• YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.005を終えて

    第1部セッションでは7代目の高橋と社員の澤口、高校生起業家の篠原氏が登壇し、地域ブランディングやイヴェント開催、アート活動などの湯沢、岩崎地域のこれまでの取り組みの説明を行いました。10代、20代の若者の声と取り組みを共有し、次世代プレーヤーの出現とその力をどのように活かしていくのか話を進めました。その後、柿崎氏の尺八の生演奏を聴きながら昼食をいただきました。

    1.山菜と朝採れアスパラの天麩羅 -味噌ベースの発酵ソース
    2.兎肉の木の芽コンフィ -ヤマモ醤油とバルサミコのソース
    3.未熟南瓜と鞘大根のピクルス アイコとシドケの県産胡桃醤油マリネ
    4.桜鱒のリエットと地苺のコンフィチュール
    5.貝出汁と蕨(ワラビ)のリゾット 根曲竹と地セリを乗せて
    6.淡雪こまちの鮎醤油焼
    7.COLD BREW

    秋田の山菜などの山の幸をメインに従来の食し方にとらわれる事のない創造的な料理をご用意いただきました。昼食の時間も参加者同士がラフに話をする場面が多くあり、交流とネットワーキングの場になっておりました。

     

    Report That YAMAMO CREATIVE SESSION _NO.005 Has Ended

    In the first session, the seventh-generation Takahashi, Sawaguchi, an employee, and Mr. Shinohara, a high-school entrepreneur, spoke on stage, holding regional branding and events, explaining activities in Yuzawa and Iwasaki areas. We shared the voices and efforts of teenagers and twenties, and we talked about how to use the emergence and power of the next generation players. After that, I had lunch while listening to Mr. Kakizaki’s live performance of Shakuhachi.

    1. Tempura of wild vegetables and asparagus asparagus-Miso based fermented sauce
    2. Bud sprout tree confit-Yamamo soy sauce and balsamic sauce
    3. Pickled pickled aiko and daikon radish and pickled aiko and Sidoke from the area
    4. The cherry salmon riet and the ground rice confiture
    5. Put shellfish soup and salmon risotto with bamboo root and sea seri
    6. Light snow komachi soy sauce grilled
    7. COLD BREW

    We prepared a creative dish that was not caught in the traditional way of eating mainly for the mountain vegetables such as Akita’s wild vegetables. At lunch time, there were many occasions where the participants talked roughly with each other, and it was a place of interaction and networking.

     

    YAMAMO CREATIVE SESSION_NO.005 通知召開

    在第一屆會議上,第七代高橋,澤口,一名員工,以及高中企業家篠原先生在舞台上發表講話,舉辦區域品牌和活動,解釋在湯澤和岩崎地區的活動。我們分享了青少年和二十幾歲人的聲音和努力,我們談到瞭如何利用下一代球員的出現和力量。之後,我一邊聽著柿崎先生的尺八現場表演一邊吃午飯。

    1.野生蔬菜天婦羅和蘆筍蘆筍基於味噌的發酵醬
    2.芽芽發芽樹 – YAMAMO醬油和意大利黑醋汁
    3.從該地區醃製醃製的aiko和蘿蔔蘿蔔,醃製的aiko和Sidoke
    4.櫻桃鮭魚和地面米飯
    5.把貝類湯和鮭魚燴飯放在竹根和海上
    6.小雪烤小湯醬油
    7.COLD BREW

    我們準備了一種創意菜,這種菜沒有以傳統的方式進食,主要是為了秋田的野菜等山菜。午餐時間,參與者在很多場合大致相互交談,這是一個互動和交流的場所。

     

     

     

     

     

     

     

    第2部セッションではアマナデザインのM.C. BOO氏と小野氏のプレゼンテーションから始まりました。TVや雑誌等のメージャーなメディアで誰もが知る、圧巻の広告作品群や抱えるアーティストのメンバーシップに参加者の皆さんも引き込まれていきました。さらに世界の流行としてのストリートカルチャー、ストリートアートの文脈の説明やハイブランドの戦略の事例紹介も分かりやすく、ローカルに本格的なカルチャー集団が行動を起こす期待を有り有りと感じ取ることができました。

    次に東京都市大学の古川教授にライフスタイルイノヴェーションと90歳ヒアリング、バックキャスト思考についてお話をいただき、現在進行形のローカルでのイノヴェーションの現場、事例をご紹介いただきました。学術機関が地域で行う活動は合意形成が得られやすく、また行政に対しても大きな力を発揮します。地域の方々を主体者としたイノヴェーションの実現性を感じておりました。東北大学の平野教授にもお話いただき、建築の視点から街や地域の活性化についてご意見を伺いました。

    参加者の皆様からは、ローカルからアマナに依頼した場合の料金設定の質問も飛び出し、現実的に中央のチームをローカルで取り組みを進めた場合の想定やアーティストとの関わり方など、真を捉えたディスカッションに発展していきました。

     

    古川 柳蔵 | Ryuzo Furukawa
    東京都市大学 環境学部 環境マネジメント学科 教授
    専門は環境イノヴェーション。東京大学大学院工学系研究科修了後、民間シンクタンクを経て、2005年に東京大学大学院にて博士号取得。2005年から2018年まで東北大学大学院環境科学研究科准教授で環境制約下におけるライフスタイルイノヴェーションの研究を行い、また主に社会人修士を対象としたSEMSaTコースで環境ビジネスを教える。2018年4月から現職。環境イノヴェーションプロセス研究、ライフスタイル・デザイン、ネイチャー・テクノロジー創出手法、ソリューション創出手法の研究を行っている。

    平野 勝也 | Katsuya Hirano
    東北大学 災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門 准教授
    主に石巻市、女川町での復興まちづくりに深く関わり、少しでも魅力的で持続可能なまちへと復興を遂げるべく、主に社会基盤施設について具体的な提案や様々な調整を行ってきている。それを通じて、復興まちづくりにおける様々な問題点、課題点を整理し、実践的な復興のあり方について探求を続けている。また、そうした、魅力的な街をつくっていくための基礎的な知見となる都市景観について、認知科学等を用いながら、理論から実践までの研究を展開している。

     

    The second part of the session started with a presentation by Mr. MC BOO and Mr. Ono of Amana Design. The participants were also drawn into the masterpieces of advertising works and the membership of the artists they possess, which everyone knows in major media such as TV and magazines. Furthermore, it was easy to understand the street culture as the trend of the world, the explanation of the context of the street art, and the case introduction of the strategy of the high brand, and I was able to feel that there was a hope that a serious culture group would take action locally.

    Next, Professor Furukawa of Tokyo City University gave a talk about lifestyle innovation, 90-year-old hearings, backcast thinking, and introduced on-site local innovation cases and examples. Activities conducted by academic institutions in the community are easy to reach consensus and also exert a great deal of power for administration. I felt the possibility of innovation based on local people. Professor Hirano of Tohoku University spoke to us, and we received opinions on revitalizing towns and regions from the viewpoint of architecture.

    The participants also asked questions about how to set up a fee for asking Amana from the local level, and captured the truth, such as the assumption when the central team was working on it locally and how to relate to the artist. It has evolved into a discussion.

     

    Ryuzo Furukawa
    Tokyo City University Faculty of Environment Department of Environmental Management Professor
    His specialty is environmental innovation. After completing the Graduate School of Engineering, The University of Tokyo, he received a Ph.D. As an associate professor of Graduate School of Environmental Sciences, Tohoku University from 2005 to 2018, he researches lifestyle innovation under environmental constraints, and teaches environmental business in the SEMSaT course mainly for adult master’s degree students. Incumbent from April 2018. Researching environmental innovation process, lifestyle design, nature technology creation method, solution creation method.

    Katsuya Hirano
    Associate Professor, Information Management and Social Cooperation Division, International Research Institute for Disaster Science, Tohoku University
    I am mainly involved in specific proposals and various adjustments for social infrastructure facilities in order to achieve recovery to a slightly attractive and sustainable town, with a deep involvement in revival community development mainly in Ishinomaki City and Onagawa Town. . Through that, we sort out various problems and problems in the revival community development and continue to search for the way of practical revival. Also, with regard to urban landscapes, which are the basic knowledge for creating such attractive cities, research is being conducted from theory to practice using cognitive science etc.

     

    會議的第二部分以MC BOO先生和Amana Design的小野先生的演講開始。參與者還被吸引到廣告作品的傑作和他們擁有的藝術家的成員資格,每個人都知道在電視和雜誌等主要媒體。此外,人們很容易理解街頭文化是世界潮流,街頭藝術背景的解釋,以及高品牌戰略的案例介紹,我能夠感受到一個嚴肅的文化團體會採取行動的希望。

    接下來,東京城市大學的古河教授講述了生活方式的創新,90年的聽證會,背景思維,並介紹了現場本地創新案例和例子。社區學術機構開展的活動很容易達成共識,也給行政管理帶來了很大的力量。我覺得有可能以當地人為基礎進行創新。東北大學的Hirano教授向我們講話,從建築的角度,我們收到了關於振興城鎮和地區的意見。

    參與者還詢問瞭如何設置從地方層面詢問Amana的費用的問題,並抓住了真相,例如當中心團隊在當地開展工作以及如何與藝術家聯繫時的假設。它已演變成一個討論。

     

    古川 柳蔵 | Ryuzo Furukawa
    東京城市大學環境學院環境管理系教授
    他的專長是環境創新。在完成東京大學工程研究生院後,他獲得了博士學位。 2005年至2018年擔任東北大學環境科學研究科副教授,研究環境約束下的生活方式創新,並在SEMSaT課程中主要為成人碩士生講授環境事業。自2018年4月起任職。研究環境創新過程,生活方式設計,自然技術創造方法,解決方案創建方法。

    平野 勝也 | Katsuya Hirano
    東北大學國際災害科學研究所信息管理與社會合作課副教授
    我主要參與社會基礎設施的具體建議和各種調整,以便恢復到一個稍微有吸引力和可持續發展的城鎮,主要在石卷市和女川町的複興社區發展。 。通過這一點,我們梳理了復興社區發展中的各種問題和問題,並繼續尋求實際復興的方式。此外,關於城市景觀,這是創建這樣有吸引力的城市的基本知識,正在使用認知科學等從理論到實踐進行研究。

     

     

     

     

     

     

     

    第3部セッションではアマナデザインのお二方と七代目高橋のディスカッションとなりました。ストリートとアートの関係性や会場からでた「そもそもストリートとは?」という問いに各々が答え、理解が進むという場面がありました。今回の参加者の皆様からは、タイトルや内容から理解が難しい領域と思っていたが、非常に理解がし易く、面白い回となったと複数の声をいただきました。以下に今回のスタディを書き記したいと思います。

     

    【ローカルとタクティカルアーバニズム】
    持続可能な地域形成にタクティカルアーバニズムという手法があります。長期的な変化をしていくために短期的な行動(社会実験)を行うことを推奨しており、それは特定の個人が行う地域開発ではなく市民目線の開発に繋がっていきます。また市民レベルの行動のため、最初から特段大きな予算を必要としていません。この手法は課題山積のローカルに向いており、七代目高橋がブルックリンのDUMBOプロジェクトを率いたチームから学んだものです。タクティカルアーバニズムを行う者は自由な発想(創造性)と街にゲリラ的な行動とハッキングを行う精神性が求められます。また地域には、それを認める社会=地域の合意形成が必要となります。

    【タクティカルアーバニズムとストリートカルチャー】
    今回のイベントで主題とした“STREET CULTURE x LOCAL ストリートカルチャーと地域社会”はタクティカルアーバニズムを実装する上で非常にリンクするものであると考えています。ストリートカルチャーは草の根的に街の余白や立場の弱いところから出現し、メインカルチャーをハッキングし、複雑化させ発展し、定着させます。この両者の構造が非常に似ているため、開発地域にはストリートアートが出現しやすく、またそれがシンボリックにアーティストや創造的人材を集客し、社会変革のうねりを醸成します。そのため都市開発者、社会変革者はカルチャーやアート、デザインを巧みに織り交ぜ、社会を再構築するのです。

    【今後の取り組み】
    インバウンドのための改築を通じ、弊社が位置する岩崎地域で建物の外観を中心に街の景観を作り上げるという活動をしてきました。今回のイベントでキュレーターの方々や教授陣とのディスカッションの縁を機に、弊社のやれる範囲でストリートカルチャーやアートを実装し、タクティカルアーバニズムを実践していきたいと思います。

     

    今回のイヴェントでは初めてのご参加の方々も多く、この状況での場の一体感の生み出し方にこれまでと異なった空気を感じ、スタッフ一同、もう一つ別のステージに登ることができたような感覚がありました。アマナデザインと東京都市大学、東北大学とはこれからも取り組みを続けて参ります。街にストリートカルチャーやストリートアートを実装するYAMAMO CREATIVE SESSION NO.005はヴァージョンを重ねて続けていきたいと思います。関係者の皆様、本当にありがとうございました。

    ヤマモ味噌醤油醸造元
    七代目 高橋泰

     

    In the third part of the session, it became a discussion of Amana Design and two generations Takahashi. There was a scene where each answered the question “What is the street?” From the venue and the relationship between the street and the art, and the understanding progressed. From the participants of this time, I thought that it was an area where it was difficult to understand from the title and the content, but it was very easy to understand, and I received multiple voices that it was an interesting occasion. I would like to write down this study below.

     

    [Local and tactical-urbanism]
    There is an approach called tactical-urbanism in sustainable regional formation. In order to make long-term change, it is recommended to conduct short-term actions (social experiments), which will lead to the development of a citizen’s perspective rather than the regional development conducted by a specific individual. Also, because of citizen-level action, it does not require a particularly large budget from the beginning. This method is suitable for a large area of ​​challenges, and the seventh generation Takahashi learned from the team that led the DUMBO project in Brooklyn. Those who do tactical-urbanism are required to have free ideas (creativity) and spirituality to conduct guerrilla behavior and hacking in the city. In addition, the region needs to form a social = regional agreement that recognizes it.

    [Tactical-urbanism and street culture]
    The subject of this event, “STREET CULTURE x LOCAL Street Culture and Local Communities” is considered to be a very link to the implementation of Tactical Luanism. Street culture emerges from the grassy bottom of the city and from weak places, hacking, complicating, developing and fixing the main culture. Because these two structures are very similar, it is easy for street art to appear in the development area, and it symbolically attracts artists and creative personnel, and fosters a wave of social change. Therefore, urban developers and social changers skillfully interweave culture, art and design to rebuild society.

    [How it will be done in the future]
    Through renovations for inbound, we have been engaged in activities to create a cityscape centering on the exterior of the building in the Iwasaki area where our company is located. At this event, we will implement street culture and art as far as we can, and practice tactical-urbanism, taking advantage of discussions with curators and professors.

     

    There were many first time participants at this event, and I felt a different atmosphere in how to create a sense of unity in this situation, and it was possible for all the staff to climb on another stage I had a feeling. Amana Design and Tokyo City University, Tohoku University will continue to work on it. YAMAMO CREATIVE SESSION NO.005, which implements street culture and street art in the city, would like to continue versioning. Thank you very much to everyone involved.

    Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company
    The 7th generation Yasushi Takahashi

     

    在會議的第三部分,它成為Amana設計和兩代高橋的討論。有一個場景,每個人都回答了“街道是什麼?”的問題。從場地和街道與藝術的關係,以及理解的進展。從這個時候的參與者,我認為這是一個很難從標題和內容中理解的領域,但它很容易理解,我收到了多個聲音,這是一個有趣的場合。我想在下面寫下這項研究。

     

    [本地和策略誘惑恐怖主義]
    在可持續的區域形成中有一種稱為戰術誘惑的方法。為了實現長期變革,建議採取短期行動(社會實驗),這將導致公民視角的發展,而不是特定個人進行的區域發展。此外,由於公民層面的行動,從一開始就不需要特別大的預算。這種方法適用於大範圍的挑戰,第七代高橋從領導布魯克林DUMBO項目的團隊中學習。那些做tactical-urbanism的人需要有自由的想法(創造力)和靈性來進行游擊行為和黑客入侵城市。此外,該地區需要形成一個承認它的社會=區域協議。

    [Tactical-urbanism和街頭文化]
    本次活動的主題“街頭文化x當地街頭文化和當地社區”被認為是與戰術欒主義實施的密切聯繫。街頭文化從城市的草地和弱勢地區出現,黑客攻擊,複雜化,發展和固定主要文化。由於這兩種結構非常相似,街頭藝術很容易出現在開發區域,它像徵性地吸引了藝術家和創作人員,並助長了一股社會變革浪潮。因此,城市開發者和社會變革者巧妙地將文化,藝術和設計交織在一起,重建社會。

    [未來的努力]
    通過對入境的翻新,我們一直致力於在我們公司所在的岩崎地區以建築物外部為中心創建城市景觀。在這次活動中,我們將盡可能地實施街頭文化和藝術,並利用與策展人和教授的討論來實踐策略誘惑。

     

    這次活動有很多第一次參加的人,在這種情況下如何營造團結感,我感受到了不同的氛圍,所有員工都有可能爬上另一個舞台我有一種感覺。 Amana Design和東京城市大學,東北大學將繼續努力。在該市實施街頭文化和街頭藝術的YAMAMO CREATIVE SESSION NO.005,希望繼續版本化。非常感謝所有參與者。

    Yamamo味噌醬油釀造商
    七代 高橋泰

     

    ///// YAMAMO CREATIVE SESSION /////
    NO.005_“STREET CULTURE x LOCAL”
    19.July.2019
    Organized by: Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.