• 記事掲載のお知らせ_Discover Japan

    Discover Japan11月号の発酵特集に「新種の酵母を発見!発酵をデザインする七代目の味噌づくり」のタイトルで記事が掲載されております。本業の味噌醤油造りでお伝えできることを嬉しく思います。改めてお伝えしたいことは、新種の酵母菌の発見は“伝統的な造り”という同じ行為の繰り返しだけではなく、“革新的な造り”の積み重ねによるものです。同じ種類、同じ環境の反復からは遺伝子の交配は起き辛く、新種の菌は出現しないのです。また、新種の菌の発生を目的として試験醸造を行うには、天文学的な確率となり、気が遠くなるような作業になります。

    私は伝統的に続く先人の生み出した価値だけではなく現当主の価値創造にも重きを置き、思想や技術を独自に織り混ぜることにより、風味や機能に新たな作用を起こし得る菌を戦略的に使用してきました。いつしか毎年の仕込で、新たな思想や文化を反映させることに楽しみを見出すようになっていました。それが革新的な取り組みの反復を可能にし、10年以上続く試験醸造の積み重ねから、新たな菌の発見につながったのでした。

    この号を監修された小倉ヒラクさんにお越しいただいたことも嬉しい出来事でした。私が行ってきたことを工場の在り方や造りから総合的にご理解いただき、天地返しの半製品の味噌の官能でも、風味の狙いや意図を汲み取っていただきました。「発酵もデザインされている」という小倉さんの評価は、これまで行ってきた再現性の低い試験醸造製品と蔵人の苦労に救いがあったような気がしました。

    伝統は革新の連続により形成されます。慣れ親しんだ伝統調味料も文化的進化を促せる要素は多分にあるのです。本誌ではヤマモの革新的な造りから製品紹介、アート活動に至るまで全9ページに渡る記事を掲載いただいております。業界のみならず多くの方々にご覧いただければと思います。小倉さん、Discover Japanチームの皆様、ありがとうございました。

     

    News of Article Publication_Discover Japan

    The article is posted on a fermented special story of Discover Japan November issue by the title of “Discovering a new kind of yeast! Fermented Miso making of seventh generation which designs fermentation”. I am glad to be able to tell you about the miso soy sauce making of my main business. What I want to tell you again is that the discovery of a new species of yeast is not only a result of the same act of “traditional construction” but also “innovative construction”. The gene breeding is difficult to occur from the same type and the same environment, and no new type of fungus appears. In addition, test brewing for the purpose of generating new species of bacteria will be an astronomical probability and will be distracting.

    I will focus not only on the value that the traditional ancestors have created, but also on the value creation of the current owner, and by strategically striving for fungi that can cause new effects on flavor and function by independently mixing ideas and technology I have been using it. Sometime, every year I started to find fun to reflect new ideas and cultures. That made it possible to repeat innovative efforts and led to the discovery of new fungi from the accumulation of test brewing that lasted for more than 10 years.

    It was a happy event that Mr. Hiraku Ogura who oversaw this issue visited us. I gained a comprehensive understanding of what I did from the factory and the way it was made, and the sensuality of the taste of miso, a semi-finished half-finished product, brought out the aim and intention of the flavor. Mr. Ogura’s evaluation that “fermentation is also designed” felt that the hard work of the brewers and the brewing products with low reproducibility that had been done so far was saved.

    Tradition is formed by a series of innovations. Familiar traditional seasoning has many factors that can promote cultural evolution. This magazine features nine pages of articles covering everything from yamamo’s innovative construction to product introduction and art activities. I hope you can see it not only in the industry but also in many people. Thanks to Mr. Ogura and the Discover Japan team. _mediainfo.

     

    文章發布通知_Discover Japan

    題為“發現新酵母!使第七味噌發酵的設計”的文章發表在Discover Japan11月號上。我很高興能夠向您介紹我的主要業務大醬油。我想再次告訴你的是,發現一種新的酵母不僅是“傳統建築”的同一行為的結果,而且是“創新建築”的結果。在相同類型和相同環境下很難進行基因育種,也不會出現新型真菌。此外,以產生新細菌種類為目的的試釀將是天文概率,並且會分散注意力。

    我將不僅關注傳統祖先所創造的價值,還將關注當前所有者的價值創造,並通過戰略性地努力尋求可以通過獨立融合思想和技術而對風味和功能產生新影響的真菌,我一直在用它。每年的某個時候,我開始尋找能夠反映新思想和新文化的樂趣。這使得重複創新的努力成為可能,並導致通過持續10多年的試驗釀造積累而發現了新的真菌。

    負責這個問題的小倉Hiraku先生訪問了我們,這是一個快樂的事件。我對自己在工廠的工作方式和製造方式有了全面的了解,對味,(一種半成品,半成品)的味覺感也帶出了其目的和意圖。小倉先生對“也設計​​了發酵”的評價認為,迄今為止已經完成的啤酒釀造者和可重複性低的釀造產品的辛苦工作得以保存。

    傳統是通過一系列創新形成的。熟悉的傳統調味料有許多因素可以促進文化發展。該雜誌共有9頁文章,涵蓋從Yamamo的創新構造到產品介紹和藝術活動的所有內容。希望您不僅可以在行業中看到它,而且可以在很多人中看到它。感謝小倉先生和“發現日本”團隊。

     


    Discover Japan_November 2019_Go East to West to See The World of Fermentation

     

    新種の酵母を発見!発酵をデザインする七代目の味噌づくり

    かつて城下町・宿場町として栄えた秋田県湯沢市岩崎。江戸末期、豊かな自然の恩恵を受け、米や酒、味噌づくりが根付くなか、初代高橋茂助が創業したのがヤマモ味噌醤油醸造元だ。150年以上にもわたり岩崎の地で味噌と醤油づくりを行ってきたヤマモは、革新的な味噌と醤油をつくる蔵として注目が集まっている。今回は味噌にフォーカスを当て、七代目の高橋泰さんに話をうかがった。「これまで調味料は変わらぬ味が求められてきましたが、どこかで革新を生み出さなくては新たな資産が築いていけない。家業を継いだ13年前から、実験的な試みやカルチャーをミックスさせて、新たな醸造を続けてきました」。

     

    Discover a new kind of yeast! Making the 7th generation miso to design fermentation

    Iwasaki, Yuzawa City, Akita Prefecture, once prospered as a castle town and post town. In the late Edo period, with the benefits of rich nature, rice, sake and miso making took root, the first brewer of Yamamo Miso Soy Sauce was founded by Mosuke Takahashi. Yamamo, which has been making miso and soy sauce in Iwasaki for over 150 years, is attracting attention as a brewery that makes innovative miso and soy sauce. This time, I focused on miso and asked Yasushi Takahashi, the seventh generation. “Until now, seasonings have been demanding the same taste, but unless we innovate somewhere, we can’t build new assets. Since 13 years before we succeeded in the family business, I’ve been mixing and continuing new brewing”.

     

    發現一種新型酵母! 製作第7代味噌以設計發酵

    秋田縣湯澤市的岩崎市曾經是一個城堡之鄉和郵政之鄉。 在江戶時代末期,高橋茂助憑藉豐富的自然資源,大米,清酒和大醬製作紮根,創立了第一家Yamamo味噌醬油釀造商。 在岩崎縣生產味噌和醬油已有150多年曆史的Yamamo,作為一家生產創新味噌和醬油的啤酒廠而受到關注。 這次,我集中在味噌上,問了第七代高橋泰先生。 “直到現在,調味料一直要求相同的口味,但是除非我們在某個地方進行創新,否則我們將無法建立新的資產。自從我們在家族企業成功的13年之前, 我一直在混合併繼續進行新的釀造”。

     


    Discover Japan_November 2019_Go East to West to See The World of Fermentation

     

    家業を継いで間も無く、配合比率や発酵・熟成の期間、工程も試験した。また、酵母や乳酸菌の活動を活かすため、 製品によっては塩分濃度は一般的な13%から7%まで減塩を行った。このように様々な試験を行う中、近年、泰さんが味噌づくりで注目するのは酵母。酵母に関わる環境を変化させながら検証をしたところ、3年前に新種の酵母菌を発見。最適な環境を実現するため、熟成工程もホーロータンクを採用するなど、酵母の働きを最大化し、狙った風味を引き出すため発酵をデザインしているのだとか。「酵母はその地域によって特性があるので、それを生かして味噌づくりをするのは合理的。ヤマモさんの味噌には 〝コンセプト〞を感じます(小倉)」。

     

    Soon after inheriting the family business, the mixing ratio, fermentation / aging period, and process were also tested. In order to take advantage of the activities of yeast and lactic acid bacteria, the salinity of some products was reduced from 13% to 7%. In such a variety of tests, in recent years, Yasushi is focusing on yeast for making miso. After verifying the environment related to yeast, we discovered a new type of yeast three years ago. In order to realize an optimal environment, the aging process employs a hollow tank, and the fermentation is designed to maximize the function of the yeast and bring out the targeted flavor. “Yeast has its own characteristics, so it is reasonable to make miso by making use of it. Yamamo-san’s miso feels the“ concept ”(Ogura).”

     

    在繼承家族企業後不久,還對混合比例,發酵/陳化期和工藝進行了測試。 為了利用酵母和乳酸菌的活性,某些產品的鹽度從13%降低到7%。 近年來,在如此多的測試中,泰先生專注於製作味噌的酵母。 在驗證了與酵母有關的環境後,我們三年前發現了一種新型酵母。 為了實現最佳環境,老化過程使用了一個空心罐,發酵的設計旨在最大程度地提高酵母的功能並帶出目標風味。 “酵母具有自己的特徵,因此合理利用它來製作味噌。山本山的味噌感受到了“概念”(小倉)”。

     


    Discover Japan_November 2019_Go East to West to See The World of Fermentation

     

    「酵母の働きには可能性があります。 狙いを定めてそこに対して検証していく。新種の酵母は華やかな香りを生み出すだけでなく、肉や魚を柔らかくする作用もあります。また味噌由来の菌では珍しいことに無塩でも働くため、今後は加工食品など新たな商品や酒づくりも視野に入れています(高橋)」。ヤマモの味噌づくりは革新的だが、その背景には、先祖代々受け継いできた追求心とつくり手の思いがあるのだ。先祖が脈々と受け継いできたものを生かしながら、現当主のエッセンスを加えていくことこそが、革新的な味噌づくりなのだろう。

     

    “There is a possibility for the function of yeast. We will aim and verify it. The new yeast not only produces a gorgeous scent, but also softens meat and fish. Unusually, it works even without salt, so in the future we are also looking at new products such as processed foods and sake making (Takahashi). Yamamo’s miso making is innovative, but behind it is the pursuit of spirit and the creativity of the ancestors. The creation of innovative miso is to add the essence of the current owner while taking advantage of what the ancestors have inherited.

     

    “酵母的功能可能存在。我們將進行瞄準和驗證。新酵母不僅會散發出誘人的氣味,而且還能使肉和魚變軟。 通常,即使不加鹽也可以使用,因此將來我們還將尋找加工食品和清酒(高橋)等新產品。 Yamamo的味噌製作具有創新性,但背後卻是對祖先精神和創造力的追求。 創新味噌的創建是在利用祖先繼承的遺產的同時,增加當前所有者的精髓。

     


    Discover Japan_November 2019_Go East to West to See The World of Fermentation

     

    発信することに重きを置いたファクトリーツアーを実施

    ヤマモが革新的だといわれている理由は醸造工程だけではない。ヤマモのもつ歴史や地元・岩崎の文化を後世に継承するため、蔵や醸造工程、岩崎の歴史を発信する「ファクトリーツアー」を2017年から開始。味噌、醤油づくりの現場を歩く蔵見学に加え、室町時代から伝わる岩崎の竜神伝説を背景とした日本庭園、アートギャラリー、 カフェへと案内される。「受け継いできた歴史を発信することは大切。僕らは生きている限り何かを失い、そして生み出すようにサイクル化されています。先祖たちも、石碑や街の貢献などさまざまなかたちで生み出し、後世に伝えてきたように、私自身も古いものを再発見して、そこから新しいものを生み出していきたいんです。その表現方法のひとつにアート的なアプローチがあるということですね」。確かに泰さんの話す通り、伝統産業も歴史も同じ。そこには、かたちは違えど紡いでいく美学を表現するという精神が息づいているのだ。

     

    Factory tour with emphasis on sending

    The reason why Yamamo is said to be innovative is not just the brewing process. In order to pass down the history of Yamamo and the local culture of Iwasaki to future generations, a “factory tour” was started in 2017 to convey the history of brewing and brewing processes and Iwasaki. In addition to tours of breweries where you can make miso and soy sauce, you will be guided to a Japanese garden, art gallery, and cafe, backed by the legend of Iwasaki’s dragon gods from the Muromachi period. “It is important to disseminate the history that has been inherited. As long as we live, we are cycled to lose and produce something. I wanted to rediscover the old things and create new ones from that, as one of the expression methods has an artistic approach. Certainly, as Mr. Tai says, the traditional industry and history are the same. There is a spirit that expresses the aesthetics of different forms.

     

    重點參觀工廠參觀

    Yamamo被認為具有創新性的原因不僅在於釀造過程。為了將山毛的歷史和岩崎的當地文化傳承給子孫後代,2017年開始了“工廠參觀”,以傳達釀造和釀造工藝以及岩崎的歷史。除了參觀釀造醬油和醬油的啤酒廠之外,您還將被帶到日本花園,美術館和咖啡館,並以室町時代的岩崎龍神傳說為後盾。 “傳播已被繼承的歷史很重要。只要我們生活,我們就會循環不斷地失去和生產某些東西。我想重新發現舊事物並從中創建新事物,因為一種表達方式具有藝術性。當然,正如戴先生所說,傳統工業和歷史是相同的。有一種精神可以表達不同形式的美學。

     


    Discover Japan_November 2019_Go East to West to See The World of Fermentation

     

    伝統と歴史を地域に継承するために

    蔵の一部を改装し、新たにギャラリーとカフェを開設。味噌蔵にアート?と驚くがそこにもしっかり狙いがある。アートの要素を取り入れることで、国内外のクリエイター層を誘致。そこから新たな発信が生まれ、地域のブランディングと活性化ができるという。カフェも地域の人や観光客が気軽に足を運べるように開放し、さまざまな文化が交流できる場として役割を果たす。海外の人にも伝統文化をハイブリッドに捉えてもらえるよう、フードメニューにもひと手間を加えている。ここまで見ても、ヤマモの活動領域は味噌・醤油づくりにとどまることはない。

     

    To pass on tradition and history to the region

    A part of the storehouse was renovated and a new gallery and cafe were opened. I’m surprised that Misozo is an art, but there is a good aim there too. Attracting domestic and foreign creators by incorporating art elements. From that, a new transmission is born, and it is possible to brand and revitalize the region. Cafés are also open to the local people and tourists so that they can feel free to visit and serve as a place where various cultures can interact. The food menu has also been reworked so that foreigners can see traditional culture as a hybrid. Even so far, Yamamo’s activities are not limited to making miso and soy sauce.

     

    將傳統和歷史傳授給該地區

    倉庫的一部分進行了裝修,並開設了新的畫廊和咖啡館。 我對味噌蔵是一門藝術感到驚訝,但那裡也有很好的目標。 融入藝術元素,吸引國內外創作者。 由此,新的傳播方式誕生了,它可以為該地區打造品牌並使其煥發活力。 咖啡廳還向當地人和遊客開放,使他們可以自由參觀並成為各種文化互動的場所。 美食菜單也經過了重新設計,使外國人可以將傳統文化視為一種融合。 到目前為止,Yamamo的活動不僅限於製作味噌和醬油。

     


    Discover Japan_November 2019_Best of Fermented Gourmet

     

    洗練されたデザインに生まれ変わったヤマモの味噌

    現在ヤマモ味噌醤油醸造元の製品は 海外にも輸出をする。輸出開始を機にデザインも一新。泰さんが手がけるスタイリッシュで洗練されたデザインに生まれ変わった。もちろん、デザイン性だけでなく機能性も申し分ない。味噌は海外輸送に耐え得る断熱性と密封性を兼ね備えた素材を採用し、美味しさをそのままに海外へ届けている。またパッケージにもこだわり、袋型の味噌の前面はあえて中身が見えないものを起用。日本の調味料は中身が見えるも のが一般的だが、海外製品では中身が見えないものも多い。固定概念を捨て、デザインでも革新を起こす。その狙い通り、ヤマモの味噌はアパレル業界でも取り扱われ、食品業界とは異なるジャンルからも注目されているのだ。

     

    Yamamo miso reborn with a refined design

    Currently, Yamamoto miso soy brewer’s products are exported overseas. The design has been renewed with the start of export. It has been reborn as a stylish and sophisticated design by Yasushi. Of course, not only design but also functionality is perfect. Miso uses heat-insulating and sealing materials that can withstand overseas transport, and delivers the taste to overseas. In addition, we are particular about the package, and we dared to use a bag-shaped miso with a front that cannot be seen. Japanese seasonings are generally visible, but many overseas products do not. Abandoning fixed concepts and innovating in design. As its aim, yam miso is also handled in the apparel industry, and is attracting attention from a different genre than the food industry.

     

    Yamamo味噌以精緻的設計重生

    目前,Yamamo味噌醬油啤酒的產品遠銷海外。 該設計已隨著出口的開始而更新。 戴先生將其重新設計為時尚精緻的設計。 當然,不僅設計而且功能都是完美的。 味噌使用的隔熱和密封材料可以承受海外運輸,並將味道傳遞到海外。 此外,我們對包裝特別關注,我們敢於使用前部看不見的袋狀味噌。 通常可以看到日本調味料,但許多海外產品卻沒有。 放棄固定的概念並進行設計創新。 Yamamo味噌也用於服裝業,並引起了與食品業不同類型的關注。

     


    Hiraku Ogura@YAMAMO FACTORY STORE

     

    ○About “Discover Japan”

    時代の流れをつかみながら、広く、深く、わかりやすく。Discover Japanは日本を元気にする、日本の入門書です。
    いま、“日本”を知りたい人が増えています。 伝統あるものづくりやデザイン、 豊かな気候と風土から生みだされる食文化やライフスタイル。世界に誇るべき魅力にあふれる日本のことを、 私たちはどれほど知っているのでしょうか?『Discover Japan』は、「日本を知りたい」 という想いにこたえる、日本の入門書。伝統工芸、伝統芸能、食文化、風土など 日本人が忘れかけている豊かな文化の魅力を時流に即した切り口で、現代人が楽しめるエンター テイメントとして発信し続けています。目指すのは、 日本の再発見を通して、日本を元気にすること。日本文化が未来へ継続していくきっかけづくりをめざし、価値ある“上質なモノ・コト・ヒト”を再発見し、 本当に届けたい想いを見極め、読者のみなさまへわかりやすく、 そして詳細に、届けていきます。

     

    ○About “Discover Japan”

    Wide, deep and easy to understand while grasping the flow of the times. Discover Japan is an introductory Japanese book that encourages Japan.
    Now, more people want to know “Japan”. Traditional manufacturing and design, food culture and lifestyle created from rich climate and climate. How much do we know about Japan, which is full of world-famous charm? “Discover Japan” is an introductory book about Japan that responds to the desire to know Japan. Traditional crafts, traditional performing arts, food culture, climate, etc. We continue to disseminate the appeal of the rich culture that Japanese people have forgotten as an entertainment that can be enjoyed by modern people with a timely cut. The aim is to rejuvenate Japan through rediscovery of Japan. Aiming to create an opportunity for Japanese culture to continue into the future, rediscover valuable “quality goods, things, and people”, identify the feelings that you really want to deliver, make it easy for readers to understand, and deliver in detail To go.

     

    ○About “Discover Japan”

    在把握時代潮流的同時,廣泛,深入和易於理解。 “發現日本”是一本鼓勵日本的日語入門書籍。
    現在,更多的人想知道“日本”。豐富的氣候和氣候造就了傳統的製造和設計,飲食文化和生活方式。我們對充滿世界著名魅力的日本了解多少? “Discover Japan”是一本介紹日本的書籍,它回應了了解日本的願望。傳統手工藝,傳統表演藝術,飲食文化,氣候等。我們繼續傳播日本人已忘記的豐富文化的吸引力,作為現代人可以及時享受的娛樂方式。目的是通過重新發現日本來振興日本。旨在為日本文化提供一個延續到未來的機會,重新發現有價值的“優質產品,事物和人物”,確定您真正想要傳達的感受,使讀者易於理解並詳細傳達我去

     

    Discover Japan

     

  • 記事掲載のお知らせ_ことりっぷMagazine

    ことりっぷMagazineにてヤマモの記事が掲載されております。おいしい旅と秋田の発酵食の観点で弊社を選んでいただきました。担当の星さんとお話をしますと、改築や試験醸造など弊社取り組みの情報量から相当な下調べをしてから来ていただいたのだと実感しました。味噌醤油業界の文化的立場を押し上げていくためには、製品の造りや工場の在り方、蔵人の立ち居振る舞いや店舗サーヴィスに至るまで、全てを整えることで世界観を伝えることができるのだと思います。先人の培ってきた想いや土地に残る風土や歴史を理解し、現代にアレンジしてその価値観を伝えること。この感覚を積層させて醸造所、蔵元という場をつくり上げていきたいと思います。ぜひ、誌面をご覧いただきたいと思います。

     

    News of Article Publication_CO-TORIP MAGAZINE

    Yamato’s article is published in CO-TORIP MAGAZINE. We chose us from the viewpoint of delicious trip and Akita fermented food. When I talked with Mr. Hoshi in charge, I realized that I had come after a considerable survey based on the amount of information about our efforts such as renovation and test brewing. In order to boost the cultural position of the miso soy sauce industry, I think that it is possible to convey the world view by preparing everything from product manufacturing, factory settings, brewer behavior and store services. The Understand the thoughts and culture and history that have been cultivated by the predecessors, arrange them into the present, and convey their values. I would like to create a place of brewery and brewery by layering this feeling. I would like you to read the magazine. _mediainfo.

     

    文章發布通知_CO-TORIP MAGAZINE

    大和的文章發表在CO-TORIP MAGAZINE。 我們從美味的旅行和秋田發酵食品的角度選擇了我們。 當我與負責公司的星先生交談時,我意識到我是經過大量調查的基礎上進行的,該調查是基於有關我們的改造和試釀等努力信息的。 為了提高味o醬油產業的文化地位,我認為可以通過安排從產品製造,工廠設置,啤酒廠行為和商店服務等各個方面來傳達世界觀。 的了解前輩所培養的思想,文化和歷史,將其安排在當下並傳達其價值。 我想通過層疊這種感覺來創建一個釀酒廠。 我希望你讀這本雜誌。

     


    CO-TORIP MAGAZINE Vol.22

     

    七代目「髙橋茂助」が活躍する老舗醸造元へ

    横手盆地の南部、皆瀬川沿いに広がる秋田県湯沢市の岩崎地区は、古い町家や蔵が今も残る地域。「ヤマモ味噌醤油醸造元」は、この地で150年以上続く老舗です。外観は、江戸末期の町並みを彷彿とさせる重厚な蔵造り。中へ入ると純和風なイメージは一転、1930年代の英国アンティーク家具を設えた空間にシャンデリアが輝くシックで、モダンなカフェスペースが広がります。ガラス戸越しには清流が流れる日本庭園を眺めることができ、和洋が美しく交錯します。
    醸造元を代表するのは髙橋泰やすしさん。代々引き継ぐ名「髙橋茂助」の七代目として、伝統を守りつつも、アートギャラリーやカフェといった醸造と異なるコンテンツを組み合わせることで、伝統と革新が融合した新たな地域産業の魅力を発信しています。

     

    To a long-established brewery where the 7th generation Mosuke Takahashi plays an active role

    In the southern part of the Yokote Basin, along the Minase River, the Iwasaki area of ​​Yuzawa City, Akita Prefecture, is still an old townhouse and storehouse. “Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company” is a long-established store that has been in this area for over 150 years. Appearance is a solid warehouse structure reminiscent of the end of Edo. Inside, a purely Japanese image turns around, a chic chandelier shining in a space with British antique furniture of the 1930s, and a modern cafe space. Beyond the glass door, you can see the Japanese garden where the clear stream flows, and the Japanese and Western mix beautifully.
    The representative brewer is Yasushi Takahashi. As the 7th generation of the name “Mosuke Takahashi” that has been handed down from generation to generation, while maintaining tradition, it combines the content of brewing such as art galleries and cafes with different content to deliver the charm of a new local industry that fuses tradition and innovation.

     

    到第七代高橋四輔活躍的老牌啤酒廠

    在橫手盆地的南部,沿著皆瀬河,秋田縣湯澤市的岩崎地區仍然是一座古老的聯排別墅和倉庫。 “ Yamamo味噌醬油釀造商”在該地區已有150多年的悠久歷史。外觀是堅固的倉庫結構,讓人想起江戶時代的終結。內部,純粹的日本形象轉過身,別緻的枝形吊燈在帶有1930年代英國古董家具的空間中閃耀,並設有現代咖啡廳。在玻璃門之外,您可以看到清澈的小溪流過的日式花園,日式和西式的混合效果很美。
    代表性的釀酒師是高橋泰。作為世代相傳的第七代“高橋茂助”,它在保持傳統的同時,將美術館和咖啡館等釀造的內容與不同的內容結合在一起,以傳遞融合傳統與創新的新興本地產業的吸引力。

     


    CO-TORIP MAGAZINE Vol.22

     

    麹を見守る蔵人の営み「ファクトリーツアー」

    この醸造元では、予約制で「ファクトリーツアー」を実施しています。屋号が描かれたのれんをくぐり、工場エリアへ。設備が並ぶ薄暗く大きな蔵内部の空間には、醤油や味噌の香りが漂い、蔵付きの酵母の存在を感じさせます。
    仕込みは麹菌の成長にあわせ行なわれるので、作業内容は日によってさまざま。この日は蒸した米に麹菌を繁殖させる製せい麹きくの作業が完了する出で麹こうじの日。室温45度、湿度60%という、人にとっては過酷な環境の室むろの中で、3日3晩、必要なタイミングで手を入れ混ぜながら、麹菌の成長を見守り続け、米麹は完成します。そして茹でた大豆と合わせ、ゆっくりと発酵させること1年、滋味深い味噌ができあがります。

     

    “Factory tour” of the brewer who watches the cocoon

    This brewery offers a “factory tour” by appointment. Go through the goodwill with the name of the shop and go to the factory area. Inside the dim and large warehouse where the facilities are lined up, there is a scent of soy sauce and miso, and you can feel the presence of yeast with the warehouse.
    Since the preparation is made in accordance with the growth of Aspergillus oryzae, the work contents vary depending on the day. This day was the day of Koji Koji, when the work of making rice cakes for breeding koji mold on steamed rice was completed. In a room with a room temperature of 45 degrees and a humidity of 60%, the rice bran is completed by keeping a close watch on the growth of Aspergillus while mixing hands at the required timing for 3 days and 3 nights. Then, when combined with boiled soybeans and slowly fermented, a tasteful miso is produced for one year.

     

    觀看繭的釀酒者的“工廠參觀”

    這家啤酒廠需要預約“工廠參觀”。 用商舖名稱進行商譽,然後轉到工廠區域。 在排列有設施的昏暗而又大的倉庫內,有醬油和味噌的香味,您可以在倉庫中感受到酵母的存在。
    由於製備是根據米曲霉的生長而進行的,因此工作內容隨天而變化。 這一天是of司的日子,完成了用米飯製作k曲模具的年糕的工作。 在室溫為45度,濕度為60%的房間中,通過密切注視曲霉的生長,同時按要求的時間攪拌3天3晚,完成米糠的製作。 然後,當與煮沸的大豆結合併緩慢發酵時,會產生一種味噌,持續一年。

     


    CO-TORIP MAGAZINE Vol.22

     

    ツアーの後はカフェで味噌と醤油をテイスティング

    ツアーの最後は、カフェで醤油と味噌を試食しましょう。木製のトレーの上には味噌と醤油が8種類。味噌と醤油だけ食べてもしょっぱくて味なんて分からないのでは?と感じるかもしれません。けれど、なめらかなこし味噌「YUKIDOKE」を口に含んだ瞬間、その思いは吹き飛ぶはず。フルーティーな香りと口中に広がる甘みに驚きます。地元の伝統的な麹味噌よりも、さらに多くの麹を使い、低温熟成させることで、日本酒のような吟醸香が生み出されます。
    麹と時間と人によって生まれる味噌と醤油のおいしさに感動したら、おみやげとして買うこともできます。調味料とは思えないスタイリッシュなパッケージも新鮮です。

     

    After the tour, taste miso and soy sauce at the cafe

    At the end of the tour, sample soy sauce and miso at the cafe. There are 8 types of miso and soy sauce on a wooden tray. Why don’t you just know miso and soy sauce? You may feel that. However, the thought should be blown away at the moment when you have a smooth and delicious miso “YUKIDOKE” in your mouth. You will be amazed by the fruity scent and sweetness that spreads in your mouth. Ginjo incense like Japanese sake is produced by using a lot of koji and aging at a low temperature rather than the local traditional koji miso.
    If you are impressed by the taste of miso and soy sauce that is born by the crab, time and people, you can buy it as a souvenir. The stylish package that you can’t think of as a seasoning is also fresh.

     

    遊覽結束後,在咖啡廳品嚐味噌和醬油

    遊覽結束時,在咖啡館品嚐醬油和味噌。 木托盤上有8種味o和醬油。 你為什麼不只知道味噌和醬油? 您可能會感到。 但是,當您的嘴中有味美滑的味Y“ YUKIDOKE”時,應該將這種想法吹走。 口中散發出的果香和甜味會讓您驚訝。 像日本清酒一樣的銀城香是通過使用大量的曲酒並在低溫下陳化而不是當地傳統的曲酒大醬製成的。
    如果您對螃蟹,時間和人所產生的味噌和醬油的味道印象深刻,則可以將其作為紀念品購買。 您無法將其視為調味料的時尚包裝也很新鮮。

     

     

    ○About “ことりっぷMagazine”

    日々の暮らしも小さな旅も心地よくつながる。旅&ライフスタイルマガジン
    2014年5月に誕生した、ことりっぷの季節号。旅好きな人にもっと旅してほしいという想いから四季折々のとっておきの旅先をことりっぷ目線で毎号掘り下げて特集しています。季節ごとの旅特集やタイムリーなおでかけ情報など、日常でも旅ごころを忘れない、旅好き女子のための旅行ライフスタイルマガジンです。

     

    ○About “CO-TORIP MAGAZINE”

    Daily life and small trips are connected comfortably. Travel & Lifestyle Magazine
    CO-TORIP’s seasonal issue was born in May 2014. From the desire of those who like to travel more, we have featured a special destination that has been digging every season with a special look at seasonal destinations. A travel lifestyle magazine for girls who love traveling, such as seasonal travel specials and timely outing information.

     

    ○About “CO-TORIP MAGAZINE”

    日常生活和小旅行之間的聯繫很舒適。 旅遊與生活雜誌
    CO-TORIP的季節性問題誕生於2014年5月。 為了滿足那些喜歡旅行的人的需求,我們提供了一個特殊的目的地,該目的地在每個季節都在挖掘,著眼於季節性目的地。 面向喜歡旅行的女孩的旅行生活方式雜誌,例如季節性旅行特惠和及時的郊遊信息。

     

    CO-TORIP MAGAZINE

     

  • 記事掲載のお知らせ_AMASHIO

    「Mart Community Blog」にてヤマモの“あま塩しょうゆ 300ml”を記事にしていただいております。有志の方々の口コミを中心にした記事になっており、生活者視点で書かれた内容はレシピ付きで充実した内容と思いました。地域の商品が首都圏の若い世代の方々にお使いいただけること、生活の一部となっていることを嬉しく思います。皆様にもぜひご覧いただきたいと思います。関係者の方々、ありがとうございました。

     

    Notice of Article Posting_AMASHIO

    Yamato’s “Amashio soy sauce 300ml” is featured in the “Mart Community Blog”. The article was centered on the reviews of volunteers, and I thought that the content written from the consumer’s perspective was enriched with recipes. I am glad that local products can be used by the younger generation in the Tokyo metropolitan area and are part of their lives. I would like everyone to see it. Thank you for the people concerned. _mediainfo.

     

    文章發布通知_AMASHIO

    大和的“甘塩醬油300ml”在“Mart社區博客”中有特色。 這篇文章的重點是志願者的評論,我認為從消費者的角度寫的內容充滿了食譜。 我很高興本地產品可以被東京大都會地區的年輕一代使用,也是他們生活的一部分。 我希望每個人都能看到它。 謝謝有關人士。

     

     

     

     

    秋田生まれの甘いしょうゆ 「あま塩しょうゆ」って知ってる?

    From:立石陽子さん
    (埼玉県ふじみ野市在住)

    From:寺倉すくもさん
    (埼玉県ふじみ野市在住)

    新しいマンションや戸建てが多く立ち並ぶ埼玉・ふじみ野エリア。緑豊かな環境で子育てがしやすく、都心へのアクセスもいいため、他県から転勤で引っ越してきてそのまま住み続ける人が増えています。
    ママ友と集まるときには、前に住んでいた県や出身地域のおすすめ商品の情報交換が定番になっているそう。そんなふじみ野に住む、秋田県出身の立石さんのイチオシが「あま塩しょうゆ」です。

    「あま塩しょうゆ」は秋田県湯沢市にある1867年創業の老舗醤油店「ヤマモ味噌醤油醸造元」で製造されているしょうゆです。秋田県では甘い風味のしょうゆの人気が高く、この「あま塩しょうゆ」を常にストックしている家庭が多いそう。
    「名前の通り甘みが強いしょうゆなのですが、塩分とのバランスがいいので料理の味つけにも使えて重宝しています。定期的に秋田からお取り寄せして、毎日の食事づくりで活躍しています」(立石さん)

    とろみはなくサラッとした液体のしょうゆで、ほんのりと甘いだしが香ります。通常のしょうゆより塩分が25%もカットされているので、体にやさしいのが特徴です。

    まずはシンプルに卵かけご飯で味わって!

    生卵を割ったご飯の上に「あま塩しょうゆ」をかけるだけで、絶品卵かけご飯の完成です。程よい甘さが卵のまろやかな旨みを引き立ててくれます。「口当たりがマイルドなので、とろ~り溶けた黄身にすっとしょうゆの味がなじみます。我が家ではパパが朝ごはんによく食べています」(立石さん)

    「あま塩しょうゆ」を使った簡単アレンジレシピ

    【1】魚の照り焼き

    材料(2人分)
    魚の切り身(今回はメカジキを使用)…3切れ
    あま塩しょうゆ…大さじ3
    酒、みりん…各小さじ2~3
    バター…80g 
    片栗粉…大さじ1

    つくり方
    【1】メカジキに塩少々(分量外)、片栗粉をまぶします。
    【2】熱したフライパンでメカジキを両面焼き、焼き色がついたらバターを入れてあま塩しょうゆを全体にまわしかけて酒、みりんを加えます。調味料がメカジキになじんだら完成です。
    「しょうゆで味がしっかりつくので、みりんは少々加える程度でOKです。甘じょっぱい味つけでごはんもすすみますよ」(立石さん)

    【2】そぼろ丼

    材料(2~3人分)
    ひき肉(今回は豚を使用)…150g
    あま塩しょうゆ…大さじ3~4
    酒、みりん…大さじ1
    ごま油…小さじ2~3
    チューブしょうが…約2cm
    卵…2個
    パプリカ、スプラウト…適量

    つくり方
    【1】ごま油をひいたフライパンでひき肉の色が変わるまで炒めます。
    【2】チューブしょうが、酒、みりんを加えてから、あま塩しょうゆを全体にまわしかけます。
    【3】煮詰まって汁気が少なくなってきたらそぼろの完成です。炒り卵とパプリカ、スプラウトを彩りで添えてご飯に盛りましょう。
    「そぼろは多めにつくって、小分けにした状態でラップに包み冷凍保存しています。使いたいときには電子レンジで解凍するだけ。おにぎりやチャーハンの具、うどんのトッピングなどいろいろな料理にアレンジできますよ」(寺倉さん)

    ほかにも煮物や海鮮丼など、幅広く使えて便利な「あま塩しょうゆ」。ラベルもおしゃれでギフトにもおすすめです(英字ラベルのあま塩しょうゆはインターネット通販や秋田県南の一部スーパーで取り扱っています)。ぜひ試してみて!

    撮影/相澤琢磨(光文社写真室)  取材・文/丹下紋香

     

    Do you know sweet soy sauce born in Akita?

    From: Yoko Tateishi
    (Residing in Fujimino City, Saitama Prefecture)
    From: Sukumo Terakura
    (Residing in Fujimino City, Saitama Prefecture)

    The Saitama / Fujimino area is full of new condominiums and detached houses. Because it is easy to raise children in a green environment and access to the city center is good, more people have moved from other prefectures by relocation and continue to live.

    “Amashio Soy Sauce” is a soy sauce produced at a long-established soy sauce store “Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company” founded in 1867 in Yuzawa City, Akita Prefecture. In Akita Prefecture, sweet-flavored soy sauce is very popular, and it seems that many families always stock this “Amashio Soy Sauce”.
    “As the name suggests, the soy sauce has a strong sweetness, but it has a good balance with salt, so it is also useful for seasoning dishes. We regularly order it from Akita and play an active role in making daily meals. (Ms. Tateishi)
    There is no thick, soy liquid soy sauce with a slightly sweet sauce. Since the salt content is cut by 25% from normal soy sauce, it is gentle on the body.

    First of all, simply taste with egg rice!

    All you have to do is to put “Amashio Soy Sauce” on the rice that has been cracked with raw eggs. The moderate sweetness enhances the mellow taste of eggs. “Since the taste is mild, the taste of soy sauce is familiar with the melted yolk. Dad often eats breakfast in my home” (Ms. Tateishi)

    Easy arrangement recipe using Amashio Soy Sauce

    [1] Fish Teriyaki

    Material (for 2 people)
    Fish fillet (use swordfish this time) … 3 slices
    Sweet soy sauce … 3 tablespoons
    Liquor, mirin … 2-3 teaspoons each
    Butter … 80g
    Starch flour … 1 tablespoon

    How to make
    [1] Sprinkle swordfish with a little salt (outside the amount) and starch.
    [2] Both sides of swordfish are baked in a heated frying pan. When the color of the swordfish is baked, add butter and sprinkle with sweet soy sauce. Once the seasoning is familiar with swordfish, it is complete.
    “Because the taste of soy sauce is firm, you can add a little mirin. You can add rice with a sweet and salty seasoning” (Ms. Tateishi)

    [2] Soboro-don

    Materials (for 2-3 people)
    Minced meat (this time using pork) … 150g
    Ama salt soy sauce… 3-4 tablespoons
    Sake, mirin … 1 tablespoon
    Sesame oil … 2-3 teaspoons
    Tube ginger … about 2cm
    2 eggs
    Paprika, sprout … appropriate amount

    How to make
    [1] Stir in a frying pan with sesame oil until the color of the minced meat changes.
    [2] After adding tube ginger, sake, and mirin, sprinkle with Ama salt soy sauce.
    [3] When it’s boiled and the sip is less, it’s finished. Add the roasted egg, paprika and sprout to the rice.
    “We make a lot of soboros and wrap them in wraps and store them frozen. When you want to use them, just thaw them in a microwave. You can arrange them for various dishes such as rice balls, fried rice, and udon toppings. (Ms. Terakura)

    In addition, “Amashio Soy Sauce” is a wide range of useful items such as boiled foods and seafood bowls. The label is stylish and recommended for gifts (English label Amashio Soy Sauce is available at online stores and some supermarkets in the south of Akita Prefecture). Please try it!

    Photographed by Takuma Aizawa (Kobunsha Photo Room) Coverage and text by Monka Tange

     

    你知道秋田出生的甜醬油嗎?

    來自:立石陽子
    (居住在埼玉縣富士見市)
    來自:寺倉Sukumo
    (居住在埼玉縣富士見市)

    埼玉縣/富士見野地區到處都是新的公寓和獨立式住宅。 因為在綠色環境中養育孩子很容易,並且進入市中心是好的,所以更多的人通過搬遷從其他縣遷移並繼續生活。

    “甘塩醬油”是在1867年在秋田縣湯澤市成立的歷史悠久的醬油商店“Yamamo味噌醤油醸造商”生產的醬油。 在秋田縣,甜味醬油非常受歡迎,並且有許多家庭總是儲存這種“甘塩醬油”。
    “顧名思義,醬油具有很強的甜味,但它與鹽有很好的平衡,所以它也適用於調味菜餚。 (立石先生)
    沒有濃稠的大豆液體醬油和略帶甜味的醬汁。 由於鹽含量比普通醬油減少了25%,因此對身體溫和。

    首先,簡單品嚐雞蛋飯!

    你所要做的就是將“甘塩醬油”放在用生雞蛋破碎的米飯上。 適度的甜味增強了雞蛋的醇厚口感。 “由於味道溫和,醬油的味道很熟悉融化的蛋黃。爸爸經常在我家吃早餐。”(立石先生)

    使用甘塩醬油的簡易安排食譜

    [1]魚紅燒

    材料(2人)
    魚片(這次使用箭魚)…… 3片
    甜醬油… 3湯匙
    白酒,味精……各2-3茶匙
    黃油… 80克
    澱粉粉… 1湯匙

    怎麼做
    [1]撒上少許鹽(少量鹽)和澱粉。
    [2]箭魚的兩面都是用加熱的煎鍋烤製的。當箭魚的顏色被烘烤時,加入黃油,撒上甜醬油,加入清酒和味。 一旦調味料熟悉箭魚,就完成了。
    “因為醬油的味道堅固,你可以添加一點味道。你可以加入甜味和鹹味的調味料”(立石先生)

    [2] Soboro丼

    材料(2-3人)
    碎肉(這次是用豬肉)…… 150克
    阿鹽鹽醬… 3-4湯匙
    清酒,味道…… 1湯匙
    芝麻油…… 2-3茶匙
    管姜…約2厘米
    2個雞蛋
    辣椒粉,發芽…適量

    怎麼做
    [1]用芝麻油在煎鍋中攪拌直至肉末顏色變化。
    [2]加入生薑,清酒和味霖後,撒上阿鹽鹽醬油。
    [3]當它煮沸並且啜飲較少時,它就完成了。 將烤雞蛋,辣椒粉和新芽加入米飯中。
    “我們製作了許多soboro並將它們包裹起來並將它們冷凍保存。當你想要使用它們時,只需將它們用微波爐解凍。你可以將它們安排在各種菜餚中,如飯糰,炒飯和烏冬面澆頭。 (寺倉先生)

    此外,“甘塩醬油”是一系列有用的食品,如煮食品和海鮮碗。 該標籤很時尚,推薦用於禮品(英文標籤甘塩醬油可在網上商店和秋田縣南部的一些超市購買)。 請試一試!

    攝影:相澤琢磨(光文社写真室) 報導和文字:丹下紋香

     

  • 記事掲載のお知らせ_YAMAMO GARDEN CAFE

    大人のための北東北エリアマガジン「rakura」の温故知新カフェの特集にてYAMAMO GARDEN CAFEを取り上げていただきました。リノヴェーションを中心にした特集ということで、ライターの藤原さんには足を数運んでいただき、建物のディテールやそこに至る経緯を聞いていただきました。7代に渡る家業は歴代当主の判断が素材や空間構成に反映されており、どのようにそれを理解し、次世代に向けて活用していくことができるのか、リノヴェーションにはその再編集能力が試されていると思います。

    また、人間の創造性を最大限に発揮するためには細部に美意識が宿る必要があり、活動家たちはそれを受け取り個人の創造性を発揮し、それが相互作用し、地域にプロジェクトとして出現することになります。弊社のYAMAMO GARDEN CAFEはそれを誘発する場として庭園に隣接しています。ぜひ皆さまに起こしいただきたいと思います。

    雑誌を見てお越しいただいたという声も多く、その影響力を実感しております。スタッフの皆さまの丁寧な取材と対応、ありがとうございました。

     

    Notice of Article Posting_YAMAMO GARDEN CAFE

    YAMAMO GARDEN CAFE was featured in the feature of the warmly-known new cafe of the Northeast North Area Magazine “rakura” for adults. The feature was centered on the renovation, so Ms Fujiwara, a writer, took a few steps and heard about the details of the building and the feelings that lie there. The family business that spans seven generations reflects the judgment of the head of each generation in the materials and space configuration, and how it can be understood and used for the next generation, re-renovation that re I think editing skills are being tested.

    In addition, in order to make the most of human creativity, it is necessary for the beauty to stay in detail, and the activists receive it and exert their individual creativity, which interacts and emerges as a project in the area. Become. Our YAMAMO GARDEN CAFE is adjacent to the garden as a place to trigger it. I would like to ask everyone to wake up.

    Many say that they came to see the magazine, I feel the influence of that. Thank you for the careful coverage and response of all the staff. _mediainfo.

     

    文章發布通知_YAMAMO GARDEN CAFE

    YAMAMO GARDEN CAFE在成人的東北北地區雜誌“rakura”的熱門新咖啡館的特色中出現。這個特色以裝修為中心,因此作家藤原先生走了幾步,聽說了建築的細節和那裡的感受。跨越七代的家族企業反映了每一代人在材料和空間配置方面的判斷,以及它如何被理解和用於下一代,重新整修我認為編輯技能正在測試中。

    此外,為了充分利用人類的創造力,美麗必須保持細節,活動家必須接受它並發揮其個人創造力,這些創造力作為該地區的項目相互作用和出現。它會。我們的YAMAMO GARDEN CAFE毗鄰花園,是觸發它的地方。我想請大家醒來。

    很多人說他們來看雜誌,我覺得那個影響力。 感謝所有員工的認真報導和回應。

     


    rakura vol.94_May, June issue 2019

     


    rakura vol.94_May, June issue 2019

     

    150余年のレガシーを新たな価値に

    奥羽山脈を源とする皆瀬川の畔に、城下町として栄えた湯沢市岩崎地区。今も旧街道沿いに古い商家や蔵が残る。そのひとつが「ヤマモ味噌醤油醸造元」だ。その店先に昨秋、「ヤマモガーデンカフェ」がオープンした。季節を鮮やかに映す庭園を背景に、英国製のアンティーク家具、シンプルなシャンデリアを配した店内の一角が、不思議と日本家屋の魅力を引き立てている。クールだけど温かさを感じさせる、ヤマモの精神性が表れた場所だ。

     

    Bring 150 years of legacy to new value

    Yuzawa Iwasaki district that prospered as a castle town at the foot of the Minasegawa river, which originates from the Ouu Mountain Range. Old merchant houses and warehouses remain along the old highway even now. One of them is “Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company”. “YAMAMO GARDEN CAFE” opened last autumn at the storefront. With the background of the garden that vividly reflects the season, a corner of the store with antique furniture made in the UK and a simple chandelier highlights the wonders and charm of Japanese houses. It’s cool but warm, it’s a place where Yamamo’s spirituality appears.

     

    將150年的遺產帶入新的價值

    湯沢岩崎地區在皆瀬川河腳下作為城堡鎮而繁榮,該河源自奥羽山脈。 即使是現在,老商人的房屋和倉庫仍沿著舊高速公路行駛。 其中一個是“Yamamo味噌醤油醸造商”。 “YAMAMO GARDEN CAFE”去年秋天在店面開業。 花園的背景生動地反映了季節,在英國製造的古董家具的商店的角落和簡單的枝形吊燈突出了日本房屋的奇蹟和魅力。 它很酷但很溫暖,這是Yamamo靈性出現的地方。

     

     

    七代目の高橋泰さんは家業を継いだのち、地域や家業の歴史を独自の感性で研ぎ澄まし、建物や商品として表現し続けている。「海外で展示会をしているうちに、訪れる人に、ヤマモの魅力を伝えることが重要と気付き、見学の環境を整えるため、リノベーションを始めました。資産にもなりますし」。平成28年(2016)から始めた「ヤマモガーデンオープニングプロジェクト」の一環として、庭園を望む旧女中部屋を、カフェ空間に改装。さらに囲炉裏の間、諸味蔵にも手を加え、ギャラリーを設けるなど、いつもどこかにリノベーションを施している。「100年続く庭園に再び着手することで、先人の想いや価値に気づくことができました。以来、何を見るにもレガシーをベースで見ています」と高橋さん。ただ直すのではなく、先人の想いを取り入れながら、新たな価値を生みだしている。例えば、下屋を支える八角形の柱は、湯沢市に多くの作品を遺した建築家・白井晟一の意匠にヒントを得たものだ。もともと建築家志望の高橋さんは知識が深く「建物が持つ問題を解決しつつ、新たな魅力を創造するのがリノベーション」という。

     

    After succeeding the family business, the seventh generation Takahashi Yasushi sharpens the region and the history of the family business with its own sensibility, and continues to express it as buildings and goods. “I realized that it was important to convey the attractiveness of Yamamo to the visitors while I was doing an exhibition abroad, and I started renovations to improve the environment for the tour. It will be an asset.” As part of the “YAMAMO GARDEN OPENING PROJECT” started in 2016, the former Mistress’s room overlooking the garden is renovated into a cafe space. In addition, during the hearth, we also handed over to Moromi-kura and set up a gallery, etc., and we are always renovating somewhere. “By starting the 100-year-old garden again, I realized the feelings and values ​​of the predecessors. Since then, I look at the legacy based on what I see,” said Takahashi. Rather than just fixing it, we are creating new value while incorporating the feelings of our predecessors. For example, the octagonal pillar that supports the undercover is inspired by the design of architect Seiichi Shirai, who left many works in Yuzawa. Mr. Takahashi, who wants to be an architect, is said to have a deep knowledge of “renovation to create new attractiveness while solving problems with buildings.”

     

    在繼承家族企業之後,第七代高橋靖以其自身的敏感性,銳化了該地區和家族企業的歷史,並繼續將其表達為建築和商品。 “我意識到,當我在國外進行展覽時,向訪客傳達Yamamo的吸引力非常重要,我開始進行裝修以改善旅遊環境。這也是一種資產。”作為2016年開始的“YAMAMO GARDEN OPENING PROJECT”的一部分,前女主人的俯瞰花園的房間被改造成咖啡館空間。此外,在壁爐期間,我們還交給了諸味蔵並設立了畫廊等,我們總是在某處翻新。 “通過再次啟動這座擁有100年曆史的花園,我意識到了前輩們的感受和價值觀。從那時起,我就根據自己所看到的內容來看待這些遺產。”高橋說。我們不僅僅是修復它,而是在融入我們前輩們的感受的同時創造新的價值。例如,支撐臥底的八角形柱子的靈感來自建築師白井晟一的設計,他在湯沢留下了許多作品。想成為建築師的高橋先生據說對“在解決建築問題的同時創造新的吸引力的翻新”有著深刻的了解。

     

     

    予約制の「ヤマモファクトリーツアー」では、こうして増改築を繰り返して現在に至る醸造元の見学ができる。知的好奇心を満たしつつ、自社製品を使った「今日のスープ」の試食も。建物と醸造、その両方の歴史を堪能できる。通常のカフェメニューは、家伝の「味噌醤油ソース」がしっかりとアクセントになった「ヤマモソイジェラート」や、仕込みに使う天日塩を使った「無添加スープのフォー」などで胃袋も満たされる。脈々と受け継がれるヤマモのレガシーに触れることができる。

     

    In the reservation system “YAMAMO FACTORY TOUR”, you can repeat the extension and reconstruction in this way to see the brewing source until the present. While satisfying your intellectual curiosity, you can also sample “Today’s soup” using your own products. You can enjoy the history of both building and brewery. The usual café menu will be filled with stomach bags with “Yamamo soy gelato” with “Miso sauce sauce” accented by a family tradition, and “Pho of additive-free soup” using solar salt used for preparation. You can touch the legacy of Yamamo, which is inherited from a pulse.

     

    在預約系統“YAMAMO FACTORY TOUR”中,您可以通過這種方式重複擴展和重建,直到現在看到釀造源。 在滿足您的求知欲的同時,您還可以使用自己的產品品嚐“今天的湯”。 您可以享受建築和啤酒廠的歷史。 通常的咖啡館菜單將裝滿帶有“Yamamo大豆冰淇淋”的胃袋,帶有“味噌醬汁”的家庭傳統,以及使用太陽鹽製作的“四種無添加劑湯”。 你可以觸摸從脈衝中繼承的Yamamo的遺產。

     

    rakura vol.94_May, June issue 2019

     

  • 記事掲載のお知らせ_I.L.A. GALLERY

    I.L.A. GALLERYを開廊すべく、アート活動を行う中でONBEAT編集者の藤田さんとの出逢いがあり、今回の記事掲載に至ることとなりました。お話させていただいた当初から、我々の活動に対する理解を示していただき、ギャラリーだけではなく、会社のリブランディングや海外展開、岩崎地域や歴代の高橋茂助のレガシーを踏襲したインバウンドツアーまでを取材していただきました。

    もちろん、アートに対する考えや世界の中での日本の見方につきましても多くを共有することができ、非常に興味深い時間を過ごすことができました。日本人の持つ繊細で独特な感覚が世界の中で価値を創り、世界を豊かにできること。土地に根差した文脈を丁寧に掘り起こし、紡いでいくことで世界に向けて地域を持続可能で創造的な土地にできること。私たちのやれることはまだまだ多く、それを実行していくことで世界を面白くすることができます。それは産業ベースでもアートベースでも感覚的には等しく、創造領域は垣根を飛び越えて世界を変えていきます。

    I.L.A. GALLERYが掲載されるONBEAT vol.10は9月まで書店にて取り扱いがされております。非常に重厚な美術誌になりますので、ぜひ直接手に取って見て感じていただければと思います。取材いただいた藤田さん、ありがとうございました。またご一緒できることを楽しみにしております。

     

    編集者・藤田氏よりコメント

    長い歴史を持つ味噌・醤油醸造会社ヤマモの若き七代目・高橋泰氏は、優れた芸術感覚と経営手腕で自社のブランディングとリノベーションに成功し、そのノウハウを生かし、地域一帯のリノベーションを進めようと動き出しています。日本の各地方には、脈々と続く固有の豊かな文化があり、その特色を現代にアップデートすることが地域再生につながることを証明すべく地元・秋田で奮闘しています。高橋氏の活動は、地方が抱える問題に対する貴重な示唆を含んでおり、同時にデザインの持つ力を改めて証明するものであるため、弊誌で紹介することは大変有意義であり、日本人のみならず外国の方々にも知って頂く機会になると考えております。

     

    Notice of Article Posting_I.L.A. GALLERY

    In order to open the I.L.A. GALLERY, there was an encounter with the ONBEAT editor, Mr. Fujita, during the art activities, which led to the publication of this article. From the beginning of the talk, I showed an understanding of our activities, covering not only the gallery, but also the company’s rebranding and overseas development, and the inbound tour that followed the Iwasaki area and the legacy of Mosuke Takahashi of each generation. Thank you.

    Of course, I was able to share a lot of ideas about art and the perspective of Japan in the world, and I had a very interesting time. The delicate and unique sense of Japanese people can create value in the world and enrich the world. By digging carefully into the context rooted in the land and spinning it, we can make the region a sustainable and creative land for the world. There is still much we can do, and doing it can make the world more interesting. It’s industrially as well as art based and it’s sensibly equivalent, and the creation area jumps the fence and changes the world.

    ONBEAT vol.10, where I.L.A. GALLERY will be published, is being handled at bookstores until September. It will be a very heavy art magazine, so I hope you will take it directly and feel it. Thank you Mr. Fujita for interviewing. I am looking forward to working with you again._mediainfo

     

    Comment from the editor, Mr. Fujita

    Mr. Yasushi Takahashi, young the 7th generation of miso and soy sauce brewing company Yamamoto, who has a long history, succeeded in branding and renovation of his company with excellent artistic sense and management skills, and made use of his know-how to move forward with promoting renovation in the area You are In each region of Japan, there is a unique and rich culture that continues in a row, and Takahashi’s activities that are struggling in the local area, Akita, to prove that updating its features to the present day will lead to regional revitalization, Because it contains valuable suggestions for local problems, and at the same time proves the power of design, it is very meaningful to introduce in our journal, and it is important to know not only Japanese people but also foreign people. I thought it would be an opportunity to receive it.

     

    文章發布通知_I.L.A. GALLERY

    為了打開I.L.A.畫廊,在藝術活動中遇到了ONBEAT編輯藤田先生,導致了這篇文章的出版。從演講開始,我展示了對我們活動的理解,不僅包括畫廊,還包括公司的品牌重塑和海外發展,以及岩崎地區之後的入境旅遊以及每一代高橋茂助的遺產。謝謝。

    當然,我能夠分享很多關於藝術和日本在世界上的觀點的想法,我度過了一段非常有趣的時光。日本人的精緻和獨特感可以創造世界價值,豐富世界。通過仔細挖掘根植於土地並旋轉土地的背景,我們可以使該地區成為世界上可持續和創造性的土地。我們仍然可以做很多事情,這樣做可以讓世界變得更有趣。它在工業上和藝術上都是相當的,而且它的創造區域會跳躍並改變世界。

    將於9月份在書店處理ONBEAT第10卷,其中將出版I.L.A. GALLERY。這將是一本非常沉重的藝術雜誌,所以我希望你能直接接受並感受它。謝謝藤田先生的採訪。我期待著再次與您合作。

     

    編輯藤田先生的評論

    味噌和醬油釀造公司Yamamo的年輕第七代高橋泰先生擁有悠久的歷史,他憑藉出色的藝術感和管理技巧成功地為他的公司進行品牌和翻新,並利用他的專業知識推進該地區的改造。 你是 在日本的每個地區,都有一種獨特而豐富的文化,這種文化在連續不斷,而高橋在當地掙扎的活動,以證明將其特徵更新到今天將導致區域振興, 因為它包含對當地問題的寶貴建議,同時證明了設計的力量,所以在我們的期刊中介紹非常有意義,重要的是不僅要了解日本人,還要了解外國人。 我認為這是一個接受它的機會。

     

     

     

    ONBEAT_vol.10

     

    世界に醸造業の魅力を発信し、発酵食文化と地域に新たなブランド価値を創出

    秋田県湯沢市の岩崎地区に、幕末江戸末期の慶応3(1867)年から150 年以上続く味噌・醤油の蔵元がある。その老舗、ヤマモ味噌醤油醸造元・髙茂合名会社では、地元を流れる皆瀬川の伏流水を用いて天然醸造を行っている。ヤマモは伝統を継承しながら海外にも販路を広げており、HPで日本語・英語・中国語の3 か国語で情報を掲載するなど、国内外に醸造業の魅力を伝える企業活動が高く評価され、中小企業庁の「はばたく中小企業300」、経済産業省の「地域未来牽引企業」にも選定されている。

    こうした取り組みは、後継者である七代目の髙橋泰氏が打ち出す新たな経営戦略に基づくものである。東京農業大学で醸造学を学んだ後、大手醸造会社での修行を経て会社を継いだ高橋氏は、もともと建築家志望であり、千葉大学でデザイン工学を学んだ経歴を持つ。常務取締役に就任した一年目から卓越したデザインセンスを発揮し、企画から広告デザインまで手がけ、自社製品のブランディングに取り組む。

     

    Conveying the attractiveness of the brewing industry to the World

    In the Iwasaki district of Yuzawa City, Akita Prefecture, there is a brewery of miso and soy sauce that has been operating since 1867. The long-standing Yamamo miso and soy sauce brewing company (hereinafter Yamamo) has engaged in natural brewing using subsoil water from the local river Minasegawa. While carrying on that tradition, Yamamo is extending its markets overseas by providing information on its website in English and Chinese in addition to Japanese. With its corporate activities to convey the attractiveness of the Japanese brewing industry both at home and overseas, Yamamo was selected as one of the company to win the Vibrant HABATAKU SMEs 300 of the Small and Medium Enterprise Agency and the Ministry of Economy, Trade and Industry’s Driving Company for the regional future.

    This was part of a new management strategy which the 7th President Yasushi Takahashi set forth. After studying zymurgy at the Tokyo University of Agriculture, he received training at a major brewing company and then took over its management. Takahashi originally wanted to become an architect and learned design engineering at Chiba University.

     

    將釀造業的吸引力傳遞到世界,並在發酵食品文化和地區創造新的品牌價值

    在秋田縣湯澤市的岩崎地區,自宮津江戶時代晚期(1867年)結束以來,有一種味噌和醬油來源已經持續了150多年。 成熟的Yamamo味噌醤油醸造商,一家名為高茂合名会社的公司,使用流經該地區的皆瀬川的底流水進行自然釀造。Yamamo在繼承其傳統的同時擴大了海外銷售渠道,並在惠普上發布了日語,英語和中文三種語言的信息,並因其公司活動而備受推崇,這些活動傳達了國內外釀酒行業的吸引力。它還被選為中小企業廳的“小型和大型企業300”,經濟產業省被選為“區域未來企業”。

    這些努力是基於繼任者,第七代高橋泰推出的新業務戰略。在東京農業大學學習釀造科學並在一家大型釀酒公司接受培訓後,他繼承了該公司,最初是一名建築師,在千葉大學擁有設計工程背景。從成為執行董事的第一年起,他將展示出卓越的設計感,從規劃到廣告設計,以及為公司產品打造品牌。

     

     

    まず着手したのは、パンフレットや自社製品のラベル。英語表記に屋号をあしらったシンプルなデザインが施された商品は、2013年度の「グッドデザイン賞」を受賞。高橋氏は更に醸造蔵と庭園の改装にも着手。完成した蔵の暖簾をくぐると、老舗の風格が漂う純和風の内装の中に洋式の美を取り入れた心地良い空間が広がる。窓の外には日本庭園が広がり、そのすべてに高い美意識が感じられる。

    2016 年からは醸造蔵と庭園を巡るツアーを実施。外国語に堪能な高橋氏はツアー客の3分の1を占める外国人に対する案内役を務めている。庭園の借景は、高台にある霊符の森だ。この森の中にある「水神社」は醸造産業が発展したこの地域と水資源である皆瀬川との深い関係性を物語る。蔵の歴史や技術、醸造業の魅力を伝えるとともに、地域の風土も含めて体感できるこのツアーは、今、世界中でトレンドの「地方の地域固有の文化体験」そのものであり、湯沢市に国内外から観光客を呼び込むための試みとなる。

     

    He exercised his remarkable sense of design from the first year as executive managing director, and worked on the branding of the company’s products. He started out with the updating of the company’s brochure and labeling of Yamamo products.

    Its products with the simple design earned the 2013 Good Design Award. Takahashi also refurbished the brewing house and the garden. Passing through a noren curtain of the entrance of the brewing house, a comfortable space spreads before your eyes within a classy Japanese interior that incorporates the Western-style beauty. Outside the window, a magnificent Japanese garden awaits. The Reifu-nomori forest behind the brewing house serves as a beautiful setting of the garden. Takahashi’s exquisite aesthetic sense is well represented in all of them.

     

    起初我們開始為我們的產品提供宣傳冊和標籤。設計簡潔,商品名為英文的產品獲得2013年優秀設計獎。高橋先生還著手改造釀造倉庫和花園。倉庫的溫暖已經完成,一個融合了西式美景的舒適空間在純粹的日式內飾中傳播,具有悠久的特色。 日式花園延伸到窗外,所有這些都具有高度的美感。

    從2016年起,我們將參觀釀造倉庫和花園。高橋先生精通外語,是外國人的導遊,他們佔三分之一的旅遊客人。花園的景觀是山上的精神標誌森林。這片森林中的“水神社”講述了釀造業發展的地區與皆瀬川水資源之間的深層關係。這次旅遊,傳達了倉庫的歷史和技術,釀造業的魅力,可以體驗包括當地文化,現在是世界各地的“區域獨特的區域文化體驗”。這是一種吸引外界遊客的嘗試。

     


    J. Manuel Mansylla_Principal_TOTEM_2017

     

    2018年末には醸造蔵の1階でカフェの営業も開始。仕込み水を使ったコーヒーや、仕込みに使う天日塩を使ったフォー、味噌醤油ソースのジェラートなどを提供している。また、かつての名士たちが地域で文化芸術を推奨したように、2階ではアートギャラリー(写真p.109)をオープン。アーティストの滝澤徹也が、ヤマモの種麹や、皆瀬川ですいた和紙を素材とした作品などを現地で制作し、同ギャラリーに展示した。

    アートの要素が加わったことで、醸造蔵の体験ツアーは更に充実したものになった。アーティストたちがアートの力で財政破綻から再生へと導いた米デトロイト市などを実際に視察し、アートと産業の関係性を熟知した高橋氏ならではの戦略だ。発酵食文化のブランド価値を地方から世界に示し、国内外から誘客を図るヤマモの次なる展開に期待が高まる。

     

    In 2016, he started offering a tour that takes visitors through the brewing house and the garden. Fluent in English, Takahashi personally guides foreign visitors. The tour conveys the history of the brewing house, brewing techniques and the attraction of its industry, including the natural features of the district. The tour is serving as an important tool to experience a unique regional culture of Yuzawa City.

    Recently, Yamamo opened a café in the brewing house. Following the old practice of promoting culture and art in this district, Yamamo also established an art gallery (photo p.109) in the brewing house. Artist Tetsuya Takizawa exhibited in the gallery works he created on site. High expectations are pinned on the next move of Yamamo, which has demonstrated the brand value of fermented food from the local district in Japan to the world and has been attracting visitors from Japan and other countries.

     

    在2018年底,咖啡館也在釀酒倉庫的一樓開業。我們提供使用水的咖啡,使用用於烹飪的天然鹽和含味噌醬的冰淇淋。 此外,藝術畫廊(照片第109頁)在二樓開放,因為前名人在該地區推薦文化藝術。滝澤徹也,一位藝術家,製作了當地的作品,如Yamamo種子和皆瀬川製造的紙張,並在同一個畫廊展出。

    隨著藝術元素的增加,醸造的體驗之旅得到了進一步增強。這是高橋先生的獨特策略,他實際訪問了底特律市,藝術家帶領這座城市從金融崩潰到藝術的複興,並了解藝術與工業之間的關係。發酵食品文化的品牌價值從本地到世界展示,對Yamamo的下一個發展的期望很高,旨在吸引國內外客戶。

     

     

    「ONBEAT」について

    「ONBEAT」は完全和英併記書籍で、年2回、印刷版と電子版を同時に発行し、日本の美術・文化を幅広く様々なジャンルから紹介しております。日版やトウハンなどを通じて紀伊国屋書店や蔦屋書店といった大型書店のほか、国立新美術館や東京藝術大学美術館などのミュージアムショップでも販売、ザ・リッツカールトン東京や各国の大使館でも取り扱われており、また世界78ヶ国以上に販売網を持つ日版の海外事業を通じて海外の書店でも販売されています。

    「ONBEAT」誌では千住博、村上隆、小松美羽、井上萬二など日本を代表する芸術家はもちろん、安藤忠雄、三宅一生、コシノヒロコ・ジュンコ姉妹やノーベル生理学・医学賞受賞された大村智教授といった各界著名人たちへの独占取材を行い、特集記事を発表して参りました。完全和英併記で日本の芸術・文化を紹介するような雑誌はほかになく、海外でも高い評価を得ており、セインズベリー日本藝術研究所(英国)やジャパンソサエティ(米国・英国)や国際文化会館といった日本文化に特化した権威ある研究機関や、女子美術大学や玉川大学など各教育機関の図書館や六本木ヒルズライブラリーにも収蔵されています。またザ・リッツ・カールトン東京やヒルトン東京といった外資系ホテルや日本丸やパシフィックビーナスといった大型客船のラウンジやライブラリーにも常備いただいております。

     

    About “ONBEAT”

    “ONBEAT” is a complete Japanese-English bilingual book, published twice a year at the same time as a print edition and an electronic edition, introducing Japanese art and culture from a wide variety of genres. In addition to large-scale bookstores such as Kinokuniya Bookstore and Yodoya Bookstore through the Japanese edition and Touhan, it is also sold at museum shops such as the National Art Center, Tokyo National Art Museum and the Tokyo Metropolitan Art Museum. It is also sold at overseas bookstores through a daily overseas business with sales networks in more than 78 countries.

    In “ONBEAT” magazines, artists such as Senju Hiroshi, Takashi Murakami, Miwa Komatsu, Yuji Inoue, as well as leading artists from Japan, as well as Tadao Ando, ​​Issei Miyake, Hiroko Koshino and Junko sisters, Nobel Prize in Physiology and Medicine, etc. We did exclusive coverage to celebrities and released special feature articles. There are no other magazines that introduce Japanese art and culture in complete Japanese-English parallel writing, and they have received high acclaim overseas as well, such as the Sainsbury Institute for Japanese Arts and Sciences (UK), Japan Society (US, UK), and the International Cultural Center. It is stored in prestigious research institutes specializing in Japanese culture, libraries of various educational institutions such as Women’s Art University and Tamagawa University, and Roppongi Hills Library. In addition, the lounges and libraries of large-scale passenger ships such as The Ritz-Carlton Tokyo and Hilton Tokyo, as well as foreign-owned hotels such as Nippon-maru and Pacific Venus are always on hand.

     

    關於“ONBEAT”

    “ONBEAT”是一本完整的日英雙語書籍,每年出版兩次,同時出版印刷版和電子版,介紹各種類型的日本藝術和文化。 除了通過日本版和Touhan的紀伊国屋書店和蔦屋書店等大型書店外,還在國家藝術中心,東京國立美術館和東京都藝術博物館等博物館商店出售。 它還通過日常海外業務在海外書店銷售,銷售網絡遍布78個國家。

    在“ONBEAT”雜誌,千住博、村上隆、小松美羽、井上萬二等藝術家,以及日本的主要藝術家,以及安藤忠雄,三宅一生,Koshino Hiroko和Junko姐妹,諾貝爾生理學和醫學獎等。我們對名人進行了獨家報導,並發布了專題文章。沒有其他雜誌在完整的日英並行寫作中介紹日本的藝術和文化,並且在海外也獲得了很高的讚譽,如塞恩斯伯里日本藝術與科學研究所(英國),日本學會(美國,英國)和國際文化中心。它存儲在專門從事日本文化的著名研究機構,女子藝術大學和多摩川大學等各種教育機構的圖書館,以及六本木山圖書館。此外,東京麗思卡爾頓酒店和東京希爾頓酒店等大型客船的休息室和圖書館,以及日本丸和太平洋金星等外資酒店隨時待命。

     

    ONBEAT HP

    ONBEAT vol.10_Amazon