• オーストラリアフィルムメーカーのプロモーションについて

    インバウンドでのご縁があり、昨年の夏にオーストラリアの動画製作クルーの取材を受けることになりました。事前の打ち合わせや台本もなく、投げかけられた質問に答えるかたちで撮影が続きました。撮影の中でも光の入り方や音声の聞こえ方など多くのこだわりが感じられ、タイトルの「味覚と視覚の関係性」もよく意見交換をさせていただき、言葉を選択しました。味覚と視覚について、自身がこのような説明をしていたことに、完成品を見て気付き、驚きました。日本の伝統産業を外国人の目で切り取り編集することは、日本人の私たちが改めて気付かされる場面が多いものです。それが一つの真実であり、ヤマモの側面の一部なのだと思います。ぜひ、ご覧いただきたいと思います。クルーの皆さん、ありがとうございました。
    About Australia Film Maker Promotion
    There is a relationship with inbound, and we will be interviewed by the Australian animation production crew last summer. Without prior arrangements and scripts, shooting continued in answer to the questions thrown. Even during shooting, I felt a lot of attention such as how to enter the light and how to hear the sound, I also exchanged opinions with the taste and vision of the title well and chose the words. About taste and vision, I was surprised to see the finished product, as I was doing this kind of explanation. Cutting and editing Japanese traditional industry with the eyes of foreigners is a scene where Japanese people are noticed again. I think it is one truth and it is part of the side of Yamamo. By all means, I would like to take a look. Thank you very much for your crew._mediainfo._overseas
    關於澳大利亞電影製作人推廣
    與入境有關係,去年夏天我們將接受澳大利亞動畫製作團隊的採訪。 如果沒有事先安排和劇本,射擊會繼續回答所提出的問題。 即使在拍攝過程中,我也會感受到很多關注,比如如何進入燈光以及如何聽到聲音,我也很好地與標題的品味和視覺交換了意見,並選擇了文字。 關於品味和視覺,我很驚訝地看到成品,因為我正在做這種解釋。 用外國人的眼睛剪切和編輯日本傳統產業是日本人再次被注意到的場景。 我認為這是一個事實,它是Yamamo方面的一部分。 無論如何,我想看一看。 非常感謝你的船員。



    MASTER OF JAPAN

    MISO BY DESIGN

    味覚と視覚の関係性

    私の会社は、1867年大政奉還の年に高橋茂助が水の恵みに目をつけて、そこから醸造業を始めました。今年で150年続く蔵元になります。高橋泰です。ヤマモ味噌醤油醸造元を継いで11年目になります。

    米みそは、米と大豆と塩から出来ておりまして、弊社の場合は米は地元産のあきたこまちを使用していて、大豆に関しては自社栽培の畑を一部使用して製造しております。米どころとして有名な地域なので、米の配合比率が通常の味噌の2倍から3倍いれています。

    食べてもらうまでに、視覚の情報だとか、そういった様々な五感を刺激することによって、はじめて食べてもらえるので、その入り口の導入として見た目からこだわりを入れていかなければいけないというのがひとつ。

    ただ、それだけでは実はダメで、「その味の特性を形が表現している必要がある」ということがあるので、もし新商品が出来て、革新的な味であれば革新的なパッケージでないとそれが伝わらない。伝わったとしても、その深さが違うので。

    なので、その味覚だけを追求すればよいかという話ではなくて、その味覚表現と視覚表現が密接に結びついているので、それを上手く繋ぎ合わせる作業をしなければいけないと考えているからデザインを施しています。

    和の調味料が、世界の人々に和食を伝えて、どんどんヘルシーにしていく。人々を幸せにしていくという使命を感じているところがひとつと考えています。


    MASTER OF JAPAN

    MISO BY DESIGN

    Relationship Between Taste and Vision

    My company started the brewing business from that, Mosuke Takahashi took notice of the grace of water in 1867 when it was inaugurated. It will be a warehouse last year for 150 years. It is Yasushi Takahashi. It is the eleventh year that I succeeded the yamamo miso sauce brewer.

    Rice miso is made from rice, soybean and salt, our company uses local Akitakomachi, and for soybeans we manufacture some of our own cultivation field. Because it is an area famous as a rice field, the mixing ratio of rice is twice to three times that of normal miso.

    Since it can be eaten for the first time by stimulating the various five senses such as information of the vision by eating, it is one thing that you have to put in a stubborn eye from the appearance as introduction of the entrance.

    However, because it is useless in fact, “it is necessary for the shape to express the characteristics of that taste”, so if new products are made and innovative tastes are not innovative packages It does not convey. Even if it is transmitted, its depth is different.

    So, it is not a talk about whether to pursue only that taste, but since its taste expression and visual expression are closely tied together, I think that I must work to join it well, so I give it a design It is.

    Japanese condiments convey Japanese food to the people of the world, making it healthier steadily. I think that there is one place that feels the mission of making people happy.


    MASTER OF JAPAN

    MISO BY DESIGN

    品味與視覺的關係

    我的公司從此開始了釀造事業,在1867年開始時,高橋茂助注意到了水的優雅。 去年將成為150年的倉庫。 它是高橋泰。 第十一年,我成功了山藥醬醬機。

    大米味噌由大米,大豆和鹽製成,我們公司使用當地的Akitakomachi,而大豆則製造我們自己的一些種植場。 因為它是一個以稻田聞名的地區,米飯的混合比例是普通大醬的兩倍到三倍。

    因為通過飲食刺激視覺信息等各種五官感覺,所以可以第一次吃東西,因為入口的介紹,所以必須從外表頑固地註視。

    然而,因為實際上它毫無用處,所以“形狀必須表現出這種味道的特徵”,所以如果製造新產品並且創新味道不是創新包裝 它沒有傳達。 即使傳播,其深度也不同。

    所以,這不是一個關於是否只追求這種味道的討論,但是因為它的品味表達和視覺表達緊密結合在一起,我認為我必須努力加入它,所以我給它一個設計 它是。

    日本調味品將日本食品傳達給世界人民,使其日益穩定。 我認為有一個地方感到讓人們開心的使命。

  • 記事掲載のお知らせ_MONOCLE

    イギリスのグローバルマガジン、MONOCLEのクリスマスギフトにSHIRODASHI 300mlを選んでいただきました。イギリス本国まで商品を送り、プロジェクトチームの撮影により掲載に至りました。”Stuff in your stocking Global” 「持っておきたい世界の食品」。ヤマモの製品がこちらのPantryの24製品の中にご紹介され、非常に嬉しく思います。このようなかたちで世界の国々に私たちをお伝えできること、一同、喜びを感じております。
    日本の伝統産業が進化し、次世代までに残るための手段を模索してきました。私たちはヤマモのコンセプトを世界に発信し、和食調味料が世界の人々の文化的な生活を担えることをお伝えしたいと思います。ぜひ、誌面をご覧いただきたいと思います。

    Information that our work was published

    We have chosen SHIRODASHI 300ml in the global magazine of MONOCLE Christmas gift of the UK. We are up to the UK home sends the goods, the project team has been published by shooting. “Stuff in your stocking Global” Our products are introduce in the 24 product of Pantry, I am very pleased. That you can tell us in the world of countries in this way, we have felt the joy.
    Traditional industries of Japan has evolved, we have sought a means to remain until the next generation. We want to tell that it can be originated the concept of Yamamo, Japanese seasonings support the cultural life of people around the world.We would like seeing the magazine to everyone._mediainfo._overseas

    報道刊載的告知

    我曾经在英国MONOCLE购买圣诞节礼物的全球杂志选择SHIRODASHI300毫升。我们到英国家庭发送货物,项目组已经公布拍摄。”Stuff in your stocking Global” 和“我想有全世界的粮食。”我们的产品引进茶水的24产品,我们感到非常高兴。那你可以告诉我们这样的国家的世界里,我们已经感受到了快乐。
    传统的日本产业的发展,我们已力求保持到下一代的手段。我们要告诉它可以发起Yamamo的概念,日本调味支持世界各地人们的文化生活。我想看到的杂志给大家。

    【MONOCLEについて】

    MONOCLEは、世界のプリントメディア後退が話題となる中、2007年に国際月刊誌として創刊しました。モノクルは英国ロンドンに本部を置き、国際情勢、ビジネス、文化、デザイン、ホスピタリティーを中心に毎号300ページ近い月刊誌を年間10号、日本を含む世界65カ国以上の読者に届けています。取材と撮影は本部に加え、東京、香港、ニューヨーク、トロント、イスタンブール、シンガポールの支局、そして世界の特派員ジャーナリストを合わせ自らの手で行っています。誌面は英語のみ、地域版はなく世界中で同一の雑誌が販売されています。

    創刊以来、本誌は日本を含む世界の官公庁、都市計画従事者、研究者、ビジネスマン、ファッションメゾン、建築家、起業家、ものづくり従事者や自動車、航空産業、ホテル、ホスピタリティー産業など社が網羅する世界の情勢に常に目を見張る人々に愛読され成長を続けています。現在では、24時間放送のオンラインラジオ、自らの手で撮影製作するムービーレポートをオンラインで放送し、マルチメディアとして世界で活動しています。

    [ About MONOCLE ]

    MONOCLE is, in the print media recession of the world becomes the topic, we launched as an international monthly magazine in 2007. MONOCLE is headquartered in London, UK, the international situation, we have delivered business, culture, design, each issue around a hospitality 300 pages close monthly magazine the year No. 10, in the world more than 65 countries of readers, including Japan. Interviews and shooting in addition to the headquarters, Tokyo, Hong Kong, New York, Toronto, Istanbul, we made Singapore bureau and in their own hands combined correspondent journalists of the world,. Magazine in English only, has been selling the same magazine in the world rather than regional edition.
    Since its first issue, Soldier of the world, including Japan government, urban planning professionals, researchers, businessmen, fashion Maison, architect, entrepreneur, manufacturing workers and automotive, aviation, hotel, covered in our company such as the hospitality industry always we have continued to be reading, everyone else growth in eye-popping people in situation of the world to be. At present, the 24-hour broadcast of the online radio, broadcast their own movie report to shoot production by hand online, we are active in the world as a multi-media.

    [ 关于MONOCLE ]

    MONOCLE是,在世界上的平面媒体衰退成为话题,我们推出了在2007年的国际月刊。 MONOCLE总部设在英国伦敦的国际形势下,我们已经交付的商业,文化,设计,每期围绕一个招待300页关闭月刊年第10号,在全球读者超过65个国家,包括日本。采访和拍摄,除了总部,东京,香港,纽约,多伦多,伊斯坦布尔,我们做了新加坡局,在自己的手中结合世界通讯员记者,。杂志只有英文,一直畅销同一杂志的世界,而不是地区性版本。
    自从第一个问题,战士的世界,包括日本政府,城市规划专家,学者,企业家,时尚的美美,设计师,企业家,制造业工人和汽车,航空,酒店,覆盖在我们公司,如酒店业我们总是不断被阅读,每个人都在增长令人瞠目的人在世界上的情况来定。目前,在线广播的24小时广播,广播自己的电影报告,拍摄制作手工网上,我们是活跃在世界多媒体。

    MONOCLE