including companies and organizations that conduct economic activities in the seven Tohoku prefectures of Aomori, Iwate, Miyagi, Akita, Yamagata, Fukushima, and Niigata. It is an economic organization. Since its establishment in December 1966, Tokeiren has conducted research on various problems related to the Japanese industrial economy, etc., and brought together the consensus of the Tohoku economic community to achieve its realization. Through promotion, we continue our activities with the aim of contributing to the development of Japan’s economic society. Currently, the nine committees of the Great East Japan Earthquake Reconstruction Measures, Economic Policy, Industrial Policy, Regional Policy, Pan-Japan Sea Economic Exchange, Transportation, Information and Communication, Environmental Resources and Energy, and Tourism Culture are promoting policy recommendations and projects. It is. We have also established an effective organization to implement these policy recommendations and projects.

     

    〇關於“東北經濟聯盟”

    東北經濟聯合會(Tokeiren)是由大約800名成員組成的綜合組織,包括在青森,岩手,宮城,秋田,山田,山形,福島和新潟等七個東北縣開展經濟活動的公司和組織。這是一個經濟組織。自1966年12月成立以來,Tokeiren對日本工業經濟等各種問題進行了研究,並彙集了東北經濟共同體的共識以實現這一目標。通過促進,我們繼續開展活動,以促進日本經濟社會的發展。目前,東日本大地震重建措施,經濟政策,產業政策,區域政策,泛日海上經濟交流,交通,信息和通信,環境資源與能源以及旅遊文化的9個委員會正在推廣政策建議和項目。是的我們還建立了一個有效的組織來實施這些政策建議和項目。

     

  • ヤマモ蔵付酵母の微生物特許とその製法特許出願について

    七代目高橋が家業を継いでから10年目の試験醸造から特異的な酵母が発見され、こちらを秋田県総合食品研究センターと研究を続けてきました。弊社が行う試験醸造は、昨年と同じ品質を求めるお客様のニーズに応えながらも、業界外の菌を扱ったり、製麴時間の変更や工程を増減させるなど様々な技術の試行錯誤を重ねてきました。その中から明確に香りに優位性がある酵母を分離し、これまでにない角度から焦点を当て研究を重ねたところ、旨味成分に関連する有機酸の高い生成能力とアルコールの醸成、フルーツや吟醸香に似た華やかな芳香と肉質改善やマスキング効果など複数の効能が見つかりました。これらの事実からヤマモの酵母を特許微生物とし、その発酵物を製法特許で出願をいたしました。

    発明の名称:耐塩性酵母およびこれを用いた発酵物
    出願番号:特願2020-17905
    出願日:令和2年2月5日
    出願人:高茂合名会社、秋田県

    世の中には星の数ほど菌は存在し、その中で各種条件により生成する物質も異なります。その中から人間にとって美味しく、健康をもたらす効能の菌を発見することは、新たな惑星の発見に近いほどの確率となります。しかしながらそこに可能性を見出し、取り組みを進め、このような結果に繋がったことは、幸運であるとともに何事も信念を持って臨むことの重要性を実感させられます。まだまだ解明されていない領域やお客様に提供するまでには改善が必要になると思います。この発見を活かし、美味しく健康的な生活文化の形成と日本の醸造技術が世界を豊かにできることを発信すべく、取り組みを進めていきたいと思います。

     

    Microbial patent for Yamamo storage yeast and patent for its manufacturing method

    Ten years since Takahashi took over the family business, a specific yeast was discovered in test brewing for ten years, and we have been studying this with the Akita Prefectural Food Research Center. The test brewing that we conduct meets the needs of customers who demand the same quality as last year, but we have repeated trial and error of various technologies such as handling bacteria outside the industry, changing production time and increasing or decreasing the number of processes. Was. Yeasts that clearly have superior fragrance were isolated from them, and the research was repeated with a focus on an unprecedented angle. Multiple effects were found, including a gorgeous fragrance similar to incense and improving meat quality and masking effects. Based on these facts, Yamamoto’s yeast was used as a patented microorganism, and the fermented product was applied for by a manufacturing patent. _mycology

    Title of the invention: Salt-tolerant yeast and fermented product using the same
    Application No .: Japanese Patent Application 2020-17905
    Filing date: February 5, 2020
    Applicant: TKAMO & Corp., Akita prefecture

    There are as many bacteria in the world as the number of stars, and the substances produced vary depending on various conditions. Among them, the discovery of fungi that are delicious and healthy for humans has a probability close to the discovery of a planet. However, finding the potential there and proceeding with the efforts, and having led to such a result, are fortunate and realize the importance of working with conviction. I think that improvements will be needed before we can provide our customers with areas that have yet to be elucidated and customers. Utilizing this discovery, I would like to work on creating a delicious and healthy lifestyle and communicating that Japanese brewing technology can enrich the world.

     

    Yamamo儲存酵母的微生物專利及其製造方法專利

    高橋接管家族企業已有十年,十年以來,在試釀中發現了一種特殊的酵母,我們一直在秋田縣立食品研究中心進行研究。 我們進行的試飲可以滿足要求質量與去年相同的客戶的需求,但是我們反复嘗試了各種技術,例如在行業外處理細菌,改變生產時間以及增加或減少工藝數量。 是。 從它們中分離出明顯具有優良香氣的酵母,並以前所未有的角度進行了重複研究。 發現了多種效果,包括類似於香的華麗香氣,並改善了肉質和掩蓋效果。 基於這些事實,Yamamo的酵母被用作獲得專利的微生物,發酵產品已申請製造專利。

    發明名稱:耐鹽酵母和使用其的發酵產物
    申請號:日本專利申請2020-17905
    申請日期:2020年2月5日
    申請者:高茂合名会社、秋田縣

    世界上與恆星數量一樣多的細菌,並且所產生的物質取決於各種條件。 其中,發現對人類美味又健康的真菌的可能性接近發現行星。 但是,找到那裡的潛力並繼續努力並導致這種結果是幸運的,並意識到堅定信念的重要性。 我認為,在我們可以為客戶提供尚未闡明的領域和客戶之前,需要進行改進。 利用這一發現,我想努力創造一種美味而健康的生活方式,並傳達日本的釀造技術可以豐富整個世界。

     


    Photographed at Akita Research Institute Food and Brewing

     

  • 記事掲載のお知らせ_STAY AKITA

    海外向けウェブメディアSTAY AKITAにてYAMAMO FACTORY TOURからI.L.A. GALLERY、蔵付酵母の革新的風味の醸成まで総合的な取り組みがご紹介されております。外国人料理研究家の方の体験と取材を中心に専属の通訳の方とカメラマン、プロデューサーのチーム構成で今回の記事が完成しました。外国人の方の目で見た弊社取り組みの報じ方は、ストーリーを軸にしており、写真の質感からもこだわりの感じられる内容と思います。取材終わりでYAMAMO GARDEN CAFEで時間を過ごしていただきました。仕事の予定時間よりも長くいらっしゃったことが、その場の判断で動く旅の在り方に近く、渡航記のような記事内容と思いました。素晴らしいスタッフとチームの方々、ありがとうございました。ぜひ、記事をご覧いただきたいと思います。

     

    News of Article Publication_STAY AKITA

    The overseas web media STAY AKITA introduces a comprehensive approach from YAMAMO FACTORY TOUR to I.L.A. GALLERY and brewing of innovative flavors of brewery yeast. This article was completed with a team of dedicated interpreters, photographers, and producers focusing on the experiences and coverage of foreign culinary researchers. The way we report our efforts from a foreigner’s perspective is based on the story, and I think that the content of the photos can also give a sense of commitment. At the end of the interview, we spent time at YAMAMO GARDEN CAFE. The fact that I came longer than the scheduled time for work was close to the way of traveling based on judgment on the spot, and I thought it was an article like a travelogue. Thank you to the wonderful staff and team. By all means, I would like to see the article. _mediainfo.

     

    文章發布通知_STAY AKITA

    海外網絡媒體STAY AKITA引入了從YAMAMO FACTORY TOUR到I.L.A. GALLERY的綜合方法,以及釀造創新口味的啤酒酵母。 本文由專門的口譯,攝影師和製作人員組成的團隊完成,重點關注外國烹飪研究人員的經驗和報導。 我們從外國人的角度報告自己的努力的方式是基於故事的,我認為可以從照片的紋理感覺到內容。 採訪結束時,我們在YAMAMO GARDEN CAFE花了一些時間。 我來得比預定的工作時間長,這一事實接近於根據當場判斷得出的出行方式,我認為這是一篇類似於旅行的文章。 感謝出色的員工和團隊。 一定要看這篇文章。

     

     

    秋田に続く発酵文化は、多様性と革新性に富む醸造です

    発酵:錬金術のように食品の発酵は風味を高め、栄養の質を強化し、寿命を延ばすことができます。昨今、これらの特性から発酵が世界中で注目されていますが、秋田では何百年もの間、発酵が行われています。秋田はアキタコマチをはじめとする山や海からの豊富な食材に恵まれていますが、長く寒い冬に耐えなければなりません。

    世界中でさまざまな発酵方法がありますが、日本、特に秋田で重要な発酵方法は、麹菌(アスペルギルスオリゼ)を触媒として使用します。 地域の力を活かした地元の職人の技術のおかげで、この地域の発酵文化は数百年に渡り深まりました。
    味噌、醤油、日本酒、ハタハタ寿司は、秋田を代表する発酵製品です。秋田への最近の旅行で、私はこれらの製品を味見したり購入し、その製造方法とその背後にある職人についての理解を深めました。

     

    Akita’s Ancient Fermentation Culture Is a Lively Brew of Diversity and Innovation

    Fermentation: with its alchemistic powers of transformation, fermenting food can heighten flavor, fortify nutritional qualities, and provide longevity. These days, fermentation gets attention around the world for its these properties, but in Akita, it’s been a way of life for hundreds of years. Akita is blessed with a bounty of ingredients from the mountains and the ocean, including the revered Akita Komachi rice strain, but endures long, cold winters.

    There are different methods of fermentation across the world, but the one that is key in Japan – and particularly in Akita – uses koji (aspergillus oryzae) bacteria as the catalyst. Thanks to the skills of local artisans, who harness the power of koji, the area’s fermentation culture has deepened over hundreds of years.
    Miso, soy sauce, sake, hatahata-sushi are some of Akita’s defining fermented products. On a recent trip to Akita, I wanted to do more than just taste or buy these products, but gain a greater understanding of how they are made and the artisans behind them.

     

    秋田的古代發酵文化是多樣性與創新的生動體現

    發酵:憑藉其煉金術的轉化能力,發酵食品可以增強風味,強化營養品質並延長壽命。如今,發酵的這些特性已引起全世界的關注,但是在秋田,它已經成為數百年來的一種生活方式。秋田擁有來自高山和海洋的豐富食材,其中包括備受推崇的秋田小町稻米品種,但可以忍受漫長而寒冷的冬天。

    全世界有不同的發酵方法,但是在日本,尤其是秋田縣,很關鍵的一種方法是使用曲霉(米曲霉)細菌作為催化劑。得益於當地工匠的技能,他們利用了酒麯的力量,該地區的發酵文化已經深化了數百年。
    味iso,醬油,清酒,波hat壽司是秋田的特色發酵產品。在最近的秋田之旅中,我不僅想品嚐或購買這些產品,還希望做更多的事情,但要對它們的製造方式及其背後的工匠有更多的了解。

     

     

    モダンデザインの感性が伝統と調和する

    夕暮れ時に明かりが暗くなるとヤマモ味噌醤油醸造元の庭園の扉は、カフェのエレガントなシャンデリアの反射で輝き、きらめきが屋外の伝統的な庭園の質感に重なります。

    「庭園は私の曽祖父によって造られました。」とヤマモの7代目の高橋泰さんは言います。 彼は伝統的な庭園の椅子に座っている年配男性のセピア色の写真を見せ、庭のある場所を指しました。
    「この写真で彼は自身で建てた離れの前に座っています。 古い庭の見立てによると、彼の向く先には水神が住む城跡の森となり、庭園の借景になっています。」

     

    Modern design sensibilities align with traditional foundations

    When the light dims at dusk, the doors to the garden of Yamamo Miso and Soy Sauce Brewery sparkle with the reflection of the cafe’s elegant chandelier, with the twinkle overlaying the textures of the traditional garden outside.

    “The garden was built by my great-grandfather,” says Yasushi Takahashi, 7th-generation owner of Yamamo. He picks up a sepia-toned photograph of an older man sitting on a chair in a traditional garden, and points to a spot in the garden.
    “He’s sitting over there, in front of the annex my father built for him. He faces the forest nearby where the water spirit lives, according to ancient folklore.”

     

    現代設計的敏感性與傳統的基礎保持一致

    黃昏時光線昏暗,Yamamo味噌醬油醸造商花園的門在咖啡館優雅的枝形吊燈的映襯下熠熠生輝,閃爍的光芒覆蓋了外面傳統花園的質感。

    “花園是由我的曾祖父建造的,” Yamamo的第七代老闆高橋泰說。 他拿起一張棕褐色調的老人坐在傳統花園裡的椅子上的照片,並指向花園中的一個點。
    “他坐在那兒,在我父親為他建造的附樓前。 根據古代民間傳說,他面對著水靈居住的森林。”

     

     

    1867年、高橋さんの先祖は、近くの皆瀬川の地下水を利用できるため、醤油と味噌醸造所を設立しました。 庭園は彼らの生業の源である守護者の水神へのオマージュです。
    高橋さんは建築と世界の旅から学び、2006年、わずか27歳で家業を継ぎました。 彼のデザインセンスは醸造所の7つの蔵に完璧に行き渡っています。 建物のドラマチックな木材の梁と伝統的な土間にシックでモダンな装飾が施されています。 スタイリッシュなカフェやオープンキッチン、エレガントなギャラリー、グッドデザイン賞を受賞した製品パッケージなど、醸造所に新たに追加されたものもすべて高橋さんの功績です。

    高橋さんのもう1つの功績は味噌と醤油の世界では珍しい醸造所ツアーを開始したことです。このツアーでは醸造所のさまざまな部分で醤油と味噌を作るという複数のステップを経て、各蔵の目的が異なる事を理解します。
    「発酵の世界、地元の歴史と文化を世界と共有したい。」と高橋さんは言う。
    ツアーで最初に訪れる蔵にある室(ムロ)は、最初の重要なステップの麹の生育に使用します。「麹を生育するとき、繁殖したい菌に適した環境をつくらなければなりません。この環境は悪い菌を抑える必要があります。このプロセスは非常にデリケートです。」

     

    In 1867, Takahashi’s ancestors founded the soy sauce and miso brewery because of the pristine water available from the nearby Minase River; the garden is a homage to the water spirit, the guardian of the source of their livelihood.
    Takahashi took over Yamamo in 2006 at the age of just 27, fresh from studying architectural engineering and traveling the world. His sense of design and worldliness echo throughout the seven rooms of the immaculately maintained brewery. The buildings’ dramatic timber beams and traditional earthen floors have chic modern trimmings. There are also new additions to the brewery, like the stylish cafe and open kitchen, the elegant gallery, and the company’s Good Design Award-winning product packaging – all Takahashi’s contributions.

    Another of Takahashi’s contributions is a brewery tour, a rarity in the world of miso and soy sauce. The tour follows the multi-step process of making soy sauce and miso, through different parts of the brewery, where each warehouse serves a different purpose.
    “I want to share the world of fermentation, and local history and culture with the world,” says Takahashi.
    The first room we visit on the tour, the muro, is where the crucial first step takes place: the cultivation of koji. “When we’re preparing the koji, we need to create the right environment for the bacteria we want to thrive, and which is hostile to bad bacteria. The process is very sensitive,” says Takahashi.

     

    1867年,高橋的祖先創立了醬油和味mis啤酒廠,原因是附近的皆瀬川可提供純淨水。花園是對水靈的致敬,水靈是其生計之源的守護者。
    高橋於2006年以27歲的高齡接任Yamamo,當時他剛開始學習建築工程並環遊世界。他的設計感和世俗感在整潔維護的啤酒廠的七個房間中迴盪。建築物引人注目的木材橫樑和傳統的土質地板均採用別緻的現代裝飾。高橋的貢獻還包括啤酒廠的新成員,例如時尚的咖啡館和開放式廚房,優雅的畫廊以及該公司屢獲“最佳設計獎”的產品包裝。

    高橋的另一項貢獻是一次啤酒廠之旅,這是味o和醬油世界中的稀罕物。參觀過程遵循釀造醬油和味噌的多步驟過程,通過啤酒廠的不同部分,每個倉庫的目的不同。
    高橋說:“我想與世界分享發酵的世界,以及當地的歷史和文化。”
    我們參觀的第一個房間muro是至關重要的第一步:種植曲。 “當我們準備曲酒時,我們需要為想要繁殖的細菌創造合適的環境,這種細菌對有害細菌有害。這個過程非常敏感。”高橋說。

     

     

    次のもろみ蔵では、もろみの大きな木製の樽に味噌として米麹と蒸し大豆、醤油として焙煎小麦と大豆、塩水で満たされています。「ここでは、醸造所に住む蔵付き酵母が樽に入り、味をつくり出します。」
    別の小さな蔵では、小ロットで味噌や醤油を様々な方法で実験し、新製品を醸造します。小さな樽には多くの可能性があり、多くの驚きがあります。私が訪れた日の味噌の発酵には、使用されている様々な酵母の興味深い香りがありました。
    「イノベーションは持続可能性の鍵です」と高橋さんは語ります。「伝統的製法を護る必要がありますが、同時に進化を続けるために、小さな変数の試験をする必要があります。」

    高橋さんは最近、この革新的な考え方により、ヤマモの蔵に生息する新しい酵母菌を発見しました。彼の言葉に私は衝撃を受けました。味噌や醤油の醸造家にとって、このような発見は天文学者による新しい惑星の発見に似ているからです。この新しい酵母菌は日本酒やワインなどのアルコール飲料の醸造に使用できるため、驚異的です。両方の業界で使用できる最初の酵母になります。
    庭園を散歩した後、カフェでツアーを終了し、醸造所の伝統的で新しい製品を味わいました。「あま塩」醤油は、ヤマモの代表的な醤油で、塩分が低く、穏やかな甘さとバランスが取れています。これは秋田の醤油の特徴的なスタイルです。

     

    Next, at the moromi-gura, the room is filled with large wooden tanks of moromi, a fermenting mixture of koji rice, steamed soybeans, roasted wheat, and water. “Here, the native yeast that live in the brewery enter the tanks to create the taste,” says Takahashi.
    In another, much smaller room, micro-batches of miso or soy sauce are tweaked in different ways to concoct new products. The little barrels are full of possibilities and, often, surprises – the miso fermenting the day I visit has an intriguingly tropical aroma from the variety of yeast used.
    “Innovation is key to sustainability,” says Takahashi, “Since inheriting my family business, we continue to create new brews through trials,” says Takahashi. “We need to protect the traditional processes, but at the same time make small variable changes, to continue to evolve.”

    Takahashi has recently discovered a new yeast strain inhabiting the atmosphere of Yamamo, thanks to this liberal mindset. He beams when telling me. To a brewer of miso and soy sauce, such a discovery is akin to the discovery of a new planet by an astronomer. This new yeast strain is particularly exciting, Takahashi explain, as it can be used to brew alcoholic drinks like sake and wine – the first yeast that can be used for both worlds.
    After a walk around the garden, we finish the tour in the cafe, to taste the brewery’s traditional and new creations. The ‘Amashio’ soy sauce is the signature soy sauce of Yamamo, with a lowered level of salt, balanced by a gentle sweetness – a style characteristic of Akita soy sauce.

     

    接下來,在諸味蔵的房間裡裝滿了諸味的大木罐,裡面是發酵米曲,蒸大豆,烤小麥和水的混合物。高橋說:“在這裡,生活在啤酒廠中的天然酵母進入罐中以產生味道。”
    在另一個小得多的房間裡,味異或醬油的微批次以不同的方式進行調製以調製新產品。小桶充滿了可能性,而且常常令人驚訝–我參觀的那天的味mis發酵有多種使用的酵母產生了令人著迷的熱帶香氣。
    高橋說:“創新是可持續發展的關鍵,自繼承家族生意以來,我們將繼續通過試驗創造新的啤酒。” “我們需要保護傳統流程,但同時要進行細微的更改,以繼續發展。”

    由於這種自由的思維方式,高橋最近發現了一種新的酵母菌株,它在山毛的大氣中棲息。他告訴我時大笑。對於味噌和醬油的釀造商而言,這樣的發現類似於天文學家發現一個新星球。高橋解釋說,這種新的酵母菌株特別令人興奮,因為它可以用來釀造清酒和葡萄酒之類的酒精飲料,這是可用於兩個世界的首種酵母。
    在花園中漫步後,我們在咖啡館結束了遊覽,品嚐了啤酒廠的傳統和新造品。 “Amashio”醬油是Yamamo的招牌醬油,鹽含量較低,並帶有柔和的甜味,這是秋田醬油的典型特徵。

     

    STAY AKITA
    _Akita’s Ancient Fermentation Culture Is a Lively Brew of Diversity and Innovation
    _Modern design sensibilities align with traditional foundations

     

  • 記事掲載のお知らせ_一個人

    一個人2月号「秋田の発酵文化を味わう」にて、ヤマモの記事が掲載されております。YAMAMO FACTORY TOURを中心に弊社の取り組みを取材していただきました。伝統を受け継ぎながら新たな挑戦を続けるには忍耐力と時間が必要になります。まずは危険個所の改善から衛生管理、製品開発や組織開発、地域の持続可能性の追求まで。少しでも前進しながら革新的な取り組みを続けていくことでそれを成し遂げることができると信じ、今日まで歩みを進めて参りました。ぜひ、誌面をご覧いただきたいと思います。

     

    News of Article Publication_Ikkojin

    Yamamoto’s article was published in the February issue of One Individual “Taste the Fermentation Culture of Akita”. We had you cover our efforts around YAMAMO FACTORY TOUR. It takes patience and time to take on new challenges while continuing the tradition. First, from the improvement of danger points to hygiene management, product development and organization development, and the pursuit of local sustainability. We believe that we can achieve this by continuing to do some innovative work while moving forward a bit, and we have made progress today. I would like you to look at the magazine. _mediainfo.

     

    文章發布通知_一個人

    山本的文章發表在二月號的《品嚐秋田的發酵文化》一書中。 我們已經為您介紹了圍繞YAMAMO工廠巡演所做的努力。 在延續傳統的同時,需要耐心和時間來應對新的挑戰。 首先,從改善危險點到衛生管理,產品開發和組織發展以及對地方可持續性的追求。 我們相信,可以通過在繼續前進的同時繼續做一些創新工作來實現這一目標,並且我們今天已經取得了進展。 我希望你看看這本雜誌。

     


    Ikkojin_February 2020_Taste The Fermentation Culture of Akita

     


    Ikkojin_February 2020_Taste The Fermentation Culture of Akita

     


    Ikkojin_February 2020_Taste The Fermentation Culture of Akita

     

    伝統と革新を融合して、世界を見据えた取り組み

    薄暗いもろみ蔵(土蔵)の中で、味噌・醤油の発酵熟成がゆっくりと進んでいく。出入口よりも巨大な樽は、かつて樽職人がこの蔵の内部で組み立てていたことを物語る。ヤマモ味噌醤油醸造元は秋田県南部、横手盆地を流れる雄物川の支流である皆瀬川の伏流水に恵まれた湯沢市で、7代150年余り続く蔵元だ。
    創業以来、増改築を繰り返しながら現在も使われている工場が重厚な歴史を感じさせる。時代に合わせて設備を更新しながら、圧搾・火入れ・調合・濾過・充填といった一連の工程を大きなひとつの空間内で行っているのが特徴だ。いたずらに近代化・合理化を図らないのは、長らく棲み付いた蔵付きの酵母の働きを大切に考えているからでもある。伝統的な味噌・醤油造りを守ろうとする姿勢が感じられる。
    一方で、次代に向けた新しい取り組みにも意欲的。現代の視点を取り入れることで新しい味噌・醤油の価値を確立すべく努めている。世界の食文化と和の調味料が融合し進化していく理念、「Life is Voyage」を掲げ、2011年には世界展開も開始し、海外から脚光を浴びることにもなった。ヤマモブランドの味噌・醤油を味わうと、新しい価値観に気付かされるはずだ。

     

    Integrating tradition and innovation to address the world

    Fermentation and maturation of miso and soy sauce proceed slowly in the dark moromi-gura. The barrel, which is larger than the entrance, tells the story of a barrel craftsman once assembling inside the storehouse. Yamamo Miso Soy Sauce Brewing Company is located in Yuzawa City, which is blessed with underflow water of the Minase River, a tributary of the Omono River flowing through the Yokote Basin in the southern part of Akita Prefecture.
    Since its establishment, the factory that is still being used while repeating extension and renovation has a strong history. The feature is that a series of processes such as squeezing, burning, blending, filtering and filling are performed in one large space while updating the equipment according to the times. The reason why modernization and rationalization are not made unnecessarily is also because the value of the long-lived storage yeast is carefully considered. You can feel the attitude of trying to preserve the traditional miso and soy sauce.
    On the other hand, we are eager to take on new initiatives for the next generation. We are striving to establish the value of new miso and soy sauce by incorporating a modern perspective. Under the concept of “Life is Voyage”, a concept that combines and evolves the world’s food culture and Japanese seasonings, the company launched its global business in 2011, and has been spotlighted from overseas. When you taste the Yamamo brand miso and soy sauce, you will notice new values.

     

    融合傳統與創新以應對世界

    味o和醬油的發酵和成熟過程在黑暗的諸味蔵中緩慢進行。比門口大的槍管告訴我們,槍管工匠曾經在倉庫內組裝。 Yamamo味噌醬油釀造公司位於湯澤市,那裡有皆瀬河的底流水,後者是流經秋田縣南部橫手盆地的雄物河的支流。
    自成立以來,在重複擴建和翻新過程中仍在使用的工廠擁有悠久的歷史。其特點是在一個大空間內執行擠壓,燃燒,混合,過濾和填充等一系列過程,同時根據時間更新設備。我們不進行不必要的現代化和精簡的原因是因為我們重視長期居住的酵母的工作。您會感到嘗試保留傳統的味o和醬油的態度。
    另一方面,我們渴望為下一代採取新的舉措。我們正在努力通過融合現代視角來確立新型味o和醬油的價值。公司秉承“Life is Voyage”的理念,融合併發展了世界的飲食文化和日本調味料,該公司於2011年啟動了全球業務,並受到海外的關注。品嚐Yamamo品牌的味噌和醬油時,您會注意到新的價值。

     


    Ikkojin_February 2020_Taste The Fermentation Culture of Akita

     

    【脚注】
    秋田の味噌・醤油造りの伝統を次代へと紡ぐ
    ヤマモ味噌醤油醸造元7代目・高橋泰さん。伝統の継承、新しい価値の創造、そして海外展開。次世代の味噌・醤油造りに余念がない。
    昔ながらの蔵元の造りはそのままにカフェとショップを併設。伝統と革新が調和した独特な空間だ。7代目の哲学を体現した空間といえるだろう。
    もろみを「船」と呼ばれる桶に入れ醤油を搾る。一滴一滴ゆっくりと時間をかけて搾る。杉樽は大正年間の製造年が記されている。100年以上もヤマモの味噌造りを支えてきた。
    背丈を優に超える杉樽が並ぶもろみ蔵。蔵付き酵母が熟成を手助けし、ヤマモならではの味わいを持つ味噌が生まれる。
    味噌「YUKIDOKE」。舌の上にのせると、自然な甘さで、まるで雪が解けてゆくように感じられる。現代の食文化にマッチする味噌・醤油を商品展開。パッケージもモダンだ。

     

    【Footnote】
    Spinning Akita’s miso and soy sauce tradition into the next generation
    Yasushi Takahashi, the seventh generation of Yamamo miso soy sauce brewer. Succession of tradition, creation of new value, and overseas expansion. I am busy making next-generation miso and soy sauce.
    A café and a shop are added along with the traditional brewery. It is a unique space where tradition and innovation are in harmony. A space that embodies the seventh generation of philosophy.
    Put the moromi in a tub called “ship” and squeeze the soy sauce. Squeeze slowly over each drop over time. Cedar barrels are marked with the year of manufacture in the Taisho era. For over 100 years, it has been supporting Yamamo miso-making.
    A moromi storehouse with cedar barrels that easily exceed their height. Yeast with storage helps maturation, and a miso with the unique flavor of Yamamo is born.
    Miso “YUKIDOKE”. When put on the tongue, it feels like a melting snow with a natural sweetness. Offering miso and soy sauce products that match modern food culture. The packaging is also modern.

     

    【腳註】
    將秋田的味噌和醬油傳統推向下一代
    Yamamo味噌醬油釀造商的第七代高橋泰。傳統的繼承,新價值的創造以及海外擴張。我正忙著製作下一代味噌和醬油。
    除了傳統的啤酒廠外,還增加了咖啡廳和商店。這是傳統與創新和諧相處的獨特空間。體現第七代哲學的空間。
    將諸味放入稱為“ ship”的浴缸中,然後榨醬油。隨著時間的流逝,慢慢擠壓每滴水。雪松木桶標誌著大正時代的製造年份。 100多年來,它一直支持Yamamo味噌的製作。
    一個帶有雪松桶的諸味蔵,很容易超過其高度。具有儲存功能的酵母有助於成熟,並誕生了具有Yamamo獨特風味的味噌。
    味iso“ YUKIDOKE”。戴在舌頭上時,它就像融化的雪花,具有天然的甜味。提供符合現代飲食文化的味噌和醬油產品。包裝也是現代的。

     

    一個人

     

    〇About 一個人

    私の時間を愉しむ実用情報誌。中高年にワクワクとドキドキを再び取り戻したい。『一個人』は、衣・食・住を柱に様々なジャンルから、中高年の心を揺さぶる情報誌です。

     

    〇About Ikkojin

    Practical information magazine that enjoys my time. I want to regain my thrill and excitement in middle and old age. “One Individual” is an information magazine that shakes the minds of middle-aged and senior citizens from a variety of genres, focusing on clothing, food, and housing.

     

    〇什麼是一個人

    實用的信息雜誌,讓我很開心。 我想重拾中年的興奮與興奮。 《一個人》是一本信息雜誌,它以各種服裝,食物和住房為主題,動搖了中年和老年人的各種流派。