• Backcasting the Future Gastronomy @Space10での登壇を終えて

    コペンハーゲンの空港に降り立った時から、他とは異なる空気を感じていました。日常空間へのアートの融合や見えるもの、見えないものを意図する照明計画など。文化的な経験から社会を構築する意思が随所に感じられ、2年ぶりの訪問であっても、改めてこの文化度が豊かさそのもであると感じました。
    到着直後からSpace10での登壇に向けて佐藤シェフと現地食材を調達し、関係者にその料理をデモンストレーションで召し上がっていただくなど、ヤマモの酵母菌の効能を理解していただけるように準備を進めていきました。また、イノウエブラザースの井上聡さんにコペンハーゲンをご案内いただき、長く世界のレストランランキング1位に輝くNOMAのReneシェフやクリスチャニアなどのディープなコペンハーゲンを知ることができました。井上さんのご縁で同席したシェフの方からはReneシェフの著書「The Noma Guide to Fermentation」をいただきました。

     

    Report That Backcasting the Future Gastronomy @Space10 Has Ended

    When I got off at the airport in Copenhagen, I felt a different air. The fusion of art into everyday space, lighting plans that are intended to be visible and invisible. Through my cultural experience, I felt the willingness to build a society everywhere, and even after visiting for the first time in two years, I felt that this degree of culture was again rich.
    Immediately after arriving, we will prepare local ingredients and chef Sato for the stage at Space10, and have related parties eat the dishes at a demonstration, so that we can prepare for the understanding of the effectiveness of the yeast of the yam. went. In addition, Satoshi Inoue of Inoue Brothers introduced us to Copenhagen, and we were able to learn about deep Copenhagen such as NOMA’s Rene chef and Christiania, who have long been ranked number one in the world’s restaurant rankings. The chef, who was present at Inoue-san, provided the book “The Noma Guide to Fermentation” by Chef Rene.

     

    Backcasting the Future Gastronomy @Space10 通知召開

    當我在哥本哈根機場下車時,我的心情有所不同。 將藝術融合到日常空間中,以實現可見和不可見的照明計劃。 通過我的文化經驗,我感到願意在世界各地建立社會,即使在兩年來第一次訪問之後,我仍覺得這種文化再次變得豐富。
    到達後,我們將立即為Space10的舞台準備當地食材和佐藤大廚,並讓相關方在演示中吃這些菜,以便我們為了解山藥酵母的有效性做準備。 我去了 此外,井上兄弟公司的井上聰(Satoshi Inoue)向我們介紹了哥本哈根,我們得以了解哥本哈根深處,例如NOMA的Rene廚師和Christiania,他們長期以來一直在世界餐廳排名中位居第一。 在井上山出席的廚師介紹了雷內廚師的書”The NOMA Guide to Fermentation”。

     

     

     

     

     

     

     

    この本は世界の料理業界に衝撃を与えたもので、味噌や醤油などの発酵調味料のつくり方を写真と挿絵を駆使することで具体的に伝えながら、果物やドレッシングなどに菌を作用させた応用までが細かく記載されており、発酵という醸造家の専門領域を一般化したものです。これにより多くのシェフが自身で調味料をつくり、また酸味は乳酸菌で醸成するなどの菌の作用による独自の味の追求を可能にしたのです。多くのシェフがNOMAに訪れようとするのは、ランキングの結果のみならず、この発酵文化を応用した特殊性を見るためのものでもあります。この事実が、昨今のコペンハーゲンの文化的存在感に通じていると考えています。

     

    This book shocked the world’s food industry, using bacteria and fungi on fruits and dressings while using photographs and illustrations to specifically explain how to make fermented seasonings such as miso and soy sauce. The application is described in detail, and it is a generalization of the brewer’s specialty called fermentation. This enabled many chefs to make their own seasonings, and to pursue their own taste by the action of bacteria such as brewing lactic acid bacteria with sourness. Many chefs come to NOMA not only for ranking results, but also to see the specialty of applying this fermentation culture. I believe that this fact is a reflection of the recent cultural presence of Copenhagen.

     

    這本書震驚了世界的烹飪行業,使用細菌作用於水果和調味料,同時使用照片和插圖特別說明如何製作發酵調味料,如味o和醬油。 對該應用程序進行了詳細描述,它是啤酒釀造廠稱為發酵的專業化概括。 這使許多廚師能夠進行自己的調味,並通過真菌的作用來追求自己的口味,例如釀造帶有酸味的乳酸菌。 許多廚師來到NOMA不僅是為了對結果進行排名,而且還會看到應用這種發酵文化的特長。 我認為這一事實反映了哥本哈根最近的文化存在。

     

     

     

     

    打ち合わせで訪れたSpace10内部では、廃棄物を利用した作品展示や共同キッチン、工房などがあり、多くの実験的取り組みがなされていると理解できました。インキュベーションセンターでもあるSpace10では、連日調査とワークショップのイヴェントが開催され、私たちはスタッフの方々と打ち合わせを重ね、会場をつくりあげていきました。Eyes, JAPAN co. ltdの山寺さんがはじめに趣旨説明を行いました。

    Backcasting the Future Gastronomy”
    ”発酵食品は新しい現象ではなく、微生物を介して食品を保存する古代の方法です。長年にわたり料理の発酵は気候や都市化、新しい思考プロセスの影響を受け、伝統的な発酵食品は健康と保存の質のために関心が高まっています。発酵食品の歴史や人類学、栄養学、科学、微生物を探求し、再構築することが人類にとって必要なことと考えています。”

     

    Inside Space10, which I visited during the meeting, there were exhibitions of works using waste, a communal kitchen, a workshop, etc., and I understood that many experimental efforts were being made. In Space10, which is also an incubation center, events and workshops are held every day, and meetings with the staff were repeated to create the venue. Mr. Yamadera of Eyes, JAPAN co. Ltd gave an explanation first.

    Backcasting the Future Gastronomy”
    “Fermented food is not a new phenomenon but an ancient way of preserving food through microorganisms. Over the years, the fermentation of food has been affected by climate, urbanization and new thinking processes, and traditional fermented foods have become healthy and preserved. There is a growing interest in the quality of fermented foods. We believe it is necessary for humanity to explore and reconstruct the history, anthropology, nutrition, science and micro-organisms of fermented foods. “

     

    在會議期間,我參觀了Space10內部,裡面展出了一些利用廢物的作品,一個公用廚房,一個講習班等,因此我可以理解正在做許多實驗性的努力。 Space10還是一個孵化中心,每天主持調查和研討會活動,並一直在與員工開會以創建場所。 Eyes, JAPAN co. Ltd的山寺先生首先作了解釋。

    Backcasting the Future Gastronomy”
    “發酵食品不是一種新現象,而是一種通過微生物保存食物的古老方法。多年來,氣候,城市化和新思維方式對食品的發酵產生了影響,傳統的發酵食品變得更加健康和保存。人們對發酵食品的質量越來越感興趣,我們認為人類必須探索和重建發酵食品的歷史,人類學,營養,科學和微生物。”

     

     

     

     

     

     

     

     

    私たちの講義では、家業を継いで長らく取り組む蔵付酵母の実験により、新しい効能を引き出した最新の取り組みをご紹介しました。コペンハーゲンで一般的に扱われるラム肉に酵母作用をさせ、ジビエの臭みの低減と柔らかさの付与、さらにヤマモの酵母菌特有の旨味の醸成による効果を試食を通じて実感していただきました。また、七代目の高橋が伝統産業の担い手ということで、産業を継続させていくという価値観やそれによる社会的美意識、広義での発酵の捉え方をお話しました。最後に製品紹介を行い、発酵を伝統的に用いる地域が持つ方法論を展開しました。多くの参加者の方の共感を得ることができ、ご一緒したGRANMAの本村さんや佐藤シェフのチーム全員で世界における発酵の役割と意義を改めて考えさせられることとなりました。

     

    In our lecture, we introduced the latest initiatives that have brought out new effects through experiments on brewery yeast that have been working for a long time to succeed the family business. By letting the lamb meat generally used in Copenhagen act as a yeast, the taste of the game was reduced and the softness was imparted, and the effect of brewing the unique taste of the yeast of the yam was realized through tasting. In addition, Takahashi, the seventh generation, played a leading role in the traditional industry, so he talked about the values ​​of continuing the industry, its social aesthetic, and the perception of fermentation in a broad sense. Finally, we introduced products and developed the methodologies of the regions that traditionally use fermentation. The sympathy of many participants was gained, and together with GRANMA’s Motomura and Chef Sato’s team, we were able to reconsider the role and significance of fermentation in the world.

     

    在我們的演講中,我們介紹了最新的舉措,這些舉措通過對釀酒酵母進行實驗而產生了新的效果,這些實驗已經進行了很長時間,以成功地實現家族企業的發展。通過使通常在哥本哈根使用的羔羊肉充當酵母,降低了野味的味道並賦予了柔軟性,並且通過品嚐實現了釀造Yamamo酵母獨特風味的效果。此外,第七代高橋是傳統產業的領導者。最後,我們介紹了產品並開發了傳統上使用發酵的地區的方法。獲得了許多參與者的同情,並與格蘭瑪的元村先生和佐藤大廚的團隊一起重新考慮了發酵在世界上的作用和意義。

     

     

     

     

     

     

     

    パナソニックの方々の味噌造りとIoT技術のプレゼンテーションと日本人ヴィーガン料理の第一人者の杉浦シェフのプレゼンテーションは圧巻で、会場の皆さんは大いに盛り上がっていました。最後に山寺さんの横断的に文化を融合した日本酒の楽しみ方の提案は最後まで人が絶えることなく続いていました。Space10でこのような取り組みを行えたことは非常に嬉しく、NOMAを中心に発酵を世界に再定義したコペンハーゲンで発酵大国の日本が古来からの最新までの幅を持ってご提案できたことに最大の意義を感じております。情報量が増え、速度が増した世界で誰がどのように発信し、価値付けをしていくのか。私たちはそこにグローバルな視点で焦点を当て、今回の取り組みを進めて参りました。

     

    The presentation of the miso-making and IoT technology of the Panasonic people and the presentation of Chef Sugiura, the guru of Japanese vegan cuisine, was a highlight, and everyone at the venue was excited. Finally, Mr. Yamadera’s proposal for a way to enjoy Japanese sake that blends culture across the world continued without interruption. I am very pleased to be able to make such an initiative at Space10, and I am most pleased that Japan, a fermentation power, was able to propose a wide range of fermentation powers from ancient times to the latest in Copenhagen, which redefined fermentation around the world centering on NOMA. I feel the significance of. In the world where information volume has increased and speed has increased, who and how to transmit and value it. We have focused on this from a global perspective and proceeded with this initiative.

     

    松下人的味o製作和物聯網技術的介紹以及日本純素食料理大師杉浦的介紹是一大亮點,會場的每個人都很興奮。 最終,山寺先生提出的一種享受日本清酒的方法的提議一直持續到最後。 我很高興能夠在Space10上提出這樣的倡議,而令我感到高興的是,日本作為一個發酵大國,能夠提出從古代到哥本哈根最新的各種各樣的發酵能力,從而重新定義了圍繞NOMA的世界範圍內的發酵。 我的意義。 在當今世界,信息量不斷增加,速度越來越快,誰來傳播以及如何傳播和重視它。 我們從全球角度著眼於這一點,並著手進行這項倡議。

     

     

     

     

    イヴェント終了後のネットワーキングではSpace10スタッフの方々からお声掛けいただき、ヤマモにお越しいただくお話をいただきました。また、会場からの帰り際、トートバッグに多くのお土産をいただきました。コーヒーやコンブチャ、スピリッツの食品類にアメニティのTシャツと調査研究が詰め込まれたマガジン。その内容とホスピタリティにSpace10の広域に渡る数多くの文化的調査の裏打ちとチームや個々人の内面的豊かさを感じました。今回のプレゼンテーションから次回のご縁に繋がったことは、グローバル時代の共感と文化交流を実感し、生活文化ある日常業務の積み重ねが遠く先に及ぶことがあることを目の当たりにしました。関係者の皆様、ありがとうございました。

     

    During the networking after the event, Space10 staff members spoke to us and told us to come to Yamamo. Also, on the way back from the venue, we received many souvenirs in tote bags. A magazine where coffee, kombucha and spirits are packed with amenity T-shirts and research studies. I felt the content and hospitality underpinned by the extensive cultural survey of Space10 and the inner richness of the teams and individuals. What led to my next connection from this presentation was that I realized sympathy and cultural exchange in the global era, and witnessed that the accumulation of daily work with a culture of life could be far away. Thank you to everyone involved.

     

    活動結束後的社交活動中,Space10的工作人員與我們交談,並告訴我們來Yamamo。 另外,在離開會場的途中,我們收到了很多手提袋的紀念品。 一本雜誌,裡面裝有咖啡,康普茶和烈性酒,上面配有便利的T恤和研究報告。 我感到內容和熱情好客是Space10廣泛文化研究以及團隊和個人內在豐富性的基礎。 我從這次演講中獲得的下一個聯繫是,我意識到了全球時代的同情和文化交流,並見證了日常工作與生活文化的積累可能遙不可及。 謝謝大家參與。

     

     

     

     

    [ STUDY ]
    現在のコペンハーゲンは移民二世が多く活躍する場所であることは、NOMAのReneシェフの存在からも感じ取ることができます。歴史的経過の中で構築された階級社会をいかにして平坦なものにするのか。そこに有効な方法は、誰もが想像する直接的な階級闘争もあれば、生活文化や文化経済による方法論もあります。今回の渡航では、コペンハーゲンの潮流は文化を基軸にした階級社会への変革欲求がその裏にあったのだと理解しました。文化を基軸としたグローバルの課題解決や局所的ローカルの持続可能性の追求の双方を行き来し、生活者視点により自然発生的にこの流れを生み出していくことが私自身の目指すものと考えています。発酵を世界で再定義したコペンハーゲンで、これからも日本古来の文化から挑戦を続けていきたいと思います。

     

    [ STUDY ]
    The fact that Copenhagen is a place where many immigrants are active can be seen from the presence of NOMA’s Chef Rene. How to make a class society built over the course of historical time flat. Effective methods include direct class struggle that anyone can imagine, as well as methodologies based on living culture and cultural economy. On this trip, I realized that the tide of Copenhagen was behind the desire to change into a culture-based class society. I believe that my goal is to create a flow that spontaneously creates and flows through both the solution of global issues in the world through culture and the pursuit of local and local possibilities. In Copenhagen, where fermentation is redefined in the world, we will continue to challenge from ancient Japanese culture.

     

    [ STUDY ]
    NOMA的Rene廚師的到來,可以看出哥本哈根是許多移民活躍的地方。 如何使在歷史時期內建立起來的階級社會平坦。 有效的方法包括每個人都可以想像的直接階級鬥爭,以及生活方式和文化經濟學方法論。 在這次旅行中,我意識到哥本哈根的浪潮背後是轉變為基於文化的階級社會的願望。 我認為我的目標是自發地創造這種趨勢,既要通過文化來解決世界的全球性問題,又要尋求當地發生局部事件的可能性。 在全世界重新定義發酵的哥本哈根,我們將繼續挑戰古代日本文化。

     

     

  • コペンハーゲン渡航について

    IKEAが支援するイノヴェーションラボ“SPACE10”にて発酵のプレゼンテーションとワークショップを行います。フードロスなどの社会課題を解決に向かわせる持続可能な未来の食を考えるだけではなく、発酵の力を応用し、美味しく、明るく楽しい食生活のプレゼンテーションを行いたいと考えております。七代目高橋の他にシェフも同行し、体感を伴った内容にしていきます。SPACE10は先進的な数多くのリサーチの元に有効なプロジェクトを実践しており、今回の機会を得られたことは、非常に光栄なことと思います。発酵を広義で「生態系との共存」捉え、これまでに弊社で培われてきた蔵付きの菌の生態系の話や、近年研究を進めている菌の代謝経路を利用した意図を持った発酵の世界をお伝えできればと思います。
    以下にそもそも“SPACE10”とはいかなるところなのか。また、スタディとして昆虫食や藻類を使った“未来のファストフード”についてご紹介します。後日、プレゼンとワークショップの様子はこちらでご報告したいと思います。

     

    About Copenhagen Voyage

    Fermentation presentations and workshops will be held at the innovation lab “SPACE10” supported by IKEA. In addition to thinking about sustainable future food that can help solve social issues such as food loss, we also want to apply the power of fermentation and make a presentation of a delicious, bright and fun diet. In addition to the 7th generation Takahashi, a chef will accompany the contents, and the contents will be accompanied by a sense of experience. SPACE10 has been working on projects that benefit a lot of advanced research, and it’s a great honor to have this opportunity. In a broad sense, fermentation is regarded as “coexistence with the ecosystem”, with the intention of utilizing the metabolic pathways of bacteria with storage, which have been cultivated by our company so far, and which have been researched in recent years. I would like to tell you about the world of fermentation.
    What is “SPACE10” in the following? In addition, we will introduce “future fast food” using insect food and algae as a study. Later, I would like to report on the presentation and the workshop here.

     

    關於哥本哈根旅行

    發酵演講和講習班將在宜家支持的創新實驗室“ SPACE10”上舉行。除了考慮可以幫助解決社會問題(例如食物損失)的未來可持續食品外,我們還希望利用發酵的力量來呈現美味,明亮和有趣的飲食。除了第七代高橋,還將有廚師陪同,並伴有身體感覺。 SPACE10一直在致力於使許多高級研究受益的項目,我很榮幸有這個機會。從廣義上講,發酵被認為是“與生態系統共存”,目的是利用由我公司培育並已在近年來研究的細菌的代謝途徑與儲藏。我想告訴你發酵的世界。
    以下是“ SPACE10”是什麼?此外,我們還將介紹以昆蟲食物和藻類為研究對象的“未來快餐”。稍後,我想在這里報告有關的演示文稿和研討會。

     

     

    [ SCHEDULE ]


    13JAN(MON) TOKYO HANEDA 00:30 EMIRATES AIRLINES INTERNATIONAL TERMINAL

    13JAN(MON) DUBAI 07:20 EMIRATES AIRLINES TERMINAL 3


    13JAN(MON) DUBAI 08:20 EMIRATES AIRLINES TERMINAL 3

    13JAN(MON) COPENHAGEN 12:20 EMIRATES AIRLINES TERMINAL 3


    19JAN(SUN) PARIS CHARLES DE GAULLE 14:25 EMIRATES AIRLINES AEROGARE 2 TERMINAL C

    20JAN(MON) DUBAI 00:15 EMIRATES AIRLINES TERMINAL 3


    20JAN(MON) DUBAI 02:55 EMIRATES AIRLINES TERMINAL 3

    20JAN(MON) TOKYO NARITA 17:20 EMIRATES AIRLINES TERMINAL 2


     

     

    ○About SPACE10

    SPACE10は、人々と地球のより良い日常生活を可能にするミッションに関する研究と設計のラボです。
    私たちは、今後数年で人々と地球に影響を与えると予想される主要な社会的変化のいくつかに対する革新的なソリューションを研究および設計します。
    私たちの核となるのは、コラボレーションアプローチを優先し、私たちよりも賢い人たちで自分自身を取り囲むように努力することです。私たちは世界中の先見的な専門家やクリエイティブの成長を続けるネットワークと連携し、すべての研究とアイデアを公開します。 それに加えて、私たちは定期的に展示会、講演会、夕食会、上映会を開催し、人々と関わり、想像力を刺激し、視点を多様化し、ミッションを推進しています。
    SPACE10は、独立した研究および設計ラボとして、IKEAに誇りを持ってサポートされ、完全に専念しています。多くの人々にとってより良い日常生活を創造するという当初の約束を実現する新しい視点と新しいソリューションをもたらします。

     

    ○About SPACE10

    SPACE10 is a research and design lab on a mission to enable a better everyday life for people and planet.
    We research and design innovative solutions to some of the major societal changes expected to affect people and our planet in the years to come.
    At our core, we prioritise a collaborative approach and strive to surround ourselves with people who are smarter than us. We work with an ever-growing network of forward-thinking specialists and creatives from around the world and share all our research and ideas publicly. Alongside that, we regularly host exhibitions, talks, dinners and screenings to engage with people, provoke imagination, diversify our perspective and advance our mission.
    SPACE10 is proudly supported and entirely dedicated to IKEA – working as an independent research and design lab. We bring new perspectives and design new solutions that enable IKEA to live up to their original promise of creating a better everyday life for the many people.

     

    ○About SPACE10

    SPACE10是一個研究與設計實驗室,其使命是為人類和地球創造更美好的日常生活。
    我們研究和設計一些創新的解決方案,以應對未來幾年將影響人類和地球的一些重大社會變革。
    在我們的核心,我們優先考慮一種協作方法,並努力與比我們更聰明的人在一起。我們與不斷發展的網絡,來自世界各地的前瞻性專家和創造者網絡合作,並公開分享我們的所有研究和想法。 此外,我們定期舉辦展覽,演講,晚宴和放映會,以與人們互動,激發想像力,多樣化我們的觀點並推進我們的使命。
    SPACE10作為一個獨立的研究和設計實驗室而受到宜家的全力支持和全力支持。我們帶來了新的視角和設計新的解決方案,使IKEA能夠履行其為許多人創造更好的日常生活的最初承諾。

     

    [ STUDY ]

    The Fast Food of the Future

    SPACE10では、私たちの研究は重要な原則に基づいています。 料理は単に健康的または持続可能なものであってはなりません。 彼らも美味しいに違いない。食べ物に関する人々の心を変え、新しい食材を試すように促すために、知性に訴えることはできません。-味覚を刺激する必要があります。だから、シェフやフードデザイナーと協力して、見た目も美味しく、人々や地球に良い料理を考案しています。それでは、これらの料理のいくつかをメニューに入れる時間です。—お気に入りのファーストフードの遊び心のあるテイクから始めます。

     

    The Fast Food of the Future

    At SPACE10, our research is rooted in an important principle. Dishes shouldn’t just be healthy or sustainable. They must be delicious, too. To change people’s minds about food, to inspire them to try new ingredients, we can’t just appeal to the intellect — we have to titillate their taste buds. Which is why we’ve been working with our chef and food designer to come up with dishes that look good, taste good, and are good for people and the planet. It’s time, then, to put some of those dishes on the menu — starting with a playful take on our favourite fast-food.

     

    The Fast Food of the Future

    在SPACE10,我們的研究植根於重要原則。 菜餚不僅應該健康或可持續。 他們也必須好吃。為了改變人們對食物的看法,激發他們嘗試新的食材,我們不能僅僅呼籲智力—我們必須細化他們的味蕾。
    這就是為什麼我們一直與廚師和食品設計師一起設計出看起來,味道和對人與地球都有益的菜餚的原因。然後是時候將某些菜餚放在菜單上了-從有趣的快餐開始。

     


    The Fast Food of the Future

     

  • ベルリン渡航について_2018.08.31

    ドイツ、ベルリンのコミュニティデザインプロジェクトNIONで開催されるNION Weekに出店します。週末のマーケットでの物販と平日開催のワークショップによりヤマモの商品やツアーをご紹介し、その背景にある世界観をお伝えしたいと思います。ベルリンから世界の次世代を見据えたプロジェクトに参加し、知見を広め、仲間を構築し、伝統産業が日本のローカルから成長していくことができればと思います。久しぶりの出店を楽しみたいと思います。

     

    About Berlin Voyage_2018.08.31

    We will have a store in NION Week to be held in NION, Community Design Project in Berlin, Germany. I would like to introduce Yamamo’s products and tours through weekly marketing and workshops held on weekdays and tell the world view behind it. I hope to participate in a project aiming at the next generation of the world from Berlin, disseminate knowledge, build friends, and allow traditional industries to grow from local in Japan. I would like to enjoy opening a shop after a long absence.

     

    關於前往柏林_2018.08.31

    我們將在NION Week設一家商店,在德國柏林的NION社區設計項目中舉辦。 我想通過平日舉辦的每週營銷和研討會介紹Yamamo的產品和旅遊,並講述背後的世界觀。 我希望參加一個針對柏林下一代世界的項目,傳播知識,建立朋友,讓傳統產業從日本本土發展。 我想享受久違的開店。

     

    [ SCHEDULE ]


    31AUG(FRI)

    TOKYO NARITA 11:00 FINNAIR TERMINAL 2

    HELSINKI VANTAA 15:20 FINNAIR TERMINAL 2


    31AUG(FRI)

    HELSINKI VANTAA 17:35 FINNAIR TERMINAL 2

    BERLIN TEGEL 18:30 FINNAIR TERMINAL 2


    08SEP(SAT)

    BERLIN TEGEL 13:15 FINNAIR TERMINAL 2

    HELSINKI VANTAA 16:05 FINNAIR TERMINAL 2


    HELSINKI VANTAA 16:45 FINNAIR TERMINAL 2

    TOKYO NARITA 08:05 FINNAIR TERMINAL 2


     

     

    ○NIONとは

    NIONはベルリンのKiezコミュニティデザインプロジェクトです。私たちの目標は、都市環境で新しい調和のとれたモデルを追求できる場所を見つけることです。01から07まで。 2018年には、より長いベルリンのコミュニティに連絡し、私たちのアイデアを広め、NIONを共同創造するためのより多くの同盟国を見つけるために、1週間のイベントであるNION Weekを開催します。 NIONウィークは、音楽、芸術、酒、食べ物、ワークショップ、日本の伝統に触発された工芸品でいっぱいの日本の「夏祭り」とドイツの「ウォーシェンマルクト」の組み合わせです。

     

    ○About NION

    NION is a Kiez community design project in Berlin. Our goal is to find a place where we can pursue the new model of harmonious living in an urban setting.From 01.to 07.Sept. 2018, we will organize a week-long event, NION Week, to reach out to the wider Berliner community, spread out our idea, and find more allies to co-create NION. NION Week is a combination of Japanese “Natsu-Matsuri” and German Wochenmarkt, filled with music, art, sake, food, workshops, crafts inspired by Japanese tradition.

     

    ○關於NION

    NION是柏林的Kiez社區設計項目。 我們的目標是找到一個可以在城市環境中追求新的和諧模式的地方。從01到07。 在2018年,我們將舉辦每週一次的活動,NION週,與更長的柏林社區聯繫,傳播我們的想法,找到更多盟友共同創建NION。 NION Week是日本“夏季節日”的組合,充滿了音樂,藝術,清酒,食品,工作坊,受日本傳統啟發的工藝品和德國“Wausenmarkt”。

     

  • YAMAMO VOYAGE REPORT_CITY No.5_GUATEMALA_2017.04.30-05.03

    グアテマラのマクドナルドの注文はタッチパネル式で日本のものよりも進んでいる。セットで500円程度となり、この国の日常からすると高価である。またWi-Fiも強く、治安もいい。グアテマラのマクドナルドには、その都市の生活者の憧れがある。一方で数日前にいた北米のファストフードは貧困層のインフラになっている。若年性肥満の原因とされ、社会的立場は悪い。産業はその国の状況に応じて立場が異なる。グアテマラのそれとアメリカのそれとでは大きく異なる。大国との競争や経済を優先し、先に発展を遂げた国が無くしてしまったもの。ファストフードを消費し尽くしたのは先進国だ。ファストフード産業に大きな意味があるうちに、その国の次の未来を描く必要がある。

    YAMAMO VOYAGE REPORT_CITY No.5_GUATEMALA_2017.04.30-05.03
    The order of McDonald’s of Guatemala is more advanced than that of Japan by touch panel type. It is about 500 yen in a set, which is expensive from the daily life of this country. Wi-Fi is also strong, and security is good. At McDonald ‘s in Guatemala, there is a longing for the citizen of the city. On the other hand, the fast food in North America, which had been a few days ago, has become a poor infrastructure. It is regarded as a cause of juvenile obesity and its social position is bad. Industry has different position depending on the situation of the country. It differs greatly between that of Guatemala and that of America. Priority is given to competition and economy with major powers, things that have lost the country that developed earlier. It is an advanced country that consumed the fast food. While the fast food industry has a major meaning, it is necessary to draw the next future of that country.
    北美旅遊報告_CITY No.5_GUATEMALA_2017.04.30-05.03
    麥克唐納的危地馬拉的命令比觸摸面板式的日本先進。 這是一套約500日元,這是從這個國家的日常生活昂貴。 Wi-Fi也很強大,安全性很好。 在危地馬拉的麥當勞,城市的公民渴望。 另一方面,幾天前北美的快餐已成為糟糕的基礎設施。 它被認為是少年肥胖的一個原因,其社會地位不好。 工業根據國家的情況有不同的立場。 它在危地馬拉和美國之間差別很大。 大國的競爭和經濟優先,失去了先前發展的國家。 這是一個消費快餐的先進國家。 雖然快餐業有重大意義,但有必要繪製該國的未來前景。
    |SPECIAL THANKS|
    TAKUTO MOTOMURA_GRANMA
    HIROKI HORIE_MAKOTO










    世界遺産、古都アンティグアは300年前、グアテマラの首都だった。過去2回の震災に遭い、首都機能を移転する。グアテマラはカトリック信仰の国であり、かつて首都だったこの街は、キリストの生誕祭を盛大に行う。街からは地震の原因である活火山が見え、天災による悲しみと信仰が入り混じる。多くの感情が残る街は、一大観光地として外国人で賑わう。その街の歴史や文化を尊重し、未来を描く。いつの時代も産業は街の中で役割が存在する。僕は岩崎という街の伝統産業の担い手であり、かつ街を形成するひとり。この旅は、街と産業について、いつも考えさせられる。
    World heritage, ancient capital Antigua was the capital of Guatemala 300 years ago. Have faced the past two disasters and relocate the capital function. Guatemala is a country of Catholic faith, the city which once used to be the capital, grandly hosts the birth place of Christ. From the city you can see the active volcano, the cause of the earthquake, mixed with sadness and faith due to natural disasters. The town where many feelings remain remains crowded with foreigners as a major tourist destination. Respect the history and culture of the city and draw the future. The industry has a role in town as well. I am a carrier of the traditional industry in the city called Iwasaki, and one who forms the city. This trip makes me think about the city and industry all the time.
    世界遺產,古都安提瓜是300年前危地馬拉的首都。 面對過去兩次災難並遷移資本功能。 危地馬拉是一個天主教信仰的國家,這個曾經是首都的城市盛大舉辦基督的誕生地。 從這個城市你可以看到活火山,地震的原因,以及由於自然災害而產生的悲傷和信念。 外國人作為主要旅遊目的地仍然擠滿了許多感情的城鎮。 尊重城市的歷史和文化,繪製未來。 隨著時代的發展,這個行業在這個城市扮演著一個角色。 我是岩崎市內傳統產業的載體,也是城市的一員。 這次旅行讓我一直在思考城市和行業。








    15年前、とあるアーティストがスラムに住み込み、その一角でゲリラ的にクリエイティヴなストリートをつくり上げた。その通りは賑わいが増し、文化を形成し、治安を改善する。その効果を見た行政が都市のガイドラインをつくり、グリッドによる再開発を実行する。グアテマラシティの都市計画は、このような経緯であった。
    Fifteen years ago, a certain artist lived in the slum, creating a creative street guerrilla by its corner. That street is full of busts, forms a culture and improves public order. Administrators who saw the effect make urban guidelines and redevelop by grid. The urban planning of Guatemala City was such a circumstance.
    十五年前,某位藝術家住在貧民窟,在角落裡創造了一個富有創意的街頭游擊隊。 那條街道充滿了蕭條,形成了一種文化並提高了安全性。 看到效果的管理員制定了城市指南並通過網格重新開發。 危地馬拉城的城市規劃就是這樣的情況。








    識字率68%、3分の1の人が字を読めないグアテマラは、都市計画、つまり建築、文化、芸術、産業、投資のあらゆる手段を使って治安改善と教育、国力増強に努めている。また、チームの各セグメントの中枢の人々が全てグアテマラ人であることも興味深い。都市開発関係者に話を聞き、再開発地域を歩く。「ここのエリアからは出ない方がいい」そう言われた。教育、治安、開発。簡単にはいかないことは分かっているが、開発チームは皆、たくましく、愛に溢れていた。
    A literacy rate of 68%, one third of whom can not read the letter Guatemala is striving to improve security, education, and national power using urban planning, that is, all means of architecture, culture, art, industry and investment. It is also interesting that all the core people in each segment of the team are Guatemalans. Talk with urban development stakeholders and walk down the redevelopment area. He told me that “you should not leave the area here.” Education, security, development. I understand that it can not be easy, but the development teams were all strong, full of love.
    識字率為68%,其中三分之一無法讀取危地馬拉的信件,正在努力利用城市規劃,即建築,文化,藝術,工業和投資等所有手段來提高安全,教育和國家實力。 同樣有趣的是,團隊中每個部分的核心人員都是危地馬拉人。 與城市發展利益相關者交談,走下重建地區。 他告訴我“你不應該離開這裡。” 教育,安全,發展。 我明白這並不容易,但開發團隊都很強大,充滿了愛。
    YAMAMO VOYAGE REPORT
    _CITY No.5_GUATEMALA
    _2017.04.30-05.03

  • YAMAMO VOYAGE REPORT_CITY No.4_MEXICO_2017.04.29-30

    メキシコはマフィアや犯罪者組織による治安の悪さがあり、場所と時間によって身を守る必要がある。どの移動手段を用いるかでも警戒をする必要があり、その判断はその国でのキャリアがないと難しい。中米に入り、ウーバーの料金はタクシーの半額だった。また相互評価が次の仕事に直結するため、半ば安全性は担保されていて、価格交渉も必要ない。シェアリングエコノミーはモラルの形成が難しいところにこそ強烈に入り込み、その形成を促す。グローバル化した社会では、革命的な技術はまた違った形でその国を変える。

    YAMAMO VOYAGE REPORT_CITY No.4_MEXICO_2017.04.29-30
    Mexico has poor security by the mafia and criminal organization and needs to be protected by location and time. It is necessary to watch out for which moving means to use and it is difficult to make a decision without having a career in that country. Entering Central America, the price of Hoover was half of the taxi. Since mutual evaluation is directly linked to the next job, half safety is guaranteed and price negotiation is not necessary. Sharing economy intensely enters into a place where formation of moral is difficult and encourages its formation. In a globalized society, revolutionary technology also changes its country in a different way.
    北美旅遊報告_CITY No.4_MEXICO_2017.04.29-30
    墨西哥黑社會和犯罪組織的安全性很差,需要受到地點和時間的保護。 有必要留意使用哪種移動手段,如果沒有在該國的職業生涯,很難作出決定。 進入中美洲,胡佛的價格是出租車的一半。 由於相互評價與下一份工作直接相關,因此中期安全性得到保證,價格談判不是必需的。 分享經濟激烈地進入道德形成困難的地方,鼓勵其形成。 在全球化的社會中,革命性技術也以不同的方式改變了其國家。
    |SPECIAL THANKS|
    TAKUTO MOTOMURA_GRANMA
    HIROKI HORIE_MAKOTO






    メキシコシティの一部でクリエイティヴな区画がある。そこはメキシコ大地震で崩れ落ちたのだが、地主の寛容な態度によりクリエイティヴな若者が入り込んだ。そこに次々とアートや投資が備わり、地価を上げ、文化的区画を形成した。その地主への敬意は大きく、とあるカフェは地主の名を店名にしていたほどだ。
    A part of Mexico City has creative compartments. It crumbled down in the Mexican earthquake, but a creative young man entered due to the liberal attitude of the landlord. There was art and investment one after another, raising the land price and forming a cultural section. Respect for the landlord was great, and some cafes used the name of the landowner as the store name.
    墨西哥城的一部分擁有創意車廂。 它在墨西哥地震中崩潰,但由於地主的自由主義態度,一個有創造力的年輕人進入了地球。 藝術和投資層出不窮,抬高了地價,形成了文化部分。 尊重地主是偉大的,有些咖啡館使用土地所有者的名字作為商店名稱。





    かつて日本の地主の一定数は、文化に精通し、寛容さを持ち合わせ、土着の文化に貢献した。彼らは名士と呼ばれ、後の世代に意志を残した。経済発展をし、新たな豊かさを追求する私たち日本は、もう一度、文化や寛容性に立ち戻らなければならないだろう。
    A certain number of Japanese landlords used to be familiar with the culture, have tolerance and contributed to the indigenous culture. They were called great masters and left their will to future generations. Japan will pursue economic development and pursue new wealth, Japan will have to return to culture and tolerance once again.
    有一定數量的日本地主曾經熟悉這種文化,擁有寬容,並為本土文化做出貢獻。 他們被稱為偉大的主人,並將他們的遺囑留給子孫後代。 日本將追求經濟發展和追求新的財富,日本將不得不再次回到文化和寬容。





    急遽旅程に入った都市、パチューカ。人口25万人のメキシコ最古のサッカークラブを持つ街。一方で、この街のパルミタス地区は貧困エリアとして厳しい坂の上に存在していた。それを政府はアートの力で、意識を変え、治安を改善させた。見知らぬ自分にもサッカーボールをパスをしてくれた子供達の笑顔に、さらに街が善くなる未来を感じた。
    A city that hurriedly entered the itinerary, Pachuca. A city with the oldest football club in Mexico with a population of 250,000. On the other hand, the palmitas district of this city existed as a poverty area on a harsh slope. The government changed the consciousness with the power of art, and improved the security. I also felt the future where the city gets better as the smiling face of the children who passed the soccer ball to strangers.
    一個匆忙進入行程的城市,帕丘卡。 一個擁有25萬人口的墨西哥最古老的足球俱樂部城市。 另一方面,這個城市的棕櫚樹地區在嚴酷的斜坡上作為貧困地區存在。 政府用藝術的力量改變了意識,提高了安全性。 我也感受到未來城市變得越來越好,因為通過足球給陌生人的孩子們的笑容也是如此。






    YAMAMO VOYAGE REPORT
    _CITY No.4_MEXICO
    _2017.04.29-30