• 開かれた庭園を目指して_ギャラリーの改築

    長い年月を経過した木造の2階部分は、大工仕事の丁寧さに関わらず梁と柱の掛け方により不陸が取れない(水平が取れていない)状態になります。こちらを現場で修正し元に近い状態にする労力と費用は、取り壊して建て直すものと同程度ということで、多くの場合は取り壊しを選ぶようです。弊社は土地や建物に宿るレガシーを見出し、新たな機能を持たせ魅力の一つにするという手法を用いております。古くから地元・岩崎の祭りの際に2階の雨戸を開き、通りを歩く方々にお供え物を見ていただいたという使われ方から、ギャラリーに変えることで古来から広く見ていただくという機能とそれが人を誘客するという魅力につなげていきたいと考えました。

     

    YAMAMO GARDEN OPENING PROJECT_Renovation of The Gallery

    The second floor of a long old wooden frame can not be landed (not leveled) due to the way it is hung on the beams and columns regardless of the politeness of the carpentry work. Efforts and expenses to fix this on the site and bring it close to the original condition are almost the same as those that are demolished and rebuilt, so in many cases it seems to choose demolished. We use the method of discovering the legacy that lands in a land or a building, and adding a new function to make it one of the attraction. The function and it is that you have a wide view from ancient times by changing to the gallery from the usage that you open the 2nd floor shutters at the festival of the local area and Iwasaki from old days and have the people who walk on the street look at offerings. I wanted to connect to the attraction of attracting people._GARDENOPENING

     

    以被打開的庭園作為目標_畫廊的改造

    無論木工工作的禮貌如何,由於掛在樑和柱上的方式,長的舊木框架的二層不能著陸(未平整)。 在網站上修復此問題並使其接近原始狀態的努力和費用幾乎與拆除和重建的那些相同,因此在許多情況下它似乎選擇拆除。 我們使用發現落在陸地或建築物中的遺產的方法,並添加新功能以使其成為吸引力之一。 功能,從遠古時代開始,您可以通過更換到畫廊,從當地的節日開放二樓百葉窗和過去的岩崎,並讓走在街上的人們看到產品。 我想連接到吸引人的吸引力。

     

     

     

     

     

    不陸の取れなくなった床を取り壊すのではなく、現場で加工し、角度調整した木材を一体に敷き詰めることで水平を保つことをしています。この作業は非常に多くの労力がかかることと、職人の技術を必要としています。その床の最後の仕上げには国産の楢材を使用し、貼り方は洋風仕上げのヘリンボーンを採用しました。国産の幅広の材料でのヘリンボーンは、幅狭の洋風の細かいそれよりも異質な仕上げとなり、床の間のある和室のフローリング化として和洋の融合を実現するものとなりました。

     

    Rather than demolishing a land that can not be landed, we are maintaining the level by laying on one piece of wood that has been processed and adjusted at the site. This work is very labor intensive and requires craftsmanship. The final finish of the floor is made of domestic lumber and the pasting method adopted herringbone of Western style finish. Herringbone with a wide range of domestic materials has a more exotic finish than the narrow Western-style fine ones, and realizes the fusion of Japanese and Western as a Japanese-style flooring between floors.

     

    我們不是拆除一塊無法降落的土地,而是通過鋪設在現場加工和調整的一塊木材來維持水平。 這項工作非常耗費人力,需要精湛的工藝。 地板的最終飾面是由國產木材製成,並採用西方風格的人字形粘貼方法。 人字形與各種國內材料相比,具有比狹窄的西式精品更具異域風情,並實現了日式和西式的融合,作為日式地板之間的地板。

     

     

     

     

     

     

    ギャラリーへの改築は、経年経過により損傷した部分を単純に元に戻すのではなく、1階と2階の建築的な繋がりを持たせる意図もありました。床の間の土壁の下部を抜いて庭園が見えるよう、横長の地窓を設けることにしました。この構想は庭園とカフェに着手した時から既にあり、その実現のため2年の間、1階カフェの壁を仕上げずに過ごしてきました。構想から年月をかけて壁を抜く判断をすることができ、レガシーベースの改築を着実に進めていくことの醍醐味を実感しました。

     

    The reconstruction to the gallery was intended not to simply restore the damaged parts due to the passage of time, but to have an architectural connection between the first and second floors. I decided to set up a long ground window so that I could see the garden by pulling the lower part of the earthen wall between the floors. This concept has already been in place since the beginning of the garden and cafe, and I have spent two years working on the first floor cafe wall for this purpose. I was able to make the decision to break through the wall over the years from the concept, and I realized that it was worthwhile to proceed with the restoration of the legacy base steadily.

     

    對畫廊的重建不是為了簡單地恢復由於時間的推移而損壞的部分,而是為了在第一層和第二層之間建立連接。 我決定設置一個長長的地面窗戶,這樣我就可以通過在地板之間拉動土牆的下部來看到花園。 自從花園和咖啡館開始以來,這個概念就已經存在,為此,我花了兩年時間在一樓咖啡廳牆上工作。 多年來,我能夠決定突破這個概念,並且我意識到繼續穩定地恢復傳統基礎是值得的。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    和室のギャラリー化は、どうしても個性あるものになってしまい、アーティストや作品を選んでしまう側面があります。それを踏まえた上で地域や社会にどのような影響を与えることができるのか。後の世代がどのような想いを持ち、判断をしていくのか。2階和室のギャラリー化は、これまでの改築とは異なった文脈や表現が要求された仕事であったと思います。歴代当主の判断が積層した蔵元のレガシーを捉え、課題を解決し、魅力を備えるという方法の在り方が、また一つの階段を上ることができたような気がします。I.L.A. GALLERYの展示は連続して続いていきます。ぜひ皆様にお越しいただきたいと思います。

    I.L.A. GALLERY

     

    The Japanese-style room’s turn into a gallery is definitely unique, and there are aspects in which artists and works are selected. What kind of influence can it give to the area and society based on that? What thoughts do the later generations have and will make decisions? I think that the second-floor Japanese-style room was a job that required a different context and expression from the previous reconstruction. I think that the way of the way of solving the problem and getting attractive by capturing the legacy of the storehouse where the judgments of the past generations were stacked, was able to go up one step again. The exhibition of I.L.A.GALLERY will continue continuously. I would like to see you there.

    I.L.A. GALLERY

     

    日式房間變成了一個畫廊,絕對是獨一無二的,有些方面選擇了藝術家和作品。 基於此,它能給這個地區和社會帶來什麼樣的影響? 後人有什麼想法並會做出決定? 我認為二樓的日式房間是一項需要與之前重建不同的背景和表達的工作。 我認為通過捕捉過去幾代人的判斷堆積的倉庫遺產來解決問題並獲得吸引力的方式可以再次邁出一步。 I.L.A.畫廊的展覽將繼續進行。 我想在那裡見到你。

    I.L.A. GALLERY

     

  • イヴェント登壇のお知らせ_Fermentation Tourism Nippon

    発酵を広義で「生態系との共存」と捉え、味づくりだけではなく、地域の持続可能性の追求と創造性による地域改革を考えるようになりました。弊社イヴェントYAMAMO CREATIVE SESSIIONでもご一緒している小野さんと活動を共にする本村さんとでディスカッション型のイヴェントを『Fermentation Tourism Nippon』展の中で行う機会をいただきました。ローカルから起こすムーヴメントを東京で行う機会をいただけることは非常に嬉しく、地域を念頭に入れた発酵や世界の文脈、土地に付随した人間の創造性についてお話しできればと思います。ぜひ、この機会にご参加いただければと思います。

     

    Event Announcement_Fermentation Tourism Nippon

    We regard fermentation as “coexistence with the ecosystem” in a broad sense, and have come to consider not only the creation of taste, but also regional reform through the pursuit of regional sustainability and creativity. Our event YAMAMO CREATIVE SESSIION also had a chance to perform a discussion type event in the “Fermentation Tourism Nippon” exhibition with Mr. Motomura who is working together with Mr. Ono. I am very happy to be given the opportunity to make local movements in Tokyo, and I would like to talk about fermentation with the region in mind, the context of the world, and the human creativity associated with the land. By all means, I hope you will participate in this opportunity.

     

    活動公告_Fermentation Tourism Nippon

    我們將發酵視為廣義上的“與生態系統共存”,不僅要考慮品味的創造,還要考慮通過追求區域可持續性和創造力進行區域改革。 我們的活動YAMAMO CREATIVE SESSIION也有機會與本村先生一起在“發酵旅遊日本”展覽中進行討論式活動,他與小野先生一起工作。 我很高興有機會在東京製作當地運動,我想談談有關該地區的發酵,世界的背景以及與土地相關的人類創造力。 無論如何,我希望你能參加這個機會。

     

     

    Fermentation Tourism Nippon

     

    発酵文化から紐解く日本の地方文化の多様性

    今世界中から注目を集める和食の文化。そのユニークさの秘密は、その土地の微生物の力を活かした発酵食品の存在。
    和食の発酵食品というと、日本酒や味噌、醤油や納豆など日常の食卓になじみのあるものが思い浮かびますが、実は日本各地にはその枠には収まらない多種多様なローカル発酵文化が根付いています。その土地の気候や歴史に根付いたバラエティー豊かな漬物や調味料、分類不能のガラパゴス食、人知れず古代の歴史や大陸の文化を受け継いでいる摩訶不思議なルーツ食などなど。
    海、山、川に離島。人口わずか数千人の小さな村に世界にも類例のないような特殊な発酵文化が継承されていることも。東西南北津々浦々で受け継がれてきたローカル発酵文化を体系化することで、日本の食文化、そして郷土文化の脅威の多様性を深く理解することができます。
    新たな視点で地元の文化の魅力がわかる。数百年の歴史を受け継ぐ醸造家たちに会いたくなる。畑や河辺や丘の上に立って、その土地に吹く風を感じたくなる。
    微生物の視点から、ダイナミックな歴史の変遷と風土に根ざした人の暮らしを再発見する『発酵の旅』に誘う展覧会を開催します。

     

    Diversity of local culture in Japan from fermentation culture

    A Japanese food culture that attracts attention from around the world. The secret of its uniqueness is the presence of fermented foods that make use of the power of the microbes in the area.
    When it comes to fermented foods in Japanese, things that are familiar to everyday dishes such as sake, miso, soy sauce and natto come to mind, but in fact various local fermented cultures that do not fit within that framework have taken root in Japan. . There are a wide variety of pickles and seasonings rooted in the climate and history of the land, an unclassifiable Galapagos diet, and a mysterious root diet that has inherited the history and culture of the ancient times without hesitation.
    Islands on the sea, mountains, rivers. Even a small village with a population of only a few thousand has inherited a unique fermentation culture like no other in the world. By systematizing the local fermentation culture that has been passed down from the east and west to the north and south, you can gain a deep understanding of the food culture of Japan and the diversity of threats of the local culture.
    Discover the charm of local culture from a new perspective. I would like to meet brewers who have inherited hundreds of years of history. Standing on a field, riverside or hill, I want to feel the wind blowing on that land.
    From the point of view of microbes, we will hold an exhibition that invites you to the “Fermentation Journey” to rediscover the dynamic history and people’s lives rooted in the climate.

     

    日本本土文化的多樣性從發酵培養

    日本的飲食文化吸引了世界各地的關注。其獨特性的秘訣在於發酵食品的存在,利用該地區微生物的力量。
    當談到日本的發酵食品時,會想到日常菜餚中常見的東西,如清酒,味噌,醬油和納豆,但事實上,不適合該框架的各種當地發酵文化已在日本紮根。 。根據氣候和土地歷史,種類繁多的泡菜和調味料,無法分類的加拉帕戈斯飲食,以及神秘的根莖飲食,毫不猶豫地繼承了古代的歷史和文化。
    群島在海上,山脈,河流。即使是一個人口只有幾千人的小村莊,也繼承了世界上獨一無二的獨特發酵文化。通過系統化從東西向南傳遞的當地發酵文化,您可以深入了解日本的飲食文化和當地文化威脅的多樣性。
    從新的角度探索當地文化的魅力。我想見到繼承了數百年曆史的釀酒師。站在田野,河邊或山坡上,我想感受到那片土地上的風。
    從微生物的角度來看,我們將舉辦一個展覽,邀請您參加“發酵之旅”,重新發現動態歷史和人們生活在氣候中的生活。

     

     

    事業プロデューサー 小野裕之プレゼンツ「発酵から考えるビジネス&クリエイティブトーク」

    ゲスト:小野裕之(greenz.jp/O&G)/高橋泰(ヤマモ味噌醤油醸造元 七代目)/本村拓人(株式会社reblue 代表 株式会社Granma 代表)

    「発酵」をビジネスの視点から紐解くと…そこには世界市場が視えてくる⁈
    今回のクロストークは展覧会『Fermentation Tourism Nippon』展の事業プロデューサーを担う小野裕之さんをホストに、発酵を通した「ビジネス」「クリエイティブ」を語り尽くします!

    ゲストのヤマモ味噌醤油醸造元の七代目、高橋泰さんは自社商品の海外展開を視野に、英語表記や、既成概念に囚われない表現を充実させるなど精力的に活動をされてます。
    本村拓人さんは昨年末に秋田で行われた「ファーメンテーターズウィーク」の運営メンバーの一人として、日本が誇る発酵業界の先駆者と共にファシリテーターとして活躍されました。
    そんなお二人をゲストとしてお招きし、発酵の未来から世界市場の可能性について3人で紐解きます。

    <お申し込み方法>
    peatex公式ページよりチケットをお申し込みください。(または03-6427-2301へお電話でも受け付けております)
    尚、クラウドファンディングにて「イベントパスポート枠」付きのリターンをご支援いただいた方はご招待となりますので、無料チケットをご購入ください。(入場時にお名前を確認させていただきます。)※対象はご支援いただいたご本人に限ります

     

    Business Producer Hiroyuki Ono Presents “Business & Creative Talk from Fermentation”

    Guest: Hiroyuki Ono (greenz.jp/O&G) / Yasushi Takahashi (7th generation Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company) / Takuto Motomura (reblue Co., Ltd. representative, Granma Co., Ltd. representative)

    If you unravel “fermentation” from a business point of view … can you see the world market there?
    This year’s cross talk will be about the “business” and “creative” through fermentation, with Hiroyuki Ono, who will be the business producer of the exhibition “Fermentation Tourism Nippon” exhibition, as the host!

    Mr. Yasushi Takahashi, the 7th generation of Yamamo Miso Soy Brewery, a guest, has been energetically working to enhance English notation and expressions beyond the scope of existing concepts, with a view to overseas development of its products.
    Mr. Takuto Motomura was active as a facilitator with the pioneers of Japan’s fermentation industry, as one of the operating members of “Farmentators’ Week” held in Akita at the end of last year.
    We invite two such guests as guests, and from the future of fermentation we will solve the possibilities of the world market with three people.

    <How to apply>
    Please apply for tickets from peatex official page. (Or call us at 03-6427-2301)
    In addition, those who support the return with “event passport frame” at Cloudfunding will be invited, so please purchase a free ticket. (We will check your name at the time of admission.) ※ Target is limited to the person who received your support

     

    商業製作人小野裕之介紹“發酵的商業和創意談話”

    嘉賓:小野裕之(greenz.jp/O&G)/高橋泰(第七代Yamamo味噌醬油醸造商)/ 本村拓人(reblue Co.,Ltd。代表,Granma Co.,Ltd。代表)

    如果從商業角度解開“發酵”…你能看到那裡的世界市場嗎?
    今年的交談將是通過發酵的“商業”和“創意”,與將作為主辦方的“Fermentation Tourism Nippon”展覽的商業製作人小野裕之!

    高橋泰先生是第七代Yamamo味噌醬油醸造商的嘉賓,他一直致力於提高超出現有概念範圍的英語符號和表達方式,以期在海外開發其產品。
    本村拓人先生作為日本發酵行業先驅的推動者,是去年年底在秋田舉行的“Farmentators’Week”的運營成員之一。
    我們邀請兩位客人作為嘉賓,從發酵的未來,我們將與三個人一起解決世界市場的可能性。

    <如何申請>
    請從peatex官方頁面申請門票。(或致電03-6427-2301)
    此外,還將邀請那些在Cloudfunding支持返回“活動護照框架”的人,所以請購買免費門票。 (我們將在入學時檢查您的姓名。)※目標僅限於獲得您支持的人

     

    ご参加はこちらから
    Join us here
    加入我們

     

  • 村瀬様 “みそしるぼうや”_YAMAMO FACTORY TOUR

    「みそしるぼうや」の名義で活動される村瀬様がファクトリーツアーにご参加していただきました。発酵を通じて豊かな生活を追求することは弊社の取り組みとも共通するところが多く、ツアー後の意見交換も非常に有意義な時間となりました。昨年、蔵から採取した酵母に果実香の強いものがあり、そちらを官能していただくなど技術的な側面でも深くお話をすることができました。地域の外で弊社の活動をご理解いただく方が増えていくことを嬉しく思っております。弊社ツアーの様子を記事にしていただきました。村瀬様ありがとうございました。

     

    Mr. Murase “Misoshiru boya”_YAMAMO FACTORY TOUR

    Mr. Murase who is active in the name of “Misoshiru boya” participated in the factory tour. Pursuing a rich life through fermentation is in many ways similar to our efforts, and it was a very meaningful time to exchange ideas after the tour. Last year, there were some yeasts with strong fruit incense in the yeast collected from the storehouse, and I was able to talk deeply in the technical aspect, such as having them functioned. We are pleased to see more people understanding our activities outside the region. We had the article of our tour. Thank you very much, Mr. Murase.

     

    村瀬先生 “Misoshiru boya”_YAMAMO FACTORY TOUR

    活躍在“Misoshiruboya”名下的村瀬先生參加了工廠參觀。 通過發酵追求豐富的生活在很多方麵類似於我們的努力,這是一個非常有意義的時間來參觀旅遊後的想法。 去年,從倉庫採集的酵母中有一些帶有強烈果香的酵母,我能夠在技術方面深入談論,比如讓它們起作用。 我們很高興看到更多人了解我們在該地區以外的活動。 我們有我們巡演的文章。 非常感謝,村瀬先生。

     

     

    みそしるぼうや

    味噌の国、愛知県生まれ。はじめて甘酒を作ったとき、生きる菌の働きに感動したのが運の尽き。発酵が人生のマスターキーになりました。東京を中心に、生きる哲学を菌から学び、人間や社会のあり方を楽しく探求しています。(instagram:@misoshiru.boya)

     

    Misoshiru boya

    Born in Aichi Prefecture, the country of miso. When I first made sweet sake, I was moved by the function of the living bacteria. Fermentation has become the master key of life. Learning about living philosophy from bacteria, mainly in Tokyo, I have fun exploring the way people and society are. (Instagram: @ misoshiru.boya)

     

    Misoshiru boya

    生於味噌國愛知縣。 當我第一次製作甜酒時,我被活細菌的功能所感動。 發酵已成為生活的關鍵。 通過細菌學習生活哲學,主要是在東京,我很樂意探索人與社會的方式。 (Instagram:@ misoshiru.boya)

     

     

     

    みそしるぼうやの冒険
    Adventure of Misoshiru boya
    Misoshiru boya的冒險

     

     

    【地域味噌】YUKIDOKE(秋田県湯沢市)
    【Region miso】 YUKIDOKE (Yuzawa City, Akita Prefecture)
    【地區味噌】YUKIDOKE(秋田縣湯澤市)

     

  • YAMAMO RE:VINTAGE CORNERについて

    蔵の片付けや改築を進めていくうちに古い器や建具が見つかったり、海外渡航の中で骨董品に出逢うことが多くありました。また、ギャラリストとしてアート作品をキュレーションするだけでなく、古いものの目利きをする必要があると考えておりました。I.L.A. GALLERYに向かう一室を「YAMAMO RE:VINTAGE CORNER(ヤマモリヴィンテージコーナー)」としてオープンし、古物とそれに合う世界観のクラフト作品の扱いを始めたいと思います。「RE:VINTAGE」のRE:の言葉にはREPLAYやRESPONCEを当てはめ、名品を再び評価したり、反応したりする意味を込めた造語にしました。この取り組みから、モノの目利きとして、古くて新しい価値をお届けすることができればと思います。

     

    About YAMAMO RE:VINTAGE CORNER

    As we proceeded with cleaning up the storehouse and rebuilding, we often found old fixtures and fixtures and found antiques while traveling abroad. In addition to curating works of art as a galleryist, I also thought that it was necessary to look for old things. I would like to open a room for I.L.A. GALLERY as “YAMAMO RE: VINTAGE CORNER”, and start to treat ancient works and crafts of worldviews that fit it. The words “RE: VINTAGE” ‘s RE: applied REPLAY and RESPONCE, and made it a coined word with the meaning of re-evaluating or reacting to a masterpiece. I hope that through this initiative, we can deliver old and new value as an eye-catching item.

     

    关于YAMAMO RE:VINTAGE CORNER

    当我们继续清理仓库和重建时,我们经常在国外旅行时发现旧的固定装置和固定装置并发现了古董。 除了策划作为画家的艺术作品外,我还认为有必要寻找旧事物。 我想为I.L.A. GALLERY打开一个房间作为“YAMAMO RE:VINTAGE CORNER”,并开始处理适合它的世界观的古代作品和工艺品。 单词“RE:VINTAGE”的RE:应用REPLAY和RESPONCE,并使其成为一个创造性词语,具有重新评估或对杰作作出反应的意义。 我希望通过这一举措,我们可以提供新的和新的价值作为一个引人注目的项目。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.005を終えて

    第1部セッションでは7代目の高橋と社員の澤口、高校生起業家の篠原氏が登壇し、地域ブランディングやイヴェント開催、アート活動などの湯沢、岩崎地域のこれまでの取り組みの説明を行いました。10代、20代の若者の声と取り組みを共有し、次世代プレーヤーの出現とその力をどのように活かしていくのか話を進めました。その後、柿崎氏の尺八の生演奏を聴きながら昼食をいただきました。

    1.山菜と朝採れアスパラの天麩羅 -味噌ベースの発酵ソース
    2.兎肉の木の芽コンフィ -ヤマモ醤油とバルサミコのソース
    3.未熟南瓜と鞘大根のピクルス アイコとシドケの県産胡桃醤油マリネ
    4.桜鱒のリエットと地苺のコンフィチュール
    5.貝出汁と蕨(ワラビ)のリゾット 根曲竹と地セリを乗せて
    6.淡雪こまちの鮎醤油焼
    7.COLD BREW

    秋田の山菜などの山の幸をメインに従来の食し方にとらわれる事のない創造的な料理をご用意いただきました。昼食の時間も参加者同士がラフに話をする場面が多くあり、交流とネットワーキングの場になっておりました。

     

    Report That YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.005 Has Ended

    In the first session, the seventh-generation Takahashi, Sawaguchi, an employee, and Mr. Shinohara, a high-school entrepreneur, spoke on stage, holding regional branding and events, explaining activities in Yuzawa and Iwasaki areas. We shared the voices and efforts of teenagers and twenties, and we talked about how to use the emergence and power of the next generation players. After that, I had lunch while listening to Mr. Kakizaki’s live performance of Shakuhachi.

    1. Tempura of wild vegetables and asparagus asparagus-Miso based fermented sauce
    2. Bud sprout tree confit-Yamamo soy sauce and balsamic sauce
    3. Pickled pickled aiko and daikon radish and pickled aiko and Sidoke from the area
    4. The cherry salmon riet and the ground rice confiture
    5. Put shellfish soup and salmon risotto with bamboo root and sea seri
    6. Light snow komachi soy sauce grilled
    7. COLD BREW

    We prepared a creative dish that was not caught in the traditional way of eating mainly for the mountain vegetables such as Akita’s wild vegetables. At lunch time, there were many occasions where the participants talked roughly with each other, and it was a place of interaction and networking.

     

    YAMAMO CREATIVE SESSION_NO.005 通知召開

    在第一屆會議上,第七代高橋,澤口,一名員工,以及高中企業家篠原先生在舞台上發表講話,舉辦區域品牌和活動,解釋在湯澤和岩崎地區的活動。我們分享了青少年和二十幾歲人的聲音和努力,我們談到瞭如何利用下一代球員的出現和力量。之後,我一邊聽著柿崎先生的尺八現場表演一邊吃午飯。

    1.野生蔬菜天婦羅和蘆筍蘆筍基於味噌的發酵醬
    2.芽芽發芽樹 – YAMAMO醬油和意大利黑醋汁
    3.從該地區醃製醃製的aiko和蘿蔔蘿蔔,醃製的aiko和Sidoke
    4.櫻桃鮭魚和地面米飯
    5.把貝類湯和鮭魚燴飯放在竹根和海上
    6.小雪烤小湯醬油
    7.COLD BREW

    我們準備了一種創意菜,這種菜沒有以傳統的方式進食,主要是為了秋田的野菜等山菜。午餐時間,參與者在很多場合大致相互交談,這是一個互動和交流的場所。

     

     

     

     

     

     

     

    第2部セッションではアマナデザインのM.C. BOO氏と小野氏のプレゼンテーションから始まりました。TVや雑誌等のメージャーなメディアで誰もが知る、圧巻の広告作品群や抱えるアーティストのメンバーシップに参加者の皆さんも引き込まれていきました。さらに世界の流行としてのストリートカルチャー、ストリートアートの文脈の説明やハイブランドの戦略の事例紹介も分かりやすく、ローカルに本格的なカルチャー集団が行動を起こす期待を有り有りと感じ取ることができました。

    次に東京都市大学の古川教授にライフスタイルイノヴェーションと90歳ヒアリング、バックキャスト思考についてお話をいただき、現在進行形のローカルでのイノヴェーションの現場、事例をご紹介いただきました。学術機関が地域で行う活動は合意形成が得られやすく、また行政に対しても大きな力を発揮します。地域の方々を主体者としたイノヴェーションの実現性を感じておりました。東北大学の平野教授にもお話いただき、建築の視点から街や地域の活性化についてご意見を伺いました。

    参加者の皆様からは、ローカルからアマナに依頼した場合の料金設定の質問も飛び出し、現実的に中央のチームをローカルで取り組みを進めた場合の想定やアーティストとの関わり方など、真を捉えたディスカッションに発展していきました。

     

    古川 柳蔵 | Ryuzo Furukawa
    東京都市大学 環境学部 環境マネジメント学科 教授
    専門は環境イノヴェーション。東京大学大学院工学系研究科修了後、民間シンクタンクを経て、2005年に東京大学大学院にて博士号取得。2005年から2018年まで東北大学大学院環境科学研究科准教授で環境制約下におけるライフスタイルイノヴェーションの研究を行い、また主に社会人修士を対象としたSEMSaTコースで環境ビジネスを教える。2018年4月から現職。環境イノヴェーションプロセス研究、ライフスタイル・デザイン、ネイチャー・テクノロジー創出手法、ソリューション創出手法の研究を行っている。

    平野 勝也 | Katsuya Hirano
    東北大学 災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門 准教授
    主に石巻市、女川町での復興まちづくりに深く関わり、少しでも魅力的で持続可能なまちへと復興を遂げるべく、主に社会基盤施設について具体的な提案や様々な調整を行ってきている。それを通じて、復興まちづくりにおける様々な問題点、課題点を整理し、実践的な復興のあり方について探求を続けている。また、そうした、魅力的な街をつくっていくための基礎的な知見となる都市景観について、認知科学等を用いながら、理論から実践までの研究を展開している。

     

    The second part of the session started with a presentation by Mr. MC BOO and Mr. Ono of Amana Design. The participants were also drawn into the masterpieces of advertising works and the membership of the artists they possess, which everyone knows in major media such as TV and magazines. Furthermore, it was easy to understand the street culture as the trend of the world, the explanation of the context of the street art, and the case introduction of the strategy of the high brand, and I was able to feel that there was a hope that a serious culture group would take action locally.

    Next, Professor Furukawa of Tokyo City University gave a talk about lifestyle innovation, 90-year-old hearings, backcast thinking, and introduced on-site local innovation cases and examples. Activities conducted by academic institutions in the community are easy to reach consensus and also exert a great deal of power for administration. I felt the possibility of innovation based on local people. Professor Hirano of Tohoku University spoke to us, and we received opinions on revitalizing towns and regions from the viewpoint of architecture.

    The participants also asked questions about how to set up a fee for asking Amana from the local level, and captured the truth, such as the assumption when the central team was working on it locally and how to relate to the artist. It has evolved into a discussion.

     

    Ryuzo Furukawa
    Tokyo City University Faculty of Environment Department of Environmental Management Professor
    His specialty is environmental innovation. After completing the Graduate School of Engineering, The University of Tokyo, he received a Ph.D. As an associate professor of Graduate School of Environmental Sciences, Tohoku University from 2005 to 2018, he researches lifestyle innovation under environmental constraints, and teaches environmental business in the SEMSaT course mainly for adult master’s degree students. Incumbent from April 2018. Researching environmental innovation process, lifestyle design, nature technology creation method, solution creation method.

    Katsuya Hirano
    Associate Professor, Information Management and Social Cooperation Division, International Research Institute for Disaster Science, Tohoku University
    I am mainly involved in specific proposals and various adjustments for social infrastructure facilities in order to achieve recovery to a slightly attractive and sustainable town, with a deep involvement in revival community development mainly in Ishinomaki City and Onagawa Town. . Through that, we sort out various problems and problems in the revival community development and continue to search for the way of practical revival. Also, with regard to urban landscapes, which are the basic knowledge for creating such attractive cities, research is being conducted from theory to practice using cognitive science etc.

     

    會議的第二部分以MC BOO先生和Amana Design的小野先生的演講開始。參與者還被吸引到廣告作品的傑作和他們擁有的藝術家的成員資格,每個人都知道在電視和雜誌等主要媒體。此外,人們很容易理解街頭文化是世界潮流,街頭藝術背景的解釋,以及高品牌戰略的案例介紹,我能夠感受到一個嚴肅的文化團體會採取行動的希望。

    接下來,東京城市大學的古河教授講述了生活方式的創新,90年的聽證會,背景思維,並介紹了現場本地創新案例和例子。社區學術機構開展的活動很容易達成共識,也給行政管理帶來了很大的力量。我覺得有可能以當地人為基礎進行創新。東北大學的Hirano教授向我們講話,從建築的角度,我們收到了關於振興城鎮和地區的意見。

    參與者還詢問瞭如何設置從地方層面詢問Amana的費用的問題,並抓住了真相,例如當中心團隊在當地開展工作以及如何與藝術家聯繫時的假設。它已演變成一個討論。

     

    古川 柳蔵 | Ryuzo Furukawa
    東京城市大學環境學院環境管理系教授
    他的專長是環境創新。在完成東京大學工程研究生院後,他獲得了博士學位。 2005年至2018年擔任東北大學環境科學研究科副教授,研究環境約束下的生活方式創新,並在SEMSaT課程中主要為成人碩士生講授環境事業。自2018年4月起任職。研究環境創新過程,生活方式設計,自然技術創造方法,解決方案創建方法。

    平野 勝也 | Katsuya Hirano
    東北大學國際災害科學研究所信息管理與社會合作課副教授
    我主要參與社會基礎設施的具體建議和各種調整,以便恢復到一個稍微有吸引力和可持續發展的城鎮,主要在石卷市和女川町的複興社區發展。 。通過這一點,我們梳理了復興社區發展中的各種問題和問題,並繼續尋求實際復興的方式。此外,關於城市景觀,這是創建這樣有吸引力的城市的基本知識,正在使用認知科學等從理論到實踐進行研究。

     

     

     

     

     

     

     

    第3部セッションではアマナデザインのお二方と七代目高橋のディスカッションとなりました。ストリートとアートの関係性や会場からでた「そもそもストリートとは?」という問いに各々が答え、理解が進むという場面がありました。今回の参加者の皆様からは、タイトルや内容から理解が難しい領域と思っていたが、非常に理解がし易く、面白い回となったと複数の声をいただきました。以下に今回のスタディを書き記したいと思います。

     

    【ローカルとタクティカルアーバニズム】
    持続可能な地域形成にタクティカルアーバニズムという手法があります。長期的な変化をしていくために短期的な行動(社会実験)を行うことを推奨しており、それは特定の個人が行う地域開発ではなく市民目線の開発に繋がっていきます。また市民レベルの行動のため、最初から特段大きな予算を必要としていません。この手法は課題山積のローカルに向いており、七代目高橋がブルックリンのDUMBOプロジェクトを率いたチームから学んだものです。タクティカルアーバニズムを行う者は自由な発想(創造性)と街にゲリラ的な行動とハッキングを行う精神性が求められます。また地域には、それを認める社会=地域の合意形成が必要となります。

    【タクティカルアーバニズムとストリートカルチャー】
    今回のイベントで主題とした“STREET CULTURE x LOCAL ストリートカルチャーと地域社会”はタクティカルアーバニズムを実装する上で非常にリンクするものであると考えています。ストリートカルチャーは草の根的に街の余白や立場の弱いところから出現し、メインカルチャーをハッキングし、複雑化させ発展し、定着させます。この両者の構造が非常に似ているため、開発地域にはストリートアートが出現しやすく、またそれがシンボリックにアーティストや創造的人材を集客し、社会変革のうねりを醸成します。そのため都市開発者、社会変革者はカルチャーやアート、デザインを巧みに織り交ぜ、社会を再構築するのです。

    【今後の取り組み】
    インバウンドのための改築を通じ、弊社が位置する岩崎地域で建物の外観を中心に街の景観を作り上げるという活動をしてきました。今回のイベントでキュレーターの方々や教授陣とのディスカッションの縁を機に、弊社のやれる範囲でストリートカルチャーやアートを実装し、タクティカルアーバニズムを実践していきたいと思います。

     

    今回のイヴェントでは初めてのご参加の方々も多く、この状況での場の一体感の生み出し方にこれまでと異なった空気を感じ、スタッフ一同、もう一つ別のステージに登ることができたような感覚がありました。アマナデザインと東京都市大学、東北大学とはこれからも取り組みを続けて参ります。街にストリートカルチャーやストリートアートを実装するYAMAMO CREATIVE SESSION NO.005はヴァージョンを重ねて続けていきたいと思います。関係者の皆様、本当にありがとうございました。

    ヤマモ味噌醤油醸造元
    七代目 高橋泰

     

    In the third part of the session, it became a discussion of Amana Design and two generations Takahashi. There was a scene where each answered the question “What is the street?” From the venue and the relationship between the street and the art, and the understanding progressed. From the participants of this time, I thought that it was an area where it was difficult to understand from the title and the content, but it was very easy to understand, and I received multiple voices that it was an interesting occasion. I would like to write down this study below.

     

    [Local and tactical-urbanism]
    There is an approach called tactical-urbanism in sustainable regional formation. In order to make long-term change, it is recommended to conduct short-term actions (social experiments), which will lead to the development of a citizen’s perspective rather than the regional development conducted by a specific individual. Also, because of citizen-level action, it does not require a particularly large budget from the beginning. This method is suitable for a large area of ​​challenges, and the seventh generation Takahashi learned from the team that led the DUMBO project in Brooklyn. Those who do tactical-urbanism are required to have free ideas (creativity) and spirituality to conduct guerrilla behavior and hacking in the city. In addition, the region needs to form a social = regional agreement that recognizes it.

    [Tactical-urbanism and street culture]
    The subject of this event, “STREET CULTURE x LOCAL Street Culture and Local Communities” is considered to be a very link to the implementation of Tactical Luanism. Street culture emerges from the grassy bottom of the city and from weak places, hacking, complicating, developing and fixing the main culture. Because these two structures are very similar, it is easy for street art to appear in the development area, and it symbolically attracts artists and creative personnel, and fosters a wave of social change. Therefore, urban developers and social changers skillfully interweave culture, art and design to rebuild society.

    [How it will be done in the future]
    Through renovations for inbound, we have been engaged in activities to create a cityscape centering on the exterior of the building in the Iwasaki area where our company is located. At this event, we will implement street culture and art as far as we can, and practice tactical-urbanism, taking advantage of discussions with curators and professors.

     

    There were many first time participants at this event, and I felt a different atmosphere in how to create a sense of unity in this situation, and it was possible for all the staff to climb on another stage I had a feeling. Amana Design and Tokyo City University, Tohoku University will continue to work on it. YAMAMO CREATIVE SESSION NO.005, which implements street culture and street art in the city, would like to continue versioning. Thank you very much to everyone involved.

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company
    The 7th generation Yasushi Takahashi

     

    在會議的第三部分,它成為Amana設計和兩代高橋的討論。有一個場景,每個人都回答了“街道是什麼?”的問題。從場地和街道與藝術的關係,以及理解的進展。從這個時候的參與者,我認為這是一個很難從標題和內容中理解的領域,但它很容易理解,我收到了多個聲音,這是一個有趣的場合。我想在下面寫下這項研究。

     

    [本地和策略誘惑恐怖主義]
    在可持續的區域形成中有一種稱為戰術誘惑的方法。為了實現長期變革,建議採取短期行動(社會實驗),這將導致公民視角的發展,而不是特定個人進行的區域發展。此外,由於公民層面的行動,從一開始就不需要特別大的預算。這種方法適用於大範圍的挑戰,第七代高橋從領導布魯克林DUMBO項目的團隊中學習。那些做tactical-urbanism的人需要有自由的想法(創造力)和靈性來進行游擊行為和黑客入侵城市。此外,該地區需要形成一個承認它的社會=區域協議。

    [Tactical-urbanism和街頭文化]
    本次活動的主題“街頭文化x當地街頭文化和當地社區”被認為是與戰術欒主義實施的密切聯繫。街頭文化從城市的草地和弱勢地區出現,黑客攻擊,複雜化,發展和固定主要文化。由於這兩種結構非常相似,街頭藝術很容易出現在開發區域,它像徵性地吸引了藝術家和創作人員,並助長了一股社會變革浪潮。因此,城市開發者和社會變革者巧妙地將文化,藝術和設計交織在一起,重建社會。

    [未來的努力]
    通過對入境的翻新,我們一直致力於在我們公司所在的岩崎地區以建築物外部為中心創建城市景觀。在這次活動中,我們將盡可能地實施街頭文化和藝術,並利用與策展人和教授的討論來實踐策略誘惑。

     

    這次活動有很多第一次參加的人,在這種情況下如何營造團結感,我感受到了不同的氛圍,所有員工都有可能爬上另一個舞台我有一種感覺。 Amana Design和東京城市大學,東北大學將繼續努力。在該市實施街頭文化和街頭藝術的YAMAMO CREATIVE SESSION NO.005,希望繼續版本化。非常感謝所有參與者。

    Yamamo味噌醬油釀造商
    七代 高橋泰

     

    ///// YAMAMO CREATIVE SESSION /////
    NO.005_“STREET CULTURE x LOCAL”
    19.July.2019
    Organized by: Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.