• Eva de Klerk “EVA”_YAMAMO FACTORY TOUR

    アムステルダムの都市開発者であるEvaにお越しいただきました。ツアーの参加だけではなく昼食を共にしたり、庭園やギャラリーで岩崎地域の持続可能性やこれからのあり方について多くの意見交換をしました。特に土地に眠る過去からの文脈を引き継ぐことと、アートとの融合、コミュニティの巻き込みについて共感を得ました。彼女の街を復活させる開発はダイナミックでアーティスティックでストリート性に溢れています。直接お会いすりうことができ非常に嬉しかったです。醤油がお好みということで製品もご購入いただき、プロジェクトベースでシナジーが生まれることを期待しています。以下にEvaの行なったダイナミックな都市開発”NDSM造船所”についてご説明をしております。関係者の皆様、ありがとうございました。

     

    Eva de Klerk “EVA”_YAMAMO FACTORY TOUR

    Visited Eva, a city developer in Amsterdam. In addition to participating in the tour, we had lunch together, and we exchanged many opinions on the sustainability of the Iwasaki area and how it should be in the garden and galleries. In particular, I gained sympathy for taking over the context from the past sleeping in the land, fusion with art, and community involvement. The development that revives her city is dynamic, artistic and full of streets. I was very happy to meet you directly. We hope that you will purchase products because you like soy sauce and create synergies on a project basis. The following is an explanation of the dynamic city development “NDSM SHIPYARD” conducted by Eva. Thank you to all the people concerned.

     

    Eva de Klerk “EVA”_YAMAMO FACTORY TOUR

    訪問了阿姆斯特丹的城市開發商Eva。 除了參加旅行,我們一起共進午餐,我們就岩崎地區的可持續性以及它在花園和畫廊中的應用方式交換了許多意見。 特別是,我對從過去在土地上睡覺,融入藝術和社區參與的背景中獲得了同情。 振興她的城市的發展是充滿活力,藝術和充滿街道的。 我很高興直接見到你。 我們希望您購買產品是因為您喜歡醬油並在項目基礎上創造協同效應。 以下是伊娃對動態城市發展“NDSM造船廠”的解釋。 感謝所有有關人員。

     


    YAMAMO FACTORY STORE

     


    YAMAMO MOROMI-GURA

     


    I.L.A. GALLERY

     

     

     

     

    〇About “NDSM造船所”

    1984年のオランダ造船会社(NDSM)の倒産以降、アムステルダム北部のこの地域は社会から放置された状態が続き、試験的にDogtropという団体の劇やフリーマーケット開催以外はこれといった催し物もなく時が過ぎていきました。1998年、アムステルダムの数多くの工場跡や古い波止場が完全撤退や廃棄の対象に上がり、エヴァを含む千を越えるアーティスト、デザイナー、劇場関係者、新鋭芸術家達が活動拠点を失う危機に直面してしまいました。

    2000年、エヴァはこのアムステルダム北部地区役所主催の競売でNDSM東地区84000平米の一時活用権を取得しました。彼女は的場適所に人々を集結させ、開発理念を明記、実行可能性調査の評価を示唆、必要財源と追加助成金の手配など、デザインから建築許可に至るまで全ての工程責任を一任しました。そしてカイネテック・ノード(北地区造船)の名の下に劇場関係者、スケートボーダー、信頼のおける起業家とともに巨大な造船ホールへと事業場所を移しました。当初、カイネテック・ノードはただの作業仲間の集まりにすぎなかったのですが、Kunststad(芸術の街)、Skatepark(スケート公園)、レストラン’Noorderlight’の独特なプロジェクトの参加が起爆剤となり、いつしか管理財団へと成長していきました。

    NDSMには未来があります。2002年初旬、このプロジェクトは都市開発計画及び環境経済省より、「オランダにおける都市再生の手本」として推薦されたのです。その数年後には、アムステルダムの文化的最新スポットとして注目され、その人気は落ちることをしりません。NDSMは可能性を最大限に追求出来るヨーロッパ最大の場所とも言えます。

    スケートパーク、MTV、数々の大型フェスティバルの開催会場、PllekやNoorderlightと言ったレストランが揃った類を見ない芸術の街。。。まさに廃棄の危機を免れ見事に復活させたのです。おかげさまで、昔のようにフェリーもアムステルダム中央駅と往復ルートを再開させました。

     

    〇About “NDSM SHIPYARD”

    For years, since the bankruptcy of the Nederlandse Scheepsbouw en Droogdok Maatschappij (NDSM, the Dutch Shipbuilding and Dry dock Company) in 1984, the NDSM Shipyard in the Northern part of Amsterdam stood abandoned. With the exception of the occasional flea market or show by the experimental theatre group Dogtroep, not much was happening on the grounds.

    In 1998, a dozen old factories and wharves in Amsterdam were cleared or nominated to be cleared. More than thousand artists, designers, theatre makers, and other creative entrepreneurs were about to lose their workspace, including Eva.

    In 2000, Eva won the competition held by Stadsdeel Noord (Northern district authority of Amsterdam) to find a temporary function for the eastern part of the NDSM grounds (84.000 m2). She gathered the right people around her, wrote the concept of development, conducted a feasibility study, arranged the necessary financing and additional subsidies, and was responsible for the whole process, from design until building permit. Under the name Kinetisch Noord (Kinetic North), and together with a group of theatre makers, skateboarders, and sustainable entrepreneurs, she moved into a gigantic shipbuilding hall. Initially, the foundation Kinetisch Noord was ‘just’ a workgroup, but it became the managing foundation and the initiator of special projects, such as Kunststad, Skatepark Amsterdam and restaurant Noorderlicht. In 2008, Eva had finished this major accomplishment, and the management fell into the hands of the authority owning the building and working closely with the community of creative tenants.

    NDSM has got what it takes. As early as 2002, the Ministries for Urban Planning, Environmental and Economic Affairs nominated Eva’s project the exemplary project for city renovation in the Netherlands. In just a few years, NDSM Shipyard became one of the cultural hotspots in Amsterdam, and is still worthy of that description today. NDSM has meanwhile grown into one of Europe’s largest incubators. The ever-growing Kunststad with its many creatives, the skate park, MTV, the many festivals organized there, such as Over ‘t IJ Festival and Valtifest, and of course restaurants Pllek and Noorderlicht, once again make the once-abandoned NDSM Shipyard appealing to all ages. The ferry docks at NDSM again!

     

    〇About “NDSM造船廠”

    自1984年荷蘭造船公司(NDSM)破產以來,阿姆斯特丹北部的這個地區一直被社會所拋棄,除了被稱為Dogtrop和跳蚤市場的組織之外,時間已經過去了。我走了1998年,阿姆斯特丹的眾多工廠和舊碼頭完全撤離和處置,面臨著失去基地的危險,超過一千名藝術家,設計師,劇院官員和包括伊娃在內的新藝術家。是的。

    2000年,Eva在阿姆斯特丹北部地區辦事處舉辦的拍賣會上獲得暫時使用84,000平方米NDSM東區的權利。她聚集了適當的人,指定了發展理念,建議了可行性研究評估,並安排了從設計到建築許可的所有流程責任,包括必要的財務資源和額外的補助。 。該公司以Kinetech Node(北區造船廠)的名義搬到了一個擁有劇院人員,滑板運動員和可靠企業家的龐大造船廠。起初,Kinetech Node只是一個工人聚會,但它是由Kunststad(藝術之城),Skatepark(滑板公園)和餐廳’Noorderlight’等獨特項目的參與管理的。我成長為一個基金會。

    NDSM有一個未來。 2002年初,該項目被城市發展計劃和環境與經濟部推薦為“荷蘭城市更新模式”。幾年後,它將成為阿姆斯特丹最新的文化景點,其受歡迎程度不會下降。 NDSM是歐洲最大的地方,您可以充分發揮其潛力。

    這是一個無與倫比的藝術城市,擁有滑板公園,MTV,眾多大型節日場所以及Pllek和Noorderlight等餐廳。 。 。逃避處置危機是一次偉大的複活。由於這個原因,渡輪恢復了阿姆斯特丹中央火車站的往返路線。

     

    “EVA” PROJECTBOOSTER -AUTHR ‘MAKE YOUR CITY’

     

  • 湯沢翔北高校インターンシップについて

    湯沢翔北高校のインターンの受け入れを行いました。味噌醤油の製造にかかる通常業務だけではなく、本人が興味を持っている領域を見出し、そこの課題発見や解決の企画を行うことにより主体性を発揮するというプロセスで進めていきました。ヤマモがインバウンドを進めていく中で、弊社に来るまでの交通の悪さに課題を見出し、最寄り駅の下湯沢駅から弊社までの経路設計を興味深いものにするプロジェクトを行う事にしました。ルートを自転車で回ってみたり、小道に入るなど、地域の魅力の発見と収集を行いました。また、カフェを始めたことにより、これまでのような物販を目的としたお客様をどのようにカフェに誘導するのか、その逆の利用をどう促すのかも課題として取り組むことにしました。お客様への声掛けやお支払のタイミングなど、自分達で工夫しながらテストを繰り返しました。庭園の魅力をさらに引き出すため、石を並べて雨落ちのデザインをし直しました。

     

    About Yuzawa Shohoku High School Internship

    We accepted the intern of Yuzawa Shohoku High School. In addition to the usual operations involved in the manufacture of miso sauce, we have pursued the process of demonstrating the independence by finding areas where the individual is interested and planning issues and solutions there. While Yamamo is advancing inbound, we found a problem in the badness of traffic before coming to our company, and decided to carry out a project to make the route design from Shimoyuzawa station to our company interesting. We went around the route by bicycle, entered a path, and found and collected local attractions. In addition, we decided to work on how to encourage customers who aim for product sales like before to the cafe by starting the cafe, and how to encourage the opposite usage as a task. We repeated the tests while devising ourselves, such as calling to customers and the timing of payment. In order to bring out the charm of the garden further, we arranged the stones and redesigned the rainfall.

     

    關於湯沢翔北高中實習

    我們接受了湯沢翔北高中的實習生。除了製作味噌醬的常規操作外,我們還通過尋找個人感興趣的領域並在那裡規劃問題和解決方案來追求展示獨立性的過程。雖然Yamamo正在向前推進,但在來到我們公司之前我們發現了交通不暢的問題,並決定實施一個項目,讓從下湯沢站到我們公司的路線設計很有意思。我們騎自行車走了一條路,走進了一條小路,找到並收集了當地的景點。此外,我們還決定如何通過啟動咖啡館來鼓勵那些以往產品銷售為目標的顧客,以及如何鼓勵相反的用途作為一項任務。我們在設計時重複測試,例如打電話給客戶和付款時間。為了進一步發揮花園的魅力,我們安排了石頭並重新設計了降雨。

     

     

    篠原 龍太郎

    3日間のインターンシップは、これまでの高校生活で最もクリエィティブでハードな体験になりました。初日から2日目にかけてヤマモの通常業務を行いながら、下湯沢駅からヤマモまでの動線の開発を行うためにヤマモのレンタサイクルを活用して、岩崎地域のサイクリングを行いました。最終日には、庭の雨受けの整備を行い、庭の復元を行いました。このルーティン業務とクリエティブな業務の双方を行うことがこれから先、いかに重要になってくるかを体感した3日間になりました。
    また、3日間に共通して昼食の時間もクリエィティブなものでした。昼食をとりながら、クリエイティブな職業やキャリアアップのための進路選択の話など、他の事業所のインターンシップでは、味わう事が出来ないだろう充実した3日間にもなりました。
    この3日間で感じた事、体験したことをプロジェクトの実行、イベントの開催、キャリアアップへとつなげていきたいと思います。

     

    Ryutaro Shinohara

    The 3-day internship has become the most creative and hard experience in high school life to date. While carrying out the regular operations of Yamamo from the first day to the second day, in order to develop the traffic line from Shimoyuzawa Station to Yamamo, the bicycle cycle in the Iwasaki area was conducted utilizing the Yamamo rental cycle. On the final day, we maintained the garden’s rain basin and restored the garden. It took me three days to see how important it would be to carry out both routine work and creative work.
    Also, the lunch time was also creative for all three days. While having lunch, the internship of other establishments, such as the story of career choice for creative occupation and career, was also a full three days that you would not be able to taste.
    I would like to connect what I felt and experienced during these three days to project execution, event holding, and career improvement.

     

    篠原 龍太郎

    為期3天的實習已成為迄今為止在高中生活中最具創造性和最難的經歷。在從第一天到第二天進行Yamamo的常規操作的同時,為了開發從下湯沢駅到Yamamo的交通線路,利用Yamamo租賃週期在岩崎地區進行自行車騎行。在最後一天,我們維護了花園的雨水盆地並修復了花園。我花了三天時間才看到開展日常工作和創造性工作的重要性。
    此外,午餐時間也是三天的創意。在吃午飯時,其他場所的實習,例如創意職業和職業生涯的職業選擇的故事,也是你將無法品嚐的整整三天。
    我希望將這三天裡我感受到和經歷的事情與項目執行,活動持有和職業發展聯繫起來。

     

     

    高橋 涼花

    3日間のインターンシップは普通の就業経験だけでなく、これからの自分の将来について具体的に考えを進めていく、ということができました。実際に行ったのは、庭の整備や商品のラベル貼り、動線設計の考案です。
    たくさんのことを学んだ中で、自分の中で最も変化したことは将来や進路についての考え方です。このインターンシップで、初めてクリエイティブな視点からのお話をたくさん聞きました。その中で、高校等で行われるような定型的な進路の方向に沿って考えるのではなく、今までとは違う方向で考えることもできるのではないかという提案をしていただきました。インターンシップが始まるまでの自分の考えとしては、普通に高校や大学で勉強をして働く、という考えだったのが、海外へ行ってみることで視点を変えてみたり、自分の興味があることや解決したい課題についてのプロジェクトを考えてみたりする、という新しい考えを開拓することができました。
    今回のインターンシップで、今までの自分の考えとは異なる考えを持つ大人に出会うことで視野を広げ、自分の視点を変えることができました。これからも様々な視点を持つ人や考えを持つ人と関わり、自分の将来の形成につなげていきたいと思います。

     

    Shizuka Takahashi

    The three-day internship was not only an ordinary work experience, but I was able to think specifically about my future in the future. What I actually did was maintenance of the garden, labeling of products, and design of flow lines.
    Among the many things I learned, the most change in my mind is thinking about the future and the path. For the first time in this internship, I heard many stories from a creative perspective. Among them, I suggested you not to think along the direction of the regular course that is done in high school etc., but to be able to think in a different direction so far. As my idea before the internship began, I was thinking that I would normally study and work in high school or university, but by going abroad I could try changing the perspective or having my own interest I was able to develop new ideas, such as thinking about a project about an issue I want to solve.
    At this internship, I was able to broaden my horizons and change my point of view by meeting adults who have different thoughts from my previous thoughts. From now on, I would like to connect with people with various viewpoints and people with ideas, and to connect them with my future formation.

     

    高橋 涼花

    為期三天的實習不僅僅是一次普通的工作經歷,而且我能夠具體思考未來的未來。 我實際上做的是維護花園,標記產品和設計流線。
    在我學到的很多東西中,我腦海中最大的變化是思考未來和路徑。 在這次實習中,我第一次從創造性的角度聽到了許多故事。 其中,我建議你不要在高中等常規課程的方向思考,但到目前為止能夠朝不同的方向思考。 正如我在實習開始前的想法一樣,我以為我通常會在高中或大學學習和工作,但出國後我可以嘗試改變觀點或有自己的興趣 我能夠開發新的想法,比如考慮一個關於我想要解決的問題的項目。
    在這次實習期間,我能夠通過與那些與我以前的想法有不同想法的成年人會面,開闊視野,改變我的觀點。 從現在開始,我想與具有各種觀點和有想法的人聯繫,並將他們與我未來的形成聯繫起來。

     

     

    個人の考えや意識に寄り添い、プログラムを変化させ、会社が示唆する領域と本人が主体的に動く領域を織り交ぜ、取り組んだインターンシップとなりました。高校生はプログラムの中で自分の将来に最も関心があり、地域での生活についても関心事が高いようでした。弊社と地域の取り組みや課題解決を行う事でそれを実績とし、将来のキャリアにできるような取り組みを進めることが双方にとって良いことと考えました。このように自身で課題発見と解決ができる個人が増えていくことが地域の資産になり、地域が活性化する取り組みの一つであると思いました。これからもお二人とは関係を続けていきたいと思いました。ご参加いただき、ありがとうございました。

     

    It became an internship that worked closely with the ideas and attitudes of the individual, changing the program, and intermingling the area suggested by the company and the area in which the person moved independently. The high school students were most interested in their future in the program and seemed to be more concerned about living in the area. We thought that it would be good for both sides to make it an achievement by carrying out local efforts and problem solutions with our company, and to advance activities that can be made into future careers. In this way, increasing the number of individuals who can find and solve their own problems is a regional asset, and I think it is one of the initiatives to revitalize the region. I would like to continue the relationship with you from now on. Thank you for your participation.

     

    它成為一個實習,與個人的想法和態度密切合作,改變計劃,混合公司建議的區域和人員獨立移動的區域。 高中生對他們未來的計劃最感興趣,似乎更關心生活在該地區。 我們認為,通過與我們公司一起進行本地努力和問題解決方案,以及推進可以在未來的職業生涯中開展的活動,雙方都可以成為一項成就。 通過這種方式,增加能夠找到並解決自身問題的個人數量是一項區域資產,我認為這是振興該地區的舉措之一。 我想從現在開始繼續與你建立關係。 感謝您的參與。

     

  • 目黒様、坂口様 “AL FIORE”_YAMAMO FACTORY TOUR

    今年の2月に行われた宮城でのレストランのイヴェントで弊社商品を扱っていただきました。その時のワインのペアリングでアルフィオーレの製品があり、醸造家の坂口さんと交流を持ちました。早速イヴェント翌日にワイナリーを訪ね、廃校をリノヴェーションした醸造所や代表の目黒さんにもお会いさせていただきました。有機果樹栽培からナチュラルワイン醸造までを手がけ、川崎町の地域環境や循環型社会を実現する取り組みに共感し、また、弊社にもお越しいただくこととなりました。

     

    Mr. Meguro and Ms. Sakaguchi “AL FIORE”_YAMAMO FACTORY TOUR

    Mr. Murase who is active in the name of “Misoshiru boya” participated in the factory tour. Pursuing a rich life through fermentation is in many ways similar to our efforts, and it was a very meaningful time to exchange ideas after the tour. Last year, there were some yeasts with strong fruit incense in the yeast collected from the storehouse, and I was able to talk deeply in the technical aspect, such as having them functioned. We are pleased to see more people understanding our activities outside the region. We had the article of our tour. Thank you very much, Mr. Murase.

     

    目黒先生, 坂口先生 “AL FIORE”_YAMAMO FACTORY TOUR

    活躍在“Misoshiruboya”名下的村瀬先生參加了工廠參觀。 通過發酵追求豐富的生活在很多方麵類似於我們的努力,這是一個非常有意義的時間來參觀旅遊後的想法。 去年,從倉庫採集的酵母中有一些帶有強烈果香的酵母,我能夠在技術方面深入談論,比如讓它們起作用。 我們很高興看到更多人了解我們在該地區以外的活動。 我們有我們巡演的文章。 非常感謝,村瀬先生。

     

     

    様々な意見交換をする中で、目黒さんたちが取り組まれている「農と食」からの持続可能性の追求をテーマにした招待制イヴェントのお誘いを受けました。クローズドのイヴェントではありましたが、元シェフの目黒さんの料理仲間の方々や生産者の方が多くいらっしゃっており、その質の高さとディテール、料理自体の圧巻のパフォーマンスに驚きました。弊社も物販依頼があり、少しですが会場でご提供させていただきました。

     

    During various exchanges of ideas, I was invited by an invitation-based event on the theme of pursuit of sustainability from “Agriculture and Food” that Meguros are working on. Although it was a closed event, there were many cooks and producers of former chef Meguro-san, and I was surprised at the quality, detail and performance of the dish itself. We also have a product sales request, and we have provided them at the venue for a while.

     

    在各種思想交流期間,我受到邀請式活動的邀請,主題是追求目黒先生正在努力的“農業和食品”的可持續性。 雖然這是一個封閉的活動,但是有許多廚師和前廚師目黒先生的製作人,我對這道菜本身的質量,細節和性能感到驚訝。 我們也有產品銷售要求,我們已經在會場提供了一段時間。

     

     

     

     

     

    産業が地域の中で果たす役割は、予てから大きなものでしたが、環境を含めた持続可能な地域の実現には、その役割の幅はより大きなものになってきていると思います。そこに「農と食」の立場から立ち向かう姿勢に感銘を受けました。弊社もそのような存在であれること、改めて取り組みを進めていきたいと思いました。目黒さん、坂口さん、関係者の方々、ありがとうございました。

     

    The role that industry plays in the area has been a big one for a while, but I think that the scope of the role is becoming larger for the realization of a sustainable area including the environment. I was impressed by the attitude of facing “agriculture and food” from there. We hoped that we would be able to do something like that. Thank you, Mr. Meguro, Ms. Sakaguchi, and related people.

     

    行業在該領域發揮的作用在很長一段時間內都是一個很大的作用,但我認為,為實現包括環境在內的可持續發展領域,這一作用的範圍正在變得越來越大。 從那裡面對“農業和食品”的態度給我留下了深刻的印象。 我們希望我們能夠做到這樣的事情。 謝謝目黒先生,坂口先生和相關人員。

     

     

    〇About “AL FIORE”

    アルフィオーレは、多様な生き物がすんでいる自然豊かな宮城県川崎町で農と食を軸に集まる人々をサポートし、活躍する場を育みます。畑を耕し、学びの場を提供し、料理をみなでつくり、みなで食べ、マーケットで人々と集い、ここで感じたことをメディアとして発信する。すべてがアルフィオーレの活動です。実験することを恐れず、夢を描き、未知のことを耕していく。宇宙の中の地球に暮らす生命の循環を感じながら農と食に携わっていく喜びを共有する。そんな仲間が集うコミュニティを創造しています。

    代表 目黒 浩敬

     

    〇About “AL FIORE”

    Alfiore supports people who gather around agriculture and food in Kawasaki-cho, Miyagi Prefecture, which is rich in nature, where various creatures live. Cultivating the fields, providing a place for learning, making all the dishes, eating at all, meeting with people at the market, and disseminating what I felt here as media. Everything is Alfiore’s activities. Without fear of experimenting, I draw a dream and cultivate unknown things. We share the joy of engaging in agriculture and food while feeling the circulation of life on earth in space. We are creating a community where such friends gather.

    Representative Hiroki Meguro

     

    〇About “AL FIORE”

    Alfiore支持在宮城縣川崎町聚集農業和食物的人們,這裡有各種各樣的生物。 耕種田地,提供學習場所,製作所有菜餚,吃飯,與市場人士會面,並傳播我在這裡作為媒體的感受。 一切都是Alfiore的活動。 我不用擔心嘗試,而是畫一個夢,培養出未知的東西。 我們分享從事農業和食品的快樂,同時感受太空中地球上的生命循環。 我們正在創建一個這樣的朋友聚集的社區。

    代表 目黒 浩敬

     

    Fattoria AL FIORE

     

  • 開かれた庭園を目指して_ギャラリーの改築

    長い年月を経過した木造の2階部分は、大工仕事の丁寧さに関わらず梁と柱の掛け方により不陸が取れない(水平が取れていない)状態になります。こちらを現場で修正し元に近い状態にする労力と費用は、取り壊して建て直すものと同程度ということで、多くの場合は取り壊しを選ぶようです。弊社は土地や建物に宿るレガシーを見出し、新たな機能を持たせ魅力の一つにするという手法を用いております。古くから地元・岩崎の祭りの際に2階の雨戸を開き、通りを歩く方々にお供え物を見ていただいたという使われ方から、ギャラリーに変えることで古来から広く見ていただくという機能とそれが人を誘客するという魅力につなげていきたいと考えました。

     

    YAMAMO GARDEN OPENING PROJECT_Renovation of The Gallery

    The second floor of a long old wooden frame can not be landed (not leveled) due to the way it is hung on the beams and columns regardless of the politeness of the carpentry work. Efforts and expenses to fix this on the site and bring it close to the original condition are almost the same as those that are demolished and rebuilt, so in many cases it seems to choose demolished. We use the method of discovering the legacy that lands in a land or a building, and adding a new function to make it one of the attraction. The function and it is that you have a wide view from ancient times by changing to the gallery from the usage that you open the 2nd floor shutters at the festival of the local area and Iwasaki from old days and have the people who walk on the street look at offerings. I wanted to connect to the attraction of attracting people._GARDENOPENING

     

    以被打開的庭園作為目標_畫廊的改造

    無論木工工作的禮貌如何,由於掛在樑和柱上的方式,長的舊木框架的二層不能著陸(未平整)。 在網站上修復此問題並使其接近原始狀態的努力和費用幾乎與拆除和重建的那些相同,因此在許多情況下它似乎選擇拆除。 我們使用發現落在陸地或建築物中的遺產的方法,並添加新功能以使其成為吸引力之一。 功能,從遠古時代開始,您可以通過更換到畫廊,從當地的節日開放二樓百葉窗和過去的岩崎,並讓走在街上的人們看到產品。 我想連接到吸引人的吸引力。

     

     

     

     

     

    不陸の取れなくなった床を取り壊すのではなく、現場で加工し、角度調整した木材を一体に敷き詰めることで水平を保つことをしています。この作業は非常に多くの労力がかかることと、職人の技術を必要としています。その床の最後の仕上げには国産の楢材を使用し、貼り方は洋風仕上げのヘリンボーンを採用しました。国産の幅広の材料でのヘリンボーンは、幅狭の洋風の細かいそれよりも異質な仕上げとなり、床の間のある和室のフローリング化として和洋の融合を実現するものとなりました。

     

    Rather than demolishing a land that can not be landed, we are maintaining the level by laying on one piece of wood that has been processed and adjusted at the site. This work is very labor intensive and requires craftsmanship. The final finish of the floor is made of domestic lumber and the pasting method adopted herringbone of Western style finish. Herringbone with a wide range of domestic materials has a more exotic finish than the narrow Western-style fine ones, and realizes the fusion of Japanese and Western as a Japanese-style flooring between floors.

     

    我們不是拆除一塊無法降落的土地,而是通過鋪設在現場加工和調整的一塊木材來維持水平。 這項工作非常耗費人力,需要精湛的工藝。 地板的最終飾面是由國產木材製成,並採用西方風格的人字形粘貼方法。 人字形與各種國內材料相比,具有比狹窄的西式精品更具異域風情,並實現了日式和西式的融合,作為日式地板之間的地板。

     

     

     

     

     

     

    ギャラリーへの改築は、経年経過により損傷した部分を単純に元に戻すのではなく、1階と2階の建築的な繋がりを持たせる意図もありました。床の間の土壁の下部を抜いて庭園が見えるよう、横長の地窓を設けることにしました。この構想は庭園とカフェに着手した時から既にあり、その実現のため2年の間、1階カフェの壁を仕上げずに過ごしてきました。構想から年月をかけて壁を抜く判断をすることができ、レガシーベースの改築を着実に進めていくことの醍醐味を実感しました。

     

    The reconstruction to the gallery was intended not to simply restore the damaged parts due to the passage of time, but to have an architectural connection between the first and second floors. I decided to set up a long ground window so that I could see the garden by pulling the lower part of the earthen wall between the floors. This concept has already been in place since the beginning of the garden and cafe, and I have spent two years working on the first floor cafe wall for this purpose. I was able to make the decision to break through the wall over the years from the concept, and I realized that it was worthwhile to proceed with the restoration of the legacy base steadily.

     

    對畫廊的重建不是為了簡單地恢復由於時間的推移而損壞的部分,而是為了在第一層和第二層之間建立連接。 我決定設置一個長長的地面窗戶,這樣我就可以通過在地板之間拉動土牆的下部來看到花園。 自從花園和咖啡館開始以來,這個概念就已經存在,為此,我花了兩年時間在一樓咖啡廳牆上工作。 多年來,我能夠決定突破這個概念,並且我意識到繼續穩定地恢復傳統基礎是值得的。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    和室のギャラリー化は、どうしても個性あるものになってしまい、アーティストや作品を選んでしまう側面があります。それを踏まえた上で地域や社会にどのような影響を与えることができるのか。後の世代がどのような想いを持ち、判断をしていくのか。2階和室のギャラリー化は、これまでの改築とは異なった文脈や表現が要求された仕事であったと思います。歴代当主の判断が積層した蔵元のレガシーを捉え、課題を解決し、魅力を備えるという方法の在り方が、また一つの階段を上ることができたような気がします。I.L.A. GALLERYの展示は連続して続いていきます。ぜひ皆様にお越しいただきたいと思います。

    I.L.A. GALLERY

     

    The Japanese-style room’s turn into a gallery is definitely unique, and there are aspects in which artists and works are selected. What kind of influence can it give to the area and society based on that? What thoughts do the later generations have and will make decisions? I think that the second-floor Japanese-style room was a job that required a different context and expression from the previous reconstruction. I think that the way of the way of solving the problem and getting attractive by capturing the legacy of the storehouse where the judgments of the past generations were stacked, was able to go up one step again. The exhibition of I.L.A.GALLERY will continue continuously. I would like to see you there.

    I.L.A. GALLERY

     

    日式房間變成了一個畫廊,絕對是獨一無二的,有些方面選擇了藝術家和作品。 基於此,它能給這個地區和社會帶來什麼樣的影響? 後人有什麼想法並會做出決定? 我認為二樓的日式房間是一項需要與之前重建不同的背景和表達的工作。 我認為通過捕捉過去幾代人的判斷堆積的倉庫遺產來解決問題並獲得吸引力的方式可以再次邁出一步。 I.L.A.畫廊的展覽將繼續進行。 我想在那裡見到你。

    I.L.A. GALLERY

     

  • 村瀬様 “みそしるぼうや”_YAMAMO FACTORY TOUR

    「みそしるぼうや」の名義で活動される村瀬様がファクトリーツアーにご参加していただきました。発酵を通じて豊かな生活を追求することは弊社の取り組みとも共通するところが多く、ツアー後の意見交換も非常に有意義な時間となりました。昨年、蔵から採取した酵母に果実香の強いものがあり、そちらを官能していただくなど技術的な側面でも深くお話をすることができました。地域の外で弊社の活動をご理解いただく方が増えていくことを嬉しく思っております。弊社ツアーの様子を記事にしていただきました。村瀬様ありがとうございました。

     

    Mr. Murase “Misoshiru boya”_YAMAMO FACTORY TOUR

    Mr. Murase who is active in the name of “Misoshiru boya” participated in the factory tour. Pursuing a rich life through fermentation is in many ways similar to our efforts, and it was a very meaningful time to exchange ideas after the tour. Last year, there were some yeasts with strong fruit incense in the yeast collected from the storehouse, and I was able to talk deeply in the technical aspect, such as having them functioned. We are pleased to see more people understanding our activities outside the region. We had the article of our tour. Thank you very much, Mr. Murase.

     

    村瀬先生 “Misoshiru boya”_YAMAMO FACTORY TOUR

    活躍在“Misoshiruboya”名下的村瀬先生參加了工廠參觀。 通過發酵追求豐富的生活在很多方麵類似於我們的努力,這是一個非常有意義的時間來參觀旅遊後的想法。 去年,從倉庫採集的酵母中有一些帶有強烈果香的酵母,我能夠在技術方面深入談論,比如讓它們起作用。 我們很高興看到更多人了解我們在該地區以外的活動。 我們有我們巡演的文章。 非常感謝,村瀬先生。

     

     

    みそしるぼうや

    味噌の国、愛知県生まれ。はじめて甘酒を作ったとき、生きる菌の働きに感動したのが運の尽き。発酵が人生のマスターキーになりました。東京を中心に、生きる哲学を菌から学び、人間や社会のあり方を楽しく探求しています。(instagram:@misoshiru.boya)

     

    Misoshiru boya

    Born in Aichi Prefecture, the country of miso. When I first made sweet sake, I was moved by the function of the living bacteria. Fermentation has become the master key of life. Learning about living philosophy from bacteria, mainly in Tokyo, I have fun exploring the way people and society are. (Instagram: @ misoshiru.boya)

     

    Misoshiru boya

    生於味噌國愛知縣。 當我第一次製作甜酒時,我被活細菌的功能所感動。 發酵已成為生活的關鍵。 通過細菌學習生活哲學,主要是在東京,我很樂意探索人與社會的方式。 (Instagram:@ misoshiru.boya)

     

     

     

    みそしるぼうやの冒険
    Adventure of Misoshiru boya
    Misoshiru boya的冒險

     

     

    【地域味噌】YUKIDOKE(秋田県湯沢市)
    【Region miso】 YUKIDOKE (Yuzawa City, Akita Prefecture)
    【地區味噌】YUKIDOKE(秋田縣湯澤市)