高茂合名会社 | ヤマモ味噌醤油醸造元

GOOD DESIGN AWARD 2013NATURAL BREW
  • 記事掲載のお知らせ

    3月13日付けのニュースサイトTOHOKU360で弊社ヤマモのイヴェントの様子がご紹介されました。地域の持続可能性について議論を進めるこの企画につきましては、サステナビリティについてのインプットや地域での具体的なビジネス、次世代の地域の在り方など内容が多岐に渡るため、言語化してまとめることが非常に難しいものです。だからこそ、現場で体感することが重要になります。記者の中野さんにも議論に入っていただき、様々な立場が交錯する中で記事内容をまとめていただきました。本質的に地域の未来を考えた場合、このような秩序のない状態を経て、次の一歩が見つかるのだと思います。ぜひ記事をご覧ください。
    Notice of Article Posting
    The appearance of our Yamamo’s event was introduced at the news site TOHOKU 360 dated March 13. With regard to this event, which discusses the sustainability of the region, it is very difficult to summarize the language as it has various contents such as input on sustainability, concrete business in the region, the way of the next generation region, etc. It will be difficult. That is why it is important that you experience on site. Nakano-san of the journal entered the discussion and gathered the contents of the article while various positions were intermingled. In essence thinking about the future of the region, I think that the next step can be found after such a state without order. Please take a look at the article._mediainfo
    文章發表的公告
    Yamamo事件的出現於3月13日在新聞網站TOHOKU 360上發布。 關於這個討論該地區可持續性的事件,由於它具有各種內容,如可持續性投入,該地區具體業務,下一代地區的方式等,因此很難總結該語言。 這將是困難的。 這就是為什麼你在現場體驗很重要。 該雜誌的中野先生進入討論,收集文章的內容,同時各種職位相互混合。 從本質上考慮該地區的未來,我認為下一步可以在沒有秩序的狀態下找到。 請看看這篇文章。


    「生物は死滅する時に、進化する」

    消滅可能性都市・秋田県湯沢市で生まれた「新しい場」

     秋田県の最南端に位置する湯沢市。ピーク時から人口が約4割減った消滅可能性都市のひとつだ。冬は、背丈をゆうに越す豪雪に閉ざされるこの街で、今、地元の若者と外部の人たちが手を取り合い、独特の産業や文化、人の交流を生み出そうとする新しい枠組みが生まれようとしている。会場となった創業151年の味噌醤油醸造会社の七代目は、こう語る。「生物は、絶滅の危機に瀕した時に進化する。街も同じです」。消滅可能性都市・秋田県湯沢市で今何が起きているのか、取材した。

    【中野宏一=秋田県湯沢市】

    “When living things die, they evolve”

    Destructibility possibility City / Akita prefecture “New place” born in Yuzawa city

    Yuzawa city located at the southernmost tip of Akita prefecture. It is one of the destroyable cities whose population has decreased by about 40% since the peak. In the winter, closed in heavy snow over the height of the stature, now local youth and outside people hold hands and trying to create a new framework to create unique industries, cultures and people’s interaction There. The seventh generation of Miso soy sauce brewing company in 151 years founded as a venue says: “Creatures evolve when threatened with extinction and the city is the same.” Disappearance possibility I covered what is going on in Yuzawa city, Akita prefecture.

    【Nakano Koichi = Yuzawa City, Akita Prefecture】

    “當生物死亡時,它們會發展”

    摧毀可能性在湯澤市出生的市/秋田縣“新的地方”

    位於秋田縣最南端的湯澤市。 這是可摧毀的城市之一,自巔峰以來人口減少了約40%。 在冬季,在身高的高度封閉的大雪中,現在當地的青少年和外界的人們握手並試圖創造一個新框架,創造獨特的產業,文化和人們的互動那裡。 151年來第七代味噌醬油釀造公司成立的場地說: “生物在面臨滅絕的威脅下發展,而這個城市是一樣的。” 失踪的可能性我報導了秋田縣湯澤市正在發生的事情。

    【中野宏一=秋田縣湯澤市】

    雪の降りしきる街の味噌醤油店で、人々が夢を語る

     2月25日午後、秋田県湯沢市岩崎にある「ヤマモ味噌醤油醸造元」に、50名を超える人が集まった。「湯沢プラットフォーム・キックオフイベント」と題されたイベントの会場は、創業1867年(慶応3年)の「ヤマモ」が、昔から使っていた味噌醤油醸造の建物だ。ランプが灯され、スピーカーからは洋楽が流れる。この日の湯沢市は最高気温マイナス1.7度。積雪は130センチを超え、会場の外は雪が降りしきっていた。

     寒さが人の熱気で緩んだ頃、イベントは始まる。座敷をステージに見立て、土間が客席だ。東京、仙台市、秋田市、湯沢市と異なる地域に住む7人の男女が登壇し、この街で実現したい夢を銘々語りだした。

     「湯沢に移住して、動物と人間が共生できる仕組みを作りたい」。東京都在住で、母親が秋田県出身という豊留侑莉佳さん(32)は、野生動物の保護活動の仕事をしようと米国の大学へ留学、日本のNPOで地方での事業創出の仕事をしてきた。

     「若者の声を市政に反映していきたい」。湯沢駅前で飲食店を営む高橋大輔さん(32)は、首都圏での大学進学や就職を経て湯沢に戻ったUターン組だ。この街に少しでも若者が戻ってくるようにと飲食店の開業をはじめとしたさまざまな活動を続け、昨年、若者の声をさらに街に届けるため、市議会議員に立候補し、当選した。

     このプレゼンは、必ずしも起業家を目指すためのものではない。ビジネスコンテストでもない。湯沢市の地元の人と外からやってきた人が混ざり合い、考えをぶつけ合い、湯沢という街に新しい産業や文化、交流を生み出そうを生み出そうとする試みだ。イベントは湯沢市や一般社団法人MAKOTOが昨年11月から毎月開催し、今回で4回目。にもかかわらず、開催日には東京や埼玉から多くの人々が視察に訪れる。「湯沢のこの空間は、たった4ヶ月で日本中から注目される場所になっている。こんな場所は、他にはありませんよ」。会場の進行役で、世界銀行で知識経営上級担当官も務めたこともある企業・組織内変革の専門家・荻原直紀さんが、そう驚く。

    People dream about dreams at the miso soy sauce shop in the city where snow is falling

    More than 50 people gathered on the afternoon of February 25, “Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company” located in Iwasaki, Yuzawa City, Akita Prefecture. The venue for the event entitled “Yuzawa platform · kick-off event” is the building of miso sauce brewing which “Yamamo” of foundation 1867 (3rd year of Keio) was using for a long time. The lamp is lit, and Western music flows from the speaker. Yuzawa-shi of this day is the highest temperature minus 1.7 degrees. Snow cover exceeded 130 cm, with snow falling outside the venue.

    The event starts when the coldness is relaxed by the heat of people. Appearance of the room as a stage, soil is the auditorium. Seven men and women living in areas different from Tokyo, Sendai City, Akita City and Yuzawa City got together and talked about the dreams that they would like to realize in this town.

    “I want to migrate to Yuzawa and create a mechanism that allows animals and humans to coexist.” Yurika Toyodome (32), living and living in Tokyo, whose mother was born in Akita Prefecture, has been studying at universities in the United States to work on wildlife conservation activities, and has worked in the local area with Japanese NPOs.

    “I would like to reflect the voice of young people in municipal administration.” Mr. Daisuke Takahashi who runs a restaurant in front of Yuzawa station (32) is a U-turn group who returned to Yuzawa after entering the university and finding employment in the metropolitan area. He continued various activities including opening of a restaurant to bring back young people to this town as much as possible, and in order to deliver the voice of young people to the city last year, he won the election for the city council members and won.

    This presentation is not necessarily intended to aim for entrepreneurs. It is not a business contest either. It is an attempt to create a new industry, culture and exchange in the town called Yuzawa, mixing local people in Yuzawa City with people from outside. The event was held Yuzawa City and MAKOTO corporation every month since November last year, the fourth time this time. Nonetheless, a lot of people come to visit from Tokyo and Saitama on the opening day. “This space of Yuzawa has become a place of attention from all over Japan in just 4 months, there is no other place like this.” Naoki Ogiwara, a facilitator of the venue and an expert on corporate and organizational change, also served as senior official in knowledge management at the World Bank, is surprised.

    人們夢寐以求在雪崩的城市味噌醬油店做夢

    2月25日下午,在秋田縣湯澤岩崎“Yamamo味噌醬油釀造商”,聚集了50餘人的人。在“湯澤平台啟動儀式”和題為事件時,“Yamamo”創立於1867年(1867年)的地點,但自古以來一直使用味噌醬油釀造的建設。燈亮起,西方音樂從揚聲器流出。這一天的湯澤市是最高溫度減去1.7度。雪蓋超過130厘米,場地外面積雪降落。

    當人們的熱度放鬆寒冷時,事件就開始了。作為舞台的外觀,土壤就是禮堂。東京,仙台,秋田市,7名男子,住在湯澤不同地區舞台上的女性,開始談論美眉在這個城市即將實現的夢想。

    “我想遷移到湯澤,並創建一個允許動物和人類共存的機制。”在東京居住,母親豊留侑莉佳氏是來自秋田縣(32),一直試圖在美國的大學,企業創立的農村日本NPO工作野生動物的研究保護活動的工作。

    “我想反映年輕人在市政當局的聲音。”高橋大輔先生從事湯澤站(32)餐廳,但掉頭組通過大學回到了湯澤並獲得在東京首都圈的工作。繼續各種各樣的活動,包括餐廳開回來的年輕人在這個城市,甚至一點點,去年,為了提供更城市青年的聲音,跑了市議會成員,當選。

    此演示文稿不一定旨在針對企業家。這也不是商業競賽。這是一個試圖在湯澤鎮創造一個新的產業,文化和交流,混合湯澤市的當地人與外界的人。本次活動從去年11月起每月都是湯澤市和MAKOTO公司,這次是第4次。但是,開幕當天有很多人來自東京和埼玉。 “湯澤的這個空間在短短4個月內成為日本各地關注的焦點,這裡沒有其他地方。”在會場,專家和荻原直紀公司和機構在改革中,也可在世界銀行擔任知識管理高級官員,竟然如此推動者。

    「危機感」が湯沢の若者を駆り立てた

     人口減少と少子高齢化が止まらず、「消滅可能性都市」にも指定された湯沢市。地元の若者には、この街の将来への強い危機感が共有されている。一方でその危機感こそが、若者たちの新しい挑戦を促している。「生物は、死滅する時に進化する。都市も同じだ」。そう語るのは、会場となった「ヤマモ味噌醤油醸造元」の七代目、高橋泰さん(38)だ。

     高橋さんは昨年、人口流出が止まらない湯沢のまちづくりへのヒントを得ようと、世界中を旅した。デトロイトやベルリンなど、崩壊の危機にあったにもかかわらず再生した都市を視察したのち、湯沢に必要なのは地域内外の人々が湯沢の将来について意見を自由に交換し合える場所、「プラットフォーム」だと確信した。「個人同士が互いに磨き合い、主体的に学び動く場をつくることで、湯沢の人々の醸成を図りたい」。高橋さんはこの構想を、「発酵都市」と呼ぶ。

     湯沢市の変化には、伏線がある。それは、総務省から湯沢市に副市長として派遣され、昨年3月まで2年間副市長を務めた藤井延之さんの取組みだ。「東大出身でアメリカ留学も経験したエリート官僚が来た」。そう思われた藤井さんだが、着任するとすぐに、街の若者たちと交流を始めた。地元のヒップホップイベントを主催する若者と一緒にイベントのPRソングをラップで歌ったり、鹿児島県長島町の若者らとラップで「対決」したり、高校生らとともに動画を制作したり……。地元の若者たちと仲間のように接しながら、まちに次々と新しい挑戦を仕掛けていった。

     現在は総務省に戻った藤井元副市長が湯沢市にもたらしたものは、地元の若者の言葉を借りると「閉ざされていた」という湯沢市の扉を開けて、外との交流を始め、若者たちに「自分たちは何かを変えられる」という自信を植え付けたことではないだろうか。それが、この「湯沢プラットフォーム」に繋がっている。

    “Sense of crisis” pushed Yuzawa’s youth

    Yuzawa City, which was designated as “a possibly extinct city” without declining population and declining birth rate and aging population. To the local young people, a strong sense of crisis to the future of this city is shared. Meanwhile, the sense of crisis is driving a new challenge for young people. “Animals evolve when they die, the cities are the same.” That’s what I said, Yasushi Takahashi (38), the seventh generation of Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company, who became the venue.

    Mr. Takahashi traveled all over the world last year to obtain hints for the town development of Yuzawa where population runoff does not stop. After observing the city that was rebuilt despite the collapse crisis such as Detroit and Berlin, Yuzawa needs a place where people inside and outside the region can exchange ideas freely with Yuzawa’s future, “platform” Confident. “I want to foster people in Yuzawa by individuals brushing each other and creating a place where they can learn and act on their own initiative.” Takahashi calls this concept “fermentation city”.

    Changes in Yuzawa City have hints. It is an effort of Mr. Nobuyuki Fujii who was dispatched as Deputy Mayor to Yuzawa City from the Ministry of Internal Affairs and Communications as vice mayor for two years until March last year. “An elite bureaucrat who came from the University of Tokyo and also experienced studying in the USA came.” Fujii-san thought so, but as soon as I arrived, I started interacting with young people in the city. Singing PR songs of the event with lads together with young people hosting local hip hop events, “confrontation” with young people in Nagashima town in Kagoshima prefecture, making videos with high school students … …. While touching with local young people like friends, they started a new challenge one after another in the town.

    What I brought back to the Ministry of Internal Affairs and the former Deputy Fujii mayor brought to Yuzawa City opened the door of Yuzawa City that it was “closed” when borrowing the words of local young people, I wonder if young people have planted confidence that they can change something. That is connected to this “Yuzawa platform”.

    “危機感”推動了湯澤的青春

    湯澤市被指定為“可能已滅絕的城市”,人口不斷減少,出生率下降,人口老齡化。對當地年輕人來說,這座城市的未來危機感很強。同時,危機感正在為年輕人帶來新的挑戰。 “動物在死亡時會發展,城市是一樣的。”這就是我說的,第七代“Yamamo味噌醬油釀商”高橋泰(38歲)的場地。

    去年,高橋先生去世界各地,為人口徑流不停的湯澤鎮發展提供線索。比如底特律和柏林,被訪問的城市那裡儘管在崩潰的危機打,地方的事情是,閡自由地在該地區的人民的未來交換了意見,並超越是澤需要湯澤後,這是“平台”我深信。 “我希望通過個人互相刷牙培養湯澤人,創造一個可以自主學習和行動的地方。”高橋把這個概念稱為“發酵城市”。

    湯澤市的變化有一些暗示。它被派去從內務部和交通部在湯澤一位副市長,而是努力藤井延之先生,去年誰擔任了兩年的副市長,直到三月。 “來自東京大學並且在美國留學的精英官僚人員來了。”藤井三這麼認為,但是一到我就開始和這個城市的年輕人進行互動。唱PR歌曲與當地的街舞賽事組織的年輕人,還是在青少年的“對抗”和鹿兒島縣的腿上,長島町,或高中學生製作的視頻一起事件的圈….在與當地的年輕人如朋友接觸時,他們在鎮上接連發起了新的挑戰。

    這些藤井Motofuku市長回到總務省目前正在提請湯澤市部,開湯澤說的門,借當地年輕人“已關閉”的話,包括與外界交流,我想知道年輕人是否有信心可以改變某些事情。這與這個“湯澤平台”有關。

    「危機感と希望のバランス」で生まれた湯沢プラットフォーム

     人々を「醸成」する場をつくりたいという高橋泰さんらの「湯沢プラットフォーム」に影響されて、さっそく行動に移す人々も現れている。秋田市から来た松山美幸さんは、周りの若い女性たちに「もっと自分のやりたいことをやってもいいんだよ」と背中を押す活動を始めた。松山さんは、「高橋泰さんの言葉や活動に勇気づけられた」と語る。

     湯沢市の若者を駆り立てているのは「危機感」であることは間違いない。「危機感と希望のバランスが大切だ」と高橋泰さんは強調する。絶望が強すぎればそれは諦めに変わり、希望が強すぎれば、誰も行動に移さない。

     湯沢市に生まれた新しい場「湯沢プラットフォーム」で、生まれたアイデアや人がどうなっていくのか、地元の人と外部の人が交わった新しい街ができるのか、多くの人がその行く末を見守っている。

    Yuzawa platform born in “Balance of crisis and hope”

    People who move to actions are appearing by being influenced by Yuza Takahashi’s “Yuzawa platform” who wants to create a place to “cultivate” people. Miyuki Matsuyama who came from Akita City started activities to push the backs to the surrounding young ladies, saying, “I can do what I want to do more.” Mr. Matsuyama is encouraged by the words and activities of Mr. Yasushi Takahashi.

    There is no doubt that it is “a sense of crisis” that drives youth in Yuzawa. “Balance of crisis and hope is important,” Yasushi Takahashi emphasizes. If despair is too strong it turns to give up, if hope is too strong, no one will take action.

    In the new place “Yuzawa platform” born in Yuzawa-shi, what are the ideas and people born, what new local cities where locals and outside people intersect, watch over the end of the event There.

    出生於“危機與希望的平衡”的湯澤平台

    因為想要創造“培養”人的地方,受到高橋雄雄的“湯澤平台”的影響,正在行動的人正在出現。來自秋田市的松山美幸開始活動,推動後面的周圍的年輕女士,說:“我可以做我想做的更多。”松山先生受到高橋靖先生的話和活動的鼓舞。

    毫無疑問,這是導致湯澤青年的“危機感”。 “危機和希望的平衡是重要的,”高橋泰強調。如果絕望如此強烈,它就會放棄,如果希望太強烈,沒有人會採取行動。

    在湯澤市出生的新的“湯澤平台”中,出生的想法和人物是什麼,當地人和外界人士相交的新的當地城市,觀看事件的結束那裡。

    TOHOKU360

  • 記事掲載のお知らせ

    1月26日付けの日経新聞で弊社ヤマモの取組がご紹介されました。その土地の歴史や文化を背景にした産業観光は他と重なることなくオリジナルなものとなりそれがこれからの日本の産業として大きな役割を担うという話は、産業観光を語る上で非常に重要なところです。また、その先の広域連携や地域の持続可能性に貢献することも記事の中で示唆されていると思いました。ものづくりとその背景にあるサーヴィスの整備、この両輪がブランド構築に必要と考えています。ぜひ記事をご覧ください。
    Notice of Article Posting
    The efforts of our company Yamamo was introduced in the Nikkei Newspaper dated January 26. The story that industrial sightseeing based on the history and culture of the land becomes original without overlapping with others and that it plays a big role as future Japanese industry is a very important point in talking about industrial tourism . In addition, I thought that it is suggested in the article that contributing to wide area cooperation and local sustainability further. We believe that manufacturing is a necessity for building brands, as well as the creation of services and the maintenance of services in the background. Please take a look at the article._mediainfo
    文章發表的公告
    我們公司Yamamo的努力是在1月26日發布的日經報中介紹的。 基於土地的歷史和文化的工業觀光成為原創而不重疊,作為未來的日本產業發揮巨大作用的故事是談論工業觀光的重要的一點。 另外,我認為在文章中提出要進一步促進廣域合作和地方的可持續發展。 我們認為,製造業是品牌建設的必然,在後台創造服務和維護服務。 請看看這篇文章。

    東北地方創生気になる現場 秋田・湯沢市の高茂

    体験売る蔵見学ツアー 周辺の回遊性向上も視野

     醗酵文化が盛んな秋田県内には各地に酒や味噌、醤油(しょうゆ)の蔵が残る。多くは見学者を受け入れる重要な観光コンテンツだ。有料の見学ツアーで「産業観光」を打ち出し、注目を集めているのが「ヤマモ味噌醤油」の醸造元、県南部の髙茂(湯沢市)。古い蔵が残る周辺の岩崎地域の回遊性にもつなげたい考えだ。

     創業151年の髙茂が改革路線を打ち出したのは、7代目の髙橋泰常務(38)が2006年に蔵に戻ってきてからだ。商品デザインの見直しやブランドの再構築と並行し、取りかかったのが600平方メートルを超える蔵の庭の手入れ。約3000万円を投じ、池を掘って冬季も見学者が楽しめる庭園に仕上げた。

     庭園に続いて蔵の一部も改装し、モノではなく体験を売る「ファクトリーツアー」を16年8月に始めた。映画と同等のエンターテイメント性を目標に、料金を1500円に設定。予約制で、髙橋常務自身が1時間かけて案内する。

     24本の木桶(おけ)が並ぶ昔ながらの天然醸造の一方で、味噌で通常は使わない菌でバナナに似た香りを出すなど、醸造技術の伝統と革新の両面に触れられる。これまでに300人以上が訪れ、外国人留学生や起業家と見学後に議論を交わすこともある。

    Tohoku region creative spot TAKAMO of Akita · Yuzawa city

    Experience Selling Collection Tour View of improvement of surrounding migration is also a view

    In Akita Prefecture where fermentation culture is popular, wine, miso, soy sauce (soy sauce) is kept in various places. Many are important tourist contents to accept visitors. “Petroleum tourism” is launched on a fee-based tour tour, attracting attention is the brewing source of “Yamamo Miso Soy Sauce”, Takumo in the southern part of the prefecture (Yuzawa City). It is an idea that I want to lead to the migration of the Iwasaki area around where the old warehouse remains.

    Takamo of 151 years founded a reform line since the seventh generation, Yasushi Takahashi (38) returned to warehouse in 2006. In parallel with reviewing the product design and rebuilding the brand, we took care of the garden of the collection which exceeded 600 square meters. Throwing about 30 million yen, I dug a pond and finished it in a garden that visitors can enjoy in winter.

    Following the garden, a part of the warehouse was refurbished, and “Factory Tour” which sells experience rather than things started in August 16th. Set the fee to 1500 yen with the goal of entertainment equivalent to movies. In the reservation system, Tsukasa Takahashi himself will show them over an hour.

    Besides traditional natural brewing with 24 wooden trees lined up, it is touched on both sides of tradition and innovation of brewing technology, such as giving a smell similar to banana with bacteria not normally used in miso. More than 300 people have visited so far and discussions will be made after visiting foreign students and entrepreneurs.

    東北地區的創意點 秋田·湯澤市高茂

    體驗銷售收藏之旅 周邊移民改善的觀點也是一個看法

    在發酵文化受歡迎的秋田縣,葡萄酒,味噌,醬油(醬油)被保存在各處。許多重要的旅遊內容接待遊客。 “石油旅遊”開展收費導遊,引人關注的是南部地區(湯澤市)的髙茂的“Yamamo味噌醬油”的釀造源頭。我想引導舊倉庫所在的岩崎地區的遷移。

    自第七代以來,151歲的髙茂創立了改革路線,高橋靖(38歲)於2006年回到倉庫。在審查產品設計和品牌重建的同時,我們照顧了超過600平方米的收集花園。投擲了3000萬日元左右,挖了一個池塘,在冬天可以在遊客可以享受的花園裡完成。

    繼花園後,倉庫的一部分進行了翻新,8月16日開始出售經驗而不是事物的“工廠參觀”。將收費設定為1500日元,以電影的娛樂為目標。在預約系統中,高橋司本人將在一個小時內給他們看。

    另一方面,傳統的天然釀造方法,用24棵木頭排列起來,既可以觸及釀造技術的傳統和創新的兩個方面,例如與通常不用於味噌的細菌類似的香蕉。 到目前為止已有300多人參觀,訪問外國學生和企業家後將進行討論。

     以外な重要もあった。地元ホテルと和服を着て蔵の中で撮影するプランを販売したところ「ロケーションがいい」と好評だった。醸造所見学の通常の産業観光にとどまらず、新しく掘り起こした観光需要に応えられた事例といえそうだ。

     最近は蔵を舞台に東京や世界で活躍するクリエーターを招いて開放的な議論を交わす「ヤマモ クリエーティブセッション」も回数を重ねている。地域に関わる交流人口を増やす「震源地」になりつつある。

     岩崎地区はかつて城下町や宿場町として栄え、酒や味噌、醤油の蔵が6件あった。現在も髙茂から徒歩5分圏内に、昔ながらの手作りで知られる味噌醤油醸造の「石孫本店」が残る。蔵を改築したカフェ「ももとせ」などとも連携して訪れた人の回遊性を高めれば、地域としての魅力や活力の向上が期待できる。

     髙茂は17年12月、経済産業省から「地域未来牽引(けんいん)企業」に選ばれた。今後は地域で、一体感ある外観塗装や遊休地を生かした共通駐車場などを提案していく考えだ。

     産業観光という手法も、髙茂を先進事例として県内全域に広がりつつある。資金面やマッチングなどで支援するのが秋田銀行だ。同行が17年に開いた「あきぎん産業観光ビジネスプランコンテスト」で髙茂を含む3者が受賞した。

     同行地域サポート部の担当者は「産業観光を面的発信して観光振興のみならず事業者の本業支援にもつなげたい」と話す。髙橋常務は「産業観光はすべての産業が実装可能で、少額の投資でもエンターテイメントにできる可能性がある」と強調している。

    There was also important other than. When I sold a plan to shoot in the warehouse with a local hotel and Japanese clothing, it was popular that “Location is good”. It seems to be a case that responds to the newly discovered tourism demand as well as ordinary industrial tourism tour of the brewery tour.

    Recently, “Yamamo Creative Session” which invites creators who are active in Tokyo and the world to exchange open discussions on the gallery as a stage has been repeated many times. It is becoming an “epicenter” that increases the community involvement in the area.

    The Iwasaki area once flourished as castle towns and lodging towns, with 6 stores of sake, miso and soy sauce. Currently within 5 minutes walking distance from Takamo, old stone grandson shop of miso soy sauce brewing which is known hand crafted remains. If you improve the migration of people who visited in cooperation with the cafe “Momotose” which remodeled the warehouse, etc., it can be expected to improve the appeal and vitality of the area.

    In December 2005, Takamo was elected “Ministry of Economy, Trade and Industry” “Regional Future Towing Companies”. From now on, I plan to propose a common parking lot that makes use of idle landscaping appearance paint and idle land in the area.

    The method of industrial tourism is also spreading throughout the prefecture as an advanced case of Takumo. It is the Akita Bank that supports financing and matching. Three people, including Shigeru, won the award in the “Akinin Industrial Tourism Business Plan Contest” held by the bank in 17 years.

    A person in charge of the regional support department of the same school said, “We want to connect industrial tourism support not only to tourism promotion but also to business support of the business, by disseminating industrial tourism in a plane.” Takahashi, Managing Director, emphasizes, “Industrial tourism can be implemented by all industries, there is a possibility of entertainment even with a small investment.”

    除此之外還有其他重要的事情。 當我在當地的酒店和日本的服裝在倉庫出售計劃拍攝的時候,“位置好”受歡迎。 似乎是對新發現的旅遊需求以及啤酒之旅的普通工業旅遊的回應。

    最近邀請活躍在東京和世界的創造者在畫廊作為舞台進行公開討論的“Yamamo Creative Session”多次重複。 它正在成為增加社區參與這個地區的“震中”。

    岩崎地區曾經作為城鎮和住宿城鎮繁榮起來,有6家清酒,味噌和醬油商店。 目前,從髙茂步行5分鐘的距離,已知手工製作的味噌醬油釀造的老石孫店仍然存在。 如果改善了與改造倉庫等的咖啡店“Momotose”合作訪問的人的遷移,可以期待提高該地區的魅力和活力。

    2005年12月,髙茂被選為“經濟產業省”“地區未來拖車公司”。 今後,我打算提出一個利用閒置景觀漆和閒置土地的公共停車場。

    工業旅遊的方法也作為髙茂的先進案例在全州蔓延。 支持融資和配對的是秋田銀行。 17年來,包括茂榮在內的三人在銀行舉辦的“金陵工業旅遊商業計劃競賽”中獲獎。

    銀行區域支持部負責人表示:“我希望通過在飛機上傳播工業旅遊,把工業旅遊的支持不僅僅局限於觀光宣傳,還要支持企業的業務支持。” 董事總經理高橋強調:“工業旅遊可以由所有行業實施,即使投資小也有娛樂的可能性”。

  • 番組放送のお知らせ

    タイのドキュメンタリーテレビ番組「Cheewitdeedee」にて弊社ヤマモを取材していただきました。番組内容は俳優のPunjan Pramaさんが秋田を訪れ、ご本人が体験したことをご自身で写真撮影しながらご紹介していくというものです。Punjanさんは爽やかでありながら気さくな方で一緒に写真を撮ったりとチームスタッフの皆さんと良い雰囲気の中、撮影が行われました。またテレビ番組だけではなく、事前取材やライフスタイルマガジンの” WOM JAPAN “製作など日本とタイの制作チームの双方が機能し、合同で秋田のPRを進めていきました。1月にはタイでこの番組を通じた交流イヴェントが開催され、ヤマモの商品を使ったスープの提供も行われます。
    弊社インバウンドの取り組みが一つの成果を得たようで嬉しく思っております。国や地域、文化を問わず伝統産業やそれに付随したストーリーがエンターテイメントとして伝わっていくことに期待しています。Punjanさん、スタッフの方々、本当にありがとうございました。
    Notification of The Program Broadcasting
    We interviewed our company Yamamo at Thai documentary television program “Cheewitdeedee”. Punjan Prama of the actor visited Akita for the content of the program and introduce it while photographing himself with what he himself experienced. Mr. Punjan was filming in a good atmosphere with the team staff, taking pictures with people who are refreshing but also friendly. Both Japanese and Thai production teams such as pre-interview and lifestyle magazine “WOM JAPAN” production worked, not only on television programs but also on promoting PR of Akita jointly. The exchange event through this program is held in Thailand in January, and the soup using Yamamo’s products is also provided.

    We are pleased that our inbound initiative seems to have achieved one result. I hope that traditional industries and accompanying stories will be transmitted as entertainment regardless of country, region, or culture. Thank you very much, Mr. Punjan, the people of the staff. _mediainfo.

    電視節目廣播的通告

    我們在泰國紀錄片電視節目“Cheewitdeedee”採訪了我們公司的Yamamo。該演員的Punjan Prama參觀了該節目的內容,並在介紹它的同時用自己的經歷拍攝了自己。 Punjan先生在與團隊工作人員的良好氛圍中拍攝,與令人耳目一新,但也友好的人拍照。除了電視節目之外,日本和泰國的製作團隊也共同合作,如預備訪問和時尚雜誌的“WOM JAPAN”製作,共同推動秋田公關。 1月份在泰國舉辦交流活動,還提供使用Yamamo產品的湯。

    我们很高兴我们的入站计划似乎取得了一个成果。我希望传统产业和相关的故事不论是国家,地区,还是文化,都要作为娱乐传播。 Punjan,工作人员非常感谢你。

  • 記事掲載のお知らせ

    感謝と地域の想いを伝えるローカルマガジン「ゆざわ人」に記事が掲載されております。ふるさと納税をした方に送られる湯沢市発行の季刊誌になります。湯沢で暮らす人に焦点を当て様々なジャンルの人たちに焦点が当たっています。そのため七代目・高橋のインタヴューが中心となっておりますが、ヤマモの商品や取り組みのみならず、ファクトリーツアーについても詳しくご紹介をいただいております。記事内容を以下にご紹介をいたします。ぜひ、ご覧ください。
    Notice of Article Posting
    An article is posted on the local magazine “Yuzawa-Jin” who communicates appreciation and local feelings. It will be a quarterly magazine issued by Yuzawa City sent to those who have taken taxes. I focus on people living in Yuzawa and focus on people of various genres. For that reason, interviews with Takahashi are the centerpiece of the seventh generation, but not only for Yamamo’s products and efforts, but also for factory tours are introduced in detail. I will introduce the content of the article below. Please take a look._mediainfo
    文章發表的公告
    一篇文章張貼在當地的雜誌“湯澤人”上,他們傳達了感恩和當地的感受。 這是由澤澤市發給那些已徵稅的季刊。 我專注於生活在湯澤的人,專注於各種流派的人。 因此,與高橋的訪談是第七代的核心部分,不僅對於Yamamo的產品和努力,還對工廠參觀進行了詳細的介紹。 我將介紹以下文章的內容。 請看看


    ◎感謝と地域の想いを伝えるローカルマガジン「ゆざわ人」

    ”伝統産業である日本の醸造業、その価値を世界に伝えたい。”

    ヤマモ味噌醤油醸造元 / 髙茂合名会社

    常務取締役

    髙橋 泰さん(37歳)

    醤油・味噌の蔵元として150年続く老舗で、代々継承される名跡「髙橋茂助」の7代目。地域で愛され続けてきた味を守りながら、世界市場への新たな展開を目指している。

    ◎ Local magazine that conveys appreciation and local feelings “Yuzawa people”

    “I want to tell the world the value of the brewing industry in Japan, which is a traditional industry.”

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.

    Managing Director

    Yasushi Takahashi (37 years old)

    It is a long-established store lasting 150 years as a sauce and miso brewer, the seventh generation of the famous race “Mosuke Takahashi”. While pursuing the taste that has continued to be loved in the region, we are aiming for a new development to the global market.

    ◎傳達欣賞和當地情感的本土雜誌“湯澤人”

    “我想告訴世界,在傳統產業的日本的釀造行業的價值。”

    Yamamo味噌醬油釀造商 / 髙茂合名会社

    董事總經理

    髙橋 泰(37歲)

    這是一個長達150年的醬油和味噌釀造商,著名種族“髙橋茂助”的第七代。 在追求在該地區繼續受到愛好的品味的同時,我們也致力於全球市場的新發展。

    ”伝統産業ベンチャーの礎”

     幕末の時代から、「髙橋茂助」という名跡を代々受け継ぐ老舗の味噌醤油醸造元が、秋田県湯沢市にあります。そんな家系に生まれながら、「若い頃は、全く継ぎたいと思いませんでした。」と言う、髙橋さん。しかし、心のどこかで「罪の意識」のようなものがあったそうです。

     髙橋さんは、高校卒業後に千葉大学のデザイン工学部に進学。故郷から離れ、様々な刺激を受け、バックパッカーとして海外へも旅行し、やりたいことや好きなことに没頭したと言います。それが後に、家業の新規市場開拓や海外展開に大きな影響を与えることになります。

     大学卒業後、秋田の家業を継ぐことを見据えて、東京農業大学の短期大学部(短期醸造学科)に入学。2年間、醸造学を学んだ後、大手醤油メーカーに入社。社会人として商品開発を学び、実家へと戻りました。その時、27歳。そこで、故郷の現実と向き合うことになります。実家の現場は、これまで学んできたことと違うことばかりで、苦悩したと言います。

    “Foundation of traditional industrial venture”

    From the end of the Tokugawa period, a well-established Miso soy sauce brewer that inherits the famous “Takahashi Mosuke” from generation to generation is in Yuzawa City, Akita Prefecture. While born in such a family, Takahashi says “When I was young I did not want to succeed at all.” However, somewhere in my heart there seemed to be something like “consciousness of sin”.

    Takahashi entered the Faculty of Design Engineering at Chiba University after graduating from high school. Saying away from home, being stimulated variously, traveling abroad as a backpacker, he said he was absorbed in what he / she wants to do and what he likes. It will have a major impact on the development of new markets in the family business and overseas expansion later.

    After graduating from university, I entered the Department of Junior College (short-term brewery course) of Tokyo Agricultural University with a view to succeeding Akita’s family business. After joining a major soy sauce maker after studying brewing studies for two years. I studied product development as a society and returned to my parents’ house. At that time, 27 years old. Therefore, it will face the reality of my hometown. I say that my parents’ site is distressed from what I have learned so far and suffered.

    “傳統工業創業基金會”

    從江戶時代起,“髙橋茂助”繼承代代相傳的名跡是歷史悠久的味噌醬油釀造源,位於秋田縣湯澤。在這樣一個家庭出生的時候,高橋先生說:“年輕時,我根本就不想成功。”然而,在我心裡,似乎有一些像“罪的意識”。

    高橋畢業後,高橋先生進入千葉大學設計工程系。出門在外,接受各種刺激,還到國外作為一個背包客,它說,沉浸在你想要做什麼和喜歡它。這將對以後的家庭企業和海外擴張的新市場的發展產生重大影響。

    大學畢業後,由於預計接管家族企業的秋田後,他就讀於農業(短期醞釀部)東京大學短期大學。在研究醞釀研究兩年後加入主要醬油生產商之後。我研究產品開發作為一個社會,並回到我父母的家。那時候,27歲。因此,它將面對我家鄉的現實。我說我父母的網站對我迄今為止所學到的東西感到困擾,

    ”後継者としての苦悩と進展”

     「最初の1年が特に辛かったです。住む空間と働く空間が同じ環境であることも、ストレスでした。今思えば、自分で選択したはずなのに、色々なことをどこか親や家のせいにしていました。」と、塞ぎ込んでいた当時を髙橋さんは振り返ります。東京での新規市場開拓や海外での事業展開というビジョンがまだ無い状態の中で、自身がそれまで学んできたことと現場のギャップを日々感じながら過ごしたと言います。

     そこでまず、髙橋さんはできることから行動を起こし始めました。
    “ これまでのやり方や在り方に固執する人たちを説得し、古いものを改革し続けることでしか、前に進めません。苦しみが伴うプロセスだからこそ、それにチャレンジする意義があります。 ”最初は、会社のホームページやパンフレットの制作に取りかかりました。

     商品の味を変えたり、パッケージを新しくしたりすることは、既存の顧客・ファンがいるため、急にできることではありませんでした。一方、販売促進のツール開発なら会社としても問題無いということで一任され、自由にできたそうです。そこで、海外への販売を想定し、架空のデザインで外国人に向けてのホームページを展開したところ、お客様から反応があったと言います。

     “ アウトソーシングせずに、自分でやり始めたのが良かったです。会社のフィロソフィーや大切にしていることは、自分たちの言葉で伝えるべきだと考えています。特に私たちのように、製品が似通っている業界では、尚更その部分が重要になります。ワイナリーのように、自らの趣向と産業をミックスさせ、生き残っていくブランドづくりをしていきたいです。 ”

    “Suffering and progress as successor”

    “The first year was particularly painful, it was also stressful that the living space and the working space are the same environment.When I think now I think that I should have chosen by myself, but my parents and house owing a lot of things to something Takahashi will look back at the time he was occupied. In the absence of the vision of developing new markets in Tokyo and developing business overseas, he says he has spent the day feeling the gap between the scene and what he has learned until then.

    First of all, Mr. Takahashi started taking action from what I can do.
    “Only by persuading those who adhere to past practices and manner and continuing reforming old things is not going forward because it is a process accompanied by suffering and there is significance to challenge it.” At the beginning, We started on making homepage and brochure.

    Changing the taste of products and renewing packages was not a sudden thing to do because there are existing customers / fans. On the other hand, if you develop tool for sales promotion, it was decided that it was OK as a company so that it could be done freely. Therefore, assuming sales to overseas, we developed a homepage for foreigners with imaginary design, it says that there was a reaction from the customer.

    “It was good that I started doing it myself without outsourcing.I think that the philosophy of the company and what I care about should be conveyed in their own words.In particular when the product In similar industries, that part is more important, I would like to make brands that will mix my tastes and industries like a winery and survive.

    “作為接班人的痛苦和進步”

    “第一年特別痛苦,生活空間和工作空間是一樣的環境也是壓力的。當我想,我認為我應該自己選擇,但我的父母和房子因為很多事情高橋將回顧他被佔領的時間。在沒有在東京發展新市場,開拓海外業務的願景的時候,我說我花了一天時間感受到現場與我之前學到的差距。

    首先,高橋先生從我能做的事開始採取行動。 “只有說服那些堅持過去的做法和做法,繼續改革舊事的人,才不會因為痛苦過程而有所改變,而且是有挑戰的。”一開始,我們開始製作主頁和小冊子。

    改變產品的味道和更新包不是突然的事情,因為有現有的客戶/粉絲。另一方面,如果您開發銷售促銷工具,則決定將其作為公司可以自由完成。 因此,假設在海外銷售,我們為想像設計的外國人開發了一個主頁,表示有客戶的反應。

    “我自己做的很好,沒有外包。我認為公司的理念和我所關心的應該用自己的話來傳達,特別是如果產品 在類似的行業,這一部分更重要,我想使品牌將混合我的品味和行業,如釀酒廠,並生存下來。

    ”世界に誇れる日本の醸造業”

     5年前から動き始めた、海外展開。その後、海外の市場調査を経て、ロゴマークやパッケージのリデザインを行い、外国語対応のオンラインショップも展開。その活動は、2013年度「グッドデザイン賞」にも選ばれました。海外を視野に入れた活動を続け、世界における日本の醸造業を客観的な視点で捉えるようになったと言います。そして、髙橋さんには1つの使命感が生まれました。

     “ 日本人は、まだ醤油や味噌の魅力を海外で伝えきれていません。「味噌・醤油をつくる」という日本の伝統産業を日本人の手によって、もっと世界に誇れる文化的価値の高いものにできると私は信じています。先人たちの想いと共に、地域の自然・歴史・文化を受け継ぎながら、現在の日本の醸造業は成立しています。それを踏まえ、これから世界と共に生き残っていくのであれば、「自分たちが何者であるか?」という問いに改めて向き合うべき時だと考えています。 ”

     その中で、髙橋さんは「味噌・醤油をつくる」という営み自体に価値があると考え、醸造工場の体験を売る「ファクトリーツアー」を展開しています。醸造業の伝統を受け継ぐだけに止まらず、イノベーションを起こし続けるための取り組み。100年企業の新たな挑戦です。

    “Japan’s brewery industry proud of the world”

    It began to move from five years ago, overseas deployment. After that, after overseas market research, we redesigned logo marks and packages, and also developed online shops for foreign languages. Its activities were also selected for the “Good Design Award” in 2013. We continue to engage in overseas activities and say that we have caught the world’s brewing industry from an objective point of view. And Mr. Takahashi was born a sense of mission.

    “The Japanese have not yet been able to tell the charm of soy sauce and miso abroad.The Japanese traditional industry of” making miso and soy sauce “to be more proud cultural value proud of the world by Japanese hands I believe I can. Together with the desires of the predecessors, the inheritance of the local nature, history and culture, the current brewing business in Japan is established. Based on that, if we are going to survive with the world from now on, we think that it is time to face the question “Who are we?”

    Among them, Mr. Takahashi thinks that” creating miso and soy sauce “has value in itself, and develops a” factory tour “that sells the experience of a brewery factory. Efforts not only to inherit the tradition of the brewing industry, but to continue innovation. It is a new challenge of a company for 100 years.

    “日本啤酒業為世界而自豪”

    從五年前開始,海外部署。 之後,經過海外市場研究,我們重新設計了商標和包裝,並開發了外語網絡商店。 其活動也在2013年被選為“優秀設計獎”。 我們繼續從事海外活動,說我們從客觀的角度來看世界的釀造行業。 髙橋先生誕生了使命感。 “日本人還沒有能夠說出醬油和味噌在海外的魅力。

    日本傳統的製作味噌和醬油的傳統產業,以日本手為世界而驕傲的文化價值觀 我相信我可以。連同前輩的願望,地緣性,歷史文化的傳承,目前在日本的釀造事業已經建立起來了。 基於此,如果我們要從現在開始與世界一起生存,我們認為現在是時候面對“我們是誰? “

    其中,髙橋先生認為”製作醬油和醬油“本身俱有價值,並開發出售啤酒廠經驗的”工廠參觀“。 努力不僅繼承釀造行業的傳統,而且繼續創新。 這是公司100年來的新挑戰。

  • 記事掲載のお知らせ

    ローカルメディア3紙に記事が掲載されております。いずれも商品だけではなく、体験をパッケージにした“YAMAMO FACTORY TOUR”についても取り上げていただいています。弊社ヤマモを古くから知る地元の方々からも、ツアーにご参加いただければと思います。ぜひ、記事をご覧いただきたいと思います。
    Notice of Article Posting
    Yamamo’s products were posted on “BEST OF PACKAGINGING IN JAPAN 2017 / Package Design Overviews 34”. Miso’s package does not have unified standard in the world, I think that we can improve still more. This package is a revolutionary type that can be used repeatedly with a tapper type, yet it can be degassed. We support overseas shipping. By all means, I would like to see the products posted._mediainfo
    文章發表的公告
    Yamamo的產品發佈於“BEST OF PACKAGINGING IN JAPAN 2017 / 包裝設計概述34”。 味噌的包裝在世界上沒有統一的標準,我認為我們可以提高更多。 這種包裝是一種革命性的類型,可以使用Tapper類型反複使用,但它可以脫氣。 我們支持海運。 總而言之,我想看到產品發布。

    ◎take up!

    “伝統と革新。”

    今年で創業150年目を迎えた、湯沢市岩崎にある味噌と醤油の老舗蔵元「ヤマモ味噌醤油醸造元」。目の前を流れる皆瀬川の伏流水を用い、7つの土蔵を利用して天然醸造で作り出された伝統的な秋田の味は、国内の他、ヤマモブランドと価値観を共有する海外の取引先とのパートナーシップで世界へ届けられている。2016年秋には、後継者の7代目高橋泰さんが事前予約制の有料見学ツアー「ヤマモファクトリーツアー」を開催。代々受け継がれてきた蔵や100年以上前に造られた日本庭園と、蔵のある岩崎地域や蔵元としての高橋家の歴史を紹介、約30年ぶりに復活した原料である大豆畑の見学などの企画が話題となり、海外からの見学者も増えている。「このようなツアーの取り組みをビジネスモデルとして確立し、将来的には周辺地域の蔵元にも呼びかけて、フランスなどのワイナリー巡りのように地域全体を観光できるような形にしていけたら」と、高橋さん。「単に商品を売るだけではなく、この土地ならではの景観や情緒、世界観を体験し、日本の醗酵調味料を文化的な存在として認知してもらうことで、新たなブランド価値を生み出し、観光地として発展できれば」と、伝統を受け継ぐだけではなく地域活性への貢献にも取り組む意気込みだ。次の休日は小さな町の蔵元で、五感を使って歴史や文化を体験してみては。

    ◎take up!

    ” Tradition and innovation. ”

    A 150-year-old founder of this year, Miso and soy sauce’s old brewery located in Iwasaki, Yuzawa City, “Yamamo Miso Soy Sauce Brewer”. Traditional Akita’s taste produced by natural brewing using sea chestnut using underflow water of Minasegawa flowing in front of you is domestic and other overseas suppliers who share values ​​with the Yamamo brand It is delivered to the world with partnership with. In the autumn of 2016, Yasushi Takahashi, the seventh successor, held a Yamamo Factory Tour fee-based tour with advance reservation. We introduce the history of Japanese lanterns that have been handed down from generation to generation and over 100 years ago, the history of the Takahashi family as the Iwasaki area and warehouse of the warehouse, tour of soybean field, the raw material that was revived for the first time in about 30 years, etc. Planning has become a topic, visitors from abroad are also increasing. “If we can establish such a tour initiative as a business model and in the future call on the brewer of the surrounding area and make it possible to sightsee the whole area like a tour of a winery such as France, Mr. Takahashi. “We not only sell products, but also experience the landscape and emotions unique to this land, the world view, to have the Japanese fermented seasonings recognized as a cultural presence, thereby creating new brand values, selling tourist spots If we can develop as “, we are willing to work not only to inherit the tradition but also to contribute to local activity. The next holiday is a small town brewery, try using the five senses to experience history and culture.

    ◎take up!

    “傳統與創新。”

    今年慶祝其成立150週年,它是在歷史悠久的啤酒廠“Yamamo味噌醬油釀造源”的湯澤岩崎醬和醬油。使用皆瀬川流經眼睛前部的底土水,那是在天然釀造使用,除了國內,國外供應商共享Yamamo品牌和價值創造的味道7倉庫傳統秋田它已經與合作夥伴被傳遞到世界。在2016年秋天,我們舉行了7代高橋裕提前接班人唯一保留的付費之旅“Yamamo工廠參觀”。和日式花園,這是大象和超過100年以前建造的,已經從一代傳一代,引進高橋家的歷史岩崎區域和釀酒廠與大象,如大豆田,這是一種原料這是在大約30年復活首次之旅規劃成為一個熱門話題,而且有越來越多來自國外的遊客。 “這種努力的巡演的建立作為一種商業模式,在未來的呼喚各地啤酒廠的區域,形式做的時候,比如可以探索整個地區的酒莊,如法國”,高橋先生。“我們不僅銷售產品,還體驗到這片土地獨特的景觀和情感,世界觀,將日本發酵調味品認定為文化底蘊,從而創造新的品牌價值,銷售旅遊景點 如果我們能發展成為“,我們願意不僅繼承傳統,而且為當地的活動做出貢獻。 下一個假期是一個小鎮啤酒廠,嘗試用五種感官體驗歷史和文化。

    ◎marimari

    “150年の歴史を体験”

    「製品を買うだけでなく体験できる場を提供していきたい」と話す7代目の髙橋泰さん。新しい取り組みとして、蔵元内を見学できる「ヤマモファクトリーツアー」を昨年からスタートした。 ツアーでは、「江戸末期から続くヤマモの創業者は、なぜ湯沢市の岩崎地区に蔵元を作ったのか。」その原点を、秋田三大伝説の一つである「能恵姫伝説」からひもとき、その手掛かりとして敷地内にある回遊式庭園を回り、当時に思いをはせる。さらに、150年の歴史を感じる蔵内を巡り伝統的な醸造工程をたどる。ツアーの最後は自社製品でつくった温かなスープとともに、みそ、しょうゆをガーデンカフェで試食。製品の詳細のみならず、創業から現在に至るまでの、1世紀半にわたる壮大な物語をじかに体験できる。 「弊社を取り巻く人々や土地に刻まれてきたルーツを尊重しながら、現代の視点を取り入れて、次世代に
    つないでいきたい」と髙橋さん。

    ◎marimari

    ” Experience the history of 150 years “

    “We would like to provide a place where you can experience not only to buy products,” says Mr. Yasushi Takahashi, 7th generation. As a new initiative, we started “Yamamo Factory Tour” which we can see inside Kuramoto last year. On the tour, “Why did the founder of Yamamo that continued from the end of the Edo period make a brewery in the Iwasaki district of Yuzawa City?” The origin was taken from “Eikami Densetsu” which is one of the three major legends of the Akita, As a clue to that, I went around a grand garage in the premises and I thought at that time. Furthermore, it goes through the traditional brewing process around the warehouse where you feel the history of 150 years. At the end of the tour, we cook miso and soy sauce at the garden cafe, with a warm soup made with our own products. You can experience not only the details of the product, but also the magnificent story of the century and a half from the foundation to the present. “I will respect the roots engraved on the people surrounding our company and the land, and incorporate the modern viewpoint, I want to connect to the next generation,” Mr. Takahashi said.

    ◎marimari

    “體驗150年的歷史”

    第七代高橋大山說,“我想提供,您可以體驗不僅購買產品的地方。”作為一個新的舉措,我們去年在Kuramoto看到了“Yamamo Factory Tour”。巡演,“Yamamo創始人隨後從江戶時代後期是,為什麼作出啤酒廠湯澤的岩崎區。”它的起源,從爆破是秋田三大傳奇“NoMegumihime傳奇”之一,作為一個線索,我在這個房間裡去了一個豪華的車庫,當時我想。此外,它經歷了傳統的釀造過程,圍繞著您感受150年曆史的倉庫。在遊覽結束時,我們在花園咖啡廳裡煮醬油和醬油,用我們自己的產品製作溫暖的湯。不僅沒有產品的詳細信息,從成立之初到現在,它可以直接體驗到壯觀的故事,在一個半世紀。 “在尊重已刻入人民和我們公司周圍的土地,納入來看現代點的根源,我想連接到下一代,”高橋山說。

    ◎秋田タウン情報

    “若き当主が営む伝統×現代の味”

    約150年、味噌・醤油造りを営む老舗醸造元。徹底した温度管理から旨み・甘みを調整する麹など、伝統の技が成せる味わいは、今なお地元の食卓に不可欠なものになっている。若き7代目・髙橋さんは、「ヤマモの味と商品を県外や海外に広めよう」と、伝統の味はそのままに、手頃な容量でデザイン性の高いパッケージの商品を考案。新製品の開発にも余念がない。蔵元の営みを一般の人にも体験してほしいと、ファクトリーツアーも受け付けている。

    ◎Akita Town Information

    ” Tradition that young principal runs × Taste of modern times “

    About 150 years ago, a long-established brewer who makes miso · soy sauce making. Traditional techniques such as koji to adjust taste and sweetness from thorough temperature control are now indispensable to the local dining table. Mr. Takahashi, a young generation, devised a product of a highly-designable package with affordable capacity, leaving the traditional taste intact, “let’s spread the flavor and products of Yamamo to outside the prefecture and overseas.” There is no doubt about the development of new products. We also accept factory tours if we want people in general to experience the work of Kuramoto.

    ◎秋田鎮信息

    ” 年輕主宰的傳統×現代口味 “

    大約150年前,一個悠久的釀造商製作醬油醬油。 傳統的技巧,如曲子調整口味和甜度,徹底的溫度控制現在是當地餐桌必不可少的。 最年輕的高橋先生設計出了一款價格實惠的高品質產品,讓傳統的口感完好無缺,“讓我們將山藥的味道和產品傳遍國外。 對新產品的開發毫無疑問。 如果我們想要一般人來體驗倉木的工作,我們也接受工廠參觀。