• インターンの受け入れについて

    教育と就労の観点から秋田公立美術大学のインターン2名の受け入れを行いました。醸造業務の他にギフト梱包や畑作業、岩崎のフィールドワーク、他社の工場見学と多くの経験を共有しました。彼女たちは現場で手を動かすことをいとわず、素材や質感に興味を持ち、終業後も社員個人個人にインタビューを行っておりました。作業を通じて二周り以上年齢の異なる社員と打ち解けていく姿もありました。このようなものづくりの現場での世代間交流が、事業承継や代替わりと現在の社会問題を解決する一つの鍵になるのかもしれません。

    For acceptance of interns

    We did the acceptance of interns two of Akita University of Art from the point of view of education and employment. Girls had to work around the brewing business. Other gift packing and field work, Iwasaki of the history of the study, it was a factory tour and a lot of experience of others. They can look forward to moving the hand in the field, had been interested in the material and texture. And she who was doing the interview after closing to employees individuals. Girls became friends with the age of the remote employees of two or more around through work. Such is intergenerational in the field of manufacturing, it might become one of the key to solving the current social problems, such as change of ownership. _internreport

    对于接受实习生

    我们做实习生但从教育和就业的点二艺术秋田大学的认可。女孩不得不解决的酿造企业。其他礼品包装和现场工作,学习历史的岩崎,这是一个工厂参观和很多人的经验。他们可以期待移动手在现场,一直感兴趣的材质和纹理。她谁收盘员工个人以后在做采访。女孩成为朋友的两个或多个周围通过工作远程员工的年龄。这样是代间在制造领域,它可能成为关键之一是解决目前的社会问题,如所有权的改变。

    これは、二人が今まで作品製作で手を動かしてきたからこそ、得られる感覚なのでしょう。現場でものをつくり、消費者ともしっかり交流のできる次世代の蔵人とは、若くして手を動かすことに慣れた人たちの存在なのかもしれません。今の秋田にそのような若者が醸成されていることは幸せなことだと思います。

    This is precisely because two people have been moving the hand in work production until now, the feeling can be obtained a wonder. Make things in the field, the next generation of brewers that can be explained to the consumer, it might be young for a people accustomed to moving the hand. That it is building is now of such young people in Akita, I think that happy.

    这恰恰是因为两个人一直朝着生产工作的手到现在为止,感觉可以得到一个奇迹。让事情在外地,新一代酿酒商可以解释给消费者,这可能是年轻的人们习惯于移动手。它的建筑是这样的年轻人在秋田现在,我觉得高兴。

    ヤマモでの経験を個人の感覚と混ぜ合わせ、後日、二人から成果物として表現したものを届けていただきます。会社や製品の背景、そこに働く人々を伝えるためには、写真や文章だけでなく、年齢や国籍、時代を超えた有機的な手段が有効と考えます。二人が見た世界がどのように落とし込まれるのか楽しみです。またこちらでご報告したいと思います。インターンのお二人、本当にお疲れさまでした。この度のインターン、秋田公立美術大学・アーツアンドルーツ関係者の皆様、ありがとうございました。

    Experience is combined with personal sense of in Yamamo, we will deliver those at a later date, was expressed as artifacts from two people. Companies and products of background, to tell the people that work is not only photos and text, age and nationality, and considered to be effective organic representation beyond the era. Two people saw the world how to either dropped, it is fun. Also, I would like to your report here. Two people of the intern, was cheers for good work. This time of the intern, Akita University of Art, Arts and roots officials of everyone, thank you.

    经验是结合个人感觉的Yamamo,我们将提供那些在稍后的日期,表示为从两个人工件。公司与背景的产品,告诉人们,工作不仅是照片和文字,年龄和国籍,并且被认为是超越了时代,有效的有机表示。两个人看到了世界如何可以下降,很是热闹。另外,我想你的报告在这里。两个人的实习生,是干杯的良好的工作。这一次的实习生,艺术,每个人的根官员秋田大学,谢谢。

  • ヤマモのインターンシップについて

    昨今の秋田県の学生は学力が高く、優秀な人材の宝庫となりました。しかしながら、彼らの受け皿となる県内企業は限られています。弊社ヤマモはその受け皿となるべく、地域社会で機能したいと考えました。デジタルネイティヴであるニュージェネレーションの存在は、きっと私を含めた旧来の世代に革命をもたらすでしょう。

    「地域が醸成した素晴らしい文化を継承しつつ、未来に紡がれるものを残していきたい」
    それは長らく私、七代目・高橋が望んだ地域革命であり、時代を超えようとする意志です。それはきっと新しい息吹となると信じています。

    喜ばしいことに、複数言語能力ある国際教養大学の学生、鈴木 晴日(すずき はるひ)さんが、5月よりインターンシップで働いてくれています。学生と云うにはおこがましく、既に正社員の気概で仕事をこなしていただいています。ヤマモはこれにより、新しい時代の働き方を経験することができました。また未来に希望を抱ける状況に感謝しています。彼女の存在から、社に新しい機運が芽生えた気がします。
    これからもインターンシップに留まらず、ヤマモの取り組みにご理解いただく方々とお話をさせていただければと思います。よりよい地域づくり、魅力的な伝統産業の未来を創造すべく、歩みを進めていきたいと思います。これからも弊社ヤマモを、よろしくお願いいたします。
    About the internship of Yamamo.

    The student of Akita Prefecture of these days had high academic ability, and excellent talented people increased in number. However, the company within the prefecture which employs them is restricted. Our Yamamo employed them and we thought that we would like to contribute to a community. Existence of a digital native and a new generation will surely start a revolution in a conventional generation like me.
    “I would like to leave the culture spun with future, inheriting the wonderful culture in the area.”
    It is the local revolution which I and Takahashi of the seventh generation desired long. And it is the will exceeding a time. It believes that it becomes surely new breath.
    Ms. Haruhi Suzuki of the student of the international culture university which can speak English is working for our company by internship from May. Although she is a student, she is doing work like a full-time employee. Our company was able to experience how this commits a new era. Moreover, I appreciate the situation where we can have hope with future. I feel that new opportunity budded in my company from her existence.
    I think if allowed to speak with people which the measure of not only internship but Yamamo understands from now on. I would like to advance a pace that the future of a better community improvement and attractive smokestack industries should be created. I am asking for our company Yamamo well from now on. _internreport

    關於Yamamo的見習

    近來的秋田縣的學生學習成績高(貴),優秀的人材多了。然而,僱傭他們的縣內企業被限定。想敝社Yamamo僱傭他們,我們貢獻在(到)社區。數字本國人和新生代的存在,會一定像我一樣的以往的世代引起革命。

    「一邊繼承地域有的極好的文化,想給未來留下被紡的文化」
    那是久我,第七代的高橋期盼著的地域革命。並且那是打算超過時代的意志。相信那個要是一定新的呼吸。
    在敝社能說英語的國際教養大學的學生鈴木晴日先生,從5月開始見習工作著。她是不管學生,像正式職員一樣地處理著工作。敝社根據這個,能經驗新的時代工作方法。再我們對未來能抱希望的狀況表示感謝。從她的存在,向(到)我的公司新的機會想出芽做。
    我想如果可以讓我說今後不僅僅是見習還有,為Yamamo的工作請理解各位和。好基於的地區發展,應該創造富有魅力的傳統產業的未來,想推進行走。今後請多關照敝社Yamamo。

    インターン生、鈴木 晴日さんからメッセージ
    国際教養大学の鈴木晴日と申します。
    外気よりも数度気温が低くて少しひんやりとする蔵の中や、お正月料理や餅つきを思い出させる醤油や味噌の仕込みの匂い。想像していた会社とはひと味違うヤマモ味噌醤油醸造元で、私がインターンとして働き始めて1週間ほどが経ちました。
    仕事の内容は、出荷用トラックの積載確認や発送する商品の梱包など事務作業が中心です。この1週間は仕事を覚えて1つ1つをこなしていく事が精一杯で、やりたいと思っていた事まで手が回っていないというのが現状です。この現状や仕事が上手くこなせない自分にもどかしさを覚える毎日ですが、今はとにかく我慢の時期。そしてとにかくいろいろな物、事を蓄積する時期。仕事に慣れさえすれば余裕も出てくると考え、社員のみなさんに迷惑をかけながらではありますが日々勉強させてもらっています。これからは、日々の仕事に慣れると共に、自ら会社に意見や提案を出せるような人になりたいと思います。
    From Haruhi Suzuki of an intern student to a message
    This is Haruhi Suzuki, a student of Akita International University. 
    Inside of Kura is little bit cooler than outside and smell of soy sauce and miso reminds me of my mother’s dish which she cooks every New Year’s Days.
    It has been a week since I started working for Yamamo as an internship. 
    My job is mainly office work. This first week I have learned many new things and just trying to get used to them was the best I could do. I would like to be a person who can suggest idea and opinion to the company in the future. However, I need more time to learn about this business before I make any of them. Thus, I would like to learn as much as I can at first while I am getting used to daily work.
    從實習生生鈴木晴日先生信息
    我是鈴木晴日。我是Akita International University的學生。
    倉庫中比起外邊稍微涼快。醤油和醤的氣味兒使之想起母親的飯菜。
    我開始見習一週過去了。工作的內容是事務工作。這個一週由於對工作適應竭盡全力。我有很多想做事但是現在學習的時候。如果對工作適應富餘出來。公司職員的諸位告訴很多事。公司職員的諸位謝謝。我想今後成為為了公司能工作的人。

    〈 追記 〉

    サンコーホーム様のレシピブック「Kitchen Pia」にヤマモの取り組みをご紹介していただきました。同郷と云えるほどの近い距離感の企業様のメディアにご紹介いただけたこと、大変嬉しく思っております。また、ライターの伊藤さんには丁寧に取材をしていただき、本当に感謝しております。関係者の皆様、ありがとうございました。
    〈 postscript 〉
    The activity of our company Yamamo was introduced in the recipe book like the Sanko Home “Kitchen Pia.” We are very happy that you introduced to the media of the company of the suburbs. Moreover, Mr. Ito of a writer covers carefully and I am truly thankful to him. Thank you for you, the persons concerned.
    〈 補記 〉
    用Sanko Home先生的菜譜書「Kitchen Pia」被介紹了敝社Yamamo的活動。我們對在近郊的企業的媒體上(裡)能介紹感到非常高興。還有,請對打火機的伊藤先生謹慎認真地採訪,真的感謝。有關人員的大家,謝謝。