• YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.005を終えて

    第1部セッションでは7代目の高橋と社員の澤口、高校生起業家の篠原氏が登壇し、地域ブランディングやイヴェント開催、アート活動などの湯沢、岩崎地域のこれまでの取り組みの説明を行いました。10代、20代の若者の声と取り組みを共有し、次世代プレーヤーの出現とその力をどのように活かしていくのか話を進めました。その後、柿崎氏の尺八の生演奏を聴きながら昼食をいただきました。

    1.山菜と朝採れアスパラの天麩羅 -味噌ベースの発酵ソース
    2.兎肉の木の芽コンフィ -ヤマモ醤油とバルサミコのソース
    3.未熟南瓜と鞘大根のピクルス アイコとシドケの県産胡桃醤油マリネ
    4.桜鱒のリエットと地苺のコンフィチュール
    5.貝出汁と蕨(ワラビ)のリゾット 根曲竹と地セリを乗せて
    6.淡雪こまちの鮎醤油焼
    7.COLD BREW

    秋田の山菜などの山の幸をメインに従来の食し方にとらわれる事のない創造的な料理をご用意いただきました。昼食の時間も参加者同士がラフに話をする場面が多くあり、交流とネットワーキングの場になっておりました。

     

    Report That YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.005 Has Ended

    In the first session, the seventh-generation Takahashi, Sawaguchi, an employee, and Mr. Shinohara, a high-school entrepreneur, spoke on stage, holding regional branding and events, explaining activities in Yuzawa and Iwasaki areas. We shared the voices and efforts of teenagers and twenties, and we talked about how to use the emergence and power of the next generation players. After that, I had lunch while listening to Mr. Kakizaki’s live performance of Shakuhachi.

    1. Tempura of wild vegetables and asparagus asparagus-Miso based fermented sauce
    2. Bud sprout tree confit-Yamamo soy sauce and balsamic sauce
    3. Pickled pickled aiko and daikon radish and pickled aiko and Sidoke from the area
    4. The cherry salmon riet and the ground rice confiture
    5. Put shellfish soup and salmon risotto with bamboo root and sea seri
    6. Light snow komachi soy sauce grilled
    7. COLD BREW

    We prepared a creative dish that was not caught in the traditional way of eating mainly for the mountain vegetables such as Akita’s wild vegetables. At lunch time, there were many occasions where the participants talked roughly with each other, and it was a place of interaction and networking.

     

    YAMAMO CREATIVE SESSION_NO.005 通知召開

    在第一屆會議上,第七代高橋,澤口,一名員工,以及高中企業家篠原先生在舞台上發表講話,舉辦區域品牌和活動,解釋在湯澤和岩崎地區的活動。我們分享了青少年和二十幾歲人的聲音和努力,我們談到瞭如何利用下一代球員的出現和力量。之後,我一邊聽著柿崎先生的尺八現場表演一邊吃午飯。

    1.野生蔬菜天婦羅和蘆筍蘆筍基於味噌的發酵醬
    2.芽芽發芽樹 – YAMAMO醬油和意大利黑醋汁
    3.從該地區醃製醃製的aiko和蘿蔔蘿蔔,醃製的aiko和Sidoke
    4.櫻桃鮭魚和地面米飯
    5.把貝類湯和鮭魚燴飯放在竹根和海上
    6.小雪烤小湯醬油
    7.COLD BREW

    我們準備了一種創意菜,這種菜沒有以傳統的方式進食,主要是為了秋田的野菜等山菜。午餐時間,參與者在很多場合大致相互交談,這是一個互動和交流的場所。

     

     

     

     

     

     

     

    第2部セッションではアマナデザインのM.C. BOO氏と小野氏のプレゼンテーションから始まりました。TVや雑誌等のメージャーなメディアで誰もが知る、圧巻の広告作品群や抱えるアーティストのメンバーシップに参加者の皆さんも引き込まれていきました。さらに世界の流行としてのストリートカルチャー、ストリートアートの文脈の説明やハイブランドの戦略の事例紹介も分かりやすく、ローカルに本格的なカルチャー集団が行動を起こす期待を有り有りと感じ取ることができました。

    次に東京都市大学の古川教授にライフスタイルイノヴェーションと90歳ヒアリング、バックキャスト思考についてお話をいただき、現在進行形のローカルでのイノヴェーションの現場、事例をご紹介いただきました。学術機関が地域で行う活動は合意形成が得られやすく、また行政に対しても大きな力を発揮します。地域の方々を主体者としたイノヴェーションの実現性を感じておりました。東北大学の平野教授にもお話いただき、建築の視点から街や地域の活性化についてご意見を伺いました。

    参加者の皆様からは、ローカルからアマナに依頼した場合の料金設定の質問も飛び出し、現実的に中央のチームをローカルで取り組みを進めた場合の想定やアーティストとの関わり方など、真を捉えたディスカッションに発展していきました。

     

    古川 柳蔵 | Ryuzo Furukawa
    東京都市大学 環境学部 環境マネジメント学科 教授
    専門は環境イノヴェーション。東京大学大学院工学系研究科修了後、民間シンクタンクを経て、2005年に東京大学大学院にて博士号取得。2005年から2018年まで東北大学大学院環境科学研究科准教授で環境制約下におけるライフスタイルイノヴェーションの研究を行い、また主に社会人修士を対象としたSEMSaTコースで環境ビジネスを教える。2018年4月から現職。環境イノヴェーションプロセス研究、ライフスタイル・デザイン、ネイチャー・テクノロジー創出手法、ソリューション創出手法の研究を行っている。

    平野 勝也 | Katsuya Hirano
    東北大学 災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門 准教授
    主に石巻市、女川町での復興まちづくりに深く関わり、少しでも魅力的で持続可能なまちへと復興を遂げるべく、主に社会基盤施設について具体的な提案や様々な調整を行ってきている。それを通じて、復興まちづくりにおける様々な問題点、課題点を整理し、実践的な復興のあり方について探求を続けている。また、そうした、魅力的な街をつくっていくための基礎的な知見となる都市景観について、認知科学等を用いながら、理論から実践までの研究を展開している。

     

    The second part of the session started with a presentation by Mr. MC BOO and Mr. Ono of Amana Design. The participants were also drawn into the masterpieces of advertising works and the membership of the artists they possess, which everyone knows in major media such as TV and magazines. Furthermore, it was easy to understand the street culture as the trend of the world, the explanation of the context of the street art, and the case introduction of the strategy of the high brand, and I was able to feel that there was a hope that a serious culture group would take action locally.

    Next, Professor Furukawa of Tokyo City University gave a talk about lifestyle innovation, 90-year-old hearings, backcast thinking, and introduced on-site local innovation cases and examples. Activities conducted by academic institutions in the community are easy to reach consensus and also exert a great deal of power for administration. I felt the possibility of innovation based on local people. Professor Hirano of Tohoku University spoke to us, and we received opinions on revitalizing towns and regions from the viewpoint of architecture.

    The participants also asked questions about how to set up a fee for asking Amana from the local level, and captured the truth, such as the assumption when the central team was working on it locally and how to relate to the artist. It has evolved into a discussion.

     

    Ryuzo Furukawa
    Tokyo City University Faculty of Environment Department of Environmental Management Professor
    His specialty is environmental innovation. After completing the Graduate School of Engineering, The University of Tokyo, he received a Ph.D. As an associate professor of Graduate School of Environmental Sciences, Tohoku University from 2005 to 2018, he researches lifestyle innovation under environmental constraints, and teaches environmental business in the SEMSaT course mainly for adult master’s degree students. Incumbent from April 2018. Researching environmental innovation process, lifestyle design, nature technology creation method, solution creation method.

    Katsuya Hirano
    Associate Professor, Information Management and Social Cooperation Division, International Research Institute for Disaster Science, Tohoku University
    I am mainly involved in specific proposals and various adjustments for social infrastructure facilities in order to achieve recovery to a slightly attractive and sustainable town, with a deep involvement in revival community development mainly in Ishinomaki City and Onagawa Town. . Through that, we sort out various problems and problems in the revival community development and continue to search for the way of practical revival. Also, with regard to urban landscapes, which are the basic knowledge for creating such attractive cities, research is being conducted from theory to practice using cognitive science etc.

     

    會議的第二部分以MC BOO先生和Amana Design的小野先生的演講開始。參與者還被吸引到廣告作品的傑作和他們擁有的藝術家的成員資格,每個人都知道在電視和雜誌等主要媒體。此外,人們很容易理解街頭文化是世界潮流,街頭藝術背景的解釋,以及高品牌戰略的案例介紹,我能夠感受到一個嚴肅的文化團體會採取行動的希望。

    接下來,東京城市大學的古河教授講述了生活方式的創新,90年的聽證會,背景思維,並介紹了現場本地創新案例和例子。社區學術機構開展的活動很容易達成共識,也給行政管理帶來了很大的力量。我覺得有可能以當地人為基礎進行創新。東北大學的Hirano教授向我們講話,從建築的角度,我們收到了關於振興城鎮和地區的意見。

    參與者還詢問瞭如何設置從地方層面詢問Amana的費用的問題,並抓住了真相,例如當中心團隊在當地開展工作以及如何與藝術家聯繫時的假設。它已演變成一個討論。

     

    古川 柳蔵 | Ryuzo Furukawa
    東京城市大學環境學院環境管理系教授
    他的專長是環境創新。在完成東京大學工程研究生院後,他獲得了博士學位。 2005年至2018年擔任東北大學環境科學研究科副教授,研究環境約束下的生活方式創新,並在SEMSaT課程中主要為成人碩士生講授環境事業。自2018年4月起任職。研究環境創新過程,生活方式設計,自然技術創造方法,解決方案創建方法。

    平野 勝也 | Katsuya Hirano
    東北大學國際災害科學研究所信息管理與社會合作課副教授
    我主要參與社會基礎設施的具體建議和各種調整,以便恢復到一個稍微有吸引力和可持續發展的城鎮,主要在石卷市和女川町的複興社區發展。 。通過這一點,我們梳理了復興社區發展中的各種問題和問題,並繼續尋求實際復興的方式。此外,關於城市景觀,這是創建這樣有吸引力的城市的基本知識,正在使用認知科學等從理論到實踐進行研究。

     

     

     

     

     

     

     

    第3部セッションではアマナデザインのお二方と七代目高橋のディスカッションとなりました。ストリートとアートの関係性や会場からでた「そもそもストリートとは?」という問いに各々が答え、理解が進むという場面がありました。今回の参加者の皆様からは、タイトルや内容から理解が難しい領域と思っていたが、非常に理解がし易く、面白い回となったと複数の声をいただきました。以下に今回のスタディを書き記したいと思います。

     

    【ローカルとタクティカルアーバニズム】
    持続可能な地域形成にタクティカルアーバニズムという手法があります。長期的な変化をしていくために短期的な行動(社会実験)を行うことを推奨しており、それは特定の個人が行う地域開発ではなく市民目線の開発に繋がっていきます。また市民レベルの行動のため、最初から特段大きな予算を必要としていません。この手法は課題山積のローカルに向いており、七代目高橋がブルックリンのDUMBOプロジェクトを率いたチームから学んだものです。タクティカルアーバニズムを行う者は自由な発想(創造性)と街にゲリラ的な行動とハッキングを行う精神性が求められます。また地域には、それを認める社会=地域の合意形成が必要となります。

    【タクティカルアーバニズムとストリートカルチャー】
    今回のイベントで主題とした“STREET CULTURE x LOCAL ストリートカルチャーと地域社会”はタクティカルアーバニズムを実装する上で非常にリンクするものであると考えています。ストリートカルチャーは草の根的に街の余白や立場の弱いところから出現し、メインカルチャーをハッキングし、複雑化させ発展し、定着させます。この両者の構造が非常に似ているため、開発地域にはストリートアートが出現しやすく、またそれがシンボリックにアーティストや創造的人材を集客し、社会変革のうねりを醸成します。そのため都市開発者、社会変革者はカルチャーやアート、デザインを巧みに織り交ぜ、社会を再構築するのです。

    【今後の取り組み】
    インバウンドのための改築を通じ、弊社が位置する岩崎地域で建物の外観を中心に街の景観を作り上げるという活動をしてきました。今回のイベントでキュレーターの方々や教授陣とのディスカッションの縁を機に、弊社のやれる範囲でストリートカルチャーやアートを実装し、タクティカルアーバニズムを実践していきたいと思います。

     

    今回のイヴェントでは初めてのご参加の方々も多く、この状況での場の一体感の生み出し方にこれまでと異なった空気を感じ、スタッフ一同、もう一つ別のステージに登ることができたような感覚がありました。アマナデザインと東京都市大学、東北大学とはこれからも取り組みを続けて参ります。街にストリートカルチャーやストリートアートを実装するYAMAMO CREATIVE SESSION NO.005はヴァージョンを重ねて続けていきたいと思います。関係者の皆様、本当にありがとうございました。

    ヤマモ味噌醤油醸造元
    七代目 高橋泰

     

    In the third part of the session, it became a discussion of Amana Design and two generations Takahashi. There was a scene where each answered the question “What is the street?” From the venue and the relationship between the street and the art, and the understanding progressed. From the participants of this time, I thought that it was an area where it was difficult to understand from the title and the content, but it was very easy to understand, and I received multiple voices that it was an interesting occasion. I would like to write down this study below.

     

    [Local and tactical-urbanism]
    There is an approach called tactical-urbanism in sustainable regional formation. In order to make long-term change, it is recommended to conduct short-term actions (social experiments), which will lead to the development of a citizen’s perspective rather than the regional development conducted by a specific individual. Also, because of citizen-level action, it does not require a particularly large budget from the beginning. This method is suitable for a large area of ​​challenges, and the seventh generation Takahashi learned from the team that led the DUMBO project in Brooklyn. Those who do tactical-urbanism are required to have free ideas (creativity) and spirituality to conduct guerrilla behavior and hacking in the city. In addition, the region needs to form a social = regional agreement that recognizes it.

    [Tactical-urbanism and street culture]
    The subject of this event, “STREET CULTURE x LOCAL Street Culture and Local Communities” is considered to be a very link to the implementation of Tactical Luanism. Street culture emerges from the grassy bottom of the city and from weak places, hacking, complicating, developing and fixing the main culture. Because these two structures are very similar, it is easy for street art to appear in the development area, and it symbolically attracts artists and creative personnel, and fosters a wave of social change. Therefore, urban developers and social changers skillfully interweave culture, art and design to rebuild society.

    [How it will be done in the future]
    Through renovations for inbound, we have been engaged in activities to create a cityscape centering on the exterior of the building in the Iwasaki area where our company is located. At this event, we will implement street culture and art as far as we can, and practice tactical-urbanism, taking advantage of discussions with curators and professors.

     

    There were many first time participants at this event, and I felt a different atmosphere in how to create a sense of unity in this situation, and it was possible for all the staff to climb on another stage I had a feeling. Amana Design and Tokyo City University, Tohoku University will continue to work on it. YAMAMO CREATIVE SESSION NO.005, which implements street culture and street art in the city, would like to continue versioning. Thank you very much to everyone involved.

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company
    The 7th generation Yasushi Takahashi

     

    在會議的第三部分,它成為Amana設計和兩代高橋的討論。有一個場景,每個人都回答了“街道是什麼?”的問題。從場地和街道與藝術的關係,以及理解的進展。從這個時候的參與者,我認為這是一個很難從標題和內容中理解的領域,但它很容易理解,我收到了多個聲音,這是一個有趣的場合。我想在下面寫下這項研究。

     

    [本地和策略誘惑恐怖主義]
    在可持續的區域形成中有一種稱為戰術誘惑的方法。為了實現長期變革,建議採取短期行動(社會實驗),這將導致公民視角的發展,而不是特定個人進行的區域發展。此外,由於公民層面的行動,從一開始就不需要特別大的預算。這種方法適用於大範圍的挑戰,第七代高橋從領導布魯克林DUMBO項目的團隊中學習。那些做tactical-urbanism的人需要有自由的想法(創造力)和靈性來進行游擊行為和黑客入侵城市。此外,該地區需要形成一個承認它的社會=區域協議。

    [Tactical-urbanism和街頭文化]
    本次活動的主題“街頭文化x當地街頭文化和當地社區”被認為是與戰術欒主義實施的密切聯繫。街頭文化從城市的草地和弱勢地區出現,黑客攻擊,複雜化,發展和固定主要文化。由於這兩種結構非常相似,街頭藝術很容易出現在開發區域,它像徵性地吸引了藝術家和創作人員,並助長了一股社會變革浪潮。因此,城市開發者和社會變革者巧妙地將文化,藝術和設計交織在一起,重建社會。

    [未來的努力]
    通過對入境的翻新,我們一直致力於在我們公司所在的岩崎地區以建築物外部為中心創建城市景觀。在這次活動中,我們將盡可能地實施街頭文化和藝術,並利用與策展人和教授的討論來實踐策略誘惑。

     

    這次活動有很多第一次參加的人,在這種情況下如何營造團結感,我感受到了不同的氛圍,所有員工都有可能爬上另一個舞台我有一種感覺。 Amana Design和東京城市大學,東北大學將繼續努力。在該市實施街頭文化和街頭藝術的YAMAMO CREATIVE SESSION NO.005,希望繼續版本化。非常感謝所有參與者。

    Yamamo味噌醬油釀造商
    七代 高橋泰

     

    ///// YAMAMO CREATIVE SESSION /////
    NO.005_“STREET CULTURE x LOCAL”
    19.July.2019
    Organized by: Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.

     

  • YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.005 開催のお知らせ

    “即興が文化を創る”

    様々なジャンルのクリエイターがその場のセッション[即興]で文化を築いてきました。100年続く庭園を背景に創業からある家屋を改築したヤマモのロケーションでゲストを招き、クリエイターによるセッションを行います。私たちはこのセッションを通じ、新たな文化が生まれることを願っています。

     

    SESSION_No.005 “STREET CULTURE x LOCAL”

    “ストリートカルチャーと地域社会”

    Louis VuittonのデザイナーにVirgil Ablohが就任したように、ファッションやデザイン、アートなど多くの領域でストリートを発祥とした動きが活発になっています。都市開発に始まる地方創生でも、その流れは歓迎すべきもので、街を再生させる創造領域ではストリート発祥のサブカルチャーやカウンターカルチャーが起点となる場合があります。今回はアマナデザイン / オモシロ未来研究所からM.C.BOO氏と小野氏をお招きし、ストリートカルチャーと地域、地方の社会についてトークセッションを行います。

     

    Notification of YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.005 Holding

    “Improvisation creates culture”

    Creators of various genres have built culture on the occasion of the session. Guests are invited at the location of Yamamo who has rebuilt a certain house from the foundation against the backdrop of a 100-year-old garden and will hold a session by creators. Through this session we hope that a new culture will be born.

     

    SESSION_No.005 “STREET CULTURE x LOCAL”

    Community formation and its operation are the most important keys in the pursuit of regional sustainability and the continuation of human social activities. In addition, creative classes around the world generate and operate communities. The importance of communities will be huge in the coming years.In this YAMAMO CREATIVE SESSION _ 004, we invite Mr. Hiroyuki Ono who is active in a wide range of fields such as media greenz as a guest. He is a specialist in community management and monetization, and also runs a privately owned rice stand ANDON. Recently, I am also involved in the redevelopment of urban areas such as Shimokitazawa and Nihonbashi, and I would like to share their findings and recent concerns.The core of the session is to make sustainable urban formation in the area where high quality community management is to be made from the perspectives of community and work (monetization), management perspective (entrepreneurship) and urban formation (urbanism). I would like to think about the area of ​​the next generation and the way of life.

     

    YAMAMO CREATIVE SESSION_NO.005 通知召開

    “創建即興是一種文化”

    各種流派的創造者在原位會議建立了一個文化。特邀嘉賓百年之後用一個從它的背景基礎裝修房子的Yamamo的位置花園,創作者做出了會議。我們通過這次會議,我們希望新的文化誕生。

     

    SESSION_No.005 “STREET CULTURE x LOCAL””

    “社區和城市形成”

    社區的形成及其運作是追求區域可持續性和人類社會活動延續的最重要的關鍵。此外,世界各地的創意課程都會產生和運營社區。未來幾年,社區的重要性將是巨大的。在這個YAMAMO CREATIVE SESSION _ 004中,我們邀請了Onoyuki Ono先生,他積極參與媒體綠色等廣泛領域的嘉賓。他是社區管理和貨幣化方面的專家,還經營著一家私營大米架ANDON。最近,我也參與了Shimokitazawa和Nihonbashi等城市地區的重建,我想分享他們的發現和最近的關注。會議的核心是在社區和工作(貨幣化),管理視角(企業家精神)和城市形成(城市化)的角度,在高質量的社區管理領域實現可持續的城市形成。我想想想下一代的領域和生活方式。

     

     

    – REFERENCE –

    ストーリート・カルチャーが世界を変える、 ファッションが“階級”をハックする

    ストリート・アートのカラクリを暴く なぜバンクシーの“作品”は億超えするのか?

    クラブシーンが教えてくれた、クリエイターのための「経営術」

     

    【 INFORMATION 】

    2019.05.19 / 11: 30-15: 00 [Door 11: 00]
    ENTER FEE 5,000yen with Special Lunch
    *立食のご用意があるため、FBの参加ボタンだけでは確定しません。info@yamamo1867.comまでお名前、ご住所、電話番号をご記載ください。限定30席のため、参加者は抽選となる場合がございます。予めご了承ください。

     

    [ FOOD ]

    ・旬の秋田の食材を使った天ぷらなど
    シェフがその場で揚げたてを提供いたします。秋田自慢の山の幸を従来の食し方に捉われることなく創作。山の恵みをありのままにいただくメニューをご用意いたします。

     

    ヤマモ味噌醤油醸造元 / 高茂合名会社
    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.
    〒012-0801秋田県湯沢市岩崎字岩崎124
    124 Iwasaki, Yuzawa-shi, Akita 012-0801 Japan
    Tel +81 (0)183 73 2902
    E-mail info@yamamo1867.com
    *お車でお越しの方は、イヴェント専用駐車場をスタッフがご案内いたします

    主催:ヤマモ味噌醤油醸造元

     

    【 GUEST 】

    ◎M.C.BOO

    株式会社アマナデザイン
    オモシロ未来研究所 代表
    96年にビースティ・ボーイズと共演したライブがレコードになり全米デビュー。その後、脱線3としてメジャーフォースよりアルバム「バチルカ」をリリース。近年は音楽活動と共にアマナデザインで広告からアートイベントのプロデュースまで横断的に関わりながら、さまざまなメディアで独自のオモシロを伝える。

     

    ◎小野 靖之 | Yasuyuki Ono

    株式会社アマナデザイン
    オモシロ未来研究所 副代表
    2019年からアマナデザインにてコンテンツ全般のプロデュースをてがける一方、オモシロ未来研究所のわび・さび担当としてストリートカルチャーにとどまらない独自のオモシロを追求し発信。

     

    【 HOST 】

    ◎高橋 泰 | Yasushi Takahashi

    ヤマモ味噌醤油醸造元 七代目
    高茂合名会社 常務取締役
    150年続く蔵元をリブランディングし、ブランドの海外展開を開始。蔵元に残るレガシーを捉え、100年を越す庭園やカフェ、ギャラリーを整備し、産業にアートとインバウンドツアーを実装する。発酵を「生態系との共存」と捉え、世界の都市開発と社会変革の文脈を取り入れ、地域改革を進める。

     

    – REFERENCE –

    Street culture hacks the world, fashion hacks “class”

    Uncover street art Karakuri, why Banksy’s “work” goes beyond billions

    “Management skills” for creators that the club scene taught

     

    【 INFORMATION 】

    2019.05.19 / 11: 30-15: 00 [Door 11: 00]
    ENTER FEE 5,000yen with Special Lunch
    * Capacity will be 30 in advance, venue will be Yamamo Miso sauce brewer, store part under renovation
    * If you wish to participate please let us know your name, address and telephone number
    * The venue is an old building, please come in in a warmly wearing shape

     

    [ FOOD ]

    ・Tempura etc. using seasonal Akita ingredients
    The chef will provide freshly fried on the spot. Akita created a proud mountain without being caught by the traditional way of eating. We will prepare a menu to have the blessing of the mountain as it is.

     

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.
    124 Iwasaki, Yuzawa-shi, Akita 012-0801 Japan
    Tel +81 (0)183 73 2902
    E-mail info@yamamo1867.com
    * If you are coming by car, the staff will show you the parking lot dedicated to the event

    Organized by Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company

     

    【 GUEST 】

    ◎M.C. BOO

    Amana Design Inc.
    Omoshiro Future Research Institute President
    A live performance with Beastie Boys in 1996 has become a record and debuts in the United States. After that, the album “Bacilka” was released from Major Force as derailment 3. In recent years, while engaging in cross-cutting from advertising to producing art events in Amana design as well as music activities, various media are used to convey unique emoticons.

     

    ◎Yasuyuki Ono

    Amana Design Inc.
    Omoshiro Future Research Institute Vice President
    While producing content in general at Amana Design from 2019, he pursues and sends his own label, which is not limited to street culture, and is responsible for the wabi and rust of the future research institute at Omoshilo.

     

    【 HOST 】

    ◎Yasushi Takahashi

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company Seventh Generation
    Managing Director, TAKAMO & Corp
    Rebranding a warehouse that lasts for 150 years and starting overseas development of the brand. Capture the legacy that remains in Kuramoto, maintain gardens, cafes and galleries over 100 years, and implement art and inbound tours in the industry. Treating fermentation as “coexistence with ecosystems”, incorporating the context of global urban development and social change, and promoting regional reform.

     

    – REFERENCE –

    街頭文化攻擊世界,時尚黑客“階級”

    揭開街頭藝術Karakuri,為什麼班克斯的“工作”超過數十億

    俱樂部現場教授的創作者的“管理技巧”

     

    【 INFORMATION 】

    2019.05.19 / 11: 30-15: 00 [Door 11: 00]
    ENTER FEE 5,000yen with Special lunch
    *容量將提前30,場地將是Yamamo味噌醤油釀酒商,店面部分正在裝修
    *如果您想參加,請告訴我們您的姓名,地址和電話號碼
    *場地是一棟古老的建築,請穿著溫暖的形狀

     

    [ FOOD ]

    ·天婦羅等使用季節性秋田成分
    廚師將在現場提供新鮮油炸。 秋田創造了一座驕傲的山峰,沒有被傳統的飲食方式所吸引。 我們將準備一份菜單,以獲得山的祝福。

     

    Yamamo味噌醬油釀造商 / 高茂合名会社
    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.
    〒012-0801秋田縣湯澤岩崎岩崎形124
    124 Iwasaki, Yuzawa-shi, Akita 012-0801 Japan
    Tel +81 (0)183 73 2902
    E-mail info@yamamo1867.com
    *駕車前來的客人,李基水泥停車場的工作人員會引導你

    主辦單位:Yamamo味噌醬油釀造商

     

    【 GUEST 】

    ◎M.C. BOO

    Amana Design Inc.
    Omoshiro Future Research Institute President
    Omoshiro未來研究所院長
    與Beastie Boys在1996年的現場表演已成為美國的唱片和首次亮相。 之後,專輯“Bacilka”作為脫軌3從Major Force中釋放出來。 近年來,在從廣告到製作Amana設計中的藝術活動以及音樂活動的交叉中,各種媒體被用來傳達獨特的表情符號。

     

    ◎小野 裕之 | Hiroyuki Ono

    Amana Design Inc.
    Omoshiro Future Research Institute President
    Omoshiro未來研究所副院長
    從2019年開始在Amana Design製作內容時,他追求並發送自己的標籤,不僅限於街頭文化,而且還負責Omoshilo未來研究所的wabi和rust。

     

    【 HOST 】

    ◎高橋 泰 | Yasushi Takahashi

    Yamamo味噌醬釀造商 第七代
    高茂合名会社 董事總經理
    改造一個持續150年的倉庫並開始海外品牌發展。 捕捉Kuramoto遺留下來的遺產,維護花園,咖啡館和畫廊100多年,並實施行業中的藝術和入境旅遊。 將發酵視為“與生態系統共存”,結合全球城市發展和社會變革的背景,促進區域改革。

     

     

  • YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.004を終えて

    多くのコミュニティは、得てしてビジネスとして成立させることが難しく、そのために長期的な運営が困難になります。コミュニティをいかにビジネスにしていくかということよりも、いかにビジネスにできることをやりながらコミュニティを運営していけるのかが地域にとって大切なことと理解しました。世界の都市開発者はいともたやすくアートを織り交ぜ、コミュニティを生み、それらを携えた状態で都市を生きものとして扱っています。そのアプローチが建築や都市環境デザインの方向からは多かったものの、コミュニティやメディアから都市開発に向かう小野さんの在り方は、非常に興味深いものでした。

     

    Report That YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.004 Has Ended

    Many communities are difficult to obtain and form as a business, which makes long-term operation difficult. Urban developers in the world are living with and dealing with art, intermingling, living communities, living them in a transported state. On the other hand, there were many things from the direction of urban environmental design, and the way Mr. Ono was going from urban and community development to urban development was very interesting.

     

    YAMAMO CREATIVE SESSION_NO.004 通知召開

    許多社區很難獲得併形成一個企業,這使得長期運營變得困難。 世界各地的城市開發商與藝術,混合,生活社區一起生活和處理,並將他們生活在一個被運輸的國家。 另一方面,從城市環境設計的方向來看,有很多東西,小野先生從城市和社區到城市發展的方式非常有趣。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ファシリテーターの秋元さんは常にコミュニティやそれに携わる方々の視点に立ち、小野さんの時系列での考え方の変化や物事の捉え方を丁寧に聞き出していらっしゃいました。参加者の方々の疑問や活動の悩みにも焦点を当て、すべての方から意見を引き出し、小野さんがそれに答えるような時間を設けました。そこでは厳しくも「ビジネスとして成立するのか」、「個人としていられるのか」という観点で指摘が続き、それは温かい助言と捉えることができました。

     

    Mr. Akimoto, a facilitator, always listened to the perspectives of the community and people involved in it and carefully listened to Mr. Ono’s changes in thinking in the time series and how he understood things. Focusing on the questions of the participants and their worries, we drew out the opinions of all, and gave Mr. Ono a time to answer them. There continued to be pointed out strictly in terms of “does it become a business” and “can I be an individual?”, And I could think of it as warm advice.

     

    秋元先生,協調人,總是傾聽社區和參與其中的人的觀點,並仔細聆聽小野先生在時間序列中思考的變化以及他如何理解事物。 我們專注於參與者的問題和他們的擔憂,我們提出了所有人的意見,並給了小野先生一個時間來回答他們。 在“它成為一個企業”和“我能成為一個人嗎?”方面仍然嚴格指出,我認為這是一個溫馨的建議。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    活動家たちが見る夢や理想、メディアがつくり上げる未来と現実との間には、常に溝があるものです。課題解決や社会に対峙していく者にとって、それが常に命題として付き纏ってきました。それをどうやって埋めていくのか。小野さんの言葉はメディア運営や実業家、社外取締役と様々な立場と経験から得られたもので、解法を導く鋭い切り口でありながら救いのあるものが多く、参加者の方々の共感を生み出しておりました。
    人間や社会環境が生み出す時代や街、それらは生きものであり、それと付き合い、生きていく。それをどこか面白く、混沌とした社会の個人として遊び倒していけるようなものが都市開発であるとも言えます。地物を活かしたシェフの料理とお酒を嗜みながら、社会の生態系について考え、多様な意見の中で自分の個性を活かした話をしていくこの場所もまた、都市開発に似た遊びをしているような気分になりました。ご参加いただいた皆様、小野さん、秋元さん、本当にありがとうございました。

    ヤマモ味噌醤油醸造元
    七代目 高橋泰

     

    There is always a gap between the dreams and ideals that activists see, the future created by the media, and the reality. For those who solve problems and confront society, it has always been a proposition. How do you bury it? Mr. Ono’s words are derived from media management, business people, outside directors, various positions and experiences, and they are sharp cuts leading to solution methods, but there are many things that can be salvation, creating empathy for the participants. I was there.
    The times and cities created by humans and social environments are living beings, and they are associated with them and live. It can be said that urban development is something that makes it fun and fun as individuals in a chaotic society. This place that thinks about the ecosystem of the society and talks taking advantage of one’s individuality among diverse opinions while eating food and alcohol of the chef who made use of the feature also play similar to urban development I felt like I was doing it. Thank you very much for everyone who participated, Mr. Ono and Mr. Akimoto.

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company
    The 7th generation Yasushi Takahashi

     

    在活動家看到的夢想和理想,媒體創造的未來和現實之間總是存在差距。對於那些解決問題和對抗社會的人來說,它始終是一個命題。你怎麼埋葬它?小野先生的話來自媒體管理,商界人士,外部董事,各種職位和經驗,他們正在急劇削減,導致解決方法,但有許多事情可以拯救,為參與者創造同理心。我在那裡。
    人類和社會環境所創造的時代和城市都是生物,它們與它們聯繫在一起並生活著。可以說,在混亂的社會中,城市發展是一種使其充滿樂趣和樂趣的東西。在利用這個特徵的廚師的食物和酒精的同時,考慮社會的生態系統,利用個人的各種各樣的意見進行商談的地方也和城市的發展相似我覺得我在做這件事。非常感謝所有參與的人,小野先生和秋元先生。

    Yamamo味噌醬油釀造商
    七代 高橋泰

     

    ///// YAMAMO CREATIVE SESSION /////
    NO.004_“COMMUNITY x URBANISM”
    09.Mar.2019
    Organized by: Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.

     

  • YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.004 開催のお知らせ

    “即興が文化を創る”

    様々なジャンルのクリエイターがその場のセッション[即興]で文化を築いてきました。100年続く庭園を背景に創業からある家屋を改築したヤマモのロケーションでゲストを招き、クリエイターによるセッションを行います。私たちはこのセッションを通じ、新たな文化が生まれることを願っています。

     

    SESSION_No.004 “COMMUNITY x URBANISM”

    “コミュニティと都市形成”

    地域の持続可能性の追求や人間の社会的営みを継続させる意味でコミュニティ形成とその運営が最大の鍵となっています。また、世界のクリエイティヴクラスはコミュニティを発生させ、その運営も行っています。コミュニティの重要性はこれからの時代にも非常に大きなものとなるでしょう。
    今回のYAMAMO CREATIVE SESSION_004ではゲストとしてメディアgreenz等の幅広い分野で活躍する小野裕之氏をお招きします。同氏はコミュニティ運営やマネタイズのスペシャリストであり、また、個人でおむすびスタンドANDONを経営されております。最近では下北沢や日本橋など、都市部の再開発にも携わっておられ、その知見と最近の関心事をお話しいただきたいと思います。
    セッションの軸としては、コミュニティと仕事(マネタイズ)、経営的視点(アントレプレナーシップ)、都市形成(アーバニズム)を切り口とし、良質なコミュニティ運営を行う地域において、持続可能な都市形成をさせるためには何が必要なのか、次世代の地域とその生活のあり方について考えてみたいと思います。

     

    Notification of YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.004 Holding

    “Improvisation creates culture”

    Creators of various genres have built culture on the occasion of the session. Guests are invited at the location of Yamamo who has rebuilt a certain house from the foundation against the backdrop of a 100-year-old garden and will hold a session by creators. Through this session we hope that a new culture will be born.

     

    SESSION_NO.004 “COMMUNITY x URBANISM”

    Community formation and its operation are the most important keys in the pursuit of regional sustainability and the continuation of human social activities. In addition, creative classes around the world generate and operate communities. The importance of communities will be huge in the coming years.In this YAMAMO CREATIVE SESSION _ 004, we invite Mr. Hiroyuki Ono who is active in a wide range of fields such as media greenz as a guest. He is a specialist in community management and monetization, and also runs a privately owned rice stand ANDON. Recently, I am also involved in the redevelopment of urban areas such as Shimokitazawa and Nihonbashi, and I would like to share their findings and recent concerns.The core of the session is to make sustainable urban formation in the area where high quality community management is to be made from the perspectives of community and work (monetization), management perspective (entrepreneurship) and urban formation (urbanism). I would like to think about the area of ​​the next generation and the way of life.

     

    YAMAMO CREATIVE SESSION_NO.004 通知召開

    “創建即興是一種文化”

    各種流派的創造者在原位會議建立了一個文化。特邀嘉賓百年之後用一個從它的背景基礎裝修房子的Yamamo的位置花園,創作者做出了會議。我們通過這次會議,我們希望新的文化誕生。

     

    SESSION_NO.004 “COMMUNITY x URBANISM”

    “社區和城市形成”

    社區的形成及其運作是追求區域可持續性和人類社會活動延續的最重要的關鍵。此外,世界各地的創意課程都會產生和運營社區。未來幾年,社區的重要性將是巨大的。在這個YAMAMO CREATIVE SESSION _ 004中,我們邀請了Onoyuki Ono先生,他積極參與媒體綠色等廣泛領域的嘉賓。他是社區管理和貨幣化方面的專家,還經營著一家私營大米架ANDON。最近,我也參與了Shimokitazawa和Nihonbashi等城市地區的重建,我想分享他們的發現和最近的關注。會議的核心是在社區和工作(貨幣化),管理視角(企業家精神)和城市形成(城市化)的角度,在高質量的社區管理領域實現可持續的城市形成。我想想想下一代的領域和生活方式。

     

     

    – THEME –

    第一部セッション「コミュニティと仕事(マネタイズ)について」
    第二部セッション「コミュニティと経営的視点(アントレプレナーシップ)について」
    第三部セッション「コミュニティと都市形成(アーバニズム)について」

     

    [ TIME ]

    2019.03.09 / 18:30-21:30 [Door18:00]

     

    [ ENTER FEE ]

    4,500yen with Special Dinner
    *立食のご用意があるため、FBの参加ボタンだけでは確定しません。info@yamamo1867.comまでお名前、ご住所、電話番号をご記載ください。限定30席のため、参加者は抽選となる場合がございます。予めご了承ください。

     

    [ SCHEDULE ]

    18:00 開場
    18:30 挨拶(高橋)
    18:45 食事提供
    19:00 第一部セッション「コミュニティと仕事(マネタイズ)について」
    19:45 休憩
    20:00 第二部セッション「コミュニティと経営的視点(アントレプレナーシップ)について」
    20:45 休憩
    21:00 第三部セッション「コミュニティと都市形成(アーバニズム)について」
    22:00 閉会
    *日程は変更になる場合がございます

     

    [ FOOD ]

    ・猪肉ローストの薄切りと塩麹のラタトゥイユ
    ・ホタルイカの生野菜ソースのマリネ
    ・その日の野菜 温かいソースと
    ・国産オリーブとチーズのレモンオイルマリネ
    ・ヤマモ フォースープ〜トリュフの香り〜レモン胡椒添え

     

    [ DRINK ]

    ・ナチュールワイン各種
    ・スタウトビール
    ・デトックスウォーター 仕込水とローズマリー、フルーツ
    ・ヤマモ ワールドトレードコーヒー(深煎りor浅煎り)
    ・ヤマモ スパイシーレモネード(ホットorソーダ)
    *FOOD、DRINKメニューは変更になる場合がございます

     

    ヤマモ味噌醤油醸造元 / 高茂合名会社
    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.
    〒012-0801秋田県湯沢市岩崎字岩崎124
    124 Iwasaki, Yuzawa-shi, Akita 012-0801 Japan
    Tel +81 (0)183 73 2902
    E-mail info@yamamo1867.com
    *お車でお越しの方は、イヴェント専用駐車場をスタッフがご案内いたします

    主催:ヤマモ味噌醤油醸造元

     

    【 GUEST 】

    ◎小野 裕之 | Hiroyuki Ono

    1984年岡山県生まれ。
    中央大学総合政策学部を卒業後、ベンチャー企業に就職。その後、ソーシャルデザインをテーマにしたウェブマガジン「greenz . jp」を運営するNPO法人グリーンズの経営を6年務め、2018年、同法人のソーシャルデザインやまちづくりに関わる事業開発・再生のプロデュース機能をO&G合同会社として分社化、代表に就任。
    ジュエリーブランドSIRI SIRI共同代表。おむすびスタンド ANDON共同代表。

     

    【 HOST 】

    ◎高橋 泰 | Yasushi Takahashi

    ヤマモ味噌醤油醸造元 七代目
    1979年秋田県生まれ。
    千葉大学デザイン工学科建築系、東京農業大学短期大学部醸造学科卒業後、大手醸造会社で修行。その後、家業であるヤマモ味噌醤油醸造元の七代目として150年続く伝統産業を継ぐ。2011年からブランドの海外展開を開始し、醸造業の魅力を伝える一連の取組みが2013年GOOD DESIGEN賞を受賞。また、世界を旅した経験や建築、ポスターを通じた視覚的な見方、ファッションや音楽を通じた文化的な見方を持って経営を行う。
    近年は100年を越す庭園を整備し、また創業からある家屋の改築をすることで、醸造業をエンターテイメント化し、蔵元の総合体験に焦点を当てる。蔵人そのものと蔵元の行う営みに価値を見い出し、伝統的に行われてきた産業を世界の文脈に押し上げる活動を行う。

     

    【 FACILITATOR 】

    ◎秋元 悠史 | Yushi Akimoto

    1986年秋田県大仙市出身。
    新卒で入社した都内のIT企業を1年半で辞め、2010年秋に島根県海士町へ移住。隠岐島前高校魅力化プロジェクトに隠岐國学習センターのスタッフとして参画し、設立されたばかりの公立塾の高1,2生向け教科指導の企画運営からプロジェクト学習、採用、総務、経理等を担う。
    2016年4月に秋田県五城目町に移住。現在は人がより良く自分を生かす環境との出会いをつくりだす支援を軸として、大学生や高校生を対象とした教育プログラムのデザイン及びファシリテーション、五城目町への移住定住促進、ライティングなど、幅広い領域をカバーする。

     

    – THEME –

    Part 1 Session “About Community and Manetize”
    Part 2 Session “About Community and Entrepreneurship”
    Part 3 Session “About Community and Urbanism”

     

    【 INFORMATION 】

    2019.03.09 / 18: 30-22: 00 [Door 18: 00]
    ENTER FEE 4,500yen with & Special Dinner
    * Capacity will be 30 in advance, venue will be Yamamo Miso sauce brewer, store part under renovation
    * If you wish to participate please let us know your name, address and telephone number
    * The venue is an old building, please come in in a warmly wearing shape

     

    – TIME TABLE –

    Opening at 18:00
    18: 30 Greeting (Takahashi)
    18: 45 Dinner Time
    19: 00 Part 1 Session “About Community and Manetize”
    19: 45 break
    20: 00 Part 2 Session “About Community and Entrepreneurship”
    20: 45 break
    21: 00 Part 3 Session “About Community and Urbanism”
    22: 00 Closed
    * Schedule is subject to change

     

    [ FOOD ]

    ・ Sliced minced meat and salted ratatouille

    ・ Marinated raw vegetables source of firefly squid

    ・ The day’s vegetables with warm sauce

    ・ Lemon oil marinade of domestic olive and cheese

    ・ Yamamo Four soup ~ smell of truffle ~ with lemon pepper

     

    [ DRINK ]

    ・ Natural wine variety

    ・ Stout beer・ Detox water Charge water and rosemary, fruit

    ・ Yamamo World Trade Coffee (deep roasted or light roasted)

    ・ Yamamo Spicy lemonade (hot or soda)

    * In order to make the taste of the material low temperature cooking · low salinity · non-additive, it is used for sticking to Japanese sake with accented with Japanese cuisine technique and seasoning

     

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.
    124 Iwasaki, Yuzawa-shi, Akita 012-0801 Japan
    Tel +81 (0)183 73 2902
    E-mail info@yamamo1867.com
    * If you are coming by car, the staff will show you the parking lot dedicated to the event

    Organized by Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company

     

    【 GUEST 】

    ◎Hiroyuki Ono

    Born in Okayama Prefecture in 1984.After graduating from Chuo University’s Faculty of Policy Studies, he got a job at a venture company. After that, he spent six years managing the NPO corporation Greens, which operates a web magazine “greenz. Jp” with a theme of social design, and in 2018, O & G joint production function of business development and reproduction related to social design and community development of the corporation. Segregated as a company, became a representative.Co-representative of the jewelry brand SIRI SIRI. Rice Stand Stand ANDON co-representative.

     

    【 HOST 】

    ◎Yasushi Takahashi

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company Seventh Generation

    Born in Akita prefecture in 1979.
    After graduating from Department of Design Engineering, Chiba University Department of Design Engineering, Tokyo Agricultural University Junior College Department, training at a major brewery company. After that, succeeding the traditional industry which lasts 150 years as the seventh generation of Yamamo miso soy sauce brewing company which is family business. Beginning overseas expansion of brands from 2011, a series of efforts to convey the appeal of the brewing industry received the GOOD DESIGEN award in 2013. In addition, we carry out management with the experiences traveling the world, the architectural view, the visual view through the poster, the cultural viewpoint through fashion and music.
    In recent years, we have over 100 years of gardens and renovating certain houses from our founding, we will entertainment the brewery industry and focus on the comprehensive experience of Kuramoto. We find values in Kuramoto itself and the work done by Kuramoto and conduct activities to push the traditionally done industry into the context of the world.

     

    【 FACILITATOR 】

    ◎Yushi Akimoto

    Born in Daisen City, Akita Prefecture in 1986.I quit an IT company in Tokyo that I joined for a new graduate in a year and a half, and moved to Ama Town in Shimane Prefecture in the fall of 2010. Participates as a staff member of the Oki Kokugo Learning Center in the Okijima Pre-School High School Attractiveness Project, and takes charge of project learning, hiring, general affairs, accounting, etc. from planning and management of curriculum guidance for high school students who have just been established.Emigrated to Gojomachi in Akita Prefecture in April 2016. We cover a wide range of areas, such as design and facilitation of educational programs for university students and high school students, migration and settlement to Gojome town, writing, centering on support to create encounters with environments where people make better use of themselves.

     

    – THEME –

    第一部分會議 “社區與工作(貨幣化)”
    第二部分會議 “社區與管理觀點(創業)”
    第三部分會議 “社區和城市形成(阿爾巴尼亞主義)”

     

    【 INFORMATION 】

    2019.01.18 / 18: 30-22: 00 [Door 18: 00]
    ENTER FEE 4,500yen with Special Dinner
    *容量將提前30,場地將是Yamamo味噌醤油釀酒商,店面部分正在裝修
    *如果您想參加,請告訴我們您的姓名,地址和電話號碼
    *場地是一棟古老的建築,請穿著溫暖的形狀

     

    – TIME TABLE –

    開放時間為18:00
    18:30 問候(高橋)
    18:45 膳食報價
    19:00 第1部分會議“關於社區和工作(貨幣化)”
    19:45 休息
    20:00 第2部分會議“社區與管理視角(企業家精神)”
    20:45 休息
    21:00 第三部分會議“社區與城市化(阿爾巴尼亞主義)”
    22:00 關門
    *時間表可能會有變化

     

    [ FOOD ]

    ·切碎的肉末和鹽漬的料理鼠王

    ·醃製生蔬菜螢火蟲魷魚的來源

    ·當天的蔬菜配上溫暖的醬汁·國產橄欖和奶酪的檸檬油醃料

    ·Yamamo四湯〜松露的味道〜用檸檬胡椒

     

    [ Drink ]

    ·天然葡萄酒品種

    ·粗壯的啤酒

    ·排毒水加水和迷迭香,水果

    ·Yamamo World Trade咖啡(深烤或輕烤)

    ·Yamamo香辣檸檬水(熱或蘇打水)

    *為了使材料的味道低溫烹飪·低鹽度·非添加劑,它用於粘貼日本清酒,加上日本料理和調味料

     

    Yamamo味噌醬油釀造商 / 高茂合名会社
    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.
    〒012-0801秋田縣湯澤岩崎岩崎形124
    124 Iwasaki, Yuzawa-shi, Akita 012-0801 Japan
    Tel +81 (0)183 73 2902
    E-mail info@yamamo1867.com
    *駕車前來的客人,李基水泥停車場的工作人員會引導你

    主辦單位:Yamamo味噌醬油釀造商

     

    【 GUEST 】

    ◎小野 裕之 | Hiroyuki Ono

    1984年出生於岡山縣。
    從中央大學政策研究學院畢業後,他在一家風險投資公司找到了一份工作。之後,他花了六年時間管理NPO公司Greens,該公司經營一個以社會設計為主題的網絡雜誌“greenz.Jp”,並在2018年,O&G聯合製作與公司社會設計和社區發展相關的業務開發和復制功能。作為一家公司被隔離,成為一名代表。
    共同代表珠寶品牌SIRI SIRI。 Rice Stand Stand ANDON共同代表。

     

    【 HOST 】

    ◎高橋 泰 | Yasushi Takahashi

    Yamamo味噌醬釀造商 第七代

    1979年出生於秋田縣。
    畢業於千葉大學設計工程系,東京農業大學初級學院系,在一家大型啤酒公司培訓。 之後,繼續作為家族企業的第7代Yamamo味噌醬油釀造公司,持續150年的傳統產業。 從2011年開始海外擴張品牌,一系列努力傳達釀酒行業的吸引力,於2013年獲得了GOOD DESIGEN獎。 此外,我們通過環球旅行的體驗,建築觀,海報的視覺觀,時尚和音樂的文化觀來實施管理。
    近年來,我們擁有100多年的花園,並通過我們的創建改造某些房屋,我們將娛樂啤酒行業,並專注於蔵元的綜合體驗。 我們在蔵元本身和蔵元所做的工作中找到了價值,並開展了將傳統上完成的行業推向世界背景的活動。

     

    【 FACILITATOR 】

    ◎秋元 悠史 | Yushi Akimoto

    1986年生於秋田縣大仙市。
    我退出東京的一家IT公司,我在一年半的時間裡加入了一個新的畢業生,並於2010年秋季搬到了島根縣的海士町鎮。作為隠岐學前中學吸引力項目的隠岐國學習中心的工作人員,負責項目學習,招聘,總務,會計等,為剛剛成立的高中生的課程指導的規劃和管理負責。
    2016年4月移居到秋田縣的五城目町。我們涵蓋廣泛的領域,例如為大學生和高中生設計和促進教育計劃,向五城目鎮遷移和定居,寫作,以支持創造與人們更好地利用自己的環境相遇。

     

     

  • YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.003 を終えて

    ある個人が物事に強い美意識を持ち、エゴイスティックで、かつ繊細で、儚さのある、そんなどこか身勝手なものが世の中で評価をされたり、一辺倒な物事の見方を変えることができれば、その行為や姿は美しいのではないか、そんなことを感じ、考えています。
    新政の祐輔さんとは互いに家業を継いでから交流を始め、年数回ではありますが継続的にお会いしてきました。二人で本当に多くのことをお話してきたように思います。祐輔さんの体調悪化から回復の時も、私が社内で難しい判断を迫られた時も、意見交換を続けてきました。今回の弊社ギャラリーのオープンにあたり、いよいよ多くの方の前でお話する機会を設けました。

     

    Report That YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.003 Has Ended

    If an individual has a strong aesthetic sense in things, if it is evaluated in society something selfish that is egoistic, delicate, and transient, or if you can change the view of things that are overwhelming, that action I feel that such a thing or something is beautiful.
    I have been interacting with Yusuke of the new government since I succeeded in my family business and I have been seeing you continuously on a few times a year. I think that they talked about so many things. Even at the time of recovery from Yusuke ‘s physical condition deterioration, I have continued to exchange opinions even when I was forced to make difficult judgments within the company. In opening our gallery this time, we have set up opportunities to speak in front of many people. Personally there are things that are very emotional.

     

    YAMAMO CREATIVE SESSION_NO.003 通知召開

    如果一個人在事物中具有強烈的審美意識,如果在社會中評價某種自私,即自私,微妙和短暫的,或者如果你能改變對勢不可擋的事物的看法, 我覺得這樣的事情或事情是美好的。
    自從我成功開展家族生活以來,我一直在與新政府的友介互動,而且我一年幾次都在不斷地見到你。 我認為他們談到了很多事情。 即使在從Yusuke的身體狀況惡化中恢復的時候,即使我被迫在公司內部做出艱難的判斷,我也繼續交換意見。 在這次開設我們的畫廊時,我們已經設置了在許多人面前講話的機會。 就個人而言,有些事情非常情緒化。

     

    |SPECIAL THANKS|
    TAKUGO MIWA_Photograph
    EMIKA OWA_Graphic Recording (Bulldozer)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    本村さんのファシリテーションにより、まずは私と祐輔さんの出会いからこれまでの経緯、現在の活動とこれから考えていることまで、両者を対比する形で話を引き出していきました。その時その時の感覚や時代意識によって物事を判断し、それがどのように製品やサーヴィスとして業界や社会にアウトプットすべきなのか。そこには個人の美意識が意思決定の大きな部分を占めています。美学を他者と共有していくことは、積極的に行うものではないため、公開のディスカッションは稀な機会になったのだと思います。

     

    Based on Mr. Motomura’s facilitation, I first took a story from the encounter of Mr. Yusuke and Mr. Mr. Yusuke to the past, comparing the current activities and what I am thinking. At that time judge things by the sense of the time and consciousness of the times, how should it output to the industry and society as a product or service? The individual aesthetic sense occupies a large part of decision making there. I think that this discussion was a rare opportunity because it is not actively to sharing aesthetic sense with others.

     

    根據本村先生的協助,我首先講述了祐輔先生和祐輔先生遇到過去的故事,比較了當前的活動和我的想法。 當時通過時間感和時代意識判斷事物,如何作為產品或服務輸出到行業和社會? 個人審美意識佔據了決策的很大一部分。 我認為這次討論是一個難得的機會,因為它並沒有積極地與他人分享美感。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    これまで弊社で行ってきた、参加者の皆様と共につくり上げるディスカッションだけではなく、シェフによるお料理と希少酒をいただきながら行うイヴェントは、初めての連続でした。料理の準備やスタッフのオペレーションまで、多くの現場のアイディアや場のひらめきで設営が進んでいきました。金曜日の開催にも関わらず、東京や仙台からお越しいただいた方も多く、お料理やお酒を余すことなくご提供することができました。
    複数回クリエイティヴセッションにご参加されている方からは、「今回が最も参加しやすく、話の内容も提供された食事も素晴らしいものだった」と評価をいただきました。今後もご参加された皆様に、知的で美味しい場のご提供を考えていきたいと思います。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

    ヤマモ味噌醤油醸造元
    七代目 高橋泰

     

    Not only the discussion that we have been doing with us but also the discussion that we make with the participants, the event to do with the chef’s cooking and rare sake was the first time in a row. From the preparation of dishes and the operation of staff, the installation advanced with many ideas of the worksite and the inspiration of the place. Despite holding on Friday, many people who came from Tokyo and Sendai, we were able to offer cooking and alcohol without any surprises.
    From those who participated in the creative session more than once, I was evaluated that “this time was the easiest to join and the meals provided the content of the talk was wonderful”. I would like to consider offering an intelligent and tasty place to everyone who will participate in the future. Everyone who participated, thank you very much.

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company
    The 7th generation Yasushi Takahashi

     

    不僅我們與我們一起進行的討論,而且我們與參與者的討論,與廚師烹飪和稀有酒的事件是連續第一次。從準備菜餚和工作人員的操作,安裝提前了許多工地的想法和地方的靈感。儘管週五舉行了許多來自東京和仙台的人,但我們能夠毫無意外地提供烹飪和酒精。
    從那些不止一次參加創意會議的人那裡,我被評價為“這次是最容易加入的,而且提供的飯菜內容很精彩”。我想考慮為所有參與未來的人提供一個聰明而美味的地方。參加的每個人,非常感謝你。

    Yamamo味噌醬油釀造商
    七代 高橋泰

     

    ///// YAMAMO CREATIVE SESSION /////
    NO.003_“AESTHETIC x INDUSTRY”
    18.Jan.2019
    Organized by: Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.