• 新米

    白米至上主義。
    皆瀬川の麓、岩崎で採れた新米“あきたこまち”が到着した。
    主食の米を存分に味わうことのできる、秋一番の贅沢だ。
    この時期は、白米が食卓の主役になる。

    New rice
    The principle of polished rice supremacy.
    Produced new rice “Akitakomachi” arrived with foot of Minasegawa, Iwasaki.
    It is luxury first in autumn that can fully taste the rice of the staple food.
    In this time, polished rice becomes the leading role of the meal.

  • 「ひとつぶ堂」のパン

    アンティークな味わい。
    宮城県岩出山のパン屋さん「ひとつぶ堂」さんがいらっしゃいました。
    ひょんなことで「ひとつぶ堂」さんを知り、突然私が出向いて以来でした。
    農機具店を営むお父様と共存するように、
    娘さんのAyacoさんがお1人でパンをつくっています。
    店内には、使い込んだ農機具への愛情を思わせるような、
    年代物の品々が並んでいたのを覚えています。
    いただいたパンを机に並べると、
    ひとつひとつを大切にする「ひとつぶ堂」さんのモノづくりのように
    じんわりと味わい深い、アンティークのように思えるのでした。
    ひとつぶ堂
    〒989-6436
    宮城県大崎市岩出山字ニノ構169-1
    TEL&FAX/0229-72-2662
    open/10:30~18:00
    close/火・金

    Bread of “Hitotubu-dou”
    Antique tasting.
    “Hitotubu-dou” of bakery in Miyagi Prefecture Iwadeyama came.
    After it was of my proceeding suddenly of knowing accidental “Hitotubu-dou”.
    Bread is made from the house family with father who manages the farm machines and implements shop.
    I remember a lot of articles of antiquity the arrangement in the inside of a store.
    When the gotten bread was displayed to the desk, it was seen to be antique.
    It is because of the method of the work of men who value each one.
    Hitotubu-dou
    〒989-6436
    169-1,Ninokamae,Iwadeyama-aza,Osaki City,Miyagi
    TEL&FAX/0229-72-2662
    open/10:30-18:00
    close/Tuesday and Friday

    袋の中いっぱいに、まんまるのパンをいただきました!
    I middle fully got bread of the bag!

  • 鰊(ニシン)

    別名のある魚。
    正月を過ぎ、ハタハタが店頭から消える頃
    ニシンが一斉に並び始める。
    秋田でも、アイヌ語の「カド」の呼び名で通るほど
    昔から好まれている。
    また「春告魚」と書いてニシンと読むことからも、
    この魚に対する思い入れの強さが分かる。
    人の感情が名前に現れることが面白い。

    Herring
    A fish with another name.
    It is past New Year holidays, and a herring appears in the store when a sandfish disappears from the store.
    It is liked from old days so that even Akita goes with a name of “Kado” of the Ainu.
    In addition, I understand strength of the contemplation for this fish by writing it as “春告魚” in a kanji.
    It is interesting that a name shows the feelings of people.

  • ハタハタ箱買い

    飽きないもの。
    スーパーの店頭に箱入りのハタハタが並ぶ。
    待ちわびていた主婦たちで辺りが賑わう。
    秋田では年の瀬によくある光景だ。
    よくよく考えると、
    一般の主婦が魚を次々に箱買いしていくのは
    特異なことだと気付く。
    定番、飽きないもの、生活に根ざしたもの。
    いつの時代にも、そのような存在は強い。

    Hatahata box purchase
    The one not getting tired.
    Hatahata with the box lines up in the shop of super.
    The vicinity is crowded with housewives who were waiting for impatiently.
    It is a spectacle that often exists in Akita at the end of the year.
    A general housewife is a spectacle that buys the box one after another as for the fish.
    I noticed that it was peculiar.
    It is a standard, and is the one not getting tired, and the root one to life to have sat.
    Such the one survives at any time.

  • ピオーネ

    育まれたもの。
    エコファーマーの黒猫クロゴ*さんから、
    ピオーネ収穫の連絡をいただいた。
    収穫後すぐに食べて欲しいということで、わざわざ届けてもらった。
    実が大きく、しっかりした味の葡萄は当然として、
    丁寧な包装と個人個人へのメッセージカード、収穫日のお知らせ、
    日々の農作業を綴った新聞、などなど、
    それは消費者への細かい配慮のされた、すばらしいものだった。
    農作物の入ったダンボールを開けて、
    幸せな気分になったことは、正直それほどなかった。
    作り手の愛情が詰まったものは、
    このようにして育まれ、伝わっていくのだと実感した。

    Piorne
    The one brought up by zeal.
    I got it was possible to catch Piorne from eco farmer’s Mr. black cat Crogo.
    It purposely delivered it by wanting you to eat at once after it had harvested.
    This grape tastes large, thick.
    There was a newspaper that spelt information at the note card and the harvesting date to a polite wrapping and an ndividual and labour for farmings.
    As for these, detailed consideration to the consumer was done.
    There was too no what had become happy feelings when the cardboard that farm products entered was opened.
    The one that creator’s zeal was blocked was actually felt the upbringing thus, and transmitting to the consumer.