• 記事掲載のお知らせ_I.L.A. GALLERY

    I.L.A. GALLERYを開廊すべく、アート活動を行う中でONBEAT編集者の藤田さんとの出逢いがあり、今回の記事掲載に至ることとなりました。お話させていただいた当初から、我々の活動に対する理解を示していただき、ギャラリーだけではなく、会社のリブランディングや海外展開、岩崎地域や歴代の高橋茂助のレガシーを踏襲したインバウンドツアーまでを取材していただきました。

    もちろん、アートに対する考えや世界の中での日本の見方につきましても多くを共有することができ、非常に興味深い時間を過ごすことができました。日本人の持つ繊細で独特な感覚が世界の中で価値を創り、世界を豊かにできること。土地に根差した文脈を丁寧に掘り起こし、紡いでいくことで世界に向けて地域を持続可能で創造的な土地にできること。私たちのやれることはまだまだ多く、それを実行していくことで世界を面白くすることができます。それは産業ベースでもアートベースでも感覚的には等しく、創造領域は垣根を飛び越えて世界を変えていきます。

    I.L.A. GALLERYが掲載されるONBEAT vol.10は9月まで書店にて取り扱いがされております。非常に重厚な美術誌になりますので、ぜひ直接手に取って見て感じていただければと思います。取材いただいた藤田さん、ありがとうございました。またご一緒できることを楽しみにしております。

     

    編集者・藤田氏よりコメント

    長い歴史を持つ味噌・醤油醸造会社ヤマモの若き七代目・高橋泰氏は、優れた芸術感覚と経営手腕で自社のブランディングとリノベーションに成功し、そのノウハウを生かし、地域一帯のリノベーションを進めようと動き出しています。日本の各地方には、脈々と続く固有の豊かな文化があり、その特色を現代にアップデートすることが地域再生につながることを証明すべく地元・秋田で奮闘しています。高橋氏の活動は、地方が抱える問題に対する貴重な示唆を含んでおり、同時にデザインの持つ力を改めて証明するものであるため、弊誌で紹介することは大変有意義であり、日本人のみならず外国の方々にも知って頂く機会になると考えております。

     

    Notice of Article Posting_I.L.A. GALLERY

    In order to open the I.L.A. GALLERY, there was an encounter with the ONBEAT editor, Mr. Fujita, during the art activities, which led to the publication of this article. From the beginning of the talk, I showed an understanding of our activities, covering not only the gallery, but also the company’s rebranding and overseas development, and the inbound tour that followed the Iwasaki area and the legacy of Mosuke Takahashi of each generation. Thank you.

    Of course, I was able to share a lot of ideas about art and the perspective of Japan in the world, and I had a very interesting time. The delicate and unique sense of Japanese people can create value in the world and enrich the world. By digging carefully into the context rooted in the land and spinning it, we can make the region a sustainable and creative land for the world. There is still much we can do, and doing it can make the world more interesting. It’s industrially as well as art based and it’s sensibly equivalent, and the creation area jumps the fence and changes the world.

    ONBEAT vol.10, where I.L.A. GALLERY will be published, is being handled at bookstores until September. It will be a very heavy art magazine, so I hope you will take it directly and feel it. Thank you Mr. Fujita for interviewing. I am looking forward to working with you again._mediainfo

     

    Comment from the editor, Mr. Fujita

    Mr. Yasushi Takahashi, young the 7th generation of miso and soy sauce brewing company Yamamoto, who has a long history, succeeded in branding and renovation of his company with excellent artistic sense and management skills, and made use of his know-how to move forward with promoting renovation in the area You are In each region of Japan, there is a unique and rich culture that continues in a row, and Takahashi’s activities that are struggling in the local area, Akita, to prove that updating its features to the present day will lead to regional revitalization, Because it contains valuable suggestions for local problems, and at the same time proves the power of design, it is very meaningful to introduce in our journal, and it is important to know not only Japanese people but also foreign people. I thought it would be an opportunity to receive it.

     

    文章發布通知_I.L.A. GALLERY

    為了打開I.L.A.畫廊,在藝術活動中遇到了ONBEAT編輯藤田先生,導致了這篇文章的出版。從演講開始,我展示了對我們活動的理解,不僅包括畫廊,還包括公司的品牌重塑和海外發展,以及岩崎地區之後的入境旅遊以及每一代高橋茂助的遺產。謝謝。

    當然,我能夠分享很多關於藝術和日本在世界上的觀點的想法,我度過了一段非常有趣的時光。日本人的精緻和獨特感可以創造世界價值,豐富世界。通過仔細挖掘根植於土地並旋轉土地的背景,我們可以使該地區成為世界上可持續和創造性的土地。我們仍然可以做很多事情,這樣做可以讓世界變得更有趣。它在工業上和藝術上都是相當的,而且它的創造區域會跳躍並改變世界。

    將於9月份在書店處理ONBEAT第10卷,其中將出版I.L.A. GALLERY。這將是一本非常沉重的藝術雜誌,所以我希望你能直接接受並感受它。謝謝藤田先生的採訪。我期待著再次與您合作。

     

    編輯藤田先生的評論

    味噌和醬油釀造公司Yamamo的年輕第七代高橋泰先生擁有悠久的歷史,他憑藉出色的藝術感和管理技巧成功地為他的公司進行品牌和翻新,並利用他的專業知識推進該地區的改造。 你是 在日本的每個地區,都有一種獨特而豐富的文化,這種文化在連續不斷,而高橋在當地掙扎的活動,以證明將其特徵更新到今天將導致區域振興, 因為它包含對當地問題的寶貴建議,同時證明了設計的力量,所以在我們的期刊中介紹非常有意義,重要的是不僅要了解日本人,還要了解外國人。 我認為這是一個接受它的機會。

     

     

     

    ONBEAT_vol.10

     

    世界に醸造業の魅力を発信し、発酵食文化と地域に新たなブランド価値を創出

    秋田県湯沢市の岩崎地区に、幕末江戸末期の慶応3(1867)年から150 年以上続く味噌・醤油の蔵元がある。その老舗、ヤマモ味噌醤油醸造元・髙茂合名会社では、地元を流れる皆瀬川の伏流水を用いて天然醸造を行っている。ヤマモは伝統を継承しながら海外にも販路を広げており、HPで日本語・英語・中国語の3 か国語で情報を掲載するなど、国内外に醸造業の魅力を伝える企業活動が高く評価され、中小企業庁の「はばたく中小企業300」、経済産業省の「地域未来牽引企業」にも選定されている。

    こうした取り組みは、後継者である七代目の髙橋泰氏が打ち出す新たな経営戦略に基づくものである。東京農業大学で醸造学を学んだ後、大手醸造会社での修行を経て会社を継いだ高橋氏は、もともと建築家志望であり、千葉大学でデザイン工学を学んだ経歴を持つ。常務取締役に就任した一年目から卓越したデザインセンスを発揮し、企画から広告デザインまで手がけ、自社製品のブランディングに取り組む。

     

    Conveying the attractiveness of the brewing industry to the World

    In the Iwasaki district of Yuzawa City, Akita Prefecture, there is a brewery of miso and soy sauce that has been operating since 1867. The long-standing Yamamo miso and soy sauce brewing company (hereinafter Yamamo) has engaged in natural brewing using subsoil water from the local river Minasegawa. While carrying on that tradition, Yamamo is extending its markets overseas by providing information on its website in English and Chinese in addition to Japanese. With its corporate activities to convey the attractiveness of the Japanese brewing industry both at home and overseas, Yamamo was selected as one of the company to win the Vibrant HABATAKU SMEs 300 of the Small and Medium Enterprise Agency and the Ministry of Economy, Trade and Industry’s Driving Company for the regional future.

    This was part of a new management strategy which the 7th President Yasushi Takahashi set forth. After studying zymurgy at the Tokyo University of Agriculture, he received training at a major brewing company and then took over its management. Takahashi originally wanted to become an architect and learned design engineering at Chiba University.

     

    將釀造業的吸引力傳遞到世界,並在發酵食品文化和地區創造新的品牌價值

    在秋田縣湯澤市的岩崎地區,自宮津江戶時代晚期(1867年)結束以來,有一種味噌和醬油來源已經持續了150多年。 成熟的Yamamo味噌醤油醸造商,一家名為高茂合名会社的公司,使用流經該地區的皆瀬川的底流水進行自然釀造。Yamamo在繼承其傳統的同時擴大了海外銷售渠道,並在惠普上發布了日語,英語和中文三種語言的信息,並因其公司活動而備受推崇,這些活動傳達了國內外釀酒行業的吸引力。它還被選為中小企業廳的“小型和大型企業300”,經濟產業省被選為“區域未來企業”。

    這些努力是基於繼任者,第七代高橋泰推出的新業務戰略。在東京農業大學學習釀造科學並在一家大型釀酒公司接受培訓後,他繼承了該公司,最初是一名建築師,在千葉大學擁有設計工程背景。從成為執行董事的第一年起,他將展示出卓越的設計感,從規劃到廣告設計,以及為公司產品打造品牌。

     

     

    まず着手したのは、パンフレットや自社製品のラベル。英語表記に屋号をあしらったシンプルなデザインが施された商品は、2013年度の「グッドデザイン賞」を受賞。高橋氏は更に醸造蔵と庭園の改装にも着手。完成した蔵の暖簾をくぐると、老舗の風格が漂う純和風の内装の中に洋式の美を取り入れた心地良い空間が広がる。窓の外には日本庭園が広がり、そのすべてに高い美意識が感じられる。

    2016 年からは醸造蔵と庭園を巡るツアーを実施。外国語に堪能な高橋氏はツアー客の3分の1を占める外国人に対する案内役を務めている。庭園の借景は、高台にある霊符の森だ。この森の中にある「水神社」は醸造産業が発展したこの地域と水資源である皆瀬川との深い関係性を物語る。蔵の歴史や技術、醸造業の魅力を伝えるとともに、地域の風土も含めて体感できるこのツアーは、今、世界中でトレンドの「地方の地域固有の文化体験」そのものであり、湯沢市に国内外から観光客を呼び込むための試みとなる。

     

    He exercised his remarkable sense of design from the first year as executive managing director, and worked on the branding of the company’s products. He started out with the updating of the company’s brochure and labeling of Yamamo products.

    Its products with the simple design earned the 2013 Good Design Award. Takahashi also refurbished the brewing house and the garden. Passing through a noren curtain of the entrance of the brewing house, a comfortable space spreads before your eyes within a classy Japanese interior that incorporates the Western-style beauty. Outside the window, a magnificent Japanese garden awaits. The Reifu-nomori forest behind the brewing house serves as a beautiful setting of the garden. Takahashi’s exquisite aesthetic sense is well represented in all of them.

     

    起初我們開始為我們的產品提供宣傳冊和標籤。設計簡潔,商品名為英文的產品獲得2013年優秀設計獎。高橋先生還著手改造釀造倉庫和花園。倉庫的溫暖已經完成,一個融合了西式美景的舒適空間在純粹的日式內飾中傳播,具有悠久的特色。 日式花園延伸到窗外,所有這些都具有高度的美感。

    從2016年起,我們將參觀釀造倉庫和花園。高橋先生精通外語,是外國人的導遊,他們佔三分之一的旅遊客人。花園的景觀是山上的精神標誌森林。這片森林中的“水神社”講述了釀造業發展的地區與皆瀬川水資源之間的深層關係。這次旅遊,傳達了倉庫的歷史和技術,釀造業的魅力,可以體驗包括當地文化,現在是世界各地的“區域獨特的區域文化體驗”。這是一種吸引外界遊客的嘗試。

     


    J. Manuel Mansylla_Principal_TOTEM_2017

     

    2018年末には醸造蔵の1階でカフェの営業も開始。仕込み水を使ったコーヒーや、仕込みに使う天日塩を使ったフォー、味噌醤油ソースのジェラートなどを提供している。また、かつての名士たちが地域で文化芸術を推奨したように、2階ではアートギャラリー(写真p.109)をオープン。アーティストの滝澤徹也が、ヤマモの種麹や、皆瀬川ですいた和紙を素材とした作品などを現地で制作し、同ギャラリーに展示した。

    アートの要素が加わったことで、醸造蔵の体験ツアーは更に充実したものになった。アーティストたちがアートの力で財政破綻から再生へと導いた米デトロイト市などを実際に視察し、アートと産業の関係性を熟知した高橋氏ならではの戦略だ。発酵食文化のブランド価値を地方から世界に示し、国内外から誘客を図るヤマモの次なる展開に期待が高まる。

     

    In 2016, he started offering a tour that takes visitors through the brewing house and the garden. Fluent in English, Takahashi personally guides foreign visitors. The tour conveys the history of the brewing house, brewing techniques and the attraction of its industry, including the natural features of the district. The tour is serving as an important tool to experience a unique regional culture of Yuzawa City.

    Recently, Yamamo opened a café in the brewing house. Following the old practice of promoting culture and art in this district, Yamamo also established an art gallery (photo p.109) in the brewing house. Artist Tetsuya Takizawa exhibited in the gallery works he created on site. High expectations are pinned on the next move of Yamamo, which has demonstrated the brand value of fermented food from the local district in Japan to the world and has been attracting visitors from Japan and other countries.

     

    在2018年底,咖啡館也在釀酒倉庫的一樓開業。我們提供使用水的咖啡,使用用於烹飪的天然鹽和含味噌醬的冰淇淋。 此外,藝術畫廊(照片第109頁)在二樓開放,因為前名人在該地區推薦文化藝術。滝澤徹也,一位藝術家,製作了當地的作品,如Yamamo種子和皆瀬川製造的紙張,並在同一個畫廊展出。

    隨著藝術元素的增加,醸造的體驗之旅得到了進一步增強。這是高橋先生的獨特策略,他實際訪問了底特律市,藝術家帶領這座城市從金融崩潰到藝術的複興,並了解藝術與工業之間的關係。發酵食品文化的品牌價值從本地到世界展示,對Yamamo的下一個發展的期望很高,旨在吸引國內外客戶。

     

     

    「ONBEAT」について

    「ONBEAT」は完全和英併記書籍で、年2回、印刷版と電子版を同時に発行し、日本の美術・文化を幅広く様々なジャンルから紹介しております。日版やトウハンなどを通じて紀伊国屋書店や蔦屋書店といった大型書店のほか、国立新美術館や東京藝術大学美術館などのミュージアムショップでも販売、ザ・リッツカールトン東京や各国の大使館でも取り扱われており、また世界78ヶ国以上に販売網を持つ日版の海外事業を通じて海外の書店でも販売されています。

    「ONBEAT」誌では千住博、村上隆、小松美羽、井上萬二など日本を代表する芸術家はもちろん、安藤忠雄、三宅一生、コシノヒロコ・ジュンコ姉妹やノーベル生理学・医学賞受賞された大村智教授といった各界著名人たちへの独占取材を行い、特集記事を発表して参りました。完全和英併記で日本の芸術・文化を紹介するような雑誌はほかになく、海外でも高い評価を得ており、セインズベリー日本藝術研究所(英国)やジャパンソサエティ(米国・英国)や国際文化会館といった日本文化に特化した権威ある研究機関や、女子美術大学や玉川大学など各教育機関の図書館や六本木ヒルズライブラリーにも収蔵されています。またザ・リッツ・カールトン東京やヒルトン東京といった外資系ホテルや日本丸やパシフィックビーナスといった大型客船のラウンジやライブラリーにも常備いただいております。

     

    About “ONBEAT”

    “ONBEAT” is a complete Japanese-English bilingual book, published twice a year at the same time as a print edition and an electronic edition, introducing Japanese art and culture from a wide variety of genres. In addition to large-scale bookstores such as Kinokuniya Bookstore and Yodoya Bookstore through the Japanese edition and Touhan, it is also sold at museum shops such as the National Art Center, Tokyo National Art Museum and the Tokyo Metropolitan Art Museum. It is also sold at overseas bookstores through a daily overseas business with sales networks in more than 78 countries.

    In “ONBEAT” magazines, artists such as Senju Hiroshi, Takashi Murakami, Miwa Komatsu, Yuji Inoue, as well as leading artists from Japan, as well as Tadao Ando, ​​Issei Miyake, Hiroko Koshino and Junko sisters, Nobel Prize in Physiology and Medicine, etc. We did exclusive coverage to celebrities and released special feature articles. There are no other magazines that introduce Japanese art and culture in complete Japanese-English parallel writing, and they have received high acclaim overseas as well, such as the Sainsbury Institute for Japanese Arts and Sciences (UK), Japan Society (US, UK), and the International Cultural Center. It is stored in prestigious research institutes specializing in Japanese culture, libraries of various educational institutions such as Women’s Art University and Tamagawa University, and Roppongi Hills Library. In addition, the lounges and libraries of large-scale passenger ships such as The Ritz-Carlton Tokyo and Hilton Tokyo, as well as foreign-owned hotels such as Nippon-maru and Pacific Venus are always on hand.

     

    關於“ONBEAT”

    “ONBEAT”是一本完整的日英雙語書籍,每年出版兩次,同時出版印刷版和電子版,介紹各種類型的日本藝術和文化。 除了通過日本版和Touhan的紀伊国屋書店和蔦屋書店等大型書店外,還在國家藝術中心,東京國立美術館和東京都藝術博物館等博物館商店出售。 它還通過日常海外業務在海外書店銷售,銷售網絡遍布78個國家。

    在“ONBEAT”雜誌,千住博、村上隆、小松美羽、井上萬二等藝術家,以及日本的主要藝術家,以及安藤忠雄,三宅一生,Koshino Hiroko和Junko姐妹,諾貝爾生理學和醫學獎等。我們對名人進行了獨家報導,並發布了專題文章。沒有其他雜誌在完整的日英並行寫作中介紹日本的藝術和文化,並且在海外也獲得了很高的讚譽,如塞恩斯伯里日本藝術與科學研究所(英國),日本學會(美國,英國)和國際文化中心。它存儲在專門從事日本文化的著名研究機構,女子藝術大學和多摩川大學等各種教育機構的圖書館,以及六本木山圖書館。此外,東京麗思卡爾頓酒店和東京希爾頓酒店等大型客船的休息室和圖書館,以及日本丸和太平洋金星等外資酒店隨時待命。

     

    ONBEAT HP

    ONBEAT vol.10_Amazon

     

  • 記事掲載のお知らせ_YAMAMO FACTORY TOUR

    製品を海外に輸出するだけではなく、お客様を招き入れ、その背景を直接体感していただくことで味噌醤油産業の文化的価値をお伝えできるという考えのもと、YAMAMO FACTORY TOURを進めて参りました。本年度はそこにI.L.A. GALLERYを設け、地域に残る価値をアートで次世代に伝える機能を拡充しました。海外の方や地元の方、様々な活動をされていらっしゃる方にお越しいただき、食品業界だけではなく、多くのジャンルの方と交わることができています。非常に感謝しております。
    大人のためのプレミアムマガジンKappo1月号にてYAMAMO FACTORY TOURを記事にしていただきました。弊社ヤマモのホームページでツアーの予約ページができあがりました。ページ下部の”Book a FACTORY TOUR”ボタンからご予約ができます。広く皆様にお越しいただき、150年続く営みを実感していただければと思います。

     

    Notice of Article Posting_YAMAMO FACTORY TOUR

    We have promoted YAMAMO FACTORY TOUR with the idea that not only exporting products to overseas but also inviting customers and directly experiencing the background can convey the cultural value of the miso soy sauce industry. This fiscal year, I. L. A. GALLERY was set up there, and expanded the function to convey the value remaining in the area to the next generation with art. Those who are overseas, local people, people who are engaged in various activities, have been able to interact with many genres, not just food industry. I am very grateful.
    Premium magazine for adults Kappo The monthly issue of YAMAMO FACTORY TOUR was posted. A tour reservation page has been completed on our Yamamo website. You can make a reservation from “Book a FACTORY TOUR” button at the bottom of the page. I hope you will come to all of us and realize the business that will last for 150 years. _mediainfo

     

    文章發布通知_YAMAMO FACTORY TOUR

    我們推廣YAMAMO FACTORY TOUR的理念是,不僅向海外出口產品,而且邀請客戶並直接體驗背景,可以傳達味噌醬油行業的文化價值。 本財政年度,I. L. A. GALLERY在那裡成立,並擴大了功能,將藝術領域的剩餘價值傳達給下一代。 那些在海外的人,當地人,從事各種活動的人,已經能夠與許多類型相互作用,而不僅僅是食品工業。 我很感激。
    成人高級雜誌Kappo發布了YAMAMO FACTORY TOUR的月刊。 我們的Yamamo網站上已完成旅遊預訂頁面。 您可以從頁面底部的”Book a FACTORY TOUR”按鈕進行預訂。 我希望你能來到我們所有人,並實現將持續150年的業務。

     

     


    Kappo_January 2019 Issue

     

    ヤマモ味噌醤油醸造元 / 高茂合名会社

    江戸末期の慶応3(1867)年から、七代・150余年にわたって続く蔵元。世界の食文化と和の調味料が融合し、進化していくことを「Life is Voyage」という理念として掲げている。100年を越す庭園と創業からある家屋を体感し、蔵人そのものと蔵元の行う営みに価値を見出すファクトリーツアーを開始。醸造専用の「仕込蔵」や「諸見蔵」等の土蔵を活かし、数世代にわたり増改築を繰り返しながら現在に至る工場を体験できる。

     

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.

    From Keio 3 (1867) at the end of the Edo period, the warehouse which lasts for seven generations and over 150 years. Life is Voyage “as a philosophy that the world’s food culture and Japanese seasoning blend together and evolve. After experiencing over 100 years of gardens and foundations from a foundation, we started a factory tour to find value in craftsmen’s and Takahashi’s activities. You can experience the factory which reaches the present while repeating increase and remodeling for several generations by making use of the warehouse such as “warehouse” dedicated to brewing and “various warehouses”.

     

    YAMAMO味噌醬釀造源 / 高茂合名会社

    从江户时代结束的京王3(1867年)开始,这个仓库持续了七代,超过150年。”Life is Voyage“作为一种哲学,世界的饮食文化和日本调味料融合在一起并发展。 在经历了100多年的基金会花园和基础之后,我们开始了工厂之旅,寻找工匠和高桥的活动。 您可以通过利用专用于酿造的“仓库”和“各种仓库”等仓库,重复增加和改造几代,来体验到达现在的工厂。

     

    YAMAMO FACTORY TOUR BOOKING PAGE

     

    YAMAMO FACTORY TOUR
    OPEN 10: 00 ~ 15: 00
    Closed holiday indefinite
    Parking lot available

     

  • 記事掲載のお知らせ_YAMAMO GARDEN CAFE

    昨年11月のI.L.A. GALLERYのお披露目に合わせてYAMAMO GARDEN CAFEもオープンさせ、これまで会社が休みとしていた日曜祝祭日も原則開店できる状態となりました。カフェをオープンさせたことは、飲食事業を行いたいということが最も大きな動機付けではなく、弊社に他地域から流入する活動家の方々や地元地域で持続可能性を追求する方々の出入りが多くなる中で、様々なマッチングやプロジェクトでのシナジーがあれば、より多くの動きを地域に出現させることができるからです。そのような想いをカフェの形とし、ギャラリーと共に運営を開始したのでした。
    あきたタウン情報1月号にてYAMAMO GARDEN CAFEを記事にしていただきました。地元情報誌を通じて多くのお問い合わせをいただき、その効果に驚いております。こちらでヤマモのカフェメニューも合わせてお伝えしたいと思います。

     

    Notice of Article Posting_YAMAMO GARDEN CAFE

    YAMAMO GARDEN CAFE in accordance with the unveiling of I.L.A. GALLERY of November last year also allowed to open, the company became a state in which the Sunday national holiday that was the rest can be in principle open to this. Opening the cafe is not a main motivation to do business of eating and drinking but while many people going to our company to enter society in sustainability in local areas and active people who flow in from other areas So, if there are synergies in various matching and projects, more movement can be made to appear in the area. We had such a feeling in the form of a business, and started operating with the gallery.
    I posted YAMAMO GARDEN CAFE at the Akita Town Information January issue. We received many inquiries through the local information magazine, and I am surprised at the effect. I’d like to tell you the cafe menu of Yamamo here as well. _mediainfo

     

    文章發布通知_YAMAMO GARDEN CAFE

    YAMAMO GARDEN CAFE廳按照與11月I.L.A.GALLERY揭幕,去年也被允許打開,使公司成為在週日國定假日,這是其餘的可以在原則上開放這一狀態。開設咖啡館並不是開展飲食業務的主要動力,而是許多人前往我們公司進入社會,在當地可持續發展,以及從其他地區流入的活躍人士因此,如果在各種匹配和項目中存在協同作用,則可以在該區域中出現更多的移動。我們有一種商業形式的感覺,並開始與畫廊合作。
    我在秋田市信息1月號刊登了YAMAMO GARDEN CAFE。我們通過當地的信息雜誌收到了很多詢問,我對這個效果感到驚訝。我想在這裡告訴你Yamamo的咖啡館菜單。

     


    Akita Town Joho_January 2019 Issue

     

    歴史ある味噌醤油醸造元に 伝統×現代を融合した空間が

    創業150年、味噌・醤油造りを営む老舗醸造元「ヤマモ」。徹底した温度管理から旨み・甘みを調整する麹など、伝統の技が成せる味わいで、海外展開も。近年は7代目が、伝統の味はそのままに、手頃な容量でデザイン性の高いパッケージ商品を考案していることでも話題になっている。かつて女中が住み込みしていた和室をセルフリノベーションし、セレクトショップを展開していた蔵元の敷地内部をさらに改装。昨年11月頃からカフェをスタートした。重厚感のあるアンティーク家具やスタイリッシュなバイオエタノール暖炉など、クラシックとモダンが融合した雰囲気に思わず酔いしれる。メニューは無添加にこだわり、フォーとジェラート、ドリンク2種を提供。今までもアート展示などを行ってきた同蔵で、今後もさまざまなイベントを開催予定。また、ファクトリーツアー(蔵見学)も受け付けている。合わせてぜひ訪れてみては。

     

    History of traditional Miso sauce brewing source combines modern and contemporary space

    Founded 150 years ago, a long-established brewer “Yamamo” who performs miso and soy sauce making. It is a taste that traditional techniques can make, such as koji to adjust taste and sweetness from thorough temperature control, and also overseas expansion. In recent years seven generations are also talking about inventing packaged goods with a reasonable capacity and high designability, while keeping the taste of tradition. Self-renovation of the Japanese style room where the maid lived once, and further refurbished the interior of Kuramoto’s premises that had developed a select shop. I started a cafe around November last year. I feel unbelievable in the atmosphere of classical and modern fusion, such as thick antique furniture and stylish bio ethanol fireplace. The menu sticks to non-additive, offering Fo and Gelato and 2 drinks. Various events will be held in the same store, which has been exhibiting art, etc. until now. We also accept factory tours (collection tours). Together, please come and visit.

     

    傳統味噌醬釀造源的歷史結合了現代和現代空間

    成立於150年前,是一家歷史悠久的釀酒師“Yamamo”,他經營味噌和醬油製作。如曲,調整味道,甜度從徹底的溫度管理,在機艙品味傳統的技能,甚至海外。近年來,第七代是,品味傳統是完好的,這也是設計了一種精心設計的包裝產品以低廉的能力的話題。前女傭和自主創新的日式客房,一直活,還翻修了釀酒廠,該公司開發的選擇店內的網站。我去年11月左右開了一家咖啡館。比如古董家具和時尚的生物乙醇壁爐用深厚的感情,通過古典與現代大氣不由自主地陶醉融合。菜單堅持非添加劑,提供Pho和Gelato以及2種飲品。各種活動將在同一家商店舉行,直到現在一直展出藝術品等。我們也接受工廠參觀(收集旅遊)。在一起,請來參觀。

     


    Inside of YAMAMO GARDEN CAFE

     

    1930年代のイギリス製アンティーク家具を配した空間。海外出張の際、7代目・髙橋泰さんの目に止まったインテリアなどをセレクトしている。調味料を販売するほか、屋号がデザインされた前掛けやトートバッグなどの生活用品もラインアップ。商品にも用いている天日塩を使用した、飽きのこない無添加スープで味わえる「YAMAMO PHO NOODLES」。4種のナッツとプラリネに、味噌醤油のソースを合わせた新感覚の「YAMAMO SOY GELATO」と、深煎り・浅煎りが選べ、果実味や甘い香りが楽しめる「YAMAMO WORLDTRADE COFFEE」はテイクアウト可。すべてのメニューにヤマモの仕込み水を使用している。

     

    A space that arranged British antique furniture of the 1930s. When I travel overseas, I have selected interiors and other objects that have stopped in the eyes of Yasushi Takahashi, 7th generation. In addition to selling seasonings, we also offer line-up items such as front-ends and tote bags designed for shops. “YAMAMO PHO NOODLES” that you can taste with sunless soup that does not get tired using solar salt that is also used for products. YAMAMO SOY GELATO, a new sense of sauce made from miso and soy sauce, can be selected for 4 kinds of nuts and pralines, and “YAMAMO WORLDTRADE COFFEE” which can enjoy frozen and sweet scents can be selected for take-out. All the menus are using water of Yamamo.

     

    這個空間佈置著20世紀30年代的英國古董家具。在海外出差,並選擇和內飾,引起了大的7日至高橋的眼睛。除了銷售的調味料,也就行了日常用品,如圍裙或手提袋是商品名設計。使用太陽能的鹽也被用於產品,口感無添加劑湯永恆“YAMAMO PHO NOODLES”。YAMAMO SOY GELATO是一種由味噌和醬油製成的新醬汁,可以選擇4種堅果和果仁糖,並且可以選擇可以享受冷凍和甜味的“YAMAMO WORLDTRADE COFFEE”外賣。 所有菜單都使用Yamamo的水。

     


    YAMAMO PHO NOODLES

     


    YAMAMO SOY GELATO

     


    YAMAMO WORLD TRADE COFFEE (LIGHT or DARK ROAST)

     


    YAMAMO SPICY LEMONADE (SODA or HOT)

     

    YAMAMO GARDEN CAFE
    OPEN 10: 00 ~ 17: 00 (LO / 16: 30)
    Closed holiday indefinite
    Number of seats 16 seats
    Parking lot available

     

  • 記事掲載のお知らせ

    Tokyo Weekender12月号にヤマモ の取り組みがご紹介されました。「CREATIVE CUISINE」の記事でYAMAMO GARDEN CAFEについて触れていただいております。Tokyo Weekenderは1970に創刊された日本初の英字ライフスタイル誌であり、取材したチームはフランスとスウェーデン出身の方々で庭園や蔵など随所で楽しんでいただきました。誌面に関わるスタッフは全員外国人ということで、ディテールや表現に日本では見られない美しさやこだわりが感じることができます。彼らは最後に「ここにまた来たい」と言って去っていきました。コンテンツを磨き上げ、再び訪れた時も魅力を増していくことができるように心がけたいと思います。弊社への取材と訪問、ありがとうございました。

     

    Notice of Article Posting

    Tokyo Weekender The monthly effort of Yamamo was introduced to the December issue. I touched on YAMAMO GARDEN CAFE in the article of “CREATIVE CUISINE”. Tokyo Weekender was the first Japanese letter lifestyle magazine launched in 1970, and the teams he covered were from France and Sweden and enjoyed them all over the garden and warehouse. The staff involved in the magazine is all foreigners, so you can feel the beauty and attention that can not be seen in Japan in detail and expression. They lasted saying “I want to come here again” and left. I will polish the contents and I will try to be able to increase the appeal even when I visit again. Thank you for your coverage and visit. _mediainfo.

     

    文章發布通知

    東京周刊Yamamo的每月努力被引入12月號。 我在“創意美食”一文中談到了YAMAMO GARDEN CAFE。 東京周刊是1970年推出的第一本日本信生活雜誌,他所涵蓋的團隊來自法國和瑞典,在花園和倉庫中享受著它們。 參與該雜誌的工作人員都是外國人,因此您可以感受到日本在細節和表達方面無法看到的美麗和關注。 他們持續說“我想再次來到這裡”並離開。 我會打磨內容,即使我再次訪問,我也會嘗試增加吸引力。 感謝您的報導和訪問。

     

    Tokyo Weekender_December 2018 Issue

     

    Tokyo Weekender_POETRY IN NATURE

     

    Tokyo Weekender_CREATINE CUISINE

     

     

    創造的な料理

    「料理は見た目が大事」という日本のことわざは、あらゆる感覚を楽しませてくれる視覚的で魅力的な料理に閃きを与えます。

    ヤマモ味噌醤油醸造元はアートへの革新と貢献の長い歴史があり、1867年に高橋茂助によって創業し,10年前に子孫である高橋泰が引き継ぎました。150年の長い歴史の経過の中で時の経営者の考え方は変容を遂げましたが、会社と技術は変わることなく残り続けました。味噌と醤油造りは繊細な発酵工程を含み、同じ味を造り上げるために高度な集中力を必要とします。ヤマモでは、米はあきたこまち、大豆、塩のみを使用し、通常に2から3倍の量の米を使用し味噌を作っています。ヤマモは細部にまでこだわりが見ることができます。デザイン賞を受賞したラベルや4代目が策定した庭であれなんであれ、すべてのアイテムとすべての工程が実行される前に熟考されています。訪問者は、ツアーに続いてスープが提供されるだけでなく試食も楽しむことができます。もっと長く滞在したい人は、2階のアートギャラリーも探索できる他、コーヒーと蔵の新商品であるプラリネ、3種類のナッツ、みそ、醤油が混ざったソイジェラートで終えることができるようになっています。

     

    CREATIVE CUISINE

    The Japanese expression to”eat with your eyes” inspires visually appealing dishes that are a feast for all the senses.

    Founded in 1867 by Mosuke Takahashi and taken over just over a decade ago by descendent Yasushi Takahashi, Yamamo Miso Soy Sauce Brewing Company has a long history of innovation and dedication to the arts. Although the owners’ideas have changed over the course of 150years in business,the dedication to the craft and company remains the same.Making miso and soy sauce involves a sensitive fermentation process that requires the care and intense concentration of skilled craftspeaple to make it come out just right. Yamamo uses only Akita Komachi rice,soy beans and salt in its recipe and uses about two to three times the amount of rice normally used to make miso.The attention to detail is visible throughout Yamamo. Whether it’s the award-winning label designs of the traditional garden designed by the fouth generation owner, every item and every process is carefully considered before being implemented. Visitors can enjoy a tour of the brewery followed by a tasting session as well as serving of soup. Those who wish to stay longer can explore the art gallary on the second floor and finish off with a cup of coffee and the brewery’s latest concoction a decadent soymilk gelato with praline,nuts,miso,and soy souce.

     

    創意美食

    日本人的“用眼睛吃飯”的表達激發了視覺上吸引人的菜餚,這是所有感官的盛宴。

    Yamamo味噌醬油釀造公司由高橋茂助於1867年創立,並在十多年前由後代高橋泰接管,擁有悠久的創新歷史和對藝術的奉獻精神。雖然業主們在150年的經營過程中已經發生了變化,但對工藝和公司的奉獻仍然是一樣的。製作味噌和醬油需要一個敏感的發酵過程,需要關心和高度集中熟練的工藝品來使它來恰到好處。 Yamamo在其配方中僅使用秋田小町米,大豆和鹽,並且使用通常用於製作味噌的米飯量的大約兩到三倍。在整個Yamamo中可以看到對細節的關注。無論是由第四代所有者設計的傳統園林的屢獲殊榮的標籤設計,每個項目和每個過程在實施之前都要經過仔細考慮。遊客可以參觀啤酒廠,然後品嚐美食,品嚐湯。那些希望逗留更長時間的人可以在二樓探索藝術品,最後喝一杯咖啡,啤酒廠最新的混合物是一種含有果仁糖,堅果,味噌和大豆原料的頹廢豆漿冰淇淋。

     

  • 記事掲載のお知らせ

    昨年12月14日の日本経済新聞にて「発酵テーマに観光客誘致 高茂はギャラリーを開設」が記事になりました。当日は県内外の旅行代理店の方を対象にした20名規模のファムツアーを行っており、お越しいただいた方からもギャラリーに理解を示していただきました。県のご担当で数年前から弊社を見ていただいている方からは「ギャラリーができたことで説得力と理解の度合いが深まった」と意見を頂戴しました。かつて土地の名士達が行ったアート活動やレジデンスの手法が現代でも生活文化の向上や創造活動に効果を発揮するのだと実感しています。多くの方にレガシーを踏襲したアート活動をご覧いただければと思います。

     

    Notice of Article Posting

    At the Nikkei last December 14, “TAKAMO Inviting Tourists to Fermentation Theme Opened the Gallery” became an article. On the day of the event, we had a group tour of 20 people for travel agencies inside and outside the prefecture, and also got an understanding from those who visited us. From the person who was in charge of the prefecture in charge of our company for several years ago, we received an opinion that “the gallery was able to comprehend the degree of persuasive power and understanding.” I realize that art activities and residence methods that land celebrities have carried out in the past demonstrate their effect on improving living culture and creative activities even in modern times. I hope many people will see art activities that followed the legacy. _mediainfo.

     

    文章發布通知

    在去年12月14日的日本經濟新聞中,“高茂邀請遊客以發酵主題開設畫廊”成為一篇文章。 活動當天,我們為縣內外的旅行社組織了20人的團體旅遊,並得到了訪問我們的人的了解。 幾年前,從負責本公司的縣負責人那裡得到了“畫廊能夠理解說服力和理解程度”的意見。 我意識到,過去名人所進行的藝術活動和居住方式,即使在現代也證明了它們對改善生活文化和創造活動的影響。 我希望很多人會看到傳統的藝術活動。

     

    The Nikkei_14 Dec. 2018

     

    高茂はギャラリーを整備開設

    「ヤマモ味噌醤油」の醸造元、髙茂(秋田県湯沢市)は11月末、本社2階の一部(32平方メートル)を改修しアートギャラリーをオープンした。福島県西会津町在住の美術家、滝沢徹也氏が作成した種麹(こうじ)菌を刷ったシルクスクリーンなどを展示する。
     見学者にしょうゆ瓶のオリジナルラベルを作成してもらうスペースも用意した。髙茂は蔵見学「ファクトリーツアー」を16年8月から実施している。事前予約制で1500円の有料だが、年間250人が訪れる。髙橋泰常務は「海外の富裕層向け旅行会社からの引き合いもある」あると話す。
     県は官民組織「あきた発酵ツーリズム推進協議会」を2月に立ち上げた。発酵食文化という「秋田オリジナル」の魅力的な資源が豊富にあるにもかかわらず、観光資源として生かし切れていないと分析。歴史や文化を背景とした「コト体験」を重視する個人旅行に的を絞り、18年度は3ケ所に補助金を出し、誘客拠点として整備している。
     秋田酒類製造の二方克明営業企画部次長は「20年の東京五輪・パラリンピックに続き、25年の大阪万博(国際博覧会)が決まり、日本に来る外国人の波は続く」とみる。県は多言語対応などを推し進め、日本人客のみならず増える訪日客も取り込む考えだ。

     

    TAKAMO Opened a Gallery Maintenance

    In the end of November, Takamo (Yuzawa City, Akita Prefecture), the brewing source of “Yamamo Miso Soy Sauce”, refurbished a part of the second floor of the main office (32 square meters) and opened an art gallery. Displayed silk screen printed with seed koji produced by Mr. Tetsuya Takizawa, an artist living in Nishi-Aizu, Fukushima Prefecture.
    We also prepared a space for visitors to create original labels of soy sauce bottles. Takamori carried out a collection tour “Factory Tour” from August 16th. There is a charge of 1500 yen by advance reservation system, but 250 people visit each year. Mr. Yasushi Takahashi says there is an inquiry from travel agencies overseas for wealthy people.
    The prefecture launched a public and private organization “Akita Fermentation Tourism Promotion Council” in February. Analysis that it is not utilized as tourism resources despite the abundance of attractive resources of “Akita original” of fermented food culture. Focusing on individual travel that emphasizes “experience” based on history and culture, in fiscal 2006, subsidies were issued to three locations, and it was maintained as an attraction base.
    Katsuaki Kawata, Deputy Sales Planning Department, Akita Alcohol Production, said, “Following the 20-year Tokyo Olympic and Paralympic Games, the Osaka World Expo (International Expo) in 25 years will be decided and the wave of foreigners coming to Japan will continue.” The prefecture will promote multilingual correspondence, etc. and intend to include not only Japanese customers but also increasing number of Japanese visitors.

     

    高茂開了畫廊維修

    釀造商“Yamamo味噌醬油”,髙茂(秋田縣湯澤市)是十一月底,他打開了總部的一個藝術畫廊及裝修部分的二樓(32平方米)。福島縣西會津町居民的藝術家,種子曲(曲)是哲也先生創建瀧澤表現出如絲印熏細菌。
    我們還為參觀者準備了一個空間,以創建醬油瓶的原始標籤。 高茂從8月16日起開始了“工廠之旅”的巡迴演出。提前預約系統收費1500日元,但每年有250人參觀。 高橋泰先生表示,海外旅行社對有錢人進行了調查。
    2月,縣內啟動了公共和私人組織“秋田發酵旅遊推進委員會”。儘管發酵食品文化的“秋田原創”充滿了吸引力的資源但是沒被用作旅游資源的分析。縮小目標,以散客緊緊圍繞“事體驗”反對財政補貼〜3處歷史文化,18的大背景下,它已發展為誘客基地。
    秋田的生產酒精飲料的雙向渡邊捷銷售計劃部副主任“繼東京奧運會和20年的殘奧會,決定了25年的大阪世博會(世博會),外國波繼續來日本,”被視為。該縣將促進多語種通信等,並且不僅包括日本客戶,還包括越來越多的日本訪客。